キャサリン・ジェンキンス

イギリス出身の歌手

キャサリン・ジェンキンスKatherine Jenkins, 1980年6月29日 - )は、イギリスウェールズ南部のウェストグラモーガン州英語版ニース出身のメゾソプラノ歌手[1] [2] [3]

キャサリン・ジェンキンス
Katherine Jenkins.jpg
Katherine Jenkins
基本情報
出生名 Katherine Jenkins
生誕 (1980-06-29) 1980年6月29日(40歳)
出身地 ウェールズの旗 ウェールズウェストグラモーガン州英語版ニース
ジャンル クラシカル・クロスオーバー
担当楽器
活動期間 1998年 -
レーベル ユニバーサルミュージックワーナー・ミュージック・グループデッカ・レコード
公式サイト Katherine Jenkins

概要編集

若くして歌唱コンクールで優勝し、 王立音楽アカデミーで学ぶ。2003年、ローマ教皇ヨハネ・パウロ二世の在位25周年を称えてウェストミンスター大聖堂で歌唱を披露し広く世間の注目を集めた。

ファッションモデルや、パブリックスクール音楽教師の経歴を持ち、2004年に23歳で発表したデビューアルバム Première (日本版『プルミエール』)がクラシックチャートで初登場第1位、8週連続1位。同年リリースの二枚目のアルバム Second Nature (日本版『ディーヴァ』)は発売2ヶ月でプラチナ・アルバム(百万枚突破アルバム)となり9ヶ月連続1位、ポップチャートでもトップ20入りする。クラシックのみならずジャンルを超えたレパートリーが話題となって人気に拍車をかけ、デビュー年にクラシックミュージシャンとしてイギリスでマリア・カラス以来、最大・最速の売り上げを記録。2005年10月末に発表した三枚目のアルバムもベストセラー入りしている。2005年、2006年には、年間最優秀アルバムとしてClassic Brit Awardsを受賞。コンサートの他、スポーツイベント、テレビ番組、多くの慈善団体チャリティ活動に出演している。

アメリカでは2005年4月12日La Diva (英国版 Second Nature)でデビュー。日本でのデビューは、CDが11月16日に『プルミエール』と『ディーヴァ』の二枚を同時リリース。日本デビューのためのプロモーションで初来日した際、11月7日に東京丸ビルJ-WAVE主催の公開録音イベント「Marunouchi Classy Concert」[1]に出演しているため、日本デビューの日付は厳密には2005年11月7日となる。

出生と若年期編集

ウェールズのニースで誕生。両親と姉ローラとともにニースで育つ[4]

ニースのアルダーマン・デイビス・ウェールズ聖公会小学校、Dwr-y-Felin総合学校、ゴルセイノン・カレッジに進学[5]Calamity JaneGuys and Dollsなどの作品に参加[6] 。John Hugh Thomasの下でボーカルを学び、歌とピアノの両方で優れた成績を残した。

1991年から1996年にかけて、ロイヤル・スクール・オブ・チャーチ・ミュージック・カテドラル・シンガーズに参加し、女性のための最高賞であるセント・セシリア・アワードを獲得[6] 。彼女は3年間、ウェールズ国立青少年合唱団のメンバーでもあり[7] 、BBCラジオ2のウェールズ・クワイヤガール、およびBETウェールズ・クワイヤガールで優勝。 また、最も有望な若い歌手に対して与えられる、ペレンナバレー男性声合唱団奨学金を授与された。17歳のとき、王立音楽アカデミーで学ぶための奨学金を獲得し優等で卒業し、音楽教師としての学位を授与された。

フリーランスのボイスコーチ、 ロンドン・アイのツアーガイド、そしてモデルとして働いた後[8] 、モデルコンペティションに参加し、フェイス・オブ・ウェールズ2000を獲得。その後、彼女は音楽の道に進むことを決心[6]ユニバーサル・クラシックス・ジャズは彼女のデモを聞いて面接に招いた。面接の場で、ジェンキンスはロッシーニの「セビリアの理髪師」を披露 。ユニバーサルはジェンキンスと6作のアルバム発売を契約。この契約には百万ポンドの価値があると伝えられている。 [9] [10]

