トレバー・ローゼンタール

アメリカの野球選手 (1990 - )
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • トレバー・ローゼンタル
  • トレバー・ローゼンサル

トレバー・ジョーダン・ローゼンタールTrevor Jordan Rosenthal, 1990年5月29日 - )は、アメリカ合衆国ミズーリ州リーズ・サミット出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBオークランド・アスレチックス所属。愛称はビッグ・ティーBig T)。

トレバー・ローゼンタール
Trevor Rosenthal
オークランド・アスレチックス #41
Trevor Rosenthal (33705866148) (cropped).jpg
ワシントン・ナショナルズ時代
(2019年4月8日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミズーリ州リーズ・サミット
生年月日 (1990-05-29) 1990年5月29日(30歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 MLBドラフト21巡目
初出場 2012年7月18日
年俸 $3,000,000(2021年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入りとカージナルス時代編集

 
セントルイス・カージナルス時代
(2017年6月18日)

2009年MLBドラフト21巡目(全体639位)でセントルイス・カージナルスから指名され、6月27日に契約。

2012年7月16日にメジャー初昇格を果たし、18日のミルウォーキー・ブルワーズ戦で2番手として登板し、メジャーデビュー。これにより、カージナルスの記念すべき通算2,000人目の選手となった。カージナルスは全球団で初の大台到達であった[1]。マイナーでは先発だがこの年はリリーフとして活躍し、投球回数22.2を上回る25奪三振を記録した。

2013年は開幕ロースター入りし、74試合に登板。2勝4敗3セーブ、防御率2.63、108奪三振を記録した。

2014年クローザーに抜擢され、2勝6敗45セーブ、防御率3.20(ナショナルリーグ2位)という成績を記録。しかし、制球力が雑な為、四球を出す頻度が高く、3人で切り抜けたセーブは45セーブ中11セーブだけだった[2]。四球の多さはWHIPにも反映されており、1.41とやや高めだった。

2015年は前年よりも良い調子で投げ、オールスターにも初選出された。最終的には68試合に登板し、2年連続でリーグ2位の48セーブをマーク。与四死球を前年の半分近くにまで減らし、防御率(2.10)とWHIP(1.27)も改善し、クローザーとして成長の跡を見せた。プレーオフ(シカゴ・カブスとのディビジョンシリーズ)では2試合に登板し、無失点に抑えたが、セーブを挙げる事はなかった。

2016年は調子が優れず、呉昇桓にクローザーを譲る局面もあった。最終成績は、45試合の登板で防御率4.46・2勝4敗14セーブ・WHIP1.91という成績に終わり、通算100セーブを達成した事くらいが唯一のハイライトだった。ただ、三振奪取能力は以前の水準に戻り、キャリア2位の奪三振率12.5をマークした。

2017年はリリーフとして開幕を迎えたが、7月にはクローザーに配置転換された。しかし8月17日に右肘の故障で10日間の故障者リストに入り[3]、その後トミー・ジョン手術を受けた。11月6日、カージナルスはローゼンタールを自由契約にした[4]。この年の最終成績は、50試合の登板で3勝4敗11セーブ、防御率3.40にとどまった。

ナショナルズ時代編集

2018年FAとしてリハビリに専念した。怪我が癒えたこともあり、10月上旬にカリフォルニアでショーケースを開催し、速球はコンスタントに90mph後半、最速で100mphを計測した[5]。11月3日、ワシントン・ナショナルズと単年700万ドルの契約を結んだ[6]

2019年3月30日のニューヨーク・メッツ戦で移籍後初登板したが、1つのアウトも取れずに4失点し、負け投手になった。その後の3登板でも1アウトも取れず降板し、防御率が∞(無限)になる珍事が発生した[7]。5登板目にしてようやくアウトをとったが、その後も失点を重ねたことともあり、4月26日に故障者リスト入りした[8]。6月10日に復帰した後は安定した投球を見せつつあったが、22日のアトランタ・ブレーブス戦で先頭打者から3連続四球を与えて降板すると、翌23日に自由契約となった[9]

タイガース時代編集

2019年6月29日にデトロイト・タイガースとマイナー契約を結んだ[10]。傘下のAAA級トレド・マッドヘンズに配属された後、7月15日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[11]。8月8日にDFAとなり[12]、10日にマイナー契約でAAA級トレドへ配属の後、11日にFAとなった[13]

ヤンキース傘下時代編集

2019年8月18日にニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を結び、傘下のA-級スタテンアイランド・ヤンキースへ配属された。オフの11月4日にFAとなった[13]

ロイヤルズ時代編集

2019年12月7日にカンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結んで2020年スプリングトレーニングに招待選手として参加することになったと報じられ[14]、2020年1月13日に正式公示された[13]。3月25日にメジャー契約を結んで40人枠入りした[15]

パドレス時代編集

2020年8月29日にエドワード・オリバレス後日発表選手とのトレードで、サンディエゴ・パドレスへ移籍した[16]。オフの10月28日にFAとなった[17]

アスレチックス時代編集

2021年2月22日にオークランド・アスレチックスと300万ドルの単年契約を結んだ[18]

投球スタイル編集

最速101mph(約162.5km/h)、平均98mph(約158km/h)のフォーシームが投球全体の75%前後を占める剛速球投手で、変化球は87mph(約140km/h)前後のチェンジアップを武器とするほか、スライダーを織り交ぜる。ごく稀にツーシーム、2種類のカーブなどを投げることがある[19]

