メインメニューを開く

ジェニュイン日本競走馬種牡馬。馬名の由来は「正真正銘の、本物の」を意味する英語Genuineから。フジキセキタヤスツヨシと並び、サンデーサイレンスの初年度産駒を代表する一頭である。おもな勝ち鞍は、1995年皐月賞1996年マイルチャンピオンシップ社台レースホースの出資馬であり、募集価格は4000万円(20口)。

ジェニュイン
Genyunin.JPG
2005年9月24日撮影(レックススタッド)
品種 サラブレッド
性別
毛色 青鹿毛
生誕 1992年4月28日
死没 2015年1月19日(23歳没)
登録日 1994年9月21日
抹消日 1997年11月26日
サンデーサイレンス
クルーピアレディー
母の父 What Luck
生国 日本の旗 日本北海道千歳市
生産 社台ファーム千歳
馬主 社台レースホース
調教師 松山康久美浦
厩務員 東正幸
競走成績
生涯成績 21戦5勝
獲得賞金 5億3701万3000円
テンプレートを表示

なお、馬齢は旧表記(数え年)で統一する。

経歴編集

競走馬時代編集

デビュー前編集

調教師の松山康久によると、幼少時は骨格が大きく、ほかの馬とは明らかに異なる特徴をしていたという。1994年9月にジェニュインは松山厩舎に入厩。デビュー前に調教のために騎乗した岡部幸雄が「シビれた」とコメントするなど、関係者の評価は高かった。

3歳編集

ジェニュインは1994年10月15日東京でデビュー。デビュー戦こそ2着に敗れたが、2戦目の未勝利戦を勝ち上がった。陣営は朝日杯3歳ステークスへの出走を目指したが、球節[1]に異常[2]が見られたため、同レースへの出走を回避して、翌年に備えた。

4歳編集

1995年に入り、セントポーリア賞(500万下条件戦)と皐月賞トライアル若葉ステークスを連勝[3]したジェニュインは皐月賞に挑んだ。

この年の皐月賞は有力馬のフジキセキナリタキングオーが故障により出走できず、本命馬が不在と言われる中、ジェニュインは単勝3番人気に推された。レースでは、ジェニュインは2番手から直線で抜け出す内容で優勝。重賞初制覇とともにGI初制覇を達成した。

続く日本ダービーでも2着と好走したが、陣営は真面目に走りすぎるジェニュインの気性から距離適性に限界があると感じ、秋はクラシック3冠目の菊花賞ではなく、秋の天皇賞を目指すことになった。

夏を休養にあてたジェニュインは京王杯オータムハンデキャップ2着、毎日王冠6着を経て、秋の天皇賞に出走した。レースでは、2番手から進み直線で先頭に立ったが、ゴール前でサクラチトセオーにハナ差交わされ、2着に敗れた[4]

続く有馬記念では、騎乗した岡部いわく「風が強かった」ためにジェニュインのテンションが上がった影響からマヤノトップガンの10着に敗れた。ただし、岡部は後日、敗因は距離の壁であるとし、「東京の2000メートルでいい勝負ができたから、中山の2500メートルでもなんとか好走できるだろう、という人間サイドの欲が出た」と語っている[5]

5歳編集

1996年、春シーズンにおいて、ジェニュインは中山記念サクラローレルの2着、安田記念トロットサンダーの4着に敗れた。秋シーズンは4か月のブランクを経て出走した秋の天皇賞で14着に敗れた後、マイルチャンピオンシップを優勝し、GI2勝目を飾った[6]。マイルチャンピオンシップ後、ジェニュインは有馬記念に出走したが、14着に敗れた。

6歳編集

1997年、ジェニュインは安田記念から復帰したが、タイキブリザードにクビ差競り負けて2着に終わった。

秋シーズン、ジェニュインは札幌記念4着、毎日王冠5着を経て、秋の天皇賞に出走したが、デットヒートを繰り広げていたエアグルーヴバブルガムフェローの2頭から約5馬身差の3着と完敗。連覇を狙ったマイルチャンピオンシップでも9着と敗れたため、競走馬を引退し種牡馬となった。調教師の松山は「競走成績はその時の球節の状態の良し悪しに左右された」とコメントしている。

