メインメニューを開く

2015年MLBオールスターゲーム英語: The 2015 Major League Baseball All-Star Game)はナショナルリーグアメリカンリーグの間で行われた86回目のオールスターゲームである。2015年7月14日シンシナティ・レッズの本拠地グレート・アメリカン・ボール・パークで行われた。監督は、ナショナルリーグサンフランシスコ・ジャイアンツ監督ブルース・ボウチーアメリカンリーグカンザスシティ・ロイヤルズ監督ネッド・ヨストが務めた。

2015 MLBオールスターゲーム
Gabp from the gap.jpg
会場となったグレート・アメリカン・ボール・パーク
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
AL 1 0 0 0 20210 6 7 2
NL 0 1 0 0 01001 3 6 0
開催日時 2015年7月14日
開催球場 グレート・アメリカン・ボール・パーク
開催地 アメリカ合衆国の旗 オハイオ州シンシナティ
監督 AL - ネッド・ヨスト (KC)
NL - ブルース・ボウチー (SFG)
MVP マイク・トラウト (LAA)
観客動員数 43,656人
MLBオールスターゲーム
 < 2014 2016 > 

試合は6対3でアメリカンリーグが勝利し、同年のワールドシリーズの第1・2・6・7戦をアメリカンリーグ優勝球団の本拠地で行うこととなった。MVPには初回先頭打者本塁打を放ったロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムマイク・トラウトが2年連続で選出された。

目次

経緯編集

2013年1月21日にMLBコミッショナーのバド・セリグが、2015年度のオールスターゲームのホストチームにシンシナティ・レッズを選出したことを発表。オハイオ州シンシナティ市がオールスターゲームの開催地となるのは、1988年以来であった(球場はリバーフロント・スタジアム[1]

2015年5月12日にトッド・フレイジャーがオールスターのスポークスマンに就任した[2]

始球式サンディー・コーファックスが行い、捕手はジョニー・ベンチが務めた[3]

試合直前にはレッズのフランチャイズ・フォーに選ばれた4人のセレモニーが行われ、ジョニー・ベンチ、バリー・ラーキンジョー・モーガン、そして野球賭博で1989年にMLBを永久追放処分となったピート・ローズが登場した。2014年7月15日にコミッショナーのバド・セリグはローズのセレモニー参加を許可することを発表していた[4]

凡例編集

試合結果編集

先発メンバー編集

アメリカンリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 マイク・トラウト (LAA) CF
2 ジョシュ・ドナルドソン (TOR) 3B
3 アルバート・プホルス (LAA) 1B
4 ネルソン・クルーズ (SEA) DH
5 ロレンゾ・ケイン (KC) RF
6 アダム・ジョーンズ (BAL) LF
7 サルバドール・ペレス (KC) C
8 ホセ・アルトゥーベ (HOU) 2B
9 アルシデス・エスコバー (KC) SS
先発 ダラス・カイケル (HOU) P
ナショナルリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 アンドリュー・マカッチェン (PIT) CF
2 トッド・フレイジャー (CIN) 3B
3 ブライス・ハーパー (WSH) RF
4 ポール・ゴールドシュミット (ARI) 3B
5 バスター・ポージー (SF) C
6 アンソニー・リゾ (CHC) DH
7 ジョニー・ペラルタ (STL) SS
8 ジョク・ピーダーソン (LAD) LF
9 DJ・ルメイユ (COL) 2B
先発 ザック・グレインキー (LAD) P

試合経過編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アメリカンリーグ 1 0 0 0 2 0 2 1 0 6 7 2
ナショナルリーグ 0 1 0 0 0 1 0 0 1 3 6 0
  1. : デビッド・プライス (DET)  : クレイトン・カーショウ (LAD)  
  2. :  AL – マイク・トラウト (LAA)、ブライアン・ドージャー(MIN)  NL – なし
  3. 審判:球審…ティム・ウェルク、塁審…ジェリー・ミールズ、ポール・シュリーバー、ロン・カルパ、外審…ジェームズ・ホウイ、アラン・ポーター
  4. 観客動員数:43,656人 試合時間:3時間2分
MVP
マイク・トラウト (LAA)
  • 1回表に先頭打者本塁打を放った。2年連続の受賞となる。