アルバムの成功編集

ジェンキンスのスタジオアルバム7作のうち6作は、2004年から2008年の間にイギリスのクラシックチャートで1位になり、合計4百万部以上を売り上げた。最初のアルバム”Premiere”リリース後、これまでで最も速く売れたメゾソプラノ[6]になり、同じ年に2つのナンバー1アルバムを出した最初のイギリスのクラシカル・クロスオーバー歌手となった[11] 。女性として初めて2回連続でクラシック・BRIT・アワードを受賞。セカンドアルバム"Second Nature"は、 全英アルバムチャートで16位となり[9]、2005年のBRIT・アワードで年間最優秀アルバムを受賞。

2005年8月28日、ドリー・パートンの「 I Will Always Love You 」のイタリア語版( "L'Amore Sei Tu")をウエスト・ヨークシャーのノステル・プライオリーで初演。同曲は、3枚目のアルバム"Living a Dream"に収録された。アルバムがリリースされた後、クラシカル・クロスオーバー・ミュージックチャートのトップ3を独占[6] [12] 。このアルバムは、ほぼ1年間1位のポジションを維持し、ポップアルバムチャートでも4位となった 。

2006年11月6日、4番目のアルバム"Serenade"がリリースされ、最初の1週間で50,000部以上の売り上げを記録[6]HMVのクラシックチャートでアルバム上位4位を独占した[13]

2007年11月19にリリースされた5枚目のアルバム"Rejoice"[14]には、テイク・ザットゲイリー・バーロウによってジェンキンスのために作詞された2曲が含まれている[15] 。同アルバムは、スパイス・ガールズガールズ・アラウドを上回りポップ・アルバム・チャートの第3位となった[16][17] 。ジェンキンスは、「若い頃は、スパイス・ガールズやセリーヌ・ディオンよりも売れるようになるとは想像もしていなかった。ファンのサポートにはいくら感謝してもし足りない」と語った 。

2008年10月20日、ユニバーサール・ミュージックとの契約上最後のアルバムとなる"Sacred Arias"をリリース。10月19日デイリー・テレグラフ紙は、ジェンキンスがワーナー・ミュージックと、クラシックレコーディングの史上最高額となる1,000万米ドル(580万ポンド)で契約したと報じた [18]

2009年10月26日、ワーナー・ミュージックからの最初のアルバムである"Believe"をリリース。 このアルバムでは、アンドレア・ボチェッリアンドレ・リュウクリス・ボッティらと共演。2009年10月から11月にかけて複数のテレビ番組に出演。チルドレン・イン・ニード・ロック・アルバート・ホールに出演し、チェロ奏者のジュリアン・ロイド・ウェバーと共演し、ゴッドファーザー愛のテーマを披露。 2010年5月23日、アルゼンチンで現地のテレビ番組に出演し「愛のテーマ」を披露 [19]

2011年にアルバム"Daydream"を、2012年にはクリスマスアルバム"This is Christmas"をリリース。

その後デッカ・レコードに移籍し、2014年にアルバム”Home Sweet Home"をリリース、2016年にアルバム"Celebration"をリリース。

2017年8月、イギリスのラジオ局クラシックFMは、ジェンキンスが、ルチアーノ・パヴァロッティアンドレ・リュウリエウなどを破って過去25年間で最も売れたクラシックアーティストであることを発表した。

2018年11月、13枚目のスタジオアルバム"Guiding Light"をリリース。2019年5月に同アルバムはチャート1位となり、クラシックアーティストとしては初のナンバー1アルバム13枚を達成した。

コンサート編集

2003年10月、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世の就任25周年に敬意を表してウェストミンスター大聖堂で歌唱し、その後、ツアーでウェールズ出身の歌手アレッド・ジョーンズをサポートしたときに、最初に世間の注目を集めた [7] [9] 。2003年にオーストラリアで開催されたラグビーワールドカップにおいて、シドニー・オペラハウスに初出演[8]。2004年8月、ヘイリー・ウェステンラニューヨーク・ジョーズ・パブ(Joe's Pub)で共演し、初の米国公演を果たした。

2005年、イギリス・アイルランドのホーム・ネイションズの国歌The Power of Fourの初演を務める。同年、ラグビー大会シックス・ネイションズではラグビーウェールズ代表の試合ではウェールズ国歌「我が父祖の土地 」を歌唱[8]

