メインメニューを開く

レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング

レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング (Rahal Letterman Lanigan Racing, RLLR) は、アメリカ合衆国のレーシングチーム。現在はインディカー・シリーズおよびアメリカン・ル・マン・シリーズにパートタイムで参戦している。チームの拠点はオハイオ州ヒラード。チーム名の由来は1986年のインディ500勝者であるボビー・レイホールと、テレビのトークショー司会者、コメディアンであるデヴィッド・レターマン、そして実業家のマイク・ラニガンの3名の経営者の名前から採られている。

目次

CART編集

1991年のCARTシーズン終了後、ボビー・レイホールはガレス=クラコ・レーシングを離脱した。レイホールはコンスタントに上位でフィニッシュしたものの、1989年から1991年シーズンまでで2勝しか挙げることができなかった。同様にダニー・サリバンアルファロメオのエンジンを積んで惨憺たるシーズンを終えたパトリック・レーシングを離脱した。サリバンはガレス・レーシングに加入し、レイホールがパトリック・レーシングに加入、2人はそれぞれのチームを結果的に交換することとなった。しかしながら1991年の冬にパトリック・レーシングはアルファ・ロメオ製エンジンの財政および法的な問題のため、活動を停止した。パトリックの搭載したアルファ・ロメオ製エンジンはシボレーインディカー用エンジンの部品を流用していたという噂が表面化した。

1991年12月頃、レイホールと新たなパートナーのカール・ホーガンは、その問題を利用してパトリック・レーシングの資産を取得する。新たなチームはレイホール・ホーガン・レーシング (Rahal-Hogan Racing) の名称で活動を始めた。オーナードライバーのボビー・レイホールは「立証済み」のシボレーローラをドライブし、チームは活動初年度の1992年にシリーズタイトルを獲得した。

1992年末にレイホール・ホーガン・レーシングは、レイホールがかつて所属したトゥルースポーツ・レーシングチームを吸収した。チームは活動拠点をインディアナポリスから、古くからトゥルースポーツの施設があるヒラードに移転した。同時にチームは開発を初めて2年になるトゥルースポーツの全アメリカ製シャシー計画を継承した。レイホールは翌年には新たなレイホール・ホーガン製シャシーを導入するを意志を示すために、1993年のシーズンにはアップデートされたトゥルースポーツ製シャシーを使って参戦した。第3戦ロングビーチで2位を獲得したが、「スーパー・スピードウェイ」での競争力がないことが判明し、その成功は短命なものに終わった。インディ500で予選を通過できず、チームは翌週にはより競争力のあるローラ製シャシーに変更した。結局独自シャシーの開発プログラムは放棄された。

1994年、レイホール・ホーガンはホンダ製HRXインディV-8エンジンを用いて参戦することを発表したが、期待外れのシリーズ10位という結果に終わった。インディアナポリスでホンダ・エンジンに競争力が無いことが判明し、レイホールは2年連続でチームが下位に低迷するという危険を避けるため、ホンダと袂を分かった。チームはインディ500以降2台のペンスキーイルモアを借り受け参戦、シーズン3位という成績を挙げた。1996年にチームはチーム・レイホール (Team Rahal) と改名した。続く数年にわたって、チームはブライアン・ハータマックス・パピスケニー・ブラックミチェル・ジョルディンJr.を起用し、2001年シーズンにはブラックがシーズン2位を記録した。レイホール自身は1998年をもってドライバーを引退した。

1996年初めに、レイホールと長年の友人であり、熱心なレースファンであったデヴィッド・レターマンがチーム経営に参画した。

インディカー・シリーズ編集

チームは2004年5月に名称をレイホール・レターマン・レーシング (Rahal Letterman Racing) に変更した。2005年シーズンは2004年のインディ500勝者であるバディ・ライスに加えてヴィットール・メイラダニカ・パトリックの3名が起用された。

