メインメニューを開く

ディアデラノビア日本繁殖牝馬で、元競走馬。主な勝鞍は2005年のフローラステークス (GII) 、2007年の京都牝馬ステークス (GIII) 、愛知杯 (GIII)[1]

ディアデラノビア
Dia de la Novia 20080105R11.jpg
第46回京都金杯時におけるパドック周回中のディアデラノビア号
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 栗毛[1]
生誕 2002年1月28日(17歳)[1]
死没 (存命)
抹消日 2008年3月5日[2]
サンデーサイレンス[1]
ポトリザリス[1]
母の父 Potrillazo[1]
生国 日本の旗 日本北海道早来町[1]
生産 ノーザンファーム[1]
馬主 (有)キャロットファーム[1]
調教師 角居勝彦栗東[1]
競走成績
生涯成績 23戦5勝(中央競馬
2戦0勝(海外)[1]
獲得賞金 3億2802万1000円(中央競馬)[1]
テンプレートを表示

戦績編集

2004年12月12日、阪神競馬場の2歳新馬戦でデビューし、初勝利を挙げる[3]。明けて3歳になった2005年は白梅賞(500万下条件戦)を勝ち[3]チューリップ賞で重賞に初出走したが7着に終わった[3]。連闘で臨んだフィリーズレビューも4着に敗れ[3]優駿牝馬(オークス)を目指して出走したフローラステークスでは鞍上に武豊を迎え、重賞初勝利を挙げた[3]。初のGI挑戦となった第66回優駿牝馬ではケント・デザーモが騎乗したが、3着に終わった[3]。その後休養に入り、2005年のシーズンを終えた。

4歳になった2006年は京都金杯京都牝馬ステークスと5着以下の成績が続いた[3]が、中山牝馬ステークスで2着に入る[3]。しかしその後は、次走のマイラーズカップから秋のエリザベス女王杯まで、5戦連続の3着と惜敗が続いた[3]。年末には初の海外遠征に臨み、香港カップに出走したが7着に終わった[3]

5歳になった2007年、京都牝馬ステークスで1年9ヶ月ぶりの勝利を挙げた[3]。続く阪神牝馬ステークスは3着[3]の後、再び海外へ遠征。7月のキャッシュコールマイルでは5着と敗れた[3]が、年末の愛知杯で優勝[3]し、重賞3勝目を挙げた。6歳になった2008年は京都金杯と小倉大賞典に出走したがいずれも大敗し、小倉大賞典を最後に現役を終えた[3]

繁殖成績編集

2011年6月19日、初仔ディアデラバンデラが中央競馬でデビュー。23戦1勝(うち障害1戦未勝利)の成績を残したのち、地方競馬へ転厩した[4]

2012年9月9日、2番仔ディアデラマドレが中央競馬でデビュー。重賞3勝の成績を残した[5]

馬名 生年 毛色 馬主 厩舎 戦績
初仔 ディアデラバンデラ[6] 2009年 黒鹿毛 シンボリクリスエス セン (有)キャロットファーム
→杉浦和也
栗東・角居勝彦
→栗東・吉村圭司
→笠松・笹野博司
高知・那俄性哲也
50戦5勝(引退)
2番仔 ディアデラマドレ[7] 2010年 鹿毛 キングカメハメハ (有)キャロットファーム 栗東・角居勝彦 16戦6勝(引退・繁殖)
3番仔 ディアデルレイ[8] 2011年 栗毛 美浦・牧光二
→船橋・川島正一
JRA29戦7勝
地方9戦1勝(現役)
4番仔 サンマルティン[9] 2012年 栗毛 ハービンジャー セン 美浦・国枝栄 19戦6勝(現役)
5番仔 ドレッドノータス[10] 2013年 栗毛 セン 栗東・矢作芳人 27戦6勝(現役)
6番仔 バルデス[11] 2014年 栗毛 美浦・木村哲也 7戦3勝(引退)
7番仔 エルディアマンテ 2015年 栗毛 キングカメハメハ 美浦・国枝栄 5戦0勝(引退・繁殖)
8番仔 カウディーリョ 2016年 黒鹿毛 美浦・堀宣行 5戦3勝(現役)
9番仔 グレイトオーサー 2017年 栗毛 ノヴェリスト 0戦0勝(デビュー前)
10番仔 ディアデラノビアの2018 2018年 鹿毛 ロードカナロア 0戦0勝(デビュー前)

2019年10月9日現在

血統表編集

ディアデラノビア血統 (血統表の出典)[§ 1]

*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛 アメリカ
父の父
Halo
1969 黒鹿毛 アメリカ
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
父の母
Wishing Well
1975 鹿毛 アメリカ
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss

*ポトリザリス
Potrizaris
1995 栗毛 アルゼンチン
Potrillazo
1982 青鹿毛 アルゼンチン
Ahmad Good Manners
Azyade
Azalee Tropical Sun
Akinos
母の母
Chaldee
1978 栗毛 アルゼンチン
Banner Sport Raise a Native
La Dauphine
Gevar Right of Way
Zaris
母系(F-No.) (FN:2-u) [§ 2]
5代内の近親交配 なし [§ 3]
出典
  1. ^ 5代血統表(ディアデラノビア) - JBISサーチ、2016年3月28日閲覧
  2. ^ 5代血統表(ディアデラノビア) - JBISサーチ、2016年3月28日閲覧
  3. ^ 5代血統表(ディアデラノビア) - JBISサーチ、2016年3月28日閲覧


出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 馬情報(ディアデラノビア) - JBISサーチ、2016年3月28日閲覧
  2. ^ ディアデラノビア引退、繁殖馬に - ラジオNIKKEI競馬実況Web、2016年3月28日閲覧
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 競走成績(ディアデラノビア) - JBISサーチ、2016年3月28日閲覧
  4. ^ 全競走成績(ディアデラバンデラ) - JBISサーチ、2016年3月28日閲覧
  5. ^ 全競走成績(ディアデラマドレ) - JBISサーチ、2016年3月28日閲覧
  6. ^ ディアデラバンデラ - JBISサーチ、2017年4月10日閲覧
  7. ^ ディアデラマドレ - JBISサーチ、2017年4月10日閲覧
  8. ^ ディアデルレイ - JBISサーチ、2017年4月10日閲覧
  9. ^ サンマルティン - JBISサーチ、2017年4月10日閲覧
  10. ^ ドレッドノータス - JBISサーチ、2017年4月10日閲覧
  11. ^ 繁殖牝馬情報:牝系情報(ディアデラノビア) - JBISサーチ、2017年4月10日閲覧

外部リンク編集