チーフベアハート

チーフベアハート (Chief Bearhart) [2]は、カナダ生産の競走馬種牡馬。主な勝ち鞍に1997年ブリーダーズカップ・ターフカナディアンインターナショナルステークス1998年マンハッタンハンデキャップなど。1997、1998年度のソヴリン賞年度代表馬、1997年度のエクリプス賞最優秀芝牡馬などに選出された。

チーフベアハート
欧字表記 Chief Bearhart[1][2]
品種 サラブレッド[1][2]
性別 [1][2]
毛色 栗毛[1][2]
生誕 1993年2月1日[1][2]
死没 2012年9月18日(19歳没)[3]
Chief's Crown[1][2]
Amelia Bearhart[1][2]
母の父 Bold Hour[1][2]
生国 カナダの旗 カナダ(オンタリオ州)[1][2]
生産 Richard D.Maynard[1][2]
馬主 Sam-Son Farm[1][2]
調教師 Mark R.Frostad(カナダ)[1][2]
競走成績
タイトル エクリプス賞最優秀芝牡馬(1997年)
ソヴリン賞
年度代表馬(1997、1998年)
最優秀古牡馬(1997年)
最優秀芝牡馬(1996、1997、1998年)
[1]
生涯成績 26戦12勝[1][2]
獲得賞金 3,381,557USドル[1]
勝ち鞍 G1:ブリーダーズカップ・ターフ(1997年)
G1:カナディアンインターナショナルステークス(1997年)
G1:マンハッタンハンデキャップ(1998年)
G3:エルクホーンステークス(1997年)
G3:キングエドワードBCハンデキャップ(1997年)
LR/加G1:ナイアガラハンデキャップ(1998年)
LR/加G2・G1:スカイクラシックハンデキャップ(1997、1998年)
ブリーダーズステークス(1996年)
テンプレートを表示

戦績編集

  • 特記事項なき場合、本節の出典はEQIBASE[1]、JBISサーチ[4]

1995年6月25日、ウッドバイン競馬場でのメイドン競走でデビューして4着。3歳初戦の2戦目で勝ちあがり、アローワンス競走を3着、1着としてカナダ三冠路線に向かう。カナダのダービーに相当するクイーンズプレートでは4着に終わったが、続くアローワンス競走で3勝目を挙げて臨んだ三冠最終戦のブリーダーズステークスでは2着馬に9馬身半差をつけて優勝[5]。余勢でカナディアンインターナショナルステークスでもシングスピールの2着に入るが[6]ブリーダーズカップ・ターフピルサドスキーの11着に終わる。それでも、1996年のソブリン賞最優秀芝牡馬に選ばれた。

4歳を迎えた1997年、初戦のメーカーズマークマイルステークスで2着に入ると、エルクホーンステークス英語版キングエドワードブリーダーズカップハンデキャップ英語版の2つのG3競走を連勝する。スターアンドストライプスブリーダーズカップハンデキャップ英語版2着を挟み、秋はリステッド競走(カナダG2)のスカイクラシック1着からカナディアンインターナショナルステークスでG1競走初制覇を果たし、前年11着のブリーダーズカップ・ターフでもドイツボルジアを4分の3馬身差おさえ、歴代3位となる2分23秒92のタイムで優勝[5][6]。1997年は7戦して5勝2着2回、ソヴリン賞の年度代表馬、最優秀古牡馬、最優秀芝牡馬に加えてエクリプス賞の最優秀芝牡馬にも選ばれた。1998年も6月にマンハッタンハンデキャップを制してG1競走3勝目を挙げ、秋もカナダG1ナイアガラブリーダーズカップハンデキャップを勝ち、カナダG1に昇格したスカイクラシックハンデキャップも前年に続いて勝利した[5]。その後は、カナディアンインターナショナルステークスではロイヤルアンセムから2馬身差の2着、ブリーダーズカップ・ターフはバックスボーイ英語版の4着、日本に遠征してのジャパンカップエルコンドルパサーの4着[6]と3戦勝てずじまいで、ジャパンカップが最後のレースとなった。引退後、ソヴリン賞の年度代表馬、最優秀古牡馬に2年連続で、最優秀芝牡馬に3年連続で選ばれた。

