メインメニューを開く

ビービーガルダン日本競走馬。おもな勝ち鞍は2009年阪急杯キーンランドカップ馬名の「ガルダン」はSFロボットプラモデル「太陽系戦隊 ガルダン」に由来する。[要検証]

ビービーガルダン
BB-Galdan20100328.jpg
欧字表記 B B Guldan
品種 サラブレッド
性別
毛色 青鹿毛
生誕 2004年3月10日(15歳)
登録日 2006年5月18日
抹消日 2011年12月23日
チーフベアハート
オールザチャット
母の父 Westminster
生国 日本の旗 日本北海道平取町
生産 坂東牧場
馬主 (有)坂東牧場
調教師 領家政蔵栗東
競走成績
生涯成績 32戦7勝
獲得賞金 3億3657万1000円
テンプレートを表示

目次

戦績編集

 
2009年阪急杯
 
2011年スプリンターズS

2006年7月函館競馬場でデビュー。その初戦で早くも勝ち名乗りを上げる[1]も、札幌2歳ステークスでは距離の壁に泣き12着敗戦。この後厩舎にて調整されていたが10月に骨折を発症。症状は軽微ながら3歳夏まで休養に充てられる。

体質が弱く復帰後してからも骨膜炎のため成績を残せずにいたが、4歳春頃より症状も良化、回復後はそれまで条件クラスでもたついていた鬱憤を晴らすかのように3連勝。重賞初挑戦のキーンランドカップでは2着[2]、さらにスプリンターズステークス3着[3]と結果を残し、夏の上がり馬として短距離路線の一員に名を連ねた。

年明け初戦の阪急杯では、前走京阪杯の敗戦に加え1400mでの実績の無さをメディアで懸念され7番人気と評価を落とすも、連覇を目論み直線先に抜け出したローレルゲレイロを捕らえ優勝、待望の重賞タイトルを手中にする[4]

主戦安藤勝己ドバイ騎乗により武幸四郎に乗替となった高松宮記念では4番人気に推されたが初の左回りに終始苦戦、4角では外に膨らむ等左手前で走ることができないまま16着と大敗を喫した。その後、4月18日マイラーズカップでは直線で一旦先頭に立つも失速し8着に敗れた。

7月5日函館スプリントステークスに出走予定だったが、馬房内のアクシデントにより回避した。その後の2009年8月30日、4ヶ月休養して札幌競馬場キーンランドカップに出走し、これまでの不振がウソのような鮮やかなレース運びで1着入線し、重賞2勝目を飾った[5]。そして、10月4日のスプリンターズステークスに出走。レースでは好位追走から直線で外から追い込み、逃げ込みを図ろうとするローレルゲレイロと共に2頭が並んでゴール板を駆け抜けた。レース終了から10分近い写真判定の結果、ハナ差の2着に敗れた[6]。11月3日、初のダートレースとなったJBCスプリントは、4コーナーで折り合いを欠き6着に敗れた。

2010年の緒戦は連覇のかかった阪急杯から始動。2番手でレースを進めたが直線で失速し7着に敗れた。3月28日の高松宮記念は最後の直線で追い込みを見せたが、キンシャサノキセキにハナ差及ばず2着に敗れた[7]。3ヶ月の休養を挟んで、7月4日の函館スプリントステークスに1番人気で出走、中団から脚を伸ばしてくるもワンカラットの2馬身差の2着に敗れた。連覇をかけて挑んだ8月29日のキーンランドカップでも1番人気に推されたが、スタートで後手を踏んだのが響いて4着に敗れた。本番のスプリンターズステークスでは中団追走も直線ではまったく伸びず10着と大敗した。12月18日阪神カップでも11着と大敗した。

2011年の緒戦は前年同様阪急杯、中団追走も伸びを欠き8着に敗れた。高松宮記念は中団から脚を伸ばしたがキンシャサノキセキの4着。安田記念では中団からレースを進めたが直線ではまったく伸びず15着と大敗。キーンランドカップでは好位から渋太く脚を伸ばしカレンチャンのクビ差の2着となった。その後10月2日のスプリンターズステークスに出走予定だったが、レース直前に放馬し、馬体検査の結果疲労が著しいと判断され競走除外となった[8]。このあと12月17日の阪神カップに出走を予定していたが、12月14日の追い切り後、右第1指節種子骨々折が判明し引退、12月23日付けで競走馬登録を抹消、アロースタッド種牡馬となる[9]