得点編集

チーム イニング
ALS 1回表 マイク・トラウト:右翼スタンドへの先頭打者本塁打
NLS 2回裏 ジョニー・ペラルタ:2死三塁の場面で右翼への1点適時打
ALS 5回表 プリンス・フィルダー:2死一・二塁の場面で代打起用され、勝ち越しとなる左翼への1点適時打
ロレンゾ・ケイン:2死一・二塁の場面で適時二塁打
NLS 6回裏 アンドリュー・マカッチェン:無死・走者なしの場面で左翼スタンドへの本塁打
ALS 7回表 マニー・マチャド:無死2塁の場面で右中間への適時二塁打
プリンス・フィルダー:1死三塁の場面で中堅への犠飛
ALS 8回表 ブライアン・ドージャー:2死・走者なしの場面で代打起用され、中堅スタンドへの本塁打
NLS 9回裏 ブランドン・クロフォード:1死三塁の場面で左翼への犠飛

出場選手編集

アメリカンリーグ


選手(チーム)







1 [中] トラウト (LAA) 3 2 1 1 1 1 0
走左 B. ホルト (BOS) 1 1 0 0 0 1 0
2 [三] ドナルドソン (TOR) 0 0 0 0 2 0 1
打三 M. マチャド (BAL) 2 1 1 1 0 0 0
打三 ムスターカス (KC) 1 0 0 0 0 1 0
3 [一] プホルス (LAA) 2 1 0 0 1 1 0
テシェイラ (NYY) 2 0 0 0 0 1 0
4 [指] N. クルーズ (SEA) 2 0 0 0 0 1 0
打指 フィルダー (TEX) 1 0 1 2 0 0 0
5 [右] L. ケイン (KC) 3 0 2 1 0 0 0
J.D.マルティネス (DET) 1 0 0 0 0 0 0
6 [左] A. ジョーンズ (BAL) 2 0 0 0 0 1 0
打左中 ガードナー (NYY) 2 0 0 0 0 2 0
7 [捕] S. ペレス (KC) 2 0 0 0 0 2 0
ボート (OAK) 1 0 0 0 0 1 0
打捕 R. マーティン (TOR) 1 0 0 0 0 1 0
8 [二] アルトゥーベ (HOU) 2 0 0 0 0 0 0
キプニス (CLE) 1 0 0 0 0 1 0
打二 ドージャー (MIN) 1 1 1 1 0 0 0
9 [遊] A. エスコバー (KC) 2 0 1 0 0 0 0
打遊 J. イグレシアス (DET) 2 0 0 0 0 1 0
ナショナルリーグ


選手(チーム)







1 [中] マカッチェン (PIT) 3 1 1 1 0 1 0
ポロック (ARI) 1 0 0 0 0 0 0
2 [三] フレイジャー (CIN) 3 0 0 0 0 0 0
アレナド (COL) 1 0 0 0 0 1 0
3 [右] ハーパー (WSH) 3 0 0 0 0 2 0
J. アップトン (SD) 1 0 1 0 0 0 0
4 [一] ゴールドシュミット (ARI) 3 1 1 0 0 1 0
A. ゴンザレス (LAD) 1 0 0 0 0 1 0
5 [捕] ポージー (SF) 2 0 0 0 0 0 0
モリーナ (STL) 1 0 1 0 0 0 0
代捕 グランダル (LAD) 1 0 0 0 0 0 0
6 [指] リゾ (CHC) 2 0 0 0 0 0 0
代指 トゥロウィツキー (COL) 1 0 0 0 0 0 0
代指 ブラウン (MIL) 1 1 1 0 0 0 0
7 [遊] ペラルタ (STL) 1 0 1 1 1 0 0
走遊 B. クロフォード (SF) 1 0 0 1 0 0 0
8 [左] ピーダーソン (LAD) 2 0 0 0 0 2 0
ブライアント (CHC) 1 0 0 0 1 0 0
9 [二] ルメイユ (COL) 2 0 0 0 0 0 0
パニック (SF) 2 0 0 0 0 1 0