競走成績編集

以下の内容は、EQIBASE[1]、JBISサーチ[4]の情報および記載法に基づく。

出走日 競馬場 競走名 距離 馬場 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
1995 01.25 ウッドバイン メイドン ダ5F 4着 E. ラムザミー 10馬身 Frozen Ice
1996 03.23 フェアグラウンズ メイドン 芝8F 堅良 1着 R. ロメロ 4馬身 (Mister Eye)
04.13 キーンランド アローワンス 芝8.5F 堅良 3着 R. ロメロ 6馬身 Trail City
05.26 ウッドバイン アローワンス ダ8.5F 1着 S. ホウリー 6馬身1/2 (Bold Decision)
06.23 ウッドバイン プレートトライアル BT ダ9F 3着 S. ホウリー 2馬身 Northface
07.07 ウッドバイン クイーンズプレート ダ10F 4着 S. ホウリー 3馬身3/4 Victor Cooly
07.25 ウッドバイン アローワンス 芝11F 堅良 1着 S. ホウリー 2馬身1/2 (Set Ablaze)
08.25 ウッドバイン ブリーダーズS 芝12F 堅良 1着 M. ウォールズ 9馬身1/2 (Firm Dancer)
09.29 ウッドバイン カナディアン国際S G1 芝12F 2着 S. ホウリー 2馬身 Singspiel
10.26 ウッドバイン ブリーダーズカップ・ターフ G1 芝12F 11着 S. ホウリー 11馬身 Pilsudski
1997 04.11 キーンランド メーカーズマークマイルS G3 芝8F 堅良 2着 J. サントス 1/2馬身 Influent
04.25 キーンランド エルクホーンS G2 芝10F 堅良 1着 J. サントス 1/2馬身 (Snake Eyes)
06.14 ウッドバイン キングエドワードBCH G3 芝9F 堅良 1着 J. サントス 3馬身1/4 (Crown Attorny)
07.04 アーリントン スターズ&ストライプスBCH G3 芝10F 堅良 2着 J. サントス Lakeshore Rod
09.28 ウッドバイン スカイクラシックH L/加G2 芝11F 堅良 1着 J. サントス 6馬身 (Honor Glide)
10.19 ウッドバイン カナディアン国際S G1 芝12F 堅良 1着 J. サントス 2馬身1/4 (Downth Asl)
11.08 ハリウッドパーク ブリーダーズカップ・ターフ G1 芝12F 堅良 1着 J. サントス 3/4馬身 (Borgia)
1998 04.22 キーンランド エルクホーンS G3 芝12F 稍重 2着 J. サントス 3/4馬身 African Dancer
6.6 ベルモントパーク マンハッタンH G1 芝10F 堅良 1着 J. サントス 1馬身3/4 (Dvonwood)
07.11 ベルモントパーク ボーリンググリーンH G2 芝11F 堅良 3着 J. サントス 4馬身1/4 Cetewayo
08.15 サラトガ ソードダンサー招待H G1 芝12F 堅良 5着 J. サントス 3馬身1/2 Cetewayo
09.05 ウッドバイン ナイアガラBCH L/加G1 芝12F 堅良 1着 J. サントス 2馬身3/4 (Green Means Go)
09.27 ウッドバイン スカイクラシックH L/加G1 芝11F 稍重 1着 J. サントス 3馬身1/4 (Green Means Go)
10.18 ウッドバイン カナディアン国際S G1 芝12F 堅良 2着 J. サントス 2馬身 Royal Anthem
11.07 チャーチルダウンズ ブリーダーズカップ・ターフ G1 芝12F 堅良 4着 J. サントス 3馬身 Buck's Boy
11.29 東京 ジャパンC GI 芝2400m 4着 J. サントス 5馬身 エルコンドルパサー
  • BT:ブラックタイプ競走

