メインメニューを開く

スティーブン・ブロート

この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • スティーブン・ブロールト

スティーブン・ジョゼフ・ブロートSteven Joseph Brault, 1992年4月29日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ郡ラ・メサ英語版出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBピッツバーグ・パイレーツ所属。

スティーブン・ブロート
Steven Brault
ピッツバーグ・パイレーツ #43
Steven Brault on June 26, 2018 (cropped).jpg
2018年6月26日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンディエゴ郡ラ・メサ英語版
生年月日 (1992-04-29) 1992年4月29日(27歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 MLBドラフト11巡目
初出場 2016年7月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

メディアによっては「ブロールト」と表記されることもある。

経歴編集

プロ入り前編集

少年時代はサンディエゴ・パドレスファンとして育った[1]グロスモント高等学校英語版時代は同級生にプロ入り後も再び同僚となるジョー・マスグローブがいた。

プロ入りとオリオールズ傘下時代編集

2013年MLBドラフト11巡目(全体339位)でボルチモア・オリオールズから指名され、プロ入り。契約後、傘下のA-級アバディーン・アイアンバーズ英語版でプロデビュー。12試合に先発登板して1勝2敗、防御率2.09、38奪三振を記録した。

2014年はA級デルマーバ・ショアバーズ英語版とA+級フレデリック・キーズ英語版でプレーし、2球団合計で25試合(先発24試合)に登板して11勝8敗、防御率2.77、124奪三振を記録した。

パイレーツ時代編集

2015年2月20日1月27日に行われたトラビス・スナイダーとのトレード[2]後日発表選手としてピッツバーグ・パイレーツへ移籍した[3]。シーズンでは傘下のA+級ブレイデントン・マローダーズ、AA級アルトゥーナ・カーブでプレーし、2球団合計で43試合に登板して4勝1敗3セーブ、防御率2.71、71奪三振を記録した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、グレンデール・デザートドッグス英語版に所属した。

2016年は開幕をAAA級インディアナポリス・インディアンスで迎え、7月5日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[4]。同日のセントルイス・カージナルス戦にて先発でメジャーデビュー(4回2失点で勝敗付かず)[5]。この年メジャーでは8試合(先発7試合)に登板して0勝3敗、防御率4.86、29奪三振を記録した。

2017年は11試合(先発4試合)に登板して1勝0敗1セーブ、防御率4.67、23奪三振を記録した。マイナーではAAA級インディアナポリスで21試合(先発20試合)に登板して10勝5敗、防御率1.94、109奪三振を記録しており、パイレーツのマイナー最優秀投手となっている。

2018年は45試合(先発5試合)に登板して6勝3敗、防御率4.61、82奪三振を記録した。

プレースタイル編集

投球編集

チェンジアップスライダーに抜群のキレを持つスリークォーター左腕である[6]

打撃編集

マイナーでは2017年終了時点での通算打率が.419(31打数13安打)と、打撃にも自信を持っている。メジャーでも2016年のデビュー戦で初安打を放ち、2017年9月11日ミルウォーキー・ブルワーズ戦でパイレーツの左腕では9年ぶりとなる2安打2打点を記録している[6]

人物編集

レジス大学英語版時代は音楽を専攻していた。バンドのボーカルとしても活躍し、CDをリリースしたこともある[6]。プロ入り後もシーズンオフに故郷に近いサンディエゴに住み、バンドのボーカルとしてライブやコンサートに出ている。

2018年6月19日、パイレーツの本拠地PNCパークでのブルワーズ戦の試合でアメリカ国歌の独唱を行った[7]。これはブロート自身が以前から熱望したため実現したもので、球場で国歌を歌ったことについて本人は 「ものすごく緊張した。マウンドで投げているときよりも、もっとナーバスな気持ちになってしまったよ。でも、チームのみんなが僕のやりたかったことをサポートしてくれた。楽しく、幸せだった」と語っている[8]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2016 PIT 8 7 0 0 0 0 3 0 0 .000 166 33.1 45 5 17 1 2 29 1 0 26 18 4.86 1.86
2017 11 4 0 0 0 1 0 1 0 1.000 162 34.2 41 3 14 1 2 23 0 0 21 18 4.67 1.59
2018 45 5 0 0 0 6 3 0 3 .667 413 91.2 84 10 57 4 8 82 9 0 51 47 4.61 1.54
MLB:3年 64 16 0 0 0 7 6 1 3 .538 741 159.2 170 18 88 6 12 134 10 0 98 83 4.68 1.62
  • 2018年度シーズン終了時

背番号編集

  • 43(2016年 - )

脚注編集

  1. ^ Well, let's try this. My name is Steven Brault, I'm a Minor Leaguer for the Pittsburgh Pirates. AMA. • /r/baseball” (英語). Reddit.com. 2018年11月29日閲覧。
  2. ^ “Pirates and Orioles make trade” (英語) (プレスリリース), MLB.com, (2015年1月27日), http://www.mlb.com/news/article/107657092/pirates-and-orioles-make-trade 2018年11月29日閲覧。 
  3. ^ Jeff Todd (2015年2月20日). “Pirates, Orioles Complete Travis Snider Trade” (英語). mlbtraderumors.com. 2018年11月29日閲覧。
  4. ^ Bill Brink (2016年7月5日). “Jameson Taillon put on the disabled list, Steven Brault to start Tuesday” (英語). Pittsburgh Post-Gazette. 2018年11月29日閲覧。
  5. ^ Adam Berry (2016年7月5日). “'Gloveless' Brault impresses in debut” (英語). MLB.com. 2018年11月29日閲覧。
  6. ^ a b c 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2018』廣済堂出版、2018年、374頁。ISBN 978-4-331-52148-9
  7. ^ Chris Landers (2018年6月19日). “Performing Tuesday's national anthem at PNC Park was none other than Pirates pitcher Steven Brault” (英語). MLB.com. 2018年11月29日閲覧。
  8. ^ 谷口輝世子 (2018年8月1日). “投手/歌手(国歌独唱)。パイレーツのスティーブン・ブロートに二刀流の極意を聞く。”. Yahoo!ニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/kiyokotaniguchi/20180801-00091477/ 2018年11月29日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集