バッテリー編集

アメリカンリーグ
選手(チーム)









捕手(チーム)
カイケル (HOU) 2.0 2 1 0 0 1 0 S. ペレス (KC)
F. ヘルナンデス (SEA) 1.0 0 0 0 0 1 0
プライス (DET) 1.0 0 0 0 0 2 0
アーチャー (TB) 1.1 1 1 1 1 1 1 ボート (OAK)
ブリットン (BAL) 0.2 1 0 0 0 1 0
ベタンセス (NYY) 1.0 0 0 0 1 1 0
W. デービス (KC) 1.0 0 0 0 0 2 0 R. マーティン (TOR)
パーキンス (MIN) 1.0 1 1 1 0 0 0
ナショナルリーグ
選手(チーム)









捕手(チーム)
グレインキー (LAD) 2.0 1 1 1 1 4 1 ポージー (SF)
G. コール (PIT) 1.0 0 0 0 1 1 0
バンガーナー (SF) 1.0 1 0 0 0 1 0
カーショウ (LAD) 1.0 3 2 2 1 1 0
デグロム (NYM) 1.0 0 0 0 0 3 0 モリーナ (STL)
F. ロドリゲス (MIL) 1.0 1 2 2 1 0 0
マランソン (PIT) 1.0 1 1 1 0 2 1
A. チャップマン (CIN) 1.0 0 0 0 0 3 0 グランダル (LAD)

選出選手編集

地元シンシナティ・レッズからは、ファン投票の三塁手部門でトッド・フレイジャーが選出された。監督推薦・選手間投票ではアロルディス・チャップマンが選ばれた。

ファン投票選出編集

投票結果は現地時間同年7月5日に発表された。最多得票は、アメリカンリーグが14,090,188票を獲得したジョシュ・ドナルドソンTOR)で、2012年にジョシュ・ハミルトン(当時TEX)が記録した11,073,744票を大きく上回り、MLBオールスター史上最多得票となった[5]。ナショナルリーグの最多得票は13,864,950票を獲得したブライス・ハーパーWSH)で、ナ・リーグ史上最多得票を記録した[6]

アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出 得票数
C   サルバドール・ペレス (KC) 3 13,747,294
  ラッセル・マーティン (TOR) 3 7,521,557
  スティーブン・ボート (OAK) - 6,733,782
1B   ミゲル・カブレラ (DET) †[7] 10 13,834,271
  エリック・ホズマー (KC) - 10,817,849
  プリンス・フィルダー (TEX) 5 3,167,447
2B   ホセ・アルトゥーベ (HOU) 2 9,634,464
  オマー・インファンテ (KC) 1 8,999,117
  ジェイソン・キプニス (CLE) 1 4,704,386
3B   ジョシュ・ドナルドソン (TOR) 2 14,090,188
  マイク・ムスターカス (KC) - 12,253,087
  マニー・マチャド (BAL) 1 2,609,4999
SS   アルシデス・エスコバー (KC) 11,960,907
  ホセ・イグレシアス (DET) - 8,671,708
  ホセ・レイエス (TOR) 4 5,688,636
OF   マイク・トラウト (LAA) 4 14,013,021
  ロレンゾ・ケイン (KC) 12,399,127
  アレックス・ゴードン (KC) †[7] 3 10,609,006
  ホセ・バティスタ (TOR) 5 9,050,339
  ヨエニス・セスペデス (DET) 1 8,907,156
DH   ネルソン・クルーズ (SEA) 4 10,632,184
  ケンドリス・モラレス (KC) - 10,320,500
  エドウィン・エンカーナシオン (TOR) 2 5,165,417
ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出 得票数
C   バスター・ポージー (SF) 3 9,909,668
  ヤディアー・モリーナ (STL) 6 7,524,572
  フランシスコ・セルベーリ (PIT) - 3,065,951
1B   ポール・ゴールドシュミット (ARI) 3 9,119,375
  ジョーイ・ボット (CIN) 4 5,426,925
  エイドリアン・ゴンザレス (LAD) 4 4,072,889
2B   ディー・ゴードン (MIA) †[7] 2 7,574,750
  コルテン・ウォン (STL) - 5,600,556
  ブランドン・フィリップス (CIN) 3 4,802,773
3B   トッド・フレイジャー (CIN) 2 9,233,686
  マット・カーペンター (STL) 2 7,133,753
  クリス・ブライアント (CHC) - 3,984,830
SS   ジョニー・ペラルタ (STL) 3 8,478,474
  トロイ・トゥロウィツキー (COL) 4 5,349,394
  ブランドン・クロフォード (SF) - 5,001,067
OF   ブライス・ハーパー (WSH) 3 13,864,950
  ジャンカルロ・スタントン (MIA) †[7] 3 7,036,537
  マット・ホリデー (STL) †[7] 7 6,362,653
  青木宣親 (SF) - 6,126,897
  アンドリュー・マカッチェン (PIT) 4 6,012,205

