ストーク・シティFC

ストーク・シティFC(Stoke City Football Club)は、イングランドストーク=オン=トレントに本拠地を置くサッカークラブである。愛称はポッターズ(陶器職人の意)。

ストーク・シティFC
原語表記 Stoke City Football Club
愛称 The Potters
クラブカラー 赤と白
創設年 1863年
所属リーグ フットボールリーグ
所属ディビジョン チャンピオンシップ
ホームタウン ストーク=オン=トレント
ホームスタジアム Bet365スタジアム
収容人数 30,089[1]
代表者 イングランドの旗 ピーター・コーツ
監督 北アイルランドの旗 マイケル・オニール
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

概要編集

1888-89シーズンに始まったフットボールリーグにおいて最初の12クラブの一つとして名を連ねた。往年の名ウイングであるスタンリー・マシューズが在籍した事で知られ、キャリアの半分以上を同クラブで過ごした。

また、クラブが獲得した唯一の主要タイトルは、1971-72シーズンのフットボールリーグカップであるが、チェルシーとの決勝戦において好セーブをみせたGKのゴードン・バンクスは、この年のFWA年間最優秀選手賞に選ばれた。

ホームスタジアムは1997年完成のBet365スタジアムを使用する。1878年から1997年までは一世紀以上に渡ってヴィクトリア・グラウンドを使用していた。

また、2017年のオフに、スタジアム拡張工事が行われた。それにより、Bet365スタジアムは、今までのキャパシティの27,934人から30,089人となった。

歴史編集

1863年にストーク・ランブラーズStoke Ramblers)として創設される[2][3]。1878年にストーク・ヴィクトリア・クリケット・クラブと合併しストークFCStoke Football Club)に、1925年に現在のストーク・シティFC(Stoke City F.C.)に改名した[4]

2007-08シーズンのチャンピオンシップで2位に食い込み、1984-85シーズンの降格以来、23年ぶりに1部(プレミアリーグ創設以降では初めて)昇格を決めた。

プレミアリーグ初シーズンとなった2008-09シーズンの序盤は、勝点を伸ばすことができず開幕前の降格有力候補の予想通りに下位に低迷した。 ところが終盤に差し掛かると、冬の移籍シーズンにシェフィールド・ユナイテッドから獲得したジェームズ・ビーティーの大活躍や残留を争っていたチームから確実にポイントを獲得するなどした結果、大方の予想を覆して残留を決めた。

2010-11シーズンにはFAカップで決勝に進出、マンチェスター・シティFCに0-1で敗れたが、シティがUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得したため、クラブ初のUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得した。

2013年5月30日、ウェールズ人のマーク・ヒューズが3年契約で監督に就任した[5][6]。2013-14シーズンは9位で終え、1974-75シーズンの5位以来の高順位を記録し[7]、2014-15シーズンは勝ち点54で2年連続9位で終えた[8]

チャンピオンシップに降格して迎えた2018-19シーズンは夏の移籍市場において、選手獲得に5000万ポンド近くを費やしたものの、シーズン46試合中の22試合が引き分け(そのうち9試合が0-0)で勝ち点を伸ばすことができず、最終的に16位でシーズンを終えた[9]

