メインメニューを開く

ダニカ・スー・パトリックDanica Sue Patrick, 1982年3月25日 - )は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州ベロイト出身の女性レーシングドライバーアリゾナ州フェニックス在住。

ダニカ・パトリック
Danica Patrick - 2017 Camping World 500 - Driver's Parade on Pit Road.jpg
キャンピング・ワールド500でのパトリック (2017年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1982-03-25) 1982年3月25日(37歳)
出身地 ダニカ・スー・パトリック
Danica Sue Patrick
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ウィスコンシン州ベロイト
受賞
2005

2005

2005-2010

2012
インディアナポリス500・ルーキー・オブ・ザ・イヤー
インディカー・シリーズ・シーズン・ルーキー・オブ・ザ・イヤー
インディカー・シリーズ・モースト・ポピュラー・ドライバー
NASCAR・ネイションワイド・シリーズ・モースト・ポピュラー・ドライバー

経歴編集

10歳でカートレースにデビュー。1997年に世界カート協会グランド・ナショナル選手権HPVクラスチャンピオンとなる。2003年からチャンプカー・ワールド・シリーズの傘下であるトヨタ・アトランティック・シリーズに参戦、ランキング6位になる。2004年も同シリーズに参戦し、ポールポジション1回、ポートランドで2位に入賞するなど活躍し、ただ1人全戦完走を成し遂げ、ランキングは3位となる。

2005年レイホール・レターマン・レーシングからインディカー・シリーズにデビュー、女性として同シリーズとしてはサラ・フィッシャーに次ぐ2人目のフル参戦である。第5戦のインディ500では女性として初のラップリーダーとなり、インディ500史上女性最上位となる4位に入賞する。また、第8戦カンザスでの初ポールポジションを皮切りに、ルーキーとしては最多タイとなる3回のポールポジションを獲得することとなる。この年は雑誌の表紙を飾ったり、TVガイドやESPNでも取りあげられるなど、アメリカスポーツ界に一躍ダニカ旋風が巻き起こることとなった。同年11月、16歳年上の理学療法士の男性ポール・ホスペンタールと結婚した。

2006年は所々で良い走りをみせるものの、チーム共々不振に陥っていたが、2007年アンドレッティ・グリーン・レーシングへ移籍し、自己最高位となる2位に1回、3位に2回入賞するなどしてランキングは7位となった。

 
2008年インディジャパン300にて、パトリックは女性初のインディカー・シリーズ優勝を飾る。

2008年も引き続きアンドレッティ・グリーン・レーシングから参戦し、ツインリンクもてぎで行われた第3戦インディジャパン300でついに初優勝を達成した。これはダニカ自身の初優勝であると同時に、インディカー史上初の女性ドライバーの優勝である。

2009年は、チーム力の低下とあいまって優勝はできなかったが、チーム内では最上位のランキング5位の成績を残した。

 
ダニカ・パトリック (2010年)

2010年は、インディカーに引き続き参戦するほか、NASCARの一部レースにスポット参戦した。インディカー・シリーズでは、テキサスマイアミで2位を獲得するが、ロードコースでの不調が尾を引きランキング10位にとどまった。

2012年11月20日に自身のフェイスブックで、理学療法士の夫と離婚していたことを明らかにした[1]

2013年シーズンはスチュワート=ハース・レーシングに移籍し、スプリントカップ・シリーズにフル参戦する。開幕戦デイトナ500ではポールポジションを獲得した[2]

2014年に発売予定のセガの『ソニック&オールスターレーシング トランスフォームド』にゲスト出演する[3]

2015年8月12日フォーブスは「世界で最も稼ぐ女性アスリートランキング」を発表し、パトリックは4位に選出された[4]

2017年9月12日、スチュワート=ハース・レーシングはパトリックが2017年シーズン限りで離脱することを発表した [5]。去就が注目されていたが、2018年はデイトナ500及びインディ500に参戦し現役引退する意向を発表した[6]。また、12月には交際していたリッキー・ステンハウス・ジュニア英語版と破局していたことが明らかになった[7]

現役最終年の2018年はプレミアム・モータースポーツ英語版の7号車でデイトナ500に参戦したが、101周目のクラッシュに巻き込まれリタイヤとなった[8]。現役最後となるレースのインディ500はエド・カーペンター・レーシング英語版からの参戦を発表[9]。5月19日に行われた予選1日目(バンプ・デイ)のアテンプトでは9番手となり、翌5月20日の予選2日目(ポール・デイ)に行われたファストナイン・シュートアウトでは順位を2つ上げ、3列目インサイドの7番グリッドを獲得した[10]

