ディアデラノビア

ディアデラノビア日本繁殖牝馬で、元競走馬。主な勝鞍は2005年のフローラステークス (GII) 、2007年の京都牝馬ステークス (GIII) 、愛知杯 (GIII)[1]

ディアデラノビア
Dia de la Novia 20080105R11.jpg
第46回京都金杯時におけるパドック周回中のディアデラノビア号
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 栗毛[1]
生誕 2002年1月28日(16歳)[1]
死没 (存命)
抹消日 2008年3月5日[2]
サンデーサイレンス[1]
ポトリザリス[1]
母の父 Potrillazo[1]
生国 日本の旗 日本北海道早来町[1]
生産 ノーザンファーム[1]
馬主 (有)キャロットファーム[1]
調教師 角居勝彦栗東[1]
競走成績
生涯成績 23戦5勝(中央競馬
2戦0勝(海外)[1]
獲得賞金 3億2802万1000円(中央競馬)[1]
テンプレートを表示

目次

戦績編集

2004年12月12日、阪神競馬場の2歳新馬戦でデビューし、初勝利を挙げる[3]。明けて3歳になった2005年は白梅賞(500万下条件戦)を勝ち[3]チューリップ賞で重賞に初出走したが7着に終わった[3]。連闘で臨んだフィリーズレビューも4着に敗れ[3]優駿牝馬(オークス)を目指して出走したフローラステークスでは鞍上に武豊を迎え、重賞初勝利を挙げた[3]。初のGI挑戦となった第66回優駿牝馬ではケント・デザーモが騎乗したが、3着に終わった[3]。その後休養に入り、2005年のシーズンを終えた。

4歳になった2006年は京都金杯京都牝馬ステークスと5着以下の成績が続いた[3]が、中山牝馬ステークスで2着に入る[3]。しかしその後は、次走のマイラーズカップから秋のエリザベス女王杯まで、5戦連続の3着と惜敗が続いた[3]。年末には初の海外遠征に臨み、香港カップに出走したが7着に終わった[3]

5歳になった2007年、京都牝馬ステークスで1年9ヶ月ぶりの勝利を挙げた[3]。続く阪神牝馬ステークスは3着[3]の後、再び海外へ遠征。7月のキャッシュコールマイルでは5着と敗れた[3]が、年末の愛知杯で優勝[3]し、重賞3勝目を挙げた。6歳になった2008年は京都金杯と小倉大賞典に出走したがいずれも大敗し、小倉大賞典を最後に現役を終えた[3]

繁殖成績編集

2011年6月19日、初仔ディアデラバンデラが中央競馬でデビュー。23戦1勝(うち障害1戦未勝利)の成績を残したのち、地方競馬へ転厩した[4]

2012年9月9日、2番仔ディアデラマドレが中央競馬でデビュー。重賞3勝の成績を残した[5]

馬名 生年 毛色 馬主 厩舎 戦績
初仔 ディアデラバンデラ[6] 2009年 黒鹿毛 シンボリクリスエス セン (有)キャロットファーム
→杉浦和也
栗東・角居勝彦
→栗東・吉村圭司
→笠松・笹野博司
高知・那俄性哲也
50戦5勝(引退)
2番仔 ディアデラマドレ[7] 2010年 鹿毛 キングカメハメハ (有)キャロットファーム 栗東・角居勝彦 16戦6勝(引退・繁殖)
3番仔 ディアデルレイ[8] 2011年 栗毛 (有)キャロットファーム 美浦・牧光二 29戦7勝(現役)
4番仔 サンマルティン[9] 2012年 栗毛 ハービンジャー セン (有)キャロットファーム 美浦・国枝栄 14戦6勝(現役)
5番仔 ドレッドノータス[10] 2013年 栗毛 セン (有)キャロットファーム 栗東・矢作芳人 15戦3勝(現役)
6番仔 バルデス[11] 2014年 栗毛 (有)キャロットファーム 美浦・木村哲也 7戦3勝(引退)
7番仔 エルディアマンテ 2015年 栗毛 キングカメハメハ (有)キャロットファーム 美浦・国枝栄 3戦0勝(現役)
8番仔 カウディーリョ 2016年 黒鹿毛 (有)キャロットファーム 美浦・堀宣行

2018年7月13日現在

血統表編集

ディアデラノビア血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系

*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛 アメリカ
父の父
Halo
1969 黒鹿毛 アメリカ
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
父の母
Wishing Well
1975 鹿毛 アメリカ
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss

*ポトリザリス
Potrizaris
1995 栗毛 アルゼンチン
Potrillazo
1982 青鹿毛 アルゼンチン
Ahmad Good Manners
Azyade
Azalee Tropical Sun
Akinos
母の母
Chaldee
1978 栗毛 アルゼンチン
Banner Sport Raise a Native
La Dauphine
Gevar Right of Way
Zaris
母系(F-No.) [§ 2]
5代内の近親交配 なし [§ 3]
出典
  1. ^ 5代血統表(ディアデラノビア) - JBISサーチ、2016年3月28日閲覧
  2. ^ 5代血統表(ディアデラノビア) - JBISサーチ、2016年3月28日閲覧
  3. ^ 5代血統表(ディアデラノビア) - JBISサーチ、2016年3月28日閲覧

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 馬情報(ディアデラノビア) - JBISサーチ、2016年3月28日閲覧
  2. ^ ディアデラノビア引退、繁殖馬に - ラジオNIKKEI競馬実況Web、2016年3月28日閲覧
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 競走成績(ディアデラノビア) - JBISサーチ、2016年3月28日閲覧
  4. ^ 全競走成績(ディアデラバンデラ) - JBISサーチ、2016年3月28日閲覧
  5. ^ 全競走成績(ディアデラマドレ) - JBISサーチ、2016年3月28日閲覧
  6. ^ ディアデラバンデラ - JBISサーチ、2017年4月10日閲覧
  7. ^ ディアデラマドレ - JBISサーチ、2017年4月10日閲覧
  8. ^ ディアデルレイ - JBISサーチ、2017年4月10日閲覧
  9. ^ サンマルティン - JBISサーチ、2017年4月10日閲覧
  10. ^ ドレッドノータス - JBISサーチ、2017年4月10日閲覧
  11. ^ 繁殖牝馬情報:牝系情報(ディアデラノビア) - JBISサーチ、2017年4月10日閲覧

外部リンク編集