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2006.07.22 函館 2歳新馬 9 003.0 0(2人) 01着 秋山真一郎 54 芝1200m(良) 1:11.2 (37.3) -0.1 (フリーダムエアー)
0000.08.26 札幌 クローバー賞 OP 11 008.6 0(4人) 02着 秋山真一郎 54 芝1500m(良) 1:29.6 (36.4) -0.3 イクスキューズ
0000.09.30 札幌 札幌2歳S GIII 12 022.7 0(6人) 12着 秋山真一郎 54 芝1800m(良) 1:52.5 (38.3) -2.8 ナムラマース
2007.07.22 函館 3歳上500万下 16 006.3 0(2人) 03着 安藤勝己 54 芝1200m(良) 1:10.9 (36.4) -0.7 メジロソリアノ
0000.08.05 函館 3歳上500万下 16 002.1 0(1人) 02着 安藤勝己 57 芝1200m(稍) 1:14.7 (38.5) -0.3 タマモハクライ
0000.09.29 札幌 3歳上500万下 16 002.0 0(1人) 01着 安藤勝己 57 芝1200m(良) 1:10.7 (36.1) -0.8 (パノラマビューティ)
0000.10.28 福島 河北新報杯 16 002.6 0(1人) 05着 中舘英二 54 芝1200m(稍) 1:11.5 (36.9) -0.3 テンイムホウ
0000.12.08 阪神 摂津特別 14 021.7 0(6人) 13着 田中剛 56 芝1600m(良) 1:35.9 (35.6) -1.6 ヒカルオオゾラ
2008.03.22 阪神 須磨特別 16 030.2 (10人) 07着 北村友一 57 芝1400m(良) 1:23.0 (35.1) -0.4 コパノスケ
0000.03.30 中山 千葉日報杯 16 005.5 0(3人) 02着 津村明秀 57 芝1200m(良) 1:09.1 (35.1) -0.0 シベリアンクラシカ
0000.04.20 中山 袖ケ浦特別 16 003.1 0(1人) 01着 安藤勝己 57 芝1200m(良) 1:09.1 (35.0) -0.3 (コスモラヴソング)
0000.06.21 函館 TVh杯 16 002.1 0(1人) 01着 安藤勝己 57 芝1200m(良) 1:08.5 (34.7) -0.3 (ブライティアミラ)
0000.08.16 札幌 札幌日刊スポーツ杯 16 002.5 0(1人) 01着 安藤勝己 57 芝1200m(良) 1:08.3 (34.9) -0.2 (エネルマオー)
0000.08.31 札幌 キーンランドC JpnIII 16 006.7 0(2人) 02着 安藤勝己 56 芝1200m(良) 1:08.0 (34.1) -0.1 タニノマティーニ
0000.10.05 中山 スプリンターズS GI 16 011.1 0(6人) 03着 安藤勝己 57 芝1200m(良) 1:08.2 (34.2) -0.2 スリープレスナイト
0000.11.29 京都 京阪杯 GIII 18 002.5 0(1人) 06着 安藤勝己 56 芝1200m(良) 1:08.4 (34.0) -0.3 ウエスタンダンサー
2009.03.01 阪神 阪急杯 GIII 16 011.1 0(7人) 01着 安藤勝己 56 芝1400m(良) 1:21.1 (34.9) -0.2 ローレルゲレイロ
0000.03.29 中京 高松宮記念 GI 18 007.9 0(4人) 16着 武幸四郎 57 芝1200m(良) 1:09.2 (35.9) -1.2 ローレルゲレイロ
0000.04.18 阪神 マイラーズC GII 10 015.3 0(6人) 08着 安藤勝己 57 芝1600m(良) 1:34.5 (34.3) -0.6 スーパーホーネット
0000.08.30 札幌 キーンランドC GIII 16 004.8 0(2人) 01着 安藤勝己 56 芝1200m(良) 1:08.4 (34.2) -0.4 (ドラゴンウェルズ)
0000.10.04 中山 スプリンターズS GI 16 003.8 0(2人) 02着 安藤勝己 57 芝1200m(良) 1:07.5 (34.3) -0.0 ローレルゲレイロ
0000.11.03 名古屋 JBCスプリント JpnI 11 002.9 0(2人) 06着 安藤勝己 57 ダ1400m(良) 1:27.9 (38.8) -2.0 スーニ
2010.02.28 阪神 阪急杯 GIII 16 002.4 0(1人) 07着 安藤勝己 57 芝1400m(良) 1:22.0 (35.7) -0.6 エーシンフォワード
0000.03.28 中京 高松宮記念 GI 18 011.9 0(6人) 02着 安藤勝己 57 芝1200m(良) 1:08.6 (34.8) -0.0 キンシャサノキセキ
0000.07.04 函館 函館スプリントS GIII 15 003.3 0(1人) 02着 安藤勝己 59 芝1200m(良) 1:08.5 (34.8) -0.3 ワンカラット
0000.08.29 札幌 キーンランドC GIII 16 002.2 0(1人) 04着 安藤勝己 58 芝1200m(良) 1:08.8 (34.7) -0.4 ワンカラット
0000.10.03 中山 スプリンターズS GI 16 006.9 0(4人) 10着 安藤勝己 57 芝1200m(良) 1:08.1 (34.5) -0.7 ウルトラファンタジー
0000.12.18 阪神 阪神C GII 17 017.3 0(6人) 11着 安藤勝己 57 芝1400m(良) 1:21.2 (34.9) -0.9 キンシャサノキセキ
2011.02.27 阪神 阪急杯 GIII 16 010.1 0(7人) 08着 U.リスポリ 56 芝1400m(良) 1:20.9 (35.4) -0.8 サンカルロ
0000.03.27 阪神 高松宮記念 GI 16 071.4 (10人) 04着 佐藤哲三 57 芝1200m(良) 1:08.2 (33.7) -0.3 キンシャサノキセキ
0000.06.05 東京 安田記念 GI 18 169.7 (17人) 15着 佐藤哲三 58 芝1600m(良) 1:33.2 (35.4) -1.2 リアルインパクト
0000.08.28 札幌 キーンランドC GIII 16 020.7 0(6人) 02着 佐藤哲三 58 芝1200m(良) 1:08.6 (35.2) -0.0 カレンチャン
0000.10.02 中山 スプリンターズS GI 15 佐藤哲三 57 芝1200m(良) 競走除外 カレンチャン