2009年にフル参戦から撤退しインディ500に専念していた。

2011年には実業家のマイク・ラニガンが経営に参画し、チーム名もレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに改称された。

2012年に再びフル参戦を表明、KVレーシングに所属していた佐藤琢磨を起用した。インディ500以降、佐藤のチームメイトになるドライバーには当初ルカ・フィリッピが挙げられていたが、ミシェル・ジョルダインJr.に決定した。

2013年以降はチームオーナーであるボビー・レイホールの息子であるグレアム・レイホールのワンドライバーで制インディカー・シリーズに参戦中。2018年シーズンは再び佐藤琢磨がアンドレッティ・オートスポーツから移籍、グレアムとの2ドライバー制で参戦する。

2019年もレイホールと佐藤が残留し、2台体制で参戦する。

その他のカテゴリー編集

2009年からBMW・M3でアメリカン・ルマン・シリーズに参戦している。

所属ドライバー編集

CART/チャンプカー編集

ドライバー
1992   ボビー・レイホール
1993   ボビー・レイホール   マイク・グロフ
1994
1995   ラウル・ボーセル
1996   ブライアン・ハータ
1997
1998
1999   マックス・パピス
2000   ケニー・ブラック
2001
2002   ジミー・バッサー   ミッシェル・ジョルディンJr.
2003   ミッシェル・ジョルディンJr.

IRL/インディカー編集

フル参戦 スポット参戦
2002   ジミー・バッサー(第3戦フォンタナ、第5戦インディ500)
2003   ケニー・ブラック   ジミー・バッサー(第4戦インディ500)
2004   バディ・ライス
  ヴィットール・メイラ
  ロジャー安川(第3戦もてぎ、第4戦インディ500)
2005   バディ・ライス(インディ500のみけがのため不参加)
  ヴィットール・メイラ
  ダニカ・パトリック
  ケニー・ブラック(負傷したライスに代わってインディ500のみ)
2006   バディ・ライス
  ダニカ・パトリック
  ポール・ダナ
  ジェフ・サイモンズ
2007   スコット・シャープ
  ジェフ・サイモンズ (7月17日に解雇)
  ライアン・ハンター=レーイ (7月17日に契約)
2008   ライアン・ハンター=レーイ   アレックス・ロイド(第6戦インディ500
2009   オリオール・セルビア(第4戦インディ500)
2010   グラハム・レイホール(第6戦インディ500)
2011   ベルトラン・バゲット(第5戦インディ500)
  ピッパ・マン(第12戦ニューハンプシャー、第17戦ケンタッキー、第18戦ラスベガス2
  ジェイ・ハワード英語版(第18戦ラスベガス2
2012   佐藤琢磨   ミチェル・ジョルディン・ジュニア(第5戦インディ500)
2013   グラハム・レイホール
  ジェームズ・ジェイクス
  マイク・コンウェイ(第3戦ロングビーチ)
  ミチェル・ジョルディン・ジュニア(第5戦インディ500)
2014   グラハム・レイホール   オリオール・セルビア(第2戦ロングビーチ、第3戦アラバマ、第4戦インディアナポリス、第5戦インディ500)
2015   グラハム・レイホール   オリオール・セルビア(第6戦インディ500)
2016   グラハム・レイホール   スペンサー・ピゴット英語版(第1戦セントピーターズバーグ、第5戦インディアナポリス、第6戦インディ500)
2017   グラハム・レイホール   オリオール・セルビア(第6戦インディ500、第7戦デトロイト)
2018   グラハム・レイホール
  佐藤琢磨
  オリオール・セルビア(第6戦インディ500)
2019   グラハム・レイホール
  佐藤琢磨
  ジョーダン・キング(第6戦インディ500)
  1. ^ 第1戦ホームステッド=マイアミにおいてファイナルプラクティス中の事故により死去。
  2. ^ ダン・ウェルドンの死亡事故によりレースキャンセルとなった。

参照編集


外部リンク編集