2005年1月22日、 スマトラ島沖地震被災者のためにカーディフで開催されたチャリティコンサート”Tsunami Relief Concert"に出演[10]。同年、ソロアーティストとして初の米国ツアーを開催。5月、ヨーロッパ戦勝記念60周年に際し、トラファルガー広場で15,000人の聴衆を前に歌唱 [20] 。同年開催されたチャリティコンサートLive 8では、ベルリンのステージで、アメイジング・グレイスを歌い[21] 、後に、2,500のポピーで作られたドレスを着用しコヴェント・ガーデンで開催されたポピー・アピールに参加した[22]

2005年8月27日、カーディフミレニアム・スタジアムで74,213人の観客が観戦したラグビーリーグチャレンジカップ決勝戦で「日暮れて四方は暗く」を歌唱。

2005年11月21日、TV番組Royal Variety Performanceに出演し、女王エリザベス2世の前でドナ・サマーの曲"I Feel Love"を歌唱[23] 。同12月11日、ノルウェーオスロで行われたノーベル平和賞コンサートに出演した[24]

2006年11月、ロイヤル・アルバート・ホールで行われた王立英国軍団記念祭に出演し、ウェールズ出身の歌手James Foxと共演 [25]

2007年7月、南ウェールズMargam Parkでコンサートを開催し、ポール・ポッツファン・ディエゴ・フローレスと共演 [26]

2007年11月、ロイヤル・アルバート・ホールで行われた王立英国軍団記念祭に再度出演[27]

2007年11月、マンチェスターにて、 マドンナジュディ・ガーランド(1969年没)を含むスター[28]に敬意を表して、バレリーナダーシー・バッセルと共に、Viva la Divaと題したステージに出演 [14] [29] 。ジェンキンスはこのためにタップダンスと週に8時間の振り付けのレッスンを受け、1日3マイル走って体を鍛えた 。

2008年5月17日、FAカップ決勝カーディフ・シティFCポーツマスFC戦にてウェールズ国歌を斉唱 [30]

2009年の初め、韓国プラシド・ドミンゴと共演。ドミンゴとは、2007年のアテネ、2008年の香港に続いて3度目の共演であった。その後、2009年5月にもクラシック・ブリット・アワードで共演している。

2009年7月8日、カーディフで行われた、クリケットイングランド対オーストラリア戦(Ashes Test Series)の開会式に出演。 同年9月12日、ロンドンハイド・パークで開催された、BBCプロムスに出演。

2009年11月12日、ロイヤル・アルバート・ホールにて、チェリストのジュリアン・ロイド・ウェバーとともにチャリティイベントChildren in Needに出演。 同月、PBS放送クリスマス・スペシャルにてアンドレア・ボチェッリ”I Believe”をデュエット。なお、このデュエットはボチェッリのアルバム"My Christmas"に収録されている。

2010年7月3日、チェルトナム競馬場にて、国立交響楽団、ヴァイオリニストダイアナ湯川と共演 [31]

2013年3月から4月にかけて、イル・ディーヴォ初のヨーロッパツアーに参加[32]。 同年、ワシントンDCで開催された米国メモリアルデイコンサートに参加[33]し、 アンドルー・ロイド・ウェバー"Requem"からのセレクションと、ロジャース&ハマースタインのミュージカル「回転木馬」より”You Never Never Alone"を披露。

テレビ出演編集

2006年12月23日、ITVのショー番組Parkinsonに出演[34]

ITVのソープオペラEmmerdaleに2度カメオ出演している。

2007年7月、BBC1の野生動物保護チャリティ番組Saving Planet Earthにライブ出演[35]

2007年8月12日、ITVの番組Britain's Favourite Viewに出演し、イギリスで最も好きな景色として、家族で週末に過ごしていた場所である[36]、南ウェールズガワー半島(Gower Peninsula)のスリー・クリフス・ベイ(Three Cliffs Bay)を挙げている[37]

2007年10月21日、Strictly Come Dancingに出演しTime to Say Goodbyeを歌唱。第79回Royal Variety Perfomanceに出演し、女王エリザベス2世の前で、Viva La Divaのショーの一部を披露、この模様は2007年12月9日に放送された[38] 。12月15日、テレビ番組Xファクターにてリディアン・ロバーツと共演し、You Raise Me Upを歌唱[39]