血統表編集

ビービーガルダン血統ダンジグ系 / Bold Ruler5×4=9.38%) (血統表の出典)

*チーフベアハート
Chief Bearhart
1993 栗毛
父の父
Chief's Crown
1982 鹿毛
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Six Crowns Secretariat
Chris Evert
父の母
Amelia Bearhart
1983 栗毛
Bold Hour Bold Ruler
Seven Thirty
Myrtlewood Lass Ribot
Gold Digger

*オールザチャット
All the Chat
1994 鹿毛
Westminster
1984 黒鹿毛
Grosvenor Sir Tristram
My Tricia
Apple Blossom Bismark
Mary Poppins
母の母
Rory's Helen
1987 鹿毛
Rory's Jester Crown Jester
Rory's Rocket
Helen's Love Karayar
Helen of Troy F-No.1-n


母はニュージーランドからの輸入馬。

脚注編集

  1. ^ “函館2歳新馬戦、ビービーガルダンが逃げ切り”. netkeiba.com. (2006年7月22日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=14799 2015年9月3日閲覧。 
  2. ^ “キーンランドC、単勝161倍タニノマティーニがV”. netkeiba.com. (2008年8月31日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=30539 2015年9月3日閲覧。 
  3. ^ “スプリンターズS、スリープレスナイトが5連勝で戴冠”. netkeiba.com. (2008年10月5日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=31317 2015年9月3日閲覧。 
  4. ^ “阪急杯、ビービーガルダンが重賞初制覇”. netkeiba.com. (2009年3月1日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=34746 2015年9月3日閲覧。 
  5. ^ “キーンランドC、ビービーガルダンが重賞2勝目”. netkeiba.com. (2009年8月30日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=39160 2015年9月3日閲覧。 
  6. ^ “スプリンターズS、ローレルゲレイロが大接戦制す”. netkeiba.com. (2009年10月4日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=40137 2015年9月3日閲覧。 
  7. ^ “ビービーガルダン、またもハナ差惜敗/高松宮記念”. netkeiba.com. (2010年3月29日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=45021 2015年9月3日閲覧。 
  8. ^ “カレンチャン重賞4連勝でGI初制覇/スプリンターズS”. netkeiba.com. (2011年10月2日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=58867 2015年9月3日閲覧。 
  9. ^ “ビービーガルダンがスタッドイン、種付料は無料”. netkeiba.com. (2012年2月2日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=61610 2015年9月3日閲覧。 

外部リンク編集