サンレイジャスパー

サンレイジャスパーとは、日本競走馬である。勝ち鞍に2007年小倉記念。馬名の由来は冠名「サンレイ」に碧玉「ジャスパー (Jaspar) 」。

サンレイジャスパー
Sanrei-Jaspar.jpg
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2002年5月4日(18歳)
登録日 2004年7月8日
ミスズシャルダン
サンレイククイン
母の父 Cozzene
生国 日本の旗 日本北海道静内町
生産 岡野牧場
馬主 永井啓弍
調教師 高橋成忠栗東
競走成績
生涯成績 43戦4勝
獲得賞金 1億7272万3000円
テンプレートを表示

戦績編集

デビューはかなり遅く、2005年7月の未勝利戦となったがこれに勝利。次走も勝ち、上がり馬としてローズステークスに挑戦するが9着と惨敗。その後は条件戦で堅実な成績を収め、再び重賞に出走したのは2006年6月マーメイドステークス、勝ったソリッドプラチナムとはハナ差の2着だった。それからは新潟記念府中牝馬ステークスでそれぞれクビ差の2着だった。

2007年のマーメイドステークスは前年に続きまたも2着と、あと一歩のところで重賞を逃し続けていたが、続く小倉記念に勝利し念願の重賞タイトルを獲得した。この勝利によりサマー2000シリーズのトップに立ち、新潟記念に出走登録を行うが、出馬投票後に行われた馬インフルエンザの再検査後に陽性と診断され除外された。これにより、サマー2000シリーズのトップの座をユメノシルシに譲ることとなり、優勝を逃した。さらに脚の爪の病気である蟻洞を発症[1]したため長期の休養に入る。

休み明けとなった2008年のマーメイドステークスは前年の小倉記念以来の実践とトップハンデの56キロという影響もあり出走馬12頭の殿負けとなった。次走、前年制した小倉記念では実績を買われてか3番人気に推されるも9着、続く新潟記念でも11着と大敗した。

休み明けとなった2009年福島牝馬ステークスでは道悪馬場がこたえて13着と大敗した。休養を挟んで府中牝馬ステークスに出走したが8着に終わった。続くエリザベス女王杯では見せ場なく15着と大敗した。その後、初のダート戦となったクイーン賞に出走するも見せ場なく13着に終わった。

2010年京都金杯から始動、後方から追い上げるも9着に敗れた。続く京都牝馬ステークスでも終始後方のまま13着と大敗した。続く中山牝馬ステークス阪神牝馬ステークスでも同様の競馬でそれぞれ10着、15着と大敗した。新潟大賞典金鯱賞マーメイドステークスでは3戦続けて12着。小倉記念では中団から追い上げてくるも6着、新潟記念でもいつも通り中団で追走するも直線ではまったく伸びず12着、府中牝馬ステークスでは15着、エリザベス女王杯では13着、愛知杯では14着と惨敗が続いた。こうしたことから、12月26日付で競走馬登録を抹消して引退することとなった。引退後は北海道浦河町の辻牧場で繁殖牝馬となる[2]

