シュド・エスト SE.3130

SE.3130 アルエットII

ル・ブルジェ航空宇宙博物館に展示されているアルエットII

ル・ブルジェ航空宇宙博物館に展示されているアルエットII

SE.3130 アルエット II(Alouette II)は、フランスの元々はシュド・アビアシオン社で、後にアエロスパシアル社で製造された軽ヘリコプターである。アルエット IIは、従来の重いレシプロエンジンの替わりにガスタービンエンジンを搭載した最初の量産ヘリコプターであった。 なお、愛称に関してはアルーエト IIという表記も見られる。

ノール SS.11対戦車ミサイルを搭載した西ドイツ陸軍のアルエット II

大部分のアルエット IIは、軍隊観測、写真撮影、空中/洋上での救難救助、連絡と訓練任務に使用されたが、対戦車ミサイルやホーミング魚雷も搭載された。民間用ヘリコプターとしては負傷者の救助(外部に2基の担架用荷籠)、農薬散布やフライングクレーン(500kgの外部吊り下げ能力)用途に使用された。

運用の歴史編集

シュド・エスト社(SNCASE)が設計した前作のSE.3120 アルエットは、1953年6月ヘリコプターの速度と航続距離の記録を樹立したが、この機は市場で成功作となるには複雑過ぎる航空機であった。記録樹立に伴ってフランス政府は興味を示し始めたが、財政状況の悪化と共に2年以内に生産に入れるヘリコプター以外の回転翼機に関する全ての活動を停止するように最終通告が出された。SNCASE(Sud-Est)は、X.310AからX.310Gまでの7種類のガスタービンエンジン搭載のヘリコプターを提案した。チュルボメカ社の創立者Joseph Szydlowskiは、オレドン(Orédon)タービンから派生した260hpを発生するアルトウステ 1軸ターボシャフトエンジンの開発を成功に導いた。X.310G案が採用され、アルトウステ エンジンと共にSE.3130 アルエット IIとしての生産に向け開発が進められた。

SE.3130は1955年3月12日に初飛行を行い、3ヶ月以内の6月6日にジャン・ボレー(Jean Boulet)操縦の前量産型アルエット IIが8,209mのヘリコプターによる高度記録を樹立し、7月13日に記録を10,984mに更新した。

1956年7月3日にアルエット IIは、標高4,000m以上から心臓停止した登山者を救助して山岳救助を行った最初のヘリコプターとなり、1957年1月3日に再びアルエット IIがモンブランで行方不明になった登山家のジャン・ヴィンセンドン(Jean Vincendon)とフランソワ・アンリ(François Henry)を捜索中に墜落したシコルスキー S-58の搭乗員を救助するために呼ばれた。

アルエット IIは、1957年5月2日に国内の耐空証明を取得した。

アルエット IIの生産は当初はフランス軍と民間からの注文に応じて始まった。軍事面ではアルエット IIは対戦車ミサイルノール SS.11)を搭載した世界初のヘリコプターとなり[1]1975年に生産終了となるまでに総計1,500機以上のアルエット IIが製造され、47の軍事組織を含む80ヶ国以上で使用された。アルエット IIはブラジルスウェーデンインドアメリカでもライセンス生産された。

派生型編集

SE.3130 アルエット II
1967年以降はSA 313B アルエット IIと改称。
SE.3131 ガヴァナー(Gouverneur)
VIP輸送モデル。アエロスパシアル アルエット IIIの前身。
SE.3140 アルエット II
298kW(400hp)のチュルボメカ テュルモ II エンジンを搭載した提案モデル。製造されず。
HKP 2 アルエット II
スウェーデンライセンス生産されたSE.3130。
SA 318C アルエットII アスタゾウ
550shp(410kW)のチュルボメカ アスタゾウ IIA(360shpに減格)エンジンとアルエット IIIの強化型トランスミッションを装着したモデル。
SE.3180 アルエット II
1967年以降SA 318C アルエット IIと改称 。SE.3150から派生。顧客の要望などから、より経済的なチュルボメカ アスタゾウ IIAエンジンと新型遠心クラッチを搭載したモデル。

運用編集

フランス軍のアルエット II
ドイツ国境警備隊のアルエット II
イギリス陸軍航空隊のアルエット II
ポルトガル空軍のアルエット II
スイス空軍のV-54で、現在は英国登録G-BVSDの1964年製アルエット II

要目編集

(アルエット II)

  • 定員:乗員1名
  • 搭載量:乗客4名
  • 全長:9.70m(31ft 10in)
  • 全高:2.75m(9ft 0in)
  • 主ローター直径:10.20m(33ft 6in)
  • 主ローター旋回面積:81.7m²(879.4ft²)
  • 空虚重量:895kg(1,975lb)
  • 最大離陸重量:1,600kg(3,525lb)
  • エンジン:1×チュルボメカ アルトウステ II C6 ターボシャフトエンジン、410kW(550hp)
  • 最高速度:185km/h=M0,15(99.9knots, 115mph)
  • 巡航高度:2,250m(7,380ft)
  • 航続距離:565km(305nm, 350mi)
  • 上昇率:4.2m/s(825ft/min)

登場作品編集

映画・テレビドラマ編集

ウルトラシリーズ
撮影には、三ツ矢航空の所有機が使用されている。
ウルトラQ
星川航空の所有機として登場。
ウルトラマン
第9話に登場。主人公たちが搭乗し、ウランカプセルを吊り下げてガボラを誘導する。
フランケンシュタイン対地底怪獣
主人公たちがチャーターしたヘリコプターとして登場。
モスラ対ゴジラ
毎朝新聞の報道ヘリコプターとして登場。
やくざ刑罰史 私刑!
第三話「現代編」に登場。暴力団の金の延べ棒を持ち逃げした元組員(池田謙治)を、組長(沢彰謙)自ら操縦する同機から、組員の林彰太郎によって垂らされたロープで空中に吊し上げて拷問する。
妖星ゴラス
宇宙省のヘリコプターとして登場。

関連項目編集

出典編集

  1. ^ Helicopters at War - Blitz Editions, Page, 63, ISBN 1 85605 345 8

外部リンク編集