カタールグランプリ

カタールグランプリQatar motorcycle Grand Prix)は、FIMロードレース世界選手権の一戦としてカタールで開催されるオートバイレースである。2021年からカタール国内で開催されているフォーミュラ1(F1)世界選手権に関する内容はカタールグランプリ (4輪)を参照。

カタールグランプリ
Losail.svg
ロードレース世界選手権
開催地 ロサイル・インターナショナル・サーキット
初開催 2004
最多勝利
(ライダー)
ホルヘ・ロレンソ (6)
最多勝利
(マニファクチャー)
アプリリア (12)

概要編集

2004年から毎年ドーハの北アッ=ザアーインロサイル・インターナショナル・サーキットで開催されており、近年ではシーズンの開幕戦となっているが、2023年は必要不可欠な工事を行なわれるため遅れて開催される予定である。

開催当初から2007年までは、10月上旬にデイレースで行われていたが暑さが問題となった。加えて欧州でのレース番組放送時間も考慮し[1]2008年からは、グランプリ史上初のナイトレースとして開催され、コースサイドには1200本、合計550万ワットの照明灯が設置された[2]。また、2009年は悪天候のためにMotoGPクラスの決勝が月曜日に順延されたが、月曜日に決勝レースが開催されたのもグランプリ史上初である[3]。2020年はカタール国立銀行がメインスポンサーについての開催予定だったが、新型コロナウイルスの世界流行によりMotoGPクラスのみ中止となった。

歴代優勝者編集

カタールGP編集

サーキット 125cc 250cc MotoGP 結果
2004 ロサイル   ホルヘ・ロレンソデルビ   セバスチャン・ポルトアプリリア   セテ・ジベルナウホンダ 詳細
2005 ロサイル   ガボール・タルマクシKTM   ケーシー・ストーナー(アプリリア)   バレンティーノ・ロッシヤマハ 詳細
2006 ロサイル   アルバロ・バウティスタ(アプリリア)   ホルヘ・ロレンソ(アプリリア)   バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ) 詳細
2007 ロサイル   エクトル・ファウベル(アプリリア)   ホルヘ・ロレンソ(アプリリア)   ケーシー・ストーナー(ドゥカティ 詳細
2008 ロサイル   セルヒオ・ガデア(アプリリア)   マティア・パシーニ(アプリリア)   ケーシー・ストーナー(ドゥカティ) 詳細
2009 ロサイル   アンドレア・イアンノーネ(アプリリア)   エクトル・バルベラ(アプリリア)   ケーシー・ストーナー(ドゥカティ) 詳細
サーキット 125cc Moto2 MotoGP 結果
2010 ロサイル   ニコラス・テロル(アプリリア)   富沢祥也スッター   バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ) 詳細
2011 ロサイル   ニコラス・テロル(アプリリア)   ステファン・ブラドルカレックス   ケーシー・ストーナー(ホンダ) 詳細
サーキット Moto3 Moto2 MotoGP 結果
2012 ロサイル   マーベリック・ビニャーレスFTRホンダ   マルク・マルケス(スッター)   ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ) 詳細
2013 ロサイル   ルイス・サロム(KTM)   ポル・エスパルガロポンス   ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ) 詳細
2014 ロサイル   ジャック・ミラー   エステベ・ラバト   マルク・マルケス 詳細
2015 ロサイル   アレクシ・マスブー   ヨナス・フォルガー   バレンティーノ・ロッシ 詳細
2016 ロサイル   ニッコロ・アントネッリ   トーマス・ルティ   バレンティーノ・ロッシ 詳細
2017 ロサイル   ホアン・ミル   フランコ・モルビデリ   マーベリック・ビニャーレス 詳細
2018 ロサイル   ホルヘ・マルティン   フランチェスコ・バニャイア   アンドレア・ドヴィツィオーゾ 詳細
2019 ロサイル   鳥羽海渡   ロレンツォ・バルダッサッリ   アンドレア・ドヴィツィオーゾ 詳細
2020 ロサイル   アルベルト・アレナス   長島哲太 中止 詳細
2021 ロサイル   ジャウマ・マシア   サム・ロウズ   マーベリック・ビニャーレス 詳細
2022 ロサイル   アンドレア・ミニョ   チェレスティーノ・ヴィエッティ   エネア・バスティアニーニ 詳細

ドーハGP編集

サーキット Moto3 Moto2 MotoGP 結果
2021 ロサイル   ペドロ・アコスタ   サム・ロウズ   ファビオ・クアルタラロ 詳細

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯25度29分24秒 東経51度27分15秒 / 北緯25.49000度 東経51.45417度 / 25.49000; 51.45417