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム差 勝ち馬/(2着馬)
2005 7. 16 小倉 未勝利 16 12.1 (5人) 1着 難波剛健 54 芝1800m(良) 1:48.3 (34.7) -0.1 (ビジューブリアン)
8. 20 小倉 500万下 10 3.3 (1人) 1着 難波剛健 52 芝2000m(良) 2:00.0 (34.9) -0.2 (トーセンエール)
9. 18 阪神 ローズS GII 15 9.9 (4人) 9着 難波剛健 54 芝2000m(良) 2:01.7 (35.4) 1.6 エアメサイア
10. 15 京都 北野特別 15 12.8 (5人) 6着 難波剛健 53 芝2000m(稍) 2:00.8 (35.0) 1.2 プリンセスグレース
11. 13 京都 ドンカスターC 15 7.6 (3人) 3着 佐藤哲三 52 芝1800m(良) 1:46.5 (34.1) 0.2 サムライハート
2006 1. 28 小倉 壇之浦特別 15 3.2 (1人) 3着 難波剛健 54 芝2000m(良) 1:59.5 (35.2) 0.4 ゴージャスディナー
2. 11 京都 春日特別 15 4.2 (2人) 2着 難波剛健 54 芝1800m(良) 1:48.6 (33.6) 0.1 ケージーフジキセキ
3. 4 中京 中京スポーツ杯 16 4.0 (2人) 3着 難波剛健 55 芝1800m(良) 1:47.2 (36.2) 0.3 サンバレンティン
3. 25 阪神 山陽特別 12 4.4 (3人) 4着 難波剛健 55 芝1600m(良) 1:34.8 (35.2) 0.3 フェイトトリックス
4. 8 阪神 1000万下 14 3.8 (2人) 2着 佐藤哲三 55 芝2000m(良) 2:04.2 (36.2) 0.0 イントゥザグルーヴ
5. 7 京都 1000万下 13 2.3 (1人) 1着 佐藤哲三 55 芝1800m(重) 1:49.3 (35.7) -0.2 (トウカイルナ)
5. 28 東京 むらさき賞 15 8.4 (4人) 3着 佐藤哲三 53 芝1800m(稍) 1:48.6 (35.4) 0.3 モエレフェニックス
6. 18 京都 マーメイドS GIII 14 5.9 (3人) 2着 佐藤哲三 51 芝2000m(良) 2:01.1 (34.4) 0.0 ソリッドプラチナム
7. 30 小倉 小倉記念 GIII 13 6.6 (3人) 4着 佐藤哲三 51 芝2000m(良) 1:58.2 (35.4) 0.4 スウィフトカレント
8. 27 新潟 新潟記念 GIII 17 7.4 (4人) 2着 佐藤哲三 51 芝2000m(良) 1:57.2 (34.1) 0.0 トップガンジョー
10. 15 東京 府中牝馬S GIII 16 10.1 (4人) 2着 中舘英二 55 芝1800m(良) 1:47.5 (33.5) 0.0 デアリングハート
11. 12 京都 エリザベス女王杯 GI 15 22.0 (6人) 7着 佐藤哲三 56 芝2200m(良) 2:12.2 (34.8) 0.6 フサイチパンドラ
12. 9 阪神 鳴尾記念 GIII 17 18.0 (8人) 10着 幸英明 54 芝1800m(良) 1:47.8 (34.1) 0.9 サクラメガワンダー
2007 1. 28 京都 京都牝馬S GIII 16 10.2 (4人) 4着 幸英明 55 芝1600m(良) 1:33.8 (34.8) 0.8 ディアデラノビア
3. 11 中山 中山牝馬S GIII 16 6.7 (4人) 6着 中舘英二 54 芝1800m(良) 1:50.6 (36.7) 0.4 マイネサマンサ
4. 21 福島 福島牝馬S GIII 16 5.8 (3人) 7着 難波剛健 55 芝1800m(良) 1:47.0 (35.4) 0.4 スプリングドリュー
5. 13 東京 ヴィクトリアマイル GI 18 105.6 (16人) 14着 佐藤哲三 55 芝1600m(良) 1:33.8 (33.7) 1.3 コイウタ
6. 17 阪神 マーメイドS GIII 12 8.0 (5人) 2着 佐藤哲三 54 芝2000m(良) 1:58.6 (34.6) 0.2 ディアチャンス
7. 29 小倉 小倉記念 GIII 12 8.1 (6人) 1着 佐藤哲三 53 芝2000m(良) 1:58.7 (34.7) -0.2 (ニホンピロキース)
2008 6. 22 阪神 マーメイドS GIII 12 23.3 (7人) 12着 難波剛健 56 芝2000m(重) 2:08.2 (41.5) 4.7 トーホウシャイン
8. 3 小倉 小倉記念 GIII 15 7.5 (3人) 9着 佐藤哲三 55 芝2000m(良) 1:59.3 (36.1) 1.4 ドリームジャーニー
8. 31 新潟 新潟記念 GIII 18 16.1 (7人) 11着 佐藤哲三 54 芝2000m(良) 1:59.1 (34.8) 1.6 アルコセニョーラ
2009 4. 25 福島 福島牝馬S GIII 16 119.7 (16人) 13着 難波剛健 58 芝1800m(不) 1:55.1 (37.6) 1.4 ブラボーデイジー
10. 18 東京 府中牝馬S GIII 18 103.6 (16人) 8着 難波剛健 55 芝1800m(良) 1:45.6 (35.1) 1.0 ムードインディゴ
11. 15 京都 エリザベス女王杯 GI 18 236.7 (18人) 15着 難波剛健 56 芝2200m(良) 2:15.4 (34.0) 1.8 クィーンスプマンテ
12. 9 船橋 クイーン賞 JpnIII 14 30.7 (9人) 13着 佐藤哲三 54 ダ1800m(稍) 1:57.6 (41.0) 3.1 ユキチャン
2010 1. 5 京都 京都金杯 GIII 15 150.7 (15人) 9着 難波剛健 52 芝1600m(良) 1:34.6 (34.9) 0.5 ライブコンサート
1. 31 京都 京都牝馬S GIII 15 97.7 (14人) 13着 難波剛健 56 芝1600m(稍) 1:37.7 (35.5) 1.3 ヒカルアマランサス
3. 14 中山 中山牝馬S GIII 16 95.1 (16人) 10着 難波剛健 53 芝1800m(良) 1:48.3 (35.0) 0.7 ニシノブルームーン
4. 10 阪神 阪神牝馬S GII 18 332.6 (18人) 15着 難波剛健 55 芝1400m(良) 1:21.6 (34.7) 1.4 アイアムカミノマゴ
5. 8 新潟 新潟大賞典 GIII 16 111.0 (14人) 12着 難波剛健 51 芝2000m(良) 1:59.6 (36.0) 1.9 ゴールデンダリア
5. 29 京都 金鯱賞 GII 14 332.1 (13人) 12着 幸英明 55 芝2000m(良) 2:01.4 (34.8) 1.9 アーネストリー
6. 20 阪神 マーメイドS GIII 16 84.6 (15人) 12着 難波剛健 51 芝2000m(良) 2:00.8 (35.6) 1.3 ブライティアパルス
8. 1 小倉 小倉記念 GIII 17 48.1 (12人) 6着 難波剛健 50 芝2000m(良) 1:58.3 (34.9) 0.4 ニホンピロレガーロ
8. 29 新潟 新潟記念 GIII 17 73.6 (17人) 12着 難波剛健 50 芝2000m(良) 1:59.0 (34.0) 0.6 ナリタクリスタル
10. 17 東京 府中牝馬S GIII 17 183.0 (17人) 15着 難波剛健 55 芝1800m(良) 1:47.3 (33.8) 0.9 テイエムオーロラ
11. 14 京都 エリザベス女王杯 GI 17 362.8 (17人) 13着 難波剛健 56 芝2200m(良) 2.14.4 (35.2) 1.9 スノーフェアリー
12. 19 小倉 愛知杯 GIII 18 82.6 (17人) 14着 上村洋行 51 芝2000m(良) 2.01.3 (35.8) 1.8 セラフィックロンプ

