メインメニューを開く

ハッピー・クリスマス (戦争は終った)

ハッピー・クリスマス(戦争は終った)英語: Happy Xmas (War Is Over))は、1971年に発表された、ジョン・レノン&オノ・ヨーコの楽曲。

ハッピー・クリスマス
(戦争は終った)
Happy Xmas (War Is Over)
ジョン・レノンシングル
B面 リッスン・ザ・スノウ・イズ・フォーリング
リリース
規格 7" シングル
録音 ニューヨーク、レコード・プラント・スタジオ(1971年10月28日、31日)
ジャンル ロック/ポップ・ミュージック
時間
レーベル EMI
パーロフォン
アップル・レコード
作詞・作曲 ジョン・レノン&オノ・ヨーコ
プロデュース フィル・スペクター
ジョン・レノン
オノ・ヨーコ
チャート最高順位
ジョン・レノン シングル 年表
イマジン
(1971年)
ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)
(1971年)
女は世界の奴隷か!
(1972年)
ミュージックビデオ
Happy Xmas (War Is Over) - YouTube
テンプレートを表示

目次

解説編集

レコーディングは1971年10月28日と31日にニューヨークのレコード・プラント・スタジオで行われた。ハーレム・コミュニティ・クワイアがバッキング・ボーカルで参加している。アルバム『イマジン』に続いてフィル・スペクターが共同プロデューサーを務めた。反戦歌として制作された。

1971年12月1日にアメリカ等でシングルとして発売[1]。B面曲は、ヨーコが歌う「リッスン・ザ・スノウ・イズ・フォーリング」(1971年当時の邦題は「ほら、聞いてごらん、雪が降っているよ」)。当初は大きなヒットにはならなったが、翌年イギリス発売され、全英4位まで駆け上がった。レノンの死後には全英2位を記録した。これはリリースがクリスマスの1ヶ月も前で「時期はずれ、早すぎる」と思われたからだという。これについて、「いつもの事ながら、ミスったね」と笑うレノンのコメントが残されている。

アメリカでは当時、キャッシュボックスで最高36位、レコード・ワールドで最高28位を記録。ビルボード(Billboard)誌では、クリスマスソングは一般チャートにランクインさせない規定があったため、1971年当時はHOT 100にはランクインしなかったが、ビルボードのクリスマス・チャートで最高3位(1971年12月25日付)を記録した。1995年12月30日付のビルボードのアダルト・コンテンポラリー・チャートで、何故か1週だけランクインし、32位を記録している。2018年12月29日付のBillboard Hot 100で45位に初登場し、発売から47年にしてBillboard Hot 100への初ランクインとなった。翌2019年1月5日付では42位に上昇した。

ちなみに、1971年にリリースされたのはアメリカと日本でのみで、イギリスでは1年後となった。理由は、当時レノンのソロ曲(ジョン・レノン名義)の版権も管理していたノーザン・ソングスが、「ジョン&ヨーコ・オノ・レノン名義」で発表したことに難癖をつけていたためである(現在は、ソロ曲のみレノン・ミュージックとオノ・ミュージック、レオーノ・ミュージックの3社に分けて管理されている)。

オリジナルシングル盤によると、正式なアーティスト名は「John&Yoko Plastic Ono Band with the Harlem Community Choir」である。バックの子供のコーラス隊の名前は「the Harlem Community Choir」。

また、中央競馬で毎年12月のクリスマス時期(主に有馬記念の開催日)の最終レースとして行われる『ノエル賞』(ノエルとはフランス語でクリスマスの意味)の本馬場入場の際にこの曲がBGMとして使われることがある。

カヴァー編集

脚注編集

関連項目編集