メインメニューを開く

ジェイク・ペトリッカ

ジェイコブ・スティーブン・ペトリッカJacob Steven Petricka, 1988年6月5日 - )は、アメリカ合衆国ミネソタ州ノースフィールド出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBトロント・ブルージェイズ所属。

ジェイク・ペトリッカ
Jake Petricka
トロント・ブルージェイズ #39
Jake Petricka on May 1, 2016.jpg
ホワイトソックス時代(2016年5月1日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミネソタ州ノースフィールド
生年月日 (1988-06-05) 1988年6月5日(30歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 MLBドラフト2巡目
初出場 2013年8月22日 カンザスシティ・ロイヤルズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

愛称はペティー[1]

目次

経歴編集

プロ入り前編集

2006年MLBドラフト38巡目(全体1155位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名されたが、インディアナ州立大学へ進学。

2009年MLBドラフト34巡目(全体1035位)でニューヨーク・ヤンキースから指名されたが、契約には至らなかった。

プロ入りとホワイトソックス時代編集

2010年MLBドラフト2巡目(全体63位)で再びホワイトソックスから指名され、6月15日に契約。契約後、傘下のアパラチアンリーグのルーキー級ブリストル・ホワイトソックス英語版でプロデビュー。同球団では8試合に先発登板して2勝4敗・防御率2.86・38奪三振の成績を残した。8月にA級カナポリス・インティミデイターズ英語版へ昇格。9試合に登板して0勝1敗・防御率3.72・10奪三振の成績を残した。

2011年はルーキー級ブリストル、A級カナポリス、A+級ウィンストン・セイラム・ダッシュ英語版でプレー。A+級ウィンストン・セイラムでは13試合に先発登板して4勝7敗・防御率4.39・46奪三振の成績を残した。

2012年はA+級ウィンストン・セイラムとAA級バーミングハム・バロンズでプレー。AA級バーミングハムでは10試合に先発登板して3勝3敗・防御率5.46・27奪三振の成績を残した。

2013年はAA級バーミングハムで開幕を迎え、21試合(先発1試合)に登板。3勝0敗・防御率2.06・41奪三振の成績を残した。7月にAAA級シャーロット・ナイツへ昇格し、10試合に登板。2勝0敗1セーブ・防御率1.17・17奪三振と好投し、8月17日ラモン・トロンコソが故障で離脱したため、ホワイトソックスとメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[2]8月22日カンザスシティ・ロイヤルズ戦でメジャーデビュー。同点の延長11回裏1死から登板し、0.2回を無安打無失点に抑えた。直後の12回表にホワイトソックスが勝ち越したため、メジャー初勝利を挙げた[3]。この年メジャーでは16試合に登板して1勝1敗・防御率3.26・10奪三振の成績を残した。

2014年3月1日にホワイトソックスと1年契約に合意[4]3月23日にAAA級シャーロットへ異動し[5]、そのまま開幕を迎えた。4月4日ネイト・ジョーンズが故障で離脱したため、マイナーでの登板がないままメジャーへ昇格した[6]。最終的にメジャーでは67試合にリリーフ登板し、1勝6敗・勝率.143と大きく負け越したが、クローザーとしても起用されて、防御率2.96・14セーブという好成績をマークした。

2015年もリリーフ陣の一角として62試合に投げた。自己記録を更新する4勝を挙げたが、防御率は大きく悪化して3.63だった。

2016年、メジャーでは9試合・8.0イニングの登板に留まり、防御率4.50・8四球・7奪三振を記録しただけだった。これは、臀部を痛めて故障者リスト入りした影響もある[7]

2017年は27試合に登板して1勝1敗・防御率7.01・26奪三振の成績を残した。オフの12月1日ノンテンダーFAとなった[8]

ブルージェイズ時代編集

2018年2月8日トロント・ブルージェイズとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[8]。開幕は傘下のAAA級バッファロー・バイソンズでの故障者リストで迎え、戦列復帰後の5月4日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[9]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2013 CWS 16 0 0 0 0 1 1 0 0 .500 131 19.1 20 0 10 1 1 10 4 0 7 7 3.26 1.55
2014 67 0 0 0 0 1 6 14 10 .143 307 73.0 67 3 33 4 2 55 2 0 24 24 2.96 1.37
2015 62 0 0 0 0 4 3 2 12 .571 220 52.0 56 2 18 4 1 33 2 0 21 21 3.63 1.42
2016 9 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 39 8.0 8 1 8 0 0 7 3 0 5 4 4.50 2.00
2017 27 0 0 0 0 1 1 0 3 .500 122 25.2 39 6 6 0 1 26 3 0 21 20 7.01 1.75
2018 TOR 41 0 0 0 0 3 1 0 1 .750 208 45.2 59 6 16 0 5 41 5 0 28 23 4.53 1.64
MLB:6年 222 0 0 0 0 10 12 16 27 .455 981 223.2 249 18 91 9 10 172 19 0 106 99 3.98 1.52
  • 2018年度シーズン終了時

背番号編集

  • 68(2013年)
  • 52(2014年 - 2017年)
  • 39(2018年 - )

脚注編集

  1. ^ Scott Merkin; Fabian Ardaya (2017年8月24日). “Sox Players Weekend nicknames explained” (英語). MLB.com. 2017年12月5日閲覧。
  2. ^ “White Sox place pitcher Ramon Troncoso on disabled list;” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago White Sox), (2013年8月17日), http://m.whitesox.mlb.com/news/article/57303386/white-sox-place-troncoso-on-dl/ 2017年12月5日閲覧。 
  3. ^ Scores for Aug 22, 2013” (英語). ESPN MLB (2013年8月22日). 2017年12月5日閲覧。
  4. ^ “White Sox agree to terms with 24 players on 2014 contracts” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago White Sox), (2014年3月1日), http://m.whitesox.mlb.com/news/article/68516948/white-sox-agree-to-terms-with-24-players-on-2014-contracts/ 2017年12月5日閲覧。 
  5. ^ “White Sox make five roster moves” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago White Sox), (2014年3月23日), http://m.whitesox.mlb.com/news/article/69940834/white-sox-make-five-roster-moves/ 2017年12月5日閲覧。 
  6. ^ “White Sox place right-hander Nate Jones on the disabled list” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago White Sox), (2014年4月4日), http://m.whitesox.mlb.com/news/article/70909172/white-sox-place-right-hander-nate-jones-on-the-disabled-list/ 2017年12月5日閲覧。 
  7. ^ Cody Stavenhagen (2016年5月5日). “Petricka placed on DL; Kahnle recalled” (英語). MLB.com. 2016年10月26日閲覧。
  8. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2018年2月13日閲覧。
  9. ^ Joey Johnston (2018年5月4日). “Blue Jays battling doubleheader fatigue” (英語). MLB.com. 2018年5月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集