メインメニューを開く

土橋 勝征(どばし かつゆき、1968年12月5日 - )は、千葉県船橋市出身の元プロ野球選手プロ野球コーチ。妻は女優の白島靖代叔父は元プロ野球選手監督、野球解説者の土橋正幸である。

土橋 勝征
東京ヤクルトスワローズ 内野守備走塁コーチ #95
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県船橋市
生年月日 (1968-12-05) 1968年12月5日(50歳)
身長
体重
179 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手外野手遊撃手
プロ入り 1986年 ドラフト2位
初出場 1987年10月21日
最終出場 2006年10月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 東京ヤクルトスワローズ (2007 - 2015、2018 - )

目次

経歴編集

印旛高校の時代は長打力に長け、高校3年夏の千葉大会は決勝戦で、飯田哲也を擁する拓大紅陵高校に敗れたが、この時に記録した1大会5本塁打は、現在も千葉大会の最多本塁打記録である。1986年のドラフト会議でヤクルトに2位指名され入団。背番号は38

入団後は打撃面で伸び悩み、試合終盤の守備固めの控え選手的な存在だった。また、内野守備でもイップスにかかり、野村克也監督の指示で外野手コンバートされる。1993年8月22日の阪神タイガース戦は田村勤1994年6月10日広島東洋カープ戦は大野豊からサヨナラ本塁打を放っている[1]1994年、前年オフに退団したレックス・ハドラー二塁手の後釜として桜井伸一笘篠賢治柳田聖人らが起用されたが定着できず、6月には土橋が外野手から二塁手として復帰する。バットを短く持ち、右方向に流し打つ打撃に転向、一時3割を越える好打率を記録。イップスも解消され、入団8年目にしてレギュラーの座を勝ち取った。

背番号を5に変更した1995年は、シーズン途中から3番に座り、129試合に出場して日本一に貢献した。この年は打率2割8分ながら、数字以上の貢献が光り、MVP投票でも3位票を多く集めた。その後も、二塁手以外にも内外野のポジションをこなせるユーティリティプレーヤーとして活躍。チーム状況によって様々なポジションに就き、試合途中での守備位置変更も頻繁にされていた。

野村監督は非常に重宝しており、西武から戦力外通告を受けた辻発彦(同ポジションで、似たようなプレースタイルであった)をヤクルトに移籍させて土橋に勉強させ、主力打者の欠場時には4番を打たせたこともあった。1995年にリーグ優勝した際には、「土橋は裏MVPだ」と最大級の賛辞を送っている(実際にMVPを受賞したのはトーマス・オマリー)。野村が広沢克己池山隆寛飯田哲也といった当時のレギュラークラスの選手を何度となく叱責したのに対し、こと土橋に関してはほとんど叱ったことがないと言われるほど強い信頼をおいており、「ID野球の優等生」とも呼ばれた。

2000年2001年は規定打席に到達したが規定打席達成者の中で一番打率が低かった(規定打席最下位)。入団以来、古田敦也と同様に眼鏡がトレードマークだったが、2000年オフにレーシック(視力矯正手術)をし、同僚の稲葉篤紀にも紹介、眼鏡を外した。

2003年2004年には規定打席数未満ながら打率3割を記録、健在ぶりを示す。「ハマの大魔神」こと佐々木主浩に引導を渡したことでも印象深い選手である。2004年8月8日の横浜戦で、岩村明憲古田敦也と共に9回表に三者連続本塁打を放ち、佐々木は翌日登録抹消となった。2005年4月21日の横浜戦で、9回裏に佐々木からサヨナラ適時打を放った。救援失敗が続いた佐々木はこの試合を最後に二軍落ちし、8月9日の巨人戦で事実上の引退登板をした後、マウンドから姿を消した。

しかし、城石憲之のレギュラー定着や若手起用の方針もあって、2006年序盤で登録抹消されると二軍生活が続き、ついに現役引退。10月15日の対巨人22回戦において、2番・二塁手として先発出場し、現役最終打席となった第3打席で中前安打を放ち、同じく現役引退を表明した山部太と共に、ヤクルト一筋20年の現役生活に幕を下ろした。

引退後、2007年よりヤクルト二軍打撃コーチに就任していたが、2008年4月20日より首痛の一軍打撃コーチの大田卓司に代わり期間未定で一軍に合流していた。2009年は一軍内野守備走塁コーチ、2010年から2013年は二軍内野守備走塁コーチ、2014年から2015年は二軍外野守備走塁コーチを務めた。因みに、高校野球千葉県予選決勝を戦い、ヤクルトに同期入団した飯田哲也(当時楽天)とは同じ年に引退し、共にヤクルト二軍コーチへ就くこととなった。2009年は飯田と共に一軍守備走塁コーチを務め、共にコーチスボックスに入った(土橋が三塁、飯田が一塁)。2016年からフロント入り。2017年10月6日に一軍内野守備走塁コーチ就任が発表された[2]