レース戦績編集

略歴編集

シリーズ チーム Car No. レース 勝利 PP FL ポイント 順位
1998 フォーミュラ・ボクスホール・ウィンター・シリーズ - - - - - - - -
1999 イギリス・フォーミュラ・ボクスホール・チャンピオンシップ - - - - - - 31 9位
2000 イギリス・フォーミュラ・フォード・チャンピオンシップ   アンディ・ウェルチ・レーシング - 14 0 0 0 3 19位
フォーミュラ・フォード・フェスティバル   ヘイウッド・レーシング 89 1 0 0 0 N/A 2位
ヨーロピアン・フォーミュラ・フォード・チャンピオンシップ - - - - - - -
2001 イギリス・フォーミュラ・フォード・チャンピオンシップ - - 0 0 0 10 25位
2002 バーバー・ダッジ・プロ・シリーズ   チーム・レイホール 89 5 0 0 0 35 13位
2003 アメリカン・ル・マン・シリーズ - GTSクラス   ヴェロックス・プロドライブ・レーシング 80 1 0 0 0 10 23位
トヨタ・アトランティック・チャンピオンシップ   チーム・レイホール 24 12 0 0 0 109 6位
2004 24 12 0 1 1 269 3位
2005 インディカー・シリーズ   レイホール・レターマン 16 17 0 3 1 325 12位
2006 16 13 0 0 0 302 9位
ロレックス・スポーツカー・シリーズ (デイトナ24時間レース) - DPクラス   ハワード=ボス・モータースポーツ 2 1 0 0 0 7 106位
2007 インディカー・シリーズ   アンドレッティ・グリーン・オートスポーツ 7 17 0 0 1 424 7位
2008 7 18 1 0 0 379 6位
2009 7 17 0 0 0 393 5位
ロレックス・スポーツカー・シリーズ (デイトナ24時間レース) - DPクラス   チルドレス=ハワード・モータースポーツ 2 1 0 0 0 23 43位
2010 インディカー・シリーズ   アンドレッティ・オートスポーツ 7 17 0 0 0 367 10位
NASCAR・ネイションワイド・シリーズ   JR・モータースポーツ 7 13 0 0 0 1032 43位
NASCAR・K&N・プロ・シリーズ・イースト 83 1 0 0 0 155 45位
ARCA・レーシング・シリーズ   ボブ・シャハト・モータースポーツ 7 1 0 0 0 200 85位
2011 インディカー・シリーズ   アンドレッティ・オートスポーツ 7 17* 0 0 0 314 10位
NASCAR・ネイションワイド・シリーズ   JR・モータースポーツ 7 12 0 0 0 321 26位
2012 7 33 0 1 0 838 10位
NASCAR・スプリント・カップ・シリーズ   スチュワート=ハース・レーシング 10 10 0 0 0 0 62位
2013 10 36 0 1 0 646 27位
NASCAR・ネイションワイド・シリーズ   ターナー・スコット・モータースポーツ 34 2 0 0 0 0 128位
2014 NASCAR・スプリント・カップ・シリーズ   スチュワート=ハース・レーシング 10 36 0 0 0 735 28位
NASCAR・ネイションワイド・シリーズ   ターナー・スコット・モータースポーツ 30 1 0 0 0 0 108位
2015 NASCAR・スプリント・カップ・シリーズ   スチュワート=ハース・レーシング 10 36 0 0 0 716 24位
2016 10 36 0 0 0 689 24位
2017 モンスターエナジー・NASCAR・カップ・シリーズ 10 36 0 0 0 511 28位
2018 インディカー・シリーズ   エド・カーペンター・レーシング 13 1 0 0 0 13 38位
モンスターエナジー・NASCAR・カップ・シリーズ   プレミアム・モータースポーツ 7 1 0 0 0 2 47位
  • * : 最終戦の決勝レース中に多重クラッシュが発生し、この影響でダン・ウェルドンが死亡する事態となる。そのためレースはクラッシュが発生した11周目を以て中止となった。

アメリカン・オープン=ホイール・レーシング編集

バーバー・ダッジ・プロ・シリーズ編集

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ランク ポイント
2002年 SEB LIM LAG POR TOR
7
CLE
7
VAN
4
MDO
11
ROA MTL
22
13位 35