種牡馬時代編集

引退後は社台スタリオンステーションで種牡馬入りし、初年度は122頭に種付け。その後も4年連続で100頭を超える種付けをする人気を得る。2000年の種付けシーズン前にレックススタッドへ移動する。

2001年から2004年はシャトル種牡馬としてオーストラリアでも供用される。現地では産駒が好評で、2004年は日本へ帰国せず、オーストラリアでのみ種付けするほどであった。翌年も滞在予定であったが、2004年デビュー産駒のドンクールがデビューから4連勝し、ジェニュインの種牡馬としての人気が国内でふたたび高まったことから、2005年3月に急遽帰国。種付けシーズン途中での供用ながら144頭に種付けする人気ぶりであった。その後オーストラリアに残した産駒から、ニュージーランド産馬Pompeii Rulerが、日本の産駒に先駆けて豪G1オーストラリアンカップを制覇し、G1馬の父となった。

一方で日本では中央の平地重賞勝ち馬がメイプルロードのみと期待ほど走らず、日本に帰国以降も期待のドンクールは成績が頭打ちになるなど、産駒成績は散発的に地方競馬の重賞勝ち馬を出すにとどまった。2009年には種付け頭数が一桁になり、種付けシーズン後にレックススタッドを退厩。白老ファームを経て社台スタリオンステーションに移動するが、種牡馬として供用されることはなかった。

種牡馬引退後は新田牧場に移動し、その後再び社台スタリオンステーションに移って余生を送っていたが、2015年1月19日に放牧中のケガにより死亡した[7]

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手
距離(馬場) タイム
3F
着差 勝ち馬/(2着馬)
1994. 10. 15 東京 3歳新馬 7 3 3 2.0 (1人) 2着 岡部幸雄 53 芝1400m(良) 1:24.9 (34.4) 0.2 エアリュージュ
10. 30 東京 3歳新馬 11 6 7 1.3 (1人) 1着 岡部幸雄 53 芝1400m(良) 1:22.8 (36.3) -0.5 (ダイチュウジンデン )
11. 27 東京 赤松賞 12 7 9 2.0 (1人) 2着 T.ジャルネ 54 芝1600m(良) 1:35.1 (35.5) 0.2 コクトジュリアン
1995. 1. 28 東京 セントポーリア賞 16 2 3 1.5 (1人) 1着 岡部幸雄 55 芝1800m(良) 1:48.9 (35.3) -0.2 (フォルスデュノール)
3. 18 中山 若葉S 8 6 6 2.4 (2人) 1着 田中勝春 56 芝2000m(不) 2:08.1 (39.7) -0.1 マイネルブリッジ
4. 16 中山 皐月賞 GI 18 3 6 6.9 (3人) 1着 岡部幸雄 57 芝2000m(稍) 2:02.5 (36.7) -0.1 タヤスツヨシ
5. 28 東京 東京優駿 GI 18 7 13 3.5 (2人) 2着 岡部幸雄 57 芝2400m(良) 2:27.5 (35.3) 0.2 タヤスツヨシ
9. 10 中山 京王杯AH GIII 12 2 2 2.0 (1人) 2着 岡部幸雄 57.5 芝1600m(良) 1:32.7 (35.0) 0.0 ドージマムテキ
10. 8 東京 毎日王冠 GII 14 3 4 2.3 (1人) 6着 岡部幸雄 57 芝1800m(重) 1:49.1 (35.4) 0.7 スガノオージ
10. 29 東京 天皇賞(秋) GI 18 2 4 7.4 (4人) 2着 岡部幸雄 56 芝2000m(良) 1:58.8 (35.5) 0.0 サクラチトセオー
12. 24 中山 有馬記念 GI 12 5 6 5.3 (3人) 10着 岡部幸雄 55 芝2500m(良) 2:35.5 (37.0) 1.9 マヤノトップガン
1996. 3. 10 中山 中山記念 GII 15 2 3 3.7 (1人) 2着 岡部幸雄 57 芝1800m(良) 1:47.5 (35.8) 0.3 サクラローレル
6. 9 東京 安田記念 GI 17 5 9 13.8 (6人) 4着 田中勝春 58 芝1600m(良) 1:33.4 (35.1) 0.3 トロットサンダー
10. 27 東京 天皇賞(秋) GI 17 6 12 21.7 (8人) 14着 柴田善臣 58 芝2000m(良) 2:00.0 (35.2) 1.3 バブルガムフェロー
11. 17 京都 マイルCS GI 18 7 14 4.9 (1人) 1着 岡部幸雄 57 芝1600m(良) 1:33.8 (35.6) -0.1 (ショウリノメガミ)
12. 22 中山 有馬記念 GI 14 5 7 32.0 (10人) 14着 O.ペリエ 57 芝2500m(良) 2:37.2 (39.9) 3.4 サクラローレル
1997. 6. 8 東京 安田記念 GI 18 8 16 11.7 (5人) 2着 田中勝春 58 芝1600m(良) 1:33.9 (34.9) 0.1 タイキブリザード
8. 17 札幌 札幌記念 GII 13 4 4 2.8 (2人) 4着 岡部幸雄 59 芝2000m(良) 2:00.7 (35.8) 0.5 エアグルーヴ
10. 5 東京 毎日王冠 GII 9 1 1 3.5 (3人) 5着 武豊 59 芝1800m(良) 1:46.3 (35.0) 0.2 バブルガムフェロー
10. 26 東京 天皇賞(秋) GI 16 1 1 9.6 (3人) 3着 田中勝春 58 芝2000m(良) 1:59.9 (35.6) 0.9 エアグルーヴ
11. 16 京都 マイルCS GI 18 6 12 7.8 (4人) 9着 田中勝春 57 芝1600m(良) 1:34.9 (37.2) 1.6 タイキシャトル

