メインメニューを開く

株式会社キョーエイ(KYOEI)は、徳島県を中心に展開するスーパーマーケット。本部は徳島市川内町加賀須野463番地15にある[3]

株式会社徳島主婦の店[1]

株式会社キョーエイ[1]
KYOEI Co., Ltd.
Kyoei logo mark.JPG
種類 株式会社[1]
略称 キョーエイ
本社所在地 日本の旗 日本
771-0198
徳島県徳島市秋田町3-24[2]

徳島県徳島市伊月町3-8[1]

徳島県徳島市川内町加賀須野463番地15[3]
設立 1958年昭和33年)7月24日[1]
業種 小売業
法人番号 1480001000545
事業内容 スーパーマーケットの経営・運営[4]
代表者 代表取締役 埴渕一夫[4]
資本金 550万円[1]

9600万円[4]
売上高 388億円(2017年2月期)[3]
純利益 ▲842万4000円(2019年02月28日時点)[5]
総資産 145億5582万5000円(2019年02月28日時点)[5]
従業員数 1,853名[4]
主要子会社 (株)サンティー 100%
(株)寶積運輸 100%
関係する人物 埴渕一
外部リンク キョーエイ
テンプレートを表示

2018年11月現在、徳島県と香川県に32店舗あるが、香川県は高松空港近くにある空港店の1店舗のみである。

目次

概要編集

スーパーマーケット、衣料品店、ホームセンタードラッグストアなどを運営する。徳島県内資本ではトップのスーパーマーケットであり、一般消費者への浸透度は抜群に高い[4]。近年では食品スーパーのリニューアルや新規出店を進めている。新店舗や改装店舗には、中・大型店は「フードガーデン」、小型店は「キュート」の名称が使われており、従来の店舗との差別化を図っている。

「キョーツーカード」という独自のポイントカードを高校生を除く18歳以上の人に発行しており、各加盟店で使用することができる。かつてはクレジット機能がついており、キャッシングや翌月一括払いといったサービスを利用できたが、2011年4月30日までに終了した。18歳未満の人でも持てる、クレジット機能がない「キョーツージュニアカード」「キョーツーブックオフカード」も発行していたが、2012年10月をもって取扱いを終了した。

食品事業部のほかに衣料事業部と住居事業部があり、ファミリーファッション(衣料品店)、チャップリン(靴店)、ケイ・ツー(ホームセンター)、キョーエイドラッグ(ドラッグストア)、ダイソー100円ショップ)を運営している。

かつてはK-1 京屋家電(家電量販店)も運営していたが、2006年に撤退、デオデオへ譲渡した(兵庫県洲本市内にあった店舗はマツヤデンキへ譲渡、2011年8月に閉店)。2007年四国の企業として初めてマツモトキヨシフランチャイズ契約を結んだ。

沿革編集

 
店舗の例(石井店)
 
キョーツーカード

施設編集

キョーエイが運営する主な複合商業施設編集

店舗名 画像 場所
タクト   徳島市南島田町
アピカ   阿南市西路見町
ルピア   小松島市小松島町
パルシー   美馬市脇町猪尻

一般店舗編集

かつてあった店舗編集

徳島県編集

  • 滑北店(徳島県徳島市北前川町3-24[2]1965年(昭和40年)9月開店[1]、店舗面積553m²[1]
  • 蔵本店(徳島県徳島市蔵本町[1]1968年(昭和43年)11月開店[1]、店舗面積1,801m²[1]
  • 新町店(徳島県徳島市東新町1-26[2]1971年(昭和46年)9月開店[1]、店舗面積2,335m²[1]
  • 矢三店(徳島県徳島市北矢三[1]1980年(昭和55年)11月開店[1]、店舗面積490m²[1]
  • 津田店(徳島県徳島市津田本町[1]1978年(昭和53年)5月開店[1]、店舗面積486m²[1]
  • 田宮店(徳島県徳島市北田宮3丁目680-2[1]1987年(昭和62年)8月開店[1]、店舗面積498m²[1]
  • 黒崎店(徳島県鳴門市撫養町[1]1984年(昭和59年)7月開店[1]、店舗面積496m²[1]

香川県編集

  • 松島店(香川県高松市松島町[1]1976年(昭和51年)10月開店[1]、店舗面積5,550m²[1]
  • 仏生山店(香川県高松市)
  • 志度店(香川県大川郡[1]1982年(昭和57年)9月開店[1]、店舗面積2,548m²[1]
  • 国分寺店(香川県綾歌郡国分寺町国分566-2[1]1987年(昭和62年)11月開店[1]、店舗面積600m²[1]
  • 宇多津店(香川県宇多津市)

関連企業編集

  • サンティー(OA事務機器販売および店舗設計開発)
2018年3月1日付けで、グループ統括会社「京屋」を存続会社として吸収合併し「京屋サンティー」となった。
  • 徳栄興産
  • 寶積運輸

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 京屋呉服店(現:株式会社京屋)

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj 『流通会社年鑑 1990年版』 日本経済新聞社、1990年11月24日。
  2. ^ a b c 『流通会社年鑑 1978年版』 日本経済新聞社、1977年10月25日。
  3. ^ a b c 『2013 帝国データバンク会社年鑑 第93版 西日本II』帝国データバンク、2012年
  4. ^ a b c d e 『平成23年版 東商信用録(四国版)』東京商工リサーチ高松支社、2011年、ISBN 978-4-88754-672-1
  5. ^ a b 株式会社キョーエイ 第61期決算公告
  6. ^ a b 『日本スーパー名鑑 2013年版 本部編』商業界、2012年、ISBN 978-4-7855-0441-0
  7. ^ a b 『日経小売・卸売企業年鑑 2006年版』日本経済新聞社、2005年、ISBN 4-532-21115-8
  8. ^ 日刊自動車新聞」2002年1月27日記事より
  9. ^ 2006年頃に閉店廃業し、現在店舗はグループ会社「サンティー」の本社になっている。その後2012年に、同じ徳島県のノヴィルグループがディーラー権を取得し同名の「フォード徳島」を開店した。

外部リンク編集