トヨタ・アトランティック・チャンピオンシップ編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ランク ポイント
2003年 チーム・レイホール MTY
3
LBH
14
MIL
6
LS
13
POR
6
CLE
5
TOR
10
TRR
5
MDO
10
MTL
7
DEN
5
MIA
2
6位 109
2004年 LBH
5
MTY
3
MIL
4
POR1
2
POR2
7
CLE
3
TOR
4
VAN
4
ROA
4
DEN
5
MTL
4
LS
8
3位 269
年数 チーム レース ポール 勝利 表彰台
(優勝以外)
トップ10
(表彰台以外)
チャンピオンシップ
2 1 24 1 0 5 17 0

インディカー・シリーズ編集

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ランク ポイント
2005年 レイホール・レターマン・レーシング パノス ホンダ HMS
15
PHX
15
STP
12
MOT
4
INDY
4
TXS
13
RIR
10
KAN
9
NSH
7
MIL
19
MIS
20
KTY
16
PPIR
8
SNM
20
CHI
6
WGL
16
FON
18
12位 325
2006年 HMS1
DNS
STP
6
MOT
8
INDY
8
WGL
8
SNM
8
9位 302
ダラーラ TXS
12
RIR
15
KAN
11
NSH
4
MIL
4
MIS
17
KTY
8
CHI
12
2007年 アンドレッティ・グリーン・オートスポーツ HMS
14
STP
8
MOT
11
KAN
7
INDY
8
MIL
8
TXS
3
IOW
13
RIR
6
WGL
11
NSH
3
MDO
5
MIS
7
KTY
16
SNM
6
DET
2
CHI
11
7位 424
2008年 HMS
6
STP
10
MOT2
1
LBH2 KAN
19
INDY
22
MIL
9
TXS
10
IOW
6
RIR
6
WGL
14
NSH
5
MDO
12
EDM
18
KTY
11
SNM
5
DET
16
CHI
10
SRF3
18
6位 379
2009年 STP
19
LBH
4
KAN
5
INDY
3
MIL
5
TXS
6
IOW
9
RIR
5
WGL
11
TOR
6
EDM
11
KTY
8
MDO
19
SNM
16
CHI
12
MOT
6
HMS
19
5位 393
2010年 アンドレッティ・オートスポーツ SÃO
15
STP
7
ALA
19
LBH
16
KAN
11
INDY
6
TXS
2
IOW
10
WGL
20
TOR
6
EDM
15
MDO
21
SNM
16
CHI
14
KTY
9
MOT
5
HMS
2
10位 367
2011年 STP
12
ALA
17
LBH
7
SÃO
23
INDY
10
TXS
16
TXS
8
MIL
5
IOW
10
TOR
19
EDM
9
MDO
21
NHM
6
SNM
21
BAL
6
MOT
11
KTY
10
LVS4
C
10位 314
2018年 エド・カーペンター・レーシング ダラーラ・DW12 シボレー STP PHX LBH ALA IMS INDY
30
DET DET TXS ROA IOW TOR MDO POC GTW POR SNM 38位 13
年数 チーム レース ポール 勝利 表彰台
(優勝以外)
トップ10
(表彰台以外)
インディ500
勝利
チャンピオンシップ
7 2 114 3 1 6 63 0 0

インディアナポリス500編集

シャシー エンジン スタート フィニッシュ チーム
2005年 パノス ホンダ 4位 4位 レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング
2006年 10位 8位
2007年 ダラーラ 8位 8位 アンドレッティ・グリーン・レーシング
2008年 5位 22位
2009年 10位 3位
2010年 23位 6位 アンドレッティ・オートスポーツ
2011年 25位 10位
2018年 シボレー 7位 30位 エド・カーペンター・レーシング

スポーツカー・レーシング編集

アメリカン・ル・マン・シリーズ編集

エントラント クラス シャシー エンジン タイヤ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ランク ポイント
2003年 ヴェロックス・プロドライブ・レーシング GTS フェラーリ・550-GTS・マラネロ フェラーリ 5.9L V12 M SEB ATL
ovr:10
cls:4
SON TRO MOS AME MON MIA PET 23位 10

グランド=Am・ロレックス・スポーツカー・シリーズ編集

チーム 製造 エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 ランク ポイント
2006年 ハワード=ボス・モータースポーツ クロフォード・DP03 ポンティアック DP DAY1
50/24
MEX HOM LBH VIR LAG PHX LRP WAT1 DAY2 BAR WAT2 INF MIL 106位 7
2009年 チルドレス=ハワード・モータースポーツ クロフォード・DP08 DAY1
8/8
VIR
NJ
LAG
WAT
MDO
DAY2
BAR
WAT2
CGV
MIL
HOM
43位 23