主な産駒編集

血統表編集

ジェニュイン血統サンデーサイレンス系 / アウトブリード (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヘイロー系サンデーサイレンス系
[§ 2]

* サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
父の父
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
父の母
Wishing Well
1975 鹿毛
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss

* クルーピアレディー
Croupier Lady
1983 栗毛
What Luck
1967 黒鹿毛
Bold Ruler Nasrullah
Miss Disco
Irish Jay Double Jay
Irish Witch
母の母
Question d'Argent
1977 鹿毛
Tentam Intentionally
Tamerett
Cold Reply Northern Dancer
Respond F-No.4-g
母系(F-No.) 4号族(FN:4-g) [§ 3]
5代内の近親交配 5代内アウトブリード [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ ジェニュイン 5代血統表2017年7月13日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com ジェニュイン 5代血統表2017年7月13日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ ジェニュイン 5代血統表2017年7月13日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ ジェニュイン 5代血統表2017年7月13日閲覧。

母クルーピアレディーはアメリカで13勝。甥に2007年の菊花賞アサクサキングス、叔母にカナダで重賞2勝のPremier Questionがいる。

脚注編集

  1. ^ 第1指骨と第3中手骨(管骨)をつなぐ部分
  2. ^ この異常は慢性化し、引退までジェニュインにつきまとった。
  3. ^ 若葉ステークスでの勝利は、1位入線のルイジアナボーイが降着となったことによる繰り上がり。
  4. ^ このジェニュインの出走以降、距離適性を考慮して、菊花賞には出走せず秋の天皇賞に出走する3歳牡馬が増加した。
  5. ^ チャンピオンの密かなる愉しみ 岡部幸雄の競馬ワールド(発売・大村書店 ISBN 9784756310224) 57 - 58ページ
  6. ^ このマイルチャンピオンシップの勝利がジェニュインの現役最後の勝利となった
  7. ^ ジェニュイン死す…95年皐月賞などG1・2勝 - スポニチアネックス(2015年1月19日閲覧)

参考文献編集

外部リンク編集