クラブ各種記録編集

一試合最多観客動員数(ビクトリア・グラウンド

一試合最多観客動員数(ブリタニア・スタジアム

リーグ最高順位

  • 4位 ディヴィジョン1(現プレミアリーグ) 1947-1948

一試合最多得点勝利試合

一試合最多失点敗戦試合

タイトル編集

国内タイトル編集

1971-72

国際タイトル編集

なし

過去の成績編集

シーズン ディビジョン FAカップ リーグ
カップ
欧州カップ / その他 最多得点者
リーグ 順位 選手 得点数
1997-98 ディビジョン1 46 11 13 22 44 74 46 23位 3回戦敗退 3回戦敗退 ピーター・ソーン 16
1998-99 ディビジョン2 46 21 6 19 59 63 69 8位 2回戦敗退 2回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 2回戦敗退 グレアム・カヴァナ 13
1999-00 ディビジョン2 46 23 13 10 68 42 82 6位 1回戦敗退 2回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 優勝 ピーター・ソーン 30
2000-01 ディビジョン2 46 21 14 11 74 49 77 5位 1回戦敗退 4回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 準々決勝敗退 ピーター・ソーン 19
2001-02 ディビジョン2 46 23 11 12 67 40 80 5位 3回戦敗退 1回戦敗退 フットボールリーグトロフィー 1回戦敗退 クリス・イウェルモ 12
2002-03 ディビジョン1 46 12 14 20 45 69 50 21位 5回戦敗退 1回戦敗退 アンディ・クック
クリス・イウェルモ
7
2003-04 ディビジョン1 46 18 12 16 58 55 66 11位 3回戦敗退 2回戦敗退 アデ・アキンバイ
ギフトン・ノエル=ウィリアムス
10
2004-05 チャンピオン 46 17 10 19 36 38 61 12位 3回戦敗退 1回戦敗退 ギフトン・ノエル=ウィリアムス 13
2005-06 チャンピオン 46 17 7 22 54 63 58 13位 5回戦敗退 1回戦敗退 ポール・ギャラガー 12
2006-07 チャンピオン 46 19 16 11 62 41 73 8位 4回戦敗退 1回戦敗退 リカルド・フラー 11
2007-08 チャンピオン 46 21 16 9 69 55 79 2位 3回戦敗退 1回戦敗退 リカルド・フラー
リアム・ローレンス
15
2008-09 プレミア 38 12 9 17 38 55 45 12位 3回戦敗退 準々決勝敗退 リカルド・フラー 11
2009-10 プレミア 38 11 14 13 34 48 47 11位 準々決勝敗退 4回戦敗退 リカルド・フラー 8
2010-11 プレミア 38 13 7 18 46 48 46 13位 準優勝 4回戦敗退 ケンワイン・ジョーンズ
ジョン・ウォルターズ
12
2011-12 プレミア 38 11 12 15 36 53 45 14位 準々決勝敗退 4回戦敗退 UEFAヨーロッパリーグ ベスト32 ピーター・クラウチ 14
2012-13 プレミア 38 9 15 14 34 45 42 13位 4回戦敗退 2回戦敗退 ジョン・ウォルターズ 11
2013-14 プレミア 38 13 11 14 45 52 50 9位 4回戦敗退 準々決勝敗退 ピーター・クラウチ 10
2014-15 プレミア 38 15 9 14 48 45 54 9位 5回戦敗退 4回戦敗退 マメ・ビラム・ディウフ 12
2015-16 プレミア 38 14 9 15 41 55 51 9位 4回戦敗退 準決勝敗退 マルコ・アルナウトヴィッチ 12
2016-17 プレミア 38 11 11 16 41 56 44 13位 3回戦敗退 3回戦敗退 ピーター・クラウチ 10
2017-18 プレミア 38 7 12 19 35 68 33 19位 3回戦敗退 3回戦敗退 ジェルダン・シャチリ 8
2018-19 チャンピオン 46 11 22 13 45 52 55 16位 3回戦敗退 3回戦敗退 ベニク・アフォベ 9
2019-20 チャンピオン 46 16 8 22 62 68 56 15位 3回戦敗退 3回戦敗退 サム・クルーカス 11
2020-21 チャンピオン 46

※ディビジョン1、チャンピオンは2部、ディビジョン2は3部。

欧州の成績編集

現所属メンバー編集

2018-19シーズン フォーメーション
2020年8月17日現在
No. Pos. 選手名
2   DF トーマス・エドワーズ
3   DF モーガン・フォックス ( )
4   MF ジョー・アレン
5   DF リアム・リンゼイ
6   DF ダニー・バース
7   MF トム・インス
9   FW サム・ヴォークス
10   FW ベニク・アフォベ ( )
11   MF ジェームズ・マクレーン
12   DF ジェームズ・チェスター ( )
13   MF ジョン・オビ・ミケル
14   DF トミー・スミス
15   DF ブルーノ・マルティンス・インディ ( ) ( )
16   GK アダム・デイビス
17   DF ライアン・ショウクロス ( ) ( )
No. Pos. 選手名
19   FW リー・グレゴリー
20   MF タシャン・オークリー=ブース
21   FW スティーヴン・フレッチャー ( )
22   MF サム・クルーカス
23   MF ティボー・フェルリンデン
24   MF ジョーダン・カズンズ
25   MF ニック・パウエル
26   FW タイリース・キャンベル
33   MF ラッセ・ソーレンセン
34   MF ジョーダン・トンプソン
35   DF ジョシュ・タイモン
36   DF ハリー・サウター ( )
37   DF ネイサン・コリンズ
40   GK ブロンディ・エンナ・ノウキウ