デイトナ24時間レース編集

クラス No. チーム 車両 コ=ドライバー ラップ 順位 クラス
順位
2006年 DP 2   ハワード=ボス・モータースポーツ ポンティアック・クロフォード DP03   ヤン・ラマース
  アラン・マクニッシュ
  ラスティ・ウォレス
273 50DNF 24DNF
2009年 DP 2   チルドレス=ハワード・モータースポーツ ポンティアック・クロフォード DP08   アンディ・ウォレス
  ロブ・フィンレイ
  ケイシー・メアーズ
702 8 8

NASCAR編集

モンスターエナジー・カップ・シリーズ編集

チーム No. 製造 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 MENCC Pts
2012年 スチュワート=ハース・レーシング 10 シェビー DAY
38
PHO LVS BRI CAL MAR TEX KAN RCH TAL DAR
31
CLT
30
DOV POC MCH SON KEN DAY NHA IND POC GLN MCH BRI
29
ATL
29
RCH CHI
25
NHA DOV
28
TAL CLT KAN
32
MAR TEX
24
PHO
17
HOM 62位 01
2013年 DAY
8
PHO
39
LVS
33
BRI
28
CAL
26
MAR
12
TEX
28
KAN
25
RCH
29
TAL
33
DAR
28
CLT
29
DOV
24
POC
29
MCH
13
SON
29
KEN
23
DAY
13
NHA
37
IND
30
POC
35
GLN
20
MCH
23
BRI
26
ATL
21
RCH
30
CHI
20
NHA
27
DOV
29
KAN
43
CLT
20
TAL
33
MAR
17
TEX
25
PHO
33
HOM
20
27位 646
2014年 DAY
40
PHO
36
LVS
21
BRI
18
CAL
14
MAR
32
TEX
27
DAR
22
RCH
34
TAL
22
KAN
7
CLT
39
DOV
23
POC
37
MCH
17
SON
18
KEN
21
DAY
8
NHA
22
IND
42
POC
30
GLN
21
MCH
18
BRI
27
ATL
6
RCH
16
CHI
19
NHA
19
DOV
25
KAN
16
CLT
26
TAL
19
MAR
34
TEX
36
PHO
22
HOM
18
28位 735
2015年 DAY
21
ATL
16
LVS
27
PHO
26
CAL
19
MAR
7
TEX
16
BRI
9
RCH
25
TAL
21
KAN
27
CLT
22
DOV
15
POC
37
MCH
16
SON
24
DAY
35
KEN
34
NHA
24
IND
27
POC
16
GLN
17
MCH
25
BRI
27
DAR
42
RCH
19
CHI
26
NHA
40
DOV
21
CLT
19
KAN
22
TAL
27
MAR
40
TEX
16
PHO
16
HOM
24
24位 716
2016年 DAY
35
ATL
20
LVS
21
PHO
19
CAL
38
MAR
16
TEX
21
BRI
27
RCH
24
TAL
24
KAN
20
DOV
13
CLT
21
POC
31
MCH
21
SON
19
DAY
27
KEN
17
NHA
14
IND
22
POC
22
GLN
21
BRI
22
MCH
23
DAR
24
RCH
15
CHI
24
NHA
18
DOV
28
CLT
11
KAN
18
TAL
20
MAR
24
TEX
24
PHO
29
HOM
19
24位 689
2017年 フォード DAY
33
ATL
17
LVS
36
PHO
22
CAL
26
MAR
23
TEX
24
BRI
36
RCH
18
TAL
38
KAN
36
CLT
25
DOV
10
POC
16
MCH
37
SON
17
DAY
25
KEN
15
NHA
13
IND
11
POC
15
GLN
22
MCH
22
BRI
25
DAR
26
RCH
23
CHI
18
NHA
18
DOV
18
CLT
38
TAL
21
KAN
38
MAR
17
TEX
17
PHO
25
HOM
37
28位 511
2018年 プレミアム・モータースポーツ 7 シェビー DAY
35
ATL LVS PHO CAL MAR TEX BRI RCH TAL DOV KAN CLT POC MCH SON CHI DAY KEN NHA POC GLN MCH BRI DAR IND LVS RCH CLT DOV TAL KAN MAR TEX PHO HOM 47位 2