2010年、ITV番組Popstar to OperastarおよびMagic Numbersに出演。同年、テレビドラマドクター・フークリスマススペシャル「クリスマス・キャロル」でアビゲイル役を演じ、演技デビューを果たす。

2011年4月11日、 米ABCの番組Dancing with the Stars に出演し、Con tepartirò(Time to Say Goodbye)とO mio babbino caroを披露。

2011年10月23日、ロンドンウェンブリー・スタジアムで行われたNFLタンパベイ・バッカニアーズシカゴ・ベアーズ戦に先立ち、英国歌ゴッド・セーブ・ザ・クイーンを歌唱。この様子は米FOXにて放送された[40]

2012年、米国のダンス番組Dancing with the Starsに参加。Mark Ballasとペアを組み、結果は準優勝であった[41]

2012年7月、ユタ州ソルトレイクシティにて、モルモンタバナクル合唱団と共演。BYU-TV系列局およびPBS系列局で放送された[42]

2017年4月、ITV1にて、ブリテンズ・ゴット・タレント優勝者でマジシャンのRichard Jonesのアシスタントを務めた[43]

2017年7月、BBC1の宗教番組"Songs of Praise"のメインプレゼンターに就任することが発表された。 [44]

2018年6月、ロンドンのロイヤルアルバートホールで行われたClassical Brit Awardsに出演し、映画「グレイテスト・ショーマン」より"Never Enough"を歌唱 [45]

2020年、ITVの番組The Masked Singerに出演、3位となった[46]

私生活編集

父親セルウィンは、ジェンキンスが15歳のときに70歳で肺癌で亡くなっており[6] [47] 、ジェンキンスは受け取った各賞を父に捧げている。ジェンキンスは、天国を信じていると語り、「私の父はどこかで善行を積んでいると思います。」 [48] と発言している。

2005年と2006年のクリスマス時期、兵士慰問のためにイラクに現地入りしている[11] [49]

2008年1月28日、ジェンキンスの自伝"Time to Say Hello"が発売された。同自伝はタブロイド紙The Mail on Sundayでも連載された。

新聞の取材に応じて、「ドラッグを服用したことは人生の最大の後悔だ」と語っている [50]

2007年、サンデー・タイムズ紙は、ジェンキンスの推定資産900万ポンドとし、英国で62番目に裕福な若者とした[51] 。2010年、同紙は、ジェンキンスの推定資産を1,100万ポンドとし、レオナ・ルイスシャーロット・チャーチと並んでランクを11位とした。

2010年7月、ジェンキンスはテレビの司会者Gethin Joneとの交際を報じられたが、2011年12月30日、両名とも別れたと発表した[52]

肺がんで死去した父親の追悼のため、 2013年ロンドンマラソンに際し、Macmillan Cancer Supportに25,000ポンドを寄付している。なお、ジェンキンスのレコードは5時間26分であった。

2013年10月、アメリカの芸術家であり映画俳優でもあるAndrew Levitasとの交際を開始した。二人は2014年4月に婚約を発表、同9月27日にハンプトン・コート宮殿で結婚し、ニースの牧師が祝福を行った。2015年9月、ニューヨークにて娘Aaliyah Reghを出産、2018年4月、息子Xander Robert Selwynを出産。

勲章編集

音楽活動と慈善活動を評され、2014年、大英帝国勲章を授与された[53][54]

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

  • プルミエール Première (2004年)
  • ディーヴァ Second Nature (2004年) / La Diva (2005年)
  • 夢を生きて Living A Dream (2005年)
  • セレナード Serenade (2006年)
  • フロム・ザ・ハート〜キャサリン・ジェンキンス・ベスト From The Heart (2007年)
  • リジョイス~喜びの時 Rejoice (2008年)
  • アヴェ・マリア〜セイクリッド・アリアズ Sacrid Arias (2008年)
  • ビリーヴ Believe (2009年)
  • Daydream (2011年)
  • This is Christmas (2012年)
  • Home Sweet Home (2014年)
  • Celebration (2016年)
  • Guiding Light (2018年)
  • Cinema Paradiso (2020年)