※括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

監督

ローン移籍選手編集

in
No. Pos. 選手名
No. Pos. 選手名
out
No. Pos. 選手名
--   DF モリッツ・バウアー (セルティックFC)
--   MF ジャネリ・インビュラ (USレッチェ)
--   MF ピーター・エテボ (ヘタフェCF)
No. Pos. 選手名
--   MF バドゥ・エンディアイェ (トラブゾンスポル)
--   MF ライアン・ウッズ (ミルウォールFC)

歴代監督編集

名前 就任 退任 試合 勝率 % 備考
  トーマス・スレイニー 1874年 1883年 0 0 0 0 !
  ウォルター・コックス 1883年 1884年 1 0 0 1 000.00 [10]
  ハリー・ロケット 1884年 1890年 55 13 9 33 023.64 [11]
  ジョセフ・ブラッドショー 1890年 1892年 33 9 5 19 027.27 [12]
  アーサー・リーヴス 1892年 1895年 96 37 14 45 038.54 [13]
  ビル・ロウリー 1895年 1897年 66 29 4 33 043.94 [14]
  ホレイス・オースターベリー 1897年 1908年 421 149 89 183 035.39 [15]
  アルフレッド・ベイカー 1908年 1914年 256 130 35 91 050.78 [16]
  ピーター・ホッジ 1914年 1915年 30 21 4 5 070.00 [17]
  ジョー・スコフィールド 1915年 1919年 0 0 0 0 !
  アーサー・シェイルクロス 1919年 1923年 171 59 43 69 034.50 [18]
  ジョック・ラザフォード 1923年 1923年 11 2 3 6 018.18 [19]
  トム・メイザー 1923年 1935年 523 222 122 179 042.45 [20]
  ボブ・マッグローリー 1935年 1952年 460 170 114 176 036.96 [21]
  フランシス・テイラー 1952年 1960年 362 146 79 137 040.33 [22]
  トニー・ワディントン 1960年 1977年 764 265 216 283 034.69 [23]
  ジョージ・イースタム 1977年 1978年 37 9 12 16 024.32 [24]
  アラン・アコート 1978年 1978年 1 0 0 1 000.00 [25]
  アラン・ダーバン 1978年 1981年 143 53 48 42 037.06 [26]
  リッチー・ベイカー 1981年 1983年 102 31 23 48 030.39 [27]
  ビル・アスプリー 1983年 1985年 64 14 15 35 021.88 [28]
  トニー・レイシー 1985年 1985年 8 0 0 8 000.00
  ミック・ミルズ 1985年 1989年 213 72 63 78 033.80 [29]
  アラン・ボール 1989年 1991年 62 17 21 24 027.42 [30]
  グラハム・パドン 1991年 1991年 18 6 3 9 033.33
  ルー・マカリ 1991年 1993年 122 57 35 30 046.72 [31]
  ジョー・ジョーダン 1993年 1994年 40 13 13 14 032.50 [32]
  エイサ・ハートフォード 1994年 1994年 4 3 0 1 075.00
  ルー・マカリ 1994年 1997年 144 53 42 49 036.81 [31]
  チック・ベイツ 1997年 1998年 33 11 9 13 033.33 [33]
  クリス・カマラ 1998年 1998年 14 1 5 8 007.14 [34]
  アラン・ダーバン 1998年 1998年 5 2 0 3 040.00 [26]
  ブライアン・リトル 1998年 1999年 52 23 7 22 044.23 [35]
  ギャリー・メグソン 1999年 1999年 22 9 7 6 040.91 [36]
  グジョン・ソルダルソン 1999年 2002年 154 77 39 38 050.00 [37]
  スティーヴ・コッテリル 2002年 2002年 13 3 5 5 023.08 [38]
  デイヴ・ケヴァン 2002年 2002年 4 0 0 4 000.00 [39]
  トニー・ピューリス 2002年 2005年 131 47 32 52 035.88 [40]
  ヨハン・ボスカンプ 2005年 2006年 51 18 10 23 035.29 [41]
  トニー・ピューリス 2006年6月14日 2013年5月21日 333 122 98 113 036.64 [40]
  マーク・ヒューズ 2013年5月30日 2018年1月6日 200 71 48 81 035.50 [42]
  ポール・ランバート 2018年1月16日 2018年5月18日 15 2 7 6 013.33 [43]
  ギャリー・ロウェット 2018年5月22日 2019年1月8日 29 9 12 8 031.03 [44]
  ネイサン・ジョーンズ 2019年1月9日 2019年11月1日 38 6 15 17 015.79 [45]
  マイケル・オニール 2019年11月8日