血統表編集

サンレイジャスパー血統グレイソヴリン系ナスルーラ系) / Hail to Reason 5×5=6.25%) (血統表の出典)

ミスズシャルダン
1995 黒鹿毛
父の父
*トニービン
Tony Bin
1983 鹿毛
*カンパラ
Kampala
Kalamoun
State Pension
Severn Bridge Hornbeam
Priddy Fair
父の母
ゴールドユウマ
1986 黒鹿毛
*ブレイヴェストローマン
Bravest Roman
Never Bend
Roman Song
ヤマトシャルダン *セダン
リンダセニョリータ

サンレイククイン
1996 芦毛
Cozzene
1980 芦毛
Caro *フォルティノ
Chambord
Ride the Trails Prince John
Wildwook
母の母
*レイクワース
Lake Worth
1989 鹿毛
Cure the Blues Stop the Music
Quick Cure
Lake Champlain Kings Lake
Sensibility F-No.3-h


父・ミスズシャルダンは2001年小倉大賞典の優勝馬で、15戦6勝の成績を残した。引退後は種牡馬となったが種付け数は伸びず、サンレイジャスパーの活躍を待たず用途変更となっている[3]。その後は引退名馬けい養展示事業の助成を受け、2004年12月から岡野牧場で過ごしていた[4]。2015年10月に死亡[5]

脚注編集

外部リンク編集