シングル編集

  • Time To Say Goodbye (2005年)
  • Green Green Grass of Home (2006年)
  • 千の風になって (2007年)
  • iTunes Live from London(2010年)iTunes Store限定販売

ビデオ編集

  • キャサリン・ジェンキンス・ライヴ 2006 Live at Llangollen (2006年)

脚注編集

  1. ^ "Profile on Classical Crossover.co.uk". Retrieved 28 October 2009.
  2. ^ "Profile on Classical Archives". Retrieved 28 October 2009.
  3. ^ Katherine Jenkins”. classicfm.co.uk. 2012年2月12日閲覧。
  4. ^ WalesOnline (2011年2月12日). “Katherine Jenkins' sister talks celebrity siblings”. 2020年7月8日閲覧。
  5. ^ "Time to say Hello: my autobiography" Jenkins, K: London, Orion, 2008 ISBN 9780752888385
  6. ^ a b c d e f g Langley, William. "Not just a pretty voice". The Daily Telegraph, 15 June 2004. Retrieved 5 September 2007.
  7. ^ a b Foley, Jack. "Katherine Jenkins – more than just a Welsh pretty face". indielondon.co.uk. Retrieved 16 October 2007.
  8. ^ a b c Sweeting, Adam. "A treat for the dads and lads...". The Daily Telegraph, 3 March 2005. Retrieved 13 February 2008.
  9. ^ a b c "Katherine Jenkins Biography". BBC Online. Retrieved 16 October 2007.
  10. ^ a b Bourton, Tom. "The rise of Katherine Jenkins". BBC News, 25 May 2005. Retrieved 6 September 2007.
  11. ^ a b "Jenkins' festive show for troops". BBC News, 22 October 2005. Retrieved 3 May 2007.
  12. ^ Franks, Alan. "The Katherine Jenkins diversity show". The Times, 23 November 2007. Retrieved 23 November 2007.
  13. ^ Jeffries, Stuart. "Why Katherine Jenkins is hogging the classical charts". The Guardian, 18 June 2007. Retrieved 6 September 2007.
  14. ^ a b Jones, Hannah. "I’ve got a story to tell, says Kath". Western Mail, 6 October 2007. Retrieved 19 October 2007.
  15. ^ "Details of Katherine Jenkins' fifth album Rejoice". BBC Online, 9 October 2007. Retrieved 16 October 2007.
  16. ^ "Lewis holds on to chart top spots". BBC News, 25 November 2007. Retrieved 26 November 2007.
  17. ^ Price, Karen. "Katherine Jenkins beats Spice Girls in album charts". Western Mail, 26 November 2007. Retrieved 26 November 2007.
  18. ^ Hope, Christopher (2008年10月19日). “Singer Katherine Jenkins agrees $10million record deal to break America”. The Telegraph (London). https://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/celebritynews/3215861/Singer-Katherine-Jenkins-agrees-10million-record-deal-to-break-America.html 2008年10月19日閲覧。 
  19. ^ Katherine Jenkins on Susana Giménez (in Spanish)”. Primiciasya.com (2010年5月23日). 2011年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月30日閲覧。
  20. ^ "A party to remember live from Trafalgar Square – VE Day 60th". BBC Online, 5 April 2005. Retrieved 17 October 2007.
  21. ^ "Live 8 concert line-ups". The Guardian, 29 June 2005. Retrieved 6 September 2007.
  22. ^ Martin, Nicole. "It's never too early to wear your poppy". The Daily Telegraph, 27 October 2006. Retrieved 17 October 2007.
  23. ^ "Tate asks if Queen is 'bovvered'". BBC News, 22 November 2005. Retrieved 28 December 2006.
  24. ^ "Julianne Moore to co-host Nobel concert". usatoday.com, 29 November 2005. Retrieved 16 October 2007.
  25. ^ "Festival of Remembrance". BBC Online. Retrieved 16 October 2007.
  26. ^ "Talent show winner in opera concert". AOL. Retrieved 9 July 2007.
  27. ^ "Variety prize for Keira Knightley". BBC News, 19 November 2007. Retrieved 20 November 2007.
