メインメニューを開く

ドラゴンボールZ 真武闘伝』(ドラゴンボールゼット しんぶとうでん)は1995年11月17日バンダイから発売されたセガサターン対戦型格闘ゲームである。

ドラゴンボールZ 真武闘伝
ジャンル 対戦格闘ゲーム
対応機種 セガサターン
開発元 トーセ
発売元 バンダイ
人数 1-2人
メディア CD-ROM1枚
発売日 1995年11月17日
売上本数 約11万本[1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

登場キャラクターとそのグラフィック以外はプレイステーション用ソフト『ドラゴンボールZ Ultimate Battle 22』とは別物。スーパーファミコンの超武闘伝シリーズの距離が離れると画面が縦分割されるデュアルスクリーンシステムが復活し、背景もポリゴンではなく2Dステージに戻っている。その他にも『ドラゴンボールZ Ultimate Battle 22』ではコマンドを入力しないと出現しない隠しキャラクターが初めから存在しており、今作オリジナルのMr.サタンモードがある。オープニングムービーは『ドラゴンボールZ Ultimate Battle 22』のものを再編集したものになっている。

それ以外にも、ディスクをCDプレイヤーに入れることでゲーム中の音楽を聴ける要素がある。

開発当初は『DRAGON BALL Z 超武闘伝 SEGASATURN』と紹介されていた[2]

ゲーム内容編集

1P VS CPU
キャラクターに関係した9人のキャラクターと闘う。キャラクターごとにエンディングがある。
1P VS 2P
対戦モード。
天下一武道会
トーナメントモード。
Mr.サタンモード
サタンのライバルジャガーバッダの挑戦を受け、対戦キャラクターに掛け金などをかけるモード。エンディングは3種類ある。
OPTION
難易度、対戦回数、時間などの設定が出来る。

登場キャラクター(操作可能)編集

以下のキャラクターは「1P VS CPU」では登場しない。

その他登場キャラクター(操作不可)編集

評価編集

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通22/40[3]

ファミコン通信クロスレビューでは6、5、6、5の22点[3]。レビュアーは超武闘伝の流れを汲んでいて一風変わったMr.サタンモードや流行の団体戦など本作オリジナル要素が豊富、キャラが27人もいるのは魅力、だが今まで通りの路線という感が否めず離れて戦ったり空中戦は慣れていれば驚かない、コマンドのタイムラグが気になる、基本技と必殺技のギャップが大きい、広いフィールドならもっと自由に空を飛びまわりたい、過去作と同様に相手の位置が分かりにくくフィールドが広いせいで攻撃的な戦いになり難い、グラフィックはアニメタッチで原作への思い入れの強さで乗り越えられるとも言えるとした[3]

出典編集

  1. ^ Vジャンプ編集部編「DRAGON BALL スーパーデータ DRAGON BALL VIDEO GAME DATA」『30th ANNIVERSARY ドラゴンボール 超史集 -SUPER HISTORY BOOK-』集英社〈愛蔵版コミックス〉、平成28年(2016年)1月26日、ISBN 978-4-08-792505-0、216頁。
  2. ^ 鳥嶋和彦編「ドラゴンボールZ」『Vジャンプ 1995年9月号』集英社、平成7年(1995年)9月1日、雑誌11323-9、36頁。
  3. ^ a b c ファミコン通No.364 1995年12月8日号 29ページ