脚注編集

  1. ^ bet365 Stadium”. Premier League. 2017年8月13日閲覧。
  2. ^ Brown, Paul (29 May 2013). The Victorian Football Miscellany. Superelastic. ISBN 9780956227058. https://books.google.com/books?id=RcfKAQAAQBAJ&pg=PA34 
  3. ^ Goldblatt, David (2002). World Soccer Yearbook: The Complete Guide to the Game. Dorling Kindersley 
  4. ^ The Oatcake (2000年7月19日). “SCFC History”. oatcake.co.uk. オリジナルの2005年10月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051024065731/http://www.oatcake.co.uk/default.asp?sid=944&p=2&stid=7961133 2009年4月8日閲覧。 
  5. ^ Mark Hughes: Stoke City appoint former QPR manager”. BBC Sport (2013年5月30日). 2013年5月30日閲覧。
  6. ^ Three-year deal for Mark Hughes as new Stoke City era begins”. The Sentinel (2013年5月30日). 2013年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月30日閲覧。
  7. ^ West Brom 1–2 Stoke”. BBC Sport. 2014年5月23日閲覧。
  8. ^ Stoke 6–1 Liverpool”. BBC Sport. 2015年7月19日閲覧。
  9. ^ Revealed: Stoke City have drawn more games than anyone else in world football”. Stoke Sentinel (2019年4月28日). 2019年5月5日閲覧。
  10. ^ Walter Cox”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  11. ^ Harry Lockett”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  12. ^ Joseph Bradshaw”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  13. ^ Arthur Reeves”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  14. ^ Bill Rowley”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  15. ^ Horace Austerberry”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  16. ^ Alfred Barker”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  17. ^ Peter Hodge”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  18. ^ Arthur Shallcross”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  19. ^ Jock Rutherford”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  20. ^ Tom Mather”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  21. ^ Bob McGrory”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  22. ^ Frank Taylor”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  23. ^ Tony Waddington”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  24. ^ George Eastham”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  25. ^ Alan A'Cort”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  26. ^ a b Alan Durban”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  27. ^ Richie Barker”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  28. ^ Bill Asprey”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  29. ^ Mick Mills”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  30. ^ Alan Ball”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  31. ^ a b Lou Macari”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  32. ^ Joe Jordan”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  33. ^ Chic Bates”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  34. ^ Chris Kamara”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  35. ^ Brain Little”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  36. ^ Gary Megson”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  37. ^ Gudjon Thordarson”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  38. ^ Steve Cotterill”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  39. ^ Dave Kevan”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  40. ^ a b Tony Pulis”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  41. ^ Johan Boskamp”. Soccerbase. 2011年5月10日閲覧。
  42. ^ Mark Hughes”. Soccerbase. 2013年5月30日閲覧。
  43. ^ Paul Lambert”. Soccerbase. 2019年11月4日閲覧。
  44. ^ Gary Rowett”. Soccerbase. 2019年11月4日閲覧。
  45. ^ Nathan Jones”. Soccerbase. 2019年11月4日閲覧。

外部リンク編集