タヤスツヨシTayasu Tsuyoshi1992年4月26日 - 2008年7月29日)は、日本競走馬種牡馬である[1]

タヤスツヨシ
Kojima sadahiro.jpg
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1992年4月26日
死没 2008年7月29日(16歳没)
サンデーサイレンス
マガロ
母の父 Caro
生国 日本の旗 日本北海道千歳市
生産 社台ファーム千歳
馬主 横瀬寛一
調教師 鶴留明雄栗東
競走成績
生涯成績 13戦4勝
獲得賞金 2億9743万6000円
テンプレートを表示

1995年東京優駿(日本ダービー)を勝利。サンデーサイレンス産駒初の東京優駿優勝馬でもある。

経歴編集

1994年札幌競馬場でデビューし、3戦目に小島貞博の初騎乗で初勝利を挙げた。その後、OPのもみじSでフジキセキの2着となった後、暮れの阪神競馬場エリカ賞で2勝目を挙げた。続いてラジオたんぱ杯3歳ステークスに出走し、ナリタキングオーハナ差競り落としてレコードタイムで優勝した。

1995年共同通信杯4歳ステークスから始動した。このレースは主戦騎手の小島が同日開催の京都記念チョウカイキャロルへ騎乗するため、武豊に乗り替わった。重賞で初めて1番人気に推されたものの、ナリタキングオーに敗れた。その後、小島の手に戻った若葉ステークスも1番人気だったが、不利もあってジェニュインの5着に敗れた。

そして迎えた皐月賞は、この年のクラシック三冠確実と言われていたフジキセキの戦線離脱で混戦ムードが漂っていた。単勝オッズ8.1倍の4番人気まで評価を落としていたが、上がり3ハロンがメンバー中最も早い36.3秒の末脚を見せ、ジェニュインにクビ差の2着に入った。

東京優駿では、その皐月賞の走りが評価されて単勝オッズ3.1倍の1番人気となった。レースでは中団から駒を進め、4コーナー14番手から上がって34.5の末脚を繰り出し、1着でゴールした。サンデーサイレンス産駒として初の東京優駿を制覇し、鞍上の小島貞博は1992年ミホノブルボンに続く当時史上10人目の東京優駿2勝目となった。

しかし、最後の直線コースで斜行したことや良馬場で行われたにもかかわらず、2分27秒3の走破タイムが前週に行われた優駿牝馬(オークス)優勝馬ダンスパートナーの走破タイム2分26秒7よりも遅かったことなどは、当時から本馬の評価を分けることとなった。もっとも、同年のダービーはスローペースでオークスは明らかにハイペースであったことから、単純な比較はし難い面もある。

休養を挟んで迎えた秋の菊花賞戦線では断然の本命馬と目されていたが、神戸新聞杯京都新聞杯共に単勝1番人気で相次いで敗れた。本番の菊花賞も単勝5番人気まで評価を下げ、レースでも6着に敗退した。エリザベス女王杯を蹴って菊花賞に出走し、5着に入線したダンスパートナーにも先着を許した。

その後は放牧に出され、翌年の天皇賞(春)を目指して調整されていたが、屈腱炎を発症してそのまま現役を引退。翌1996年7月27日、札幌競馬場で引退式が行われ、種牡馬入りした。

競走成績編集

以下の内容は、netkeiba.comの情報に基づく[2]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場) 頭数

オッズ

(人気)

着順 タイム

(上り3F)

着差 騎手 斤量

[kg]

1着馬(2着馬) 馬体重

[kg]