デイトナ500編集

チーム マニュファクチュア スタート フィニッシュ
2012年 スチュワート=ハース・レーシング シボレー 29位 38位
2013年 1位 8位
2014年 27位 40位
2015年 20位 21位
2016年 16位 35位
2017年 フォード 12位 33位
2018年 プレミアム・モータースポーツ シボレー 28位 35位

ネイションワイド・シリーズ編集

チーム No. 製造 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 NNSC Pts
2010年 JR・モータースポーツ 7 シェビー DAY
35
CAL
31
LVS
36
BRI NSH PHO TEX TAL RCH DAR DOV CLT NSH KEN ROA NHA
30
DAY CHI
24
GTY IRP IOW GLN MCH
27
BRI CGV ATL RCH DOV
35
KAN CAL
30
CLT
21
GTY
22
TEX
22
PHO
32
HOM
19
43位 1032
2011年 DAY
14
PHO
17
LVS
4
BRI
33
CAL TEX TAL NSH RCH DAR DOV IOW CLT CHI
10
MCH ROA DAY
10
KEN NHA NSH IRP IOW GLN CGV
24
BRI ATL RCH
18
CHI DOV KAN
15
CLT TEX
11
PHO
21
HOM
32
26位 321
2012年 DAY
38
PHO
21
LVS
12
BRI
19
CAL
35
TEX
8
RCH
21
TAL
13
DAR
12
IOW
30
CLT
13
DOV
30
MCH
18
ROA
12
KEN
12
DAY
31
NHA
14
CHI
14
IND
35
IOW
11
GLN
43
CGV
27
BRI
9
ATL
13
RCH
29
CHI
12
KEN
14
DOV
16
CLT
11
KAN
10
TEX
14
PHO
10
HOM
13
10位 838
2013年 ターナー・スコット・モータースポーツ 34 DAY
36
PHO LVS BRI CAL TEX RCH TAL
39
DAR CLT DOV IOW MCH ROA KEN DAY NHA CHI IND IOW GLN MOH BRI ATL RCH CHI KEN DOV KAN CLT TEX PHO HOM 128位 01
2014年 30 DAY
19
PHO LVS BRI CAL TEX DAR RCH TAL IOW CLT DOV MCH ROA KEN DAY NHA CHI IND IOW GLN MOH BRI ATL RCH CHI KEN DOV KAN CLT TEX PHO HOM 108位 01

K&N・プロ・シリーズ・イースト編集

チーム No. 製造 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 NKNPSEC Pts
2010年 JR・モータースポーツ 83 シェビー GRE SBO IOW MAR NHA LRP LEE GRE NHA DOV
6
45位 155

ARCA・メナーズ・シリーズ編集

チーム No. 製造 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ARSC Pts
2010年 JR・モータースポーツ 7 シェビー DAY
6
PBE SLM TEX TAL TOL POC MCH IOW MFD POC BLN NJE ISF CHI DSF TOL SLM KAN CAR 85位 200

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ AUTO SPORTS WEB(ダニカ・パトリック、理学療法士と離婚・2012年11月21日)
  2. ^ 02/24/2013 race: Daytona 500 (Cup)”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年10月4日閲覧。
  3. ^ ソニック&オールスターレーシング トランスフォームドの公式サイトの紹介ムービーより。
  4. ^ 世界で最も稼ぐ女性アスリート 1位はシャラポワ”. Forbes Japan. 2017年10月4日閲覧。
  5. ^ NASCAR:ダニカ・パトリック、今季限りでスチュワート・ハース離脱。2018年の活動は言及せず”. オートスポーツweb (2017年9月13日). 2017年10月4日閲覧。
  6. ^ インディカー初の女性ウイナー、ダニカ・パトリック。2018年のデイトナ500とインディ500に参戦し現役引退へ”. オートスポーツweb (2017年11月18日). 2018年3月13日閲覧。
  7. ^ ダニカ・パトリック、恋人ステンハウスJr.と破局。約5年の交際に幕”. Motorsport.com (2017年12月19日). 2018年3月13日閲覧。
  8. ^ NASCAR:第1戦デイトナ500はシボレーの新型カマロZL1が勝利。ダニカは完走ならず”. オートスポーツweb (2018年2月21日). 2018年3月13日閲覧。
  9. ^ ダニカ、引退レースのインディ500はカーナンバー13を付けエド・カーペンター・レーシングから参戦”. オートスポーツweb (2018年3月8日). 2018年3月13日閲覧。
  10. ^ インディ500で引退のダニカは7番グリッド獲得「結構緊張していたからホッとしている」”. オートスポーツweb (2018年5月23日). 2018年5月23日閲覧。

外部リンク編集