選手としての特徴・人物編集

打撃面では、追い込まれたカウントでもファウルで懸命に粘ったり、難しいボールを巧みに右打ちするなど、玄人好みの打撃が光り、良い意味でいやらしい選手との評価が高い(野村によると、ボールがバットに当たる寸前でも打球方向を変える事ができたという[1])。バットを極端に短く持つのが特徴である。手が下がらないように、余った柄の途中にテープをグルグル巻いてストッパーにしている。後年は鍔のようなストッパーをバットに付けていた(現在は禁止行為)。

読売ジャイアンツ時代の上原浩治が、「苦手な打者は誰ですか?」と尋ねられて「ヤクルトの土橋さんですよ。土橋さんには何か投げにくいような感じなんだよね」と語り、山本昌がその優れたバットコントロールでなかなか打ち取れない土橋を「顔を見るのも嫌だった時期がある」と絶賛したように、他球団のエース格の投手達にも一目置かれた存在であった。

職人肌の選手で、練習熱心で休日返上で打ち込みをしていた。その風貌、発言、行動から野村に「哲学者」と命名された。また、非常に照れ屋でヒットを打っても表情を崩さなかった。口下手であり、ヒーローインタビューは拒むことが多く、珍しくお立ち台に立っても、一言二言淡々と受け答えするだけだった。

ヤクルトファンを公言している村上春樹は、なかでも土橋を贔屓にしていた。「どば」で「夢のサーフシティー土橋選手」と変換されるよう単語登録することを(もちろん冗談として)勧めている。村上は自身のホームページのCD-ROM版のタイトルを「夢のサーフシティー」とした(1998年7月発売)。また、生協の白石さんこと白石昌則も土橋のファンであり、東京農工大学生協の店頭にある「プロ野球チップス」見本のカードを土橋のカードとしたり、「ひとことカード」上での「見本カードを変えてほしい」というリクエストに対し、「『土橋から変えて』とありましたが、継続します。理由は、好きだからです。」と公言していた。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1987 ヤクルト 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1989 9 14 12 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 2 0 0 5 0 .083 .214 .083 .297
1990 13 15 12 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 3 0 0 3 0 .083 .267 .083 .350
1991 39 77 64 8 15 2 0 3 26 9 0 0 1 0 10 0 2 22 0 .234 .355 .406 .761
1992 59 120 108 14 31 10 0 6 59 16 2 0 3 1 8 2 0 25 2 .287 .333 .546 .879
1993 98 153 137 17 36 11 0 3 56 16 3 0 1 1 14 2 0 23 4 .263 .329 .409 .738
1994 106 354 307 32 78 13 0 12 127 28 4 2 8 2 30 3 7 34 5 .254 .332 .414 .746
1995 129 520 459 66 129 32 1 9 190 54 7 6 10 1 44 6 6 51 12 .281 .351 .414 .745
1996 109 415 370 47 103 18 3 6 145 35 7 1 7 2 30 1 6 50 7 .278 .341 .392 .733
1997 101 405 355 45 107 22 0 8 153 61 4 3 18 5 25 0 2 39 8 .301 .346 .431 .777
1998 117 456 397 48 103 14 0 9 144 52 2 0 6 7 41 1 5 42 16 .259 .331 .363 .694
1999 39 168 144 20 36 8 0 1 47 9 0 1 12 1 10 0 1 20 5 .250 .301 .326 .627
2000 115 421 365 34 82 17 0 1 102 27 2 2 29 0 25 0 2 58 6 .225 .278 .279 .558
2001 137 502 442 21 110 16 0 2 132 31 1 1 13 3 39 12 5 35 15 .249 .315 .299 .614
2002 62 180 168 7 37 4 0 1 44 10 0 0 6 0 5 2 1 29 5 .220 .247 .262 .509
2003 89 299 268 22 81 16 0 6 115 27 0 0 5 2 18 6 6 27 10 .302 .357 .429 .786
2004 111 357 327 39 103 10 0 9 140 34 3 0 2 4 20 0 4 37 7 .315 .358 .428 .786
2005 101 276 247 19 64 11 0 3 84 14 0 0 5 1 20 2 3 29 9 .259 .321 .340 .661
2006 29 31 25 1 4 1 0 0 5 3 0 0 3 0 2 0 1 4 2 .160 .250 .200 .450
NPB:19年 1464 4764 4208 441 1121 205 4 79 1571 427 35 16 129 30 346 37 51 534 113 .266 .328 .373 .701
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰編集

記録編集

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:2001年6月30日、対阪神タイガース15回戦(阪神甲子園球場)、8番・二塁手として先発出場 ※史上370人目
  • 1000本安打:2004年8月11日、対広島東洋カープ18回戦(明治神宮野球場)、5回裏に広池浩司から左前安打 ※史上224人目
その他の記録

背番号編集

  • 38 (1987年 - 1994年)
  • 5 (1995年 - 2006年)
  • 75 (2007年 - 2015年)
  • 95 (2018年 - )

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集