監督推薦・選手間投票編集

アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出
SP クリス・アーチャー (TB)
ソニー・グレイ (OAK) †[8]
フェリックス・ヘルナンデス (SEA) 6
ダラス・カイケル (HOU)
デビッド・プライス (DET) 5
クリス・セール (CWS) 4
ヘクター・サンティアゴ (LAA) ‡[9]
RP デリン・ベタンセス (NYY) 2
ブラッド・ボックスバーガー (TB)
ザック・ブリットン (BAL)
ウェイド・デービス (KC)
ケルビン・ヘレーラ (KC)
ダレン・オデイ (BAL)
グレン・パーキンス (MIN) 3
C ラッセル・マーティン (TOR) 4
スティーブン・ボート (OAK)
1B アルバート・プホルス (LAA)[10] 10
マーク・テシェイラ (NYY) ‡[11] 3
2B ジェイソン・キプニス (CLE) 2
ブライアン・ドージャー (MIN) ‡[12]
3B マニー・マチャド (BAL) 2
マイク・ムスターカス (KC)
SS ホセ・イグレシアス (DET)
OF ブロック・ホルト (BOS)
アダム・ジョーンズ (BAL)[13] 5
ホセ・バティスタ (TOR) †[7] 6
ブレット・ガードナー (NYY) ‡[14]
J.D.マルティネス (DET)
DH プリンス・フィルダー (TEX) 6
ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出
SP マディソン・バンガーナー (SF) 3
A.J.バーネット (PIT)
ゲリット・コール (PIT)
ジェイコブ・デグロム (NYM)
ザック・グレインキー (LAD) 3
クレイトン・カーショウ (LAD) ‡[15] 5
カルロス・マルティネス (STL)
シェルビー・ミラー (ATL)
マックス・シャーザー (WSH) †[8] 3
マイケル・ワカ (STL)
RP アロルディス・チャップマン (CIN) 4
マーク・マランソン (PIT) 2
ジョナサン・パペルボン (PHI) 6
フランシスコ・ロドリゲス (MIL) 6
トレバー・ローゼンタール (STL)
C ヤズマニ・グランダル (LAD)
ヤディアー・モリーナ (STL)
1B エイドリアン・ゴンザレス (LAD) 5
アンソニー・リゾ (CHC) 2
2B ジョー・パニック (SF)
DJ・ルメイユ (COL)[16]
3B ノーラン・アレナド (COL)
クリス・ブライアント (CHC) ‡[17]
SS ブランドン・クロフォード (SF)
トロイ・トゥロウィツキー (COL) ‡[18] 5
OF ライアン・ブラウン (MIL) ‡[19] 6
アンドリュー・マカッチェン (SF)[20] 5
ジョク・ピーダーソン (LAD)[21]
A.J.ポロック (ARI)
ジャスティン・アップトン (SD) 3

最終投票編集

選出選手の発表後、選出に漏れた選手の中から各リーグ5名が選ばれ、最後の1枠をかけたファン投票(All-Star Final Vote)が同年7月6日から10日まで行われた。アメリカンリーグの候補にブレット・ガードナーが選ばれていたが、ファン投票で選出されたアレックス・ゴードンが故障で辞退したため、代役として出場が決まり、最終投票の候補から外された。