メジャー1年目の2012年は変化球はカーブが大半だったが、2013年からはカーブからチェンジアップに切り替えたことで高い奪三振率を残している[19]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2012 STL 19 0 0 0 0 0 2 0 3 .000 89 22.2 14 2 7 0 1 25 1 0 7 7 2.78 0.93
2013 74 0 0 0 0 2 4 3 29 .333 311 75.1 63 4 20 0 6 108 3 0 25 22 2.63 1.10
2014 72 0 0 0 0 2 6 45 2 .250 308 70.1 57 2 42 5 4 87 1 1 25 25 3.20 1.41
2015 68 0 0 0 0 2 4 48 0 .333 287 68.2 62 3 25 3 1 83 7 0 16 16 2.10 1.27
2016 45 0 0 0 0 2 4 14 0 .333 197 40.1 48 3 29 0 3 56 0 0 22 20 4.46 1.91
2017 50 0 0 0 0 3 4 11 12 .429 202 47.2 37 3 20 0 2 76 2 0 20 18 3.40 1.20
2019 WSH 12 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 43 6.1 8 0 15 0 3 5 5 0 16 16 22.74 3.63
DET 10 0 0 0 0 0 0 0 1 .--- 42 9.0 3 0 11 0 1 12 4 0 8 7 7.00 1.56
'19計 22 0 0 0 0 0 1 0 2 .000 85 15.1 11 0 26 0 4 17 9 0 24 23 13.50 2.41
2020 KC 14 0 0 0 0 0 0 7 1 ---- 56 13.2 9 2 7 0 1 21 0 1 5 5 3.29 1.17
SD 9 0 0 0 0 1 0 4 0 1.000 35 10.0 3 0 1 0 0 17 0 0 1 0 0.00 0.40
'20計 23 0 0 0 0 1 0 11 1 1.000 91 23.2 12 2 8 0 1 38 0 1 6 5 1.90 0.85
MLB:8年 373 0 0 0 0 12 25 132 49 .324 1570 364.0 304 19 177 8 22 490 23 2 145 136 3.36 1.32
  • 2020年度シーズン終了時

記録編集

背番号編集

  • 64(2012年)
  • 26(2013年 - 2014年)
  • 44(2015年 - 2017年、2019年 - 同年6月22日)
  • 19(2019年7月15日 - 同年終了)
  • 40(2020年 - 同年8月28日)
  • 47(2020年8月31日 - 同年終了)

脚注編集

  1. ^ Rosenthal makes history as 2,000th Cardinal
  2. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』廣済堂出版、2015年、335頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  3. ^ Cardinals place Trevor Rosenthal on 10-day DL” (英語). MLB.com. 2018年11月2日閲覧。
  4. ^ “Cardinals release Rosenthal, allow All-Star closer to become free agent”. (2017年11月6日) (2017-11-6発行). https://www.stltoday.com/sports/baseball/professional/birdland/cardinals-release-rosenthal-allow-all-star-closer-to-become-free/article_18d6978f-bcd5-5840-b112-77680d748835.html 
  5. ^ Inside Baseball MLB Notes: Baldelli makes sense as next Twins manager”. fancredsports.com. 2018年11月2日閲覧。
  6. ^ Trevor Rosenthal signs with Nationals” (英語). MLB.com. 2018年11月4日閲覧。
  7. ^ ナショナルズ右腕の防御率が∞、開幕から未だアウト奪えず 元カ軍守護神がトミージョンで一転”. BaseBall Channel. 2019年6月23日閲覧。
  8. ^ ナショナルズ、1回3暴投ローゼンタールがIL入り”. nikkansports.com. 2019年6月23日閲覧。
  9. ^ Nationals release reliever Trevor Rosenthal”. MLB.com. 2019年6月23日閲覧。
  10. ^ TC Zencka (2019年6月29日). “Tigers Sign Trevor Rosenthal” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年7月6日閲覧。
  11. ^ Jason Beck (2019年7月15日). “Rosenthal brings heat in Tigers debut vs. Tribe” (英語). MLB.com. 2019年7月16日閲覧。
  12. ^ Jason Beck (2019年8月7日). “Tigers designate Rosenthal for assignment” (英語). MLB.com. 2019年8月9日閲覧。
  13. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2020年3月7日閲覧。
  14. ^ TC Zencka (2019年12月7日). “Royals Sign Trevor Rosenthal To Minor League Deal” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年3月7日閲覧。
  15. ^ Jeffrey Flanagan (2020年3月25日). “Rosenthal contract picked up by Royals” (英語). MLB.com. 2020年3月27日閲覧。
  16. ^ FriarWire (2020年8月29日). “Padres acquire RHP Trevor Rosenthal from Royals” (英語). Medium. 2020年8月29日閲覧。
  17. ^ Manny Randhawa and Paul Casella (2020年11月20日). “2020-21 free agents, position by position” (英語). MLB.com. 2020年11月23日閲覧。
  18. ^ Athletics Sign Trevor Rosenthal” (英語). MLB Trade Rumors. 2021年2月22日閲覧。
  19. ^ a b Trevor Rosenthal Pitch Data”. The Baseball Cube. 2017年8月19日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集