ナリタホマレとは日本競走馬である。1998年のダービーグランプリに優勝した。

ナリタホマレ
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1995年4月13日
オースミシャダイ
ヒカリホマレ
母の父 テスコボーイ
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 ヒカル牧場
馬主 山路秀則
→高橋裕子
調教師 谷潔栗東
若松平北海道
幣旗吉昭荒尾
競走成績
生涯成績 69戦6勝
獲得賞金 2億1879万2000円
テンプレートを表示

半姉に東海競馬の最強牝馬と謳われたマックスフリートがいる。

戦績編集

1997年11月1日京都の新馬戦でデビューし9着。その後も勝ちきれないレースが続いたが1998年4月中京の未勝利戦で初勝利を挙げる。同年6月に3勝目を挙げ、7月のやまゆりステークスで11着と大敗したのを最後に以降はダートのレースに専念する。10月4日中山の茨城新聞杯で4勝目を挙げると、交流重賞の東海菊花賞に挑み2着と好走する。積雪の影響で12月に延期されたダービーグランプリに3番人気で出走。レースでは2着のウイングアローに3/4馬身差をつけて快勝し[要出典]、ダートグレード競走初制覇を飾った。

1999年初戦の川崎記念は4着、続く竹秋ステークスは7着と凡走するも、4月29日のオグリキャップ記念を制し重賞2勝目となった。しかしその後は勝ちきれないレースが続き、2002年12月の春待月ステークスのあとホッカイドウ競馬に移籍するも未勝利に終わり、2005年には荒尾競馬に移籍。荒尾移籍初戦のレースでは6年ぶりの勝利を挙げるも、その後は勝ち星を挙げることなく2006年3月14日の大阿蘇大賞典10着を最後に現役を引退した。

外部リンク編集