アメリカンリーグ
選手(チーム) 守備 過去
選出
マイク・ムスターカス (KC) 3B 0
ブライアン・ドージャー (MIN) 2B 0
ザンダー・ボガーツ (BOS) SS 0
ヨエニス・セスペデス (DET) OF 1
ブレット・ガードナー (NYY) OF 0
ナショナルリーグ
選手(チーム) 守備 過去
選出
カルロス・マルティネス (STL) P 0
ジョニー・クエト (CIN) P 1
ジェウリス・ファミリア (NYM) P 0
クレイトン・カーショウ (LAD) P 4
トロイ・トゥロウィツキー (COL) SS 4

ホームランダービー編集

オールスターゲーム前日の7月13日に第31回ホームランダービーが同球場で開催された。今年度は各リーグから4名が選出され、トーナメント方式で2名が決勝ラウンドに進む。トッド・フレイジャーCIN)、ジョク・ピーダーソンLAD)が決勝に進出。決勝ラウンドではフレイジャーがピーダーソンを1本上回る15本を放ち優勝した。

準々決勝 準決勝 決勝
                   
       
  アルバート・プホルス (LAA) 10
  クリス・ブライアント (CHC) 9  
  アルバート・プホルス (LAA) 11
    ジョク・ピーダーソン (LAD) 12  
  ジョク・ピーダーソン (LAD) 13
  マニー・マチャド (BAL) 12  
  ジョク・ピーダーソン (LAD) 14
    トッド・フレイジャー (CIN) 15
  ジョシュ・ドナルドソン (TOR) 9
  アンソニー・リゾ (CHC) 8  
  ジョシュ・ドナルドソン (TOR) 9
    トッド・フレイジャー (CIN) 10  
  トッド・フレイジャー (CIN) 14
  プリンス・フィルダー (DET) 13  

フューチャーズゲーム編集

試合2日前の7月12日には、同球場でマイナーリーグのオールスターゲーム“フューチャーズゲーム”が開催された。試合は米国選抜が13安打10得点の猛攻で、世界選抜に10対1で勝利した。MVPには3回裏に勝ち越しの2点三塁打を放ったカイル・シュワーバーCHC傘下AAA級)が選ばれた。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
世界選抜 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 10 0
米国選抜 0 0 3 2 0 5 0 0 X 10 13 0
  1. : アミール・ギャレット (CIN傘下A+級)  : ハーリン・ガルシア (MIA傘下A+級)  
  2. :  W – エリアス・ディアス (PIT傘下AAA級)  US – なし
  3. 審判:球審…ロン・ティーグ、塁審…ダン・マーゼル、J.J.ジャヌアリー、ジュニオール・バレンタイン
  4. 観客動員数:43,661人 試合時間:2時間50分
バッテリー
世界選抜:ベリオス (MIN) - ガルシア (MIA) - E.ディアス (SEA) - 黄暐傑 (ARI) - レイブート (TOR) - メラ (SF) - モンタス (CWS) - ヒメネス (DET) - ゴンザレス (LAD) -ペルドモ (STL)
米国選抜:ジオリト (WSH) - ギャレット (CIN) - ビーディ(SF) - アペル (HOU) - スネル (SD) - ニューカム (LAA) - エドワーズJr (CHC) - レア (SD)

