メインメニューを開く

株式会社エフエム雪国(エフエムゆきぐに)は、新潟県南魚沼市南魚沼郡の旧六日町、旧塩沢町、旧大和町)、十日町市湯沢町魚沼市の各一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 FMゆきぐにの愛称でコミュニティ放送をしている。

株式会社エフエム雪国
愛称 FMゆきぐに
コールサイン JOZZ4AF-FM
周波数/送信出力 76.2 MHz/20 W
本社・所在地
〒949-6626
新潟県南魚沼市六日町106-1
設立日 1997年10月1日
開局日 1998年2月1日
演奏所 所在地と同じ
送信所 十日町市大字八箇字壬3-167
中継局 湯沢局、浦佐局、浅貝局、二居局、三俣局
放送区域 南魚沼市、十日町市、湯沢町、魚沼市の各一部
ネット配信 JCBAインターネットサイマルラジオ
公式サイト http://www.fm762.jp/

概要編集

1998年(平成10年)開局。 コミュニティ放送は、原則として一市町村の一部地域を対象とするものに免許されるが、隣接する区域がコミュニティとしての一体性が認められる場合には、その区域を併せることができる [1] とされ、当初から十日町市に加え、旧六日町、旧塩沢町、旧大和町、湯沢町の各一部を放送区域 [2] としていた。

送信所は、開局当初は旧六日町のみであったが、順次中継局を増設した。

送信所 空中線電力 設置場所
親局 20W 十日町市大字八箇字壬(桝形山)
湯沢中継局 2W 湯沢町土樽字下中子(ヴィクトリアタワー湯沢)
浦佐中継局 10W 南魚沼市浦佐(大和公民館)
浅貝中継局 5W 湯沢町三国
二居中継局 5W 湯沢町三国
三俣中継局 5W 湯沢町三俣

可聴エリアは、湯沢町・南魚沼市と十日町市・津南町・魚沼市の一部[3]

インターネット配信JCBAインターネットサイマルラジオによる。

24時間放送で、自社制作番組以外はミュージックバードの番組を放送する。 南魚沼市・湯沢町とは災害協定を結んでいる。

スキー場などの観光地をエリアに持つため、毎年夏と冬には特設スタジオからの観光情報番組を生放送している。両番組とも首都圏を中心とした各地のコミュニティ放送局にも配信されている。これまでPHSや電話会議システム、インターネット回線などを用いて同時生放送をした年と録音番組として配信した年がある。

  • 「こちら雪国ふれあい放送局」(主に1月から2月 湯沢町のNASPAスキーガーデンから放送 2000年(平成12年)開始)
  • 「こちら湯沢雲の上の放送局」(主に7月から8月 湯沢町の湯沢高原アルプの里から放送)

沿革編集

  • 1997年(平成9年)10月1日 - 株式会社エフエム雪国設立[3]
  • 1998年(平成10年)
  • 1999年(平成11年) - 第36回ギャラクシー賞奨励賞(湯沢・塩沢石打スノボーパラダイス「雪の達人養成ラジオ」)を受賞[4]
  • 2001年(平成13年)4月20日 - 湯沢中継局の免許を取得[5]
  • 2002年(平成14年)- 第39回ギャラクシー賞ラジオ部門選奨(モーニングコール「平和へのモーニングコール」)を受賞
  • 2004年(平成16年)- 新潟県中越地震の際、当時コミュニティ放送局のなかった十日町市で臨時災害放送局十日町市災害FM局の設置を支援
  • 2005年(平成17年)
  • 2013年(平成25年)
    • 4月15日 - 浦佐中継局の予備免許を取得[8]
    • 10月1日 - 浦佐中継局の免許を取得[9]
  • 2015年(平成27年)
    • 6月30日 - 浅貝中継局の予備免許を取得[10]
    • 11月4日 - 浅貝中継局の免許を取得[11]
  • 2016年(平成28年)
    • 4月11日 - NST新潟総合テレビが営業企画本部ゆきぐに魚沼支社を新設(支社長は長谷川晴彦[12]
    • 5月27日 - 二居中継局の予備免許を取得[13]
    • 6月28日 - JCBAインターネットサイマルラジオによるインターネット配信開始
    • 9月27日 - 二居中継局の免許を取得[11]
  • 2017年(平成29年)
    • 7月12日 - 三俣中継局の予備免許を取得[14]
    • 9月29日 - 三俣中継局の免許を取得[11]

役員編集

脚注編集

  1. ^ 放送法施行規則別表第5号 (PDF) (注)10(e-Gov法令検索
  2. ^ コミュニティ放送の増力について【参考資料】2.信越管内のコミュニティ放送局の開局状況 新潟県内を参照(信越電気通信監理局 報道資料 平成11年8月10日) - ウェイバックマシン(2002年1月30日アーカイブ分)
  3. ^ a b 会社概要(FMゆきぐに) - ウェイバックマシン(2016年2月15日アーカイブ分)
  4. ^ ギャラクシー賞データベース”. 2016年3月29日閲覧。
  5. ^ コミュニティ放送局(エフエム雪国)の中継局に免許(信越総合通信局 報道発表資料 平成13年4月20日)(2007年8月8日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  6. ^ 第42回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会 (2010年4月10日). 2016年3月29日閲覧。
  7. ^ 歴代受賞者”. 日本女性放送者懇談会 SJWRT. 2016年6月21日閲覧。
  8. ^ コミュニティ放送局の予備免許 〜 FMゆきぐに、浦佐地域に放送区域を拡大 〜(信越総合通信局 報道発表資料 平成25年4月15日)(2013年5月9日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  9. ^ 無線局等情報検索 平成26年4月12日現在(総務省電波利用ホームページ)(2014年6月1日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  10. ^ コミュニティ放送局に予備免許 −エフエム雪国 三国地区に放送区域拡大−(信越総合通信局 報道発表資料 平成27年6月30日)(2015年7月2日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  11. ^ a b c 無線局等情報検索 平成30年1月6日現在(総務省電波利用ホームページ)(2018年2月1日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  12. ^ NST営業企画本部に「ゆきぐに魚沼支社」を新設。”. facebook. 2016年3月29日閲覧。
  13. ^ コミュニティ放送局に予備免許 〜 エフエム雪国 湯沢町二居(ふたい)地区に放送区域拡大 〜(信越総合通信局 報道発表資料 平成28年5月27日)(2016年6月2日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  14. ^ 株式会社エフエム雪国の中継局に予備免許 〜新潟県湯沢町内でコミュニティ放送のエリアが拡大〜(信越総合通信局 報道発表資料 平成29年7月12日)(2017年8月1日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  15. ^ コミュニティ放送事業者 平成21年7月1日現在(マスメディア集中排除原則について(総務省電波利用ホームページ))(2009年7月22日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project

外部リンク編集