引退後編集

引退後は一旦カナダに帰国ののち、JRAに420万ドル(約5億)で購買され、1999年に再来日して日本軽種馬協会静内種馬場で種牡馬入りした[6]。シャトル種牡馬としてニュージーランドでも種付けを行い[7]、日本でも14年間の供用で血統登録頭数604頭、出走頭数はそのうちの530頭を記録[8]2002年には、カナダ競馬殿堂入りを果たした[6]2012年4月ごろから体調を崩して療養生活を送っていたものの、9月18日午前6時に急性心不全のため静内種馬場で死亡した[3]

主な産駒編集

太字はGI級競走

血統表編集

チーフベアハート血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ダンジグ系
[§ 2]

Chief's Crown
1982 鹿毛
父の父
Danzig
1977 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Pas de Nom Admiral's Voyage
Petitioner
父の母
Six Crowns
1976 栗毛
Secretariat Bold Ruler
Somethingroyal
Chris Evert Swoon's Son
Miss Carmie

Amelia Bearhart
1983 栗毛
Bold Hour
1964 黒鹿毛
Bold Ruler Nasrullah
Miss Disco
Seven Thirty Mr.Music
Time to Dine
母の母
Myrtlewood Lass
1972 鹿毛
Ribot Tenerani
Romanella
Gold Digger Nashua
Sequence
母系(F-No.) (FN:13-c) [§ 3]
5代内の近親交配 Bold Ruler 4 × 3 = 18.75%、Nasrullah 5 × 4 × 5 = 12.50%、Nearco 5 × 5 × 5 = 9.38% [§ 4]
出典
  1. ^ [27]
  2. ^ [28]
  3. ^ [27]
  4. ^ [27][28]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Chief Bearhart (ON)”. EQUIBASE Horse Profile. Equibase Company LLC.. 2020年5月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n チーフベアハート(CAN)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月9日閲覧。
  3. ^ a b チーフベアハート死亡”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2012年9月18日). 2020年5月9日閲覧。
  4. ^ a b 10R ジャパンC 1998年11月29日(日)5回東京8日”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月9日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g Champion Chief Bearhart dies in Japan”. BloodHorse.com. Blood-Horse LLC. (2012年9月19日). 2020年5月9日閲覧。
  6. ^ a b c d e Canadian Champion Chief Bearhart Dies”. BloodHorse.com. Blood-Horse LLC. (2012年9月19日). 2020年5月9日閲覧。
  7. ^ シャトル種牡馬、日本を出発”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2003年8月10日). 2020年5月9日閲覧。
  8. ^ チーフベアハート(CAN) 種牡馬情報:世代・年次別(サラ系総合)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月9日閲覧。
  9. ^ マーブツチーフ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月9日閲覧。
  10. ^ エアセレソン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月9日閲覧。
  11. ^ マイネルレコルト”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月9日閲覧。
  12. ^ Shikoba(NZ)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月9日閲覧。
  13. ^ メルシーエイタイム”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月9日閲覧。
  14. ^ マイネルキッツ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月9日閲覧。
  15. ^ コウエイノホシ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月9日閲覧。
  16. ^ マキノチーフ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月9日閲覧。
  17. ^ トーホウレーサー”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月9日閲覧。
  18. ^ ナムラマース”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月9日閲覧。
  19. ^ ビービーガルダン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月9日閲覧。
  20. ^ トミノダンディ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月9日閲覧。
  21. ^ マツリダワルツ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月9日閲覧。
  22. ^ レッドエンゼル”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月9日閲覧。
  23. ^ マイネルラクリマ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月9日閲覧。
  24. ^ リジョウクラウン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月9日閲覧。
  25. ^ ディアフロイデ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月9日閲覧。
  26. ^ ナムラバイオレット”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月9日閲覧。
  27. ^ a b c チーフベアハート(CAN) 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年5月9日閲覧。
  28. ^ a b c チーフベアハート Chief Bearhartの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2020年5月9日閲覧。

外部リンク編集