1994.08.07 札幌 3歳新馬 0芝1200m(良) 9 1 1 08.6(3人) 03着 01.12.5 (36.5) -0.9 小谷内秀夫 53 ブライトサンディー 476
00000.8.14 札幌 3歳新馬 0芝1200m(良) 11 1 1 04.3(2人) 03着 01.14.2 (37.2) -0.5 小谷内秀夫 53 マイネルノルデン 474
0000.09.25 中京 3歳未勝利 0芝1700m(稍) 10 5 5 03.4(2人) 01着 01.46.2 (36.9) -0.8 小島貞博 53 (ヤマニンライバル) 484
0000.10.08 阪神 もみじS OP 0芝1600m(良) 9 8 8 10.3(3人) 02着 01.35.7 (35.2) -0.2 小島貞博 53 フジキセキ 474
0000.12.03 阪神 エリカ賞 500万 0芝2000m(良) 8 3 3 01.7(1人) 01着 02.04.2 (35.2) -0.1 小島貞博 54 (エリモアメジスト) 480
0000.12.24 阪神 ラジオたんぱ杯3歳S GIII 0芝2000m(良) 11 6 7 02.7(2人) 01着 02.03.4 (35.2) -0.0 小島貞博 54 ナリタキングオー 478
1995.02.12 東京 共同通信杯4歳S GIII 0芝1800m(良) 11 3 3 01.9(1人) 02着 01.49.3 (34.5) -0.5 武豊 56 ナリタキングオー 482
0000.03.18 中山 若葉S 0芝2000m(不) 8 1 1 02.0(1人) 05着 02.09.9 (41.3) -1.8 小島貞博 56 ジェニュイン 474
0000.04.16 中山 皐月賞 GI 0芝2000m(稍) 16 4 7 08.1(4人) 02着 02.02.6 (36.3) -0.1 小島貞博 57 ジェニュイン 468
0000.05.28 東京 東京優駿 GI 0芝2400m(良) 18 7 14 03.1(1人) 01着 02.27.3 (34.5) -0.2 小島貞博 57 (ジェニュイン) 468
0000.09.17 京都 神戸新聞杯 GII 0芝2000m(良) 14 4 6 01.3(1人) 05着 02.00.3 (36.4) -0.5 小島貞博 56 タニノクリエイト 476
0000.10.15 京都 京都新聞杯 GII 0芝2200m(良) 15 1 1 02.7(1人) 07着 02.12.1 (34.8) -0.7 小島貞博 57 ナリタキングオー 476
0000.11.05 京都 菊花賞 GI 0芝3000m(良) 18 8 16 07.7(5人) 06着 03.05.3 (36.3) -0.9 小島貞博 57 マヤノトップガン 474

種牡馬時代編集

1996年から種牡馬となり2005年からはブリーダーズスタリオンステーションに繋養され、現在までにホロービュレット、マンオブパーサー、ビービートルネード、ジェラムスペシャルの4頭が何らかのGI競走(ホロービュレット以外は国際格付け無し)に優勝しており、それなりの活躍馬を輩出した。現役時代の成績とは異なり、産駒はダートで好成績を上げている。またシャトル種牡馬としてオーストラリアでも供用されたこともあった。

2008年7月29日午前、放牧中の事故により右大腿骨を複雑骨折安楽死の措置がとられた[3]

種牡馬登録された産駒として、ナスダックパワー[4]、トップオブツヨシ[5]、グランシュヴァリエ[6]が挙げられる。

主な産駒編集

グレード制重賞勝利馬編集

国内限定格付けを含む。*は地方重賞を示す。

地方重賞勝利馬編集

母父としての主な産駒編集

血統表編集

タヤスツヨシ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系
[§ 2]

*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
父の父
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
父の母
Wishing Well
1975 鹿毛
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss

*マガロ
Magaro
1980 黒鹿毛
Caro
1967 芦毛
*フォルティノ Grey Sovereign
Ranovalo
Chambord Chamossaire
Life Hill
母の母
Magic
1969 黒鹿毛
Buckpasser Tom Fool
Busanda
Aspidistra Better Self
Tilly Rose
母系(F-No.) Aspidistra系(FN:1-r) [§ 3]
5代内の近親交配 アウトブリード [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ タヤスツヨシ 5代血統表2017年7月15日閲覧。
  2. ^ 競馬ラボ タヤスツヨシの種牡馬情報2020年4月11日閲覧。
  3. ^ [7]
  4. ^ JBISサーチ タヤスツヨシ 5代血統表2017年7月15日閲覧。

エピソード編集

ダービーを制覇した後、スランプに突入したがその際にスポーツ紙やテレビ中継内で「ツヨシ、しっかりしなさい!」と言われ、からかわれることもあった。これは、当時放送していたテレビアニメ『ツヨシしっかりしなさい』が元ネタになっている。

脚注編集

  1. ^ タヤスツヨシ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2020年7月13日閲覧。
  2. ^ タヤスツヨシの競走成績 | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 2020年7月13日閲覧。
  3. ^ ダービー馬タヤスツヨシが死亡”. netkeiba.com. 2008年7月29日閲覧。
  4. ^ ナスダックパワー”. JBISサーチ. 日本軽種馬協会. 2016年2月7日閲覧。
  5. ^ トップオブツヨシ”. JBISサーチ. 日本軽種馬協会. 2016年2月7日閲覧。
  6. ^ グランシュヴァリエがイーストスタッドにスタッドイン”. 競走馬のふるさと案内所. 日本軽種馬協会 (2015年11月9日). 2016年2月7日閲覧。
  7. ^ 平出貴昭 (2019年9月18日). “『覚えておきたい世界の牝系100』掲載牝系一覧”. 競馬“血統”人生/平出貴昭. 2020年4月11日閲覧。

外部リンク編集