  28. ^ Thorpe, Vanessa. "See what they've been keeping under their hats". The Guardian, 29 April 2007. Retrieved 30 May 2007.
  29. ^ Hastings, Chris. "Jenkins and Bussell as their favourite divas". The Daily Telegraph. Retrieved 14 February 2008.
  30. ^ Szczepanik, Nick and Kempson, Russell. "Cup Final fans are urged to show respect". The Times, 17 May 2008. Retrieved 17 May 2008.
  31. ^ "Diana Yukawa Supports Katherine Jenkins". Diana Yukawa, 3 July 2010. Retrieved 31 July 2010.
  32. ^ Il Divo and Katherine Jenkins for joint European tour” (英語). Classic FM. 2020年7月8日閲覧。
  33. ^ Katherine Jenkins performs during the 2013 PBS National Memorial Day...” (英語). Getty Images. 2020年7月8日閲覧。
  34. ^ "Katherine Jenkins on Parkinson Archived 21 October 2007 at the Wayback Machine.". parkinson.tangozebra.com. Retrieved 17 October 2007.
  35. ^ "Saving Planet Earth". BBC Online, 11 May 2007. Retrieved 8 July 2007.
  36. ^ Crump, Vincent. "Well, in my view Britain's best is...". The Times, 12 August 2007. Retrieved 14 August 2007.
  37. ^ Pettie, Andrew. "Britain asked: What's your favourite view?". The Daily Telegraph, 14 August 2007. Retrieved 14 August 2007.
  38. ^ Leigh, Spencer. "Royal Variety Performance". BBC News. Retrieved 10 December 2007.
  39. ^ "Kylie and Jason sing on X Factor". BBC News, 12 December 2007. Retrieved 13 December 2007.
  40. ^ "Opera stars perform NFL London national anthems" Archived 23 October 2011 at the Wayback Machine. by Nicholas Pike, NFLUK.com (20 October 2011)
  41. ^ Clarke (2012年4月16日). “Dancing With the Stars Season 14: William Levy and Katherine Jenkins Heat Up the Dance Floor on Latin Night”. ABC News. 2012年4月23日閲覧。
  42. ^ Lloyd, R. Scott (2012年7月20日). “Tabernacle Choir, Katherine Jenkins extol 'Joy of Song' during Pioneer Day concert”. Deseret News. http://www.deseretnews.com/article/765591204/Tabernacle-Choir-Katherine-Jenkins-extol-Joy-of-Song-during-Pioneer-Day-concert.html/ 2015年2月22日閲覧。 
  43. ^ Britain's Got Talent winner Richard Jones and Katherine Jenkins join forces for a magical ITV special. Digital Spy, 20 February 2017.
  44. ^ BBC One - Songs of Praise”. Bbc.co.uk. 2020年4月28日閲覧。
  45. ^ Katherine Jenkins to perform Greatest Showman track at Classic Brit Awards” (英語). independent. 2020年2月16日閲覧。
  46. ^ The Masked Singer's Katherine Jenkins pays tribute to Caroline Flack” (英語). Metro (2020年2月16日). 2020年2月16日閲覧。
  47. ^ Greenstreet, Rosanna. "Q&A". The Guardian, 23 September 2006. Retrieved 6 September 2007.
  48. ^ “Katherine Jenkins: Confessions of a choirgirl”. The Guardian. https://www.theguardian.com/music/2011/oct/18/katherine-jenkins 2014年9月6日閲覧。 
  49. ^ "Jenkins performs for Iraq troops". BBC News, 23 December 2005. Retrieved 24 December 2006.
  50. ^ Simpson, Rin. "Katherine Jenkins says she'll never forget attacker". Western Mail, 14 January 2008. Retrieved 12 February 2008.
  51. ^ "Katherine Jenkins, Sunday Times richlist". The Times. Retrieved 3 May 2007.
  52. ^ Katherine Jenkins and Gethin Jones announce split”. BBC (2011年12月30日). 2011年12月30日閲覧。
  53. ^ THE GAZETTE” (2013年12月31日). 2020年7月7日閲覧。
  54. ^ The New Year's Honours 2014”. Gov.uk. 2014年12月26日閲覧。

外部リンク編集

公式サイト編集

リソースサイト編集