トート・クリスティアーン

ドイツ出身の、ハンガリーの柔道選手 (1994-)
この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、インド・ヨーロッパ語族風にクリスティアーン・トートと表記することもあります。(Template:ハンガリー人の姓名

トート・クリスティアーン(Tóth Krisztián 1994年5月1日 - )はハンガリー柔道選手。ドイツヘッセン州出身。階級は90kg級。身長174cm[1][2]

獲得メダル
 ハンガリー
柔道
オリンピック
2021 東京 90kg級
世界柔道選手権
2014 チェリャビンスク 90kg級
2021 ブダペスト 90kg級
世界ジュニア
2014 フォートローダーデール 90kg級
2010 アガディール 81kg級
ユースオリンピック
2010 シンガポール 81kg級
世界カデ
2009 ブダペスト 73kg級

人物編集

2009年に地元のハンガリーで開催された世界カデ73kg級で2位になった[2]。2010年のユースオリンピック81kg級で3位になると、世界ジュニアでも3位となった[2]。2011年の世界ジュニアでは5位だったが、U23ヨーロッパ選手権では優勝した[2]。その後階級を90kg級にあげると、2012年のU23ヨーロッパ選手権では2位になった[2]。2013年の世界選手権では5位になりながら、世界ジュニアでは7位に終わった[2]。2014年のヨーロッパ選手権では3位になると、世界選手権では決勝まで進むも、ギリシャのイリアス・イリアディスに敗れて2位だった[3][4]世界ジュニアでは優勝を飾った[5]。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは3回戦で敗れた[1][2]。2017年に地元のブダペストで開催された世界選手権では5位に終わった[2]。2021年に同じく地元のブダペストで開催された世界選手権では準決勝でウズベキスタンのダブラト・ボボノフに敗れるも、その後の敗者復活戦を勝ち上がって3位になった[6]。7月に日本武道館で開催された東京オリンピックでは3回戦で向翔一郎を大内刈で破るも、準々決勝でドイツのエドゥアルト・トリッペルに敗れるが、その後の敗者復活戦を勝ち上がって3位になった[7]

IJF世界ランキングは2158ポイント獲得で11位(21/5/24現在)[8]

主な戦績編集

81kg級での戦績

90kg級での戦績

(出典[2]JudoInside.com)。 

脚注編集

外部リンク編集