選出選手編集

世界選抜
守備 選手(チーム)
P   ホセ・ベリオス (MIN・AAA級)
  エドウィン・ディアス (SEA・A級)
  ハーリン・ガルシア (MIA・A+級)
  フアン・ゴンザレス (LAD・AAA級)
  黄暐傑 (ARI・A級)
  ジョー・ヒメネス (DET・A級)
  ハイロ・レイバート (TOR・A+級)
  ケウリー・メジャ (SF・A+級)
  フランキー・モンタス (CWS・AA級)
  ルイス・ペルドモ (STL・A級)‡[22]
C   エリアス・ディアス (PIT・AAA級)
  ゲイリー・サンチェス (NYY・AA級)
IF   オジー・アルビーズ (ATL・A級)
  オーランド・アルシア (MIL・AA級)
  ラファエル・デバース (BOS・A級)
  バルビーノ・フエンマヨール (KC・A級)‡[23]
  チェスラー・カスバート (KC・A級)
  ケーテル・マルテ (SEA・AA級)
  ラウル・アダルベルト・モンデシー (KC・AA級  )
  レナート・ヌニェス (OAK・AA級)
OF   ソクラテス・ブリトー (ARI・AA級)
  マニュエル・マーゴット (BOS・AA級)
  ノマー・マザラ (TEX・AA級)
  ヨーマン・ロドリゲス (CIN・AAA級)
  ライメル・タピア (COL・A+級)
出場辞退   アレックス・レイエス (STL・A+級  )[7]
  マックス・ケプラー (MIN・AA級)[7]
米国選抜
守備 選手(チーム)
P   マーク・アペル (HOU・AAA級)
  タイラー・ビーディ (SF・AA級)
  ザック・デイビーズ (BAL・AAA級)
  カール・エドワーズ・ジュニア (CHC・AAA級)
  アミール・ギャレット (CIN・A+級)
  ルーカス・ジオリト (WSH・A+級)
  ショーン・ニューカム (LAA・A+級)
  アーロン・ノラ (PHI・AAA級)
  コリン・レア (SD・AAA級)
  ブレイク・スネル (TB・AAA級)
C   カイル・ファーマー (LAD・AA級)
  カイル・シュワーバー (CHC・AAA級)
IF   ジョシュ・ベル (PIT・AA級)
  J.P.クロフォード (PHI・AA級)
  トニー・ケンプ (HOU・AAA級)
  マット・オルソン (OAK・AA級)
  リッチー・シェーファー (TB・AAA級)
  トレバー・ストーリー (COL・AAA級)
  トレイ・ターナー (WSH・AAA級)
OF   マイケル・コンフォルト (NYM・AA級)
  アーロン・ジャッジ (NYY・AAA級)
  ブランドン・ニモ (NYM・AA級)
  カイル・ウォルドロップ (CIN・AAA級)
  ニック・ウィリアムズ (TEX・AA級)
  ブラッドリー・ジマー (CLE・A+級)

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ Mark Sheldon (2013年1月23日). “Wish granted: Reds to host 2015 All-Star Game”. MLB.com. 2015年11月16日閲覧。
  2. ^ Mark Sheldon (2015年5月12日). “Frazier named All-Star Game ambassador”. MLB.com. 2015年11月16日閲覧。
  3. ^ Dodger great Sandy Koufax throws out first pitch at 2015 All-Star Game”. Fox Sports (2015年1月15日). 2015年11月16日閲覧。
  4. ^ C. Trent Rosecrans (2014年7月15日). “Selig: Reds can have Pete Rose in All-Star festivities”. Cincinnati.com. 2015年11月16日閲覧。
  5. ^ Josh Donaldson named starting AL 3rd baseman for MLB all-star game”. CBC Sports (2015年7月5日). 2015年11月14日閲覧。
  6. ^ Bill Ladson (2015年7月6日). “Harper earns All-Star start with most NL votes”. MLB.com. 2015年11月14日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h 故障のため出場辞退
  8. ^ a b 7月12日に登板したため辞退
  9. ^ ソニー・グレイが7月12日に登板したため選出
  10. ^ ミゲル・カブレラが故障で辞退したため、先発出場選手に登録
  11. ^ ミゲル・カブレラの故障に伴い選出
  12. ^ ホセ・バティスタの故障に伴い選出
  13. ^ アレックス・ゴードンが故障で辞退したため、先発出場選手に登録
  14. ^ アレックス・ゴードンの故障に伴い選出
  15. ^ マックス・シャーザーが7月12日に登板したため選出
  16. ^ ディー・ゴードンが故障で辞退したため、先発出場選手に登録
  17. ^ ジャンカルロ・スタントンの故障に伴い選出
  18. ^ ディー・ゴードンの故障に伴い選出
  19. ^ マット・ホリデーの故障に伴い選出
  20. ^ ジャンカルロ・スタントンが故障で辞退したため、先発出場選手に登録
  21. ^ マット・ホリデーが故障で辞退したため、先発出場選手に登録
  22. ^ アレックス・レイエスの故障に伴い、選出
  23. ^ マックス・ケプラーの故障に伴い選出

外部リンク編集