パレスホテル東京

パレスホテル東京(2012年)
パレスホテル東京
パレスホテル東京
パレスホテル東京

パレスホテル東京Palace Hotel Tokyo)は、東京都千代田区丸の内にあるホテルパレスホテルチェーンの旗艦ホテルである。2012年5月まではパレスホテルという名称であった。

目次

特徴編集

1961年10月1日丸の内皇居前にパレスホテルとして開業。前身は1947年帝室林野局庁舎を改装し開業した貿易庁管轄の官営ホテル「ホテル・テート」[1]。2009年に改装のため一時休業するまでの旧館は、地上10階建て、スイートルーム9室を含む全389室。 全客室の約60%(3階 - 6階の計231室)が禁煙室に設定されており、また二重窓構造により静かで快適な客室となっていた。10つのレストラン&バー、大小18の宴会場、ミーティングルーム、ビジネスセンターなどを完備していた。また、隣接するパレスホテル運営のパレスビル(オフィスビル)は宿泊者専用のフィットネスセンターやギャラリーパレス(貸しギャラリー)などを完備していた。

施設の老朽化に伴い2009年1月31日で一時休館となった[2]。解体後、地上23階・地下1階建ての最高級ホテルとして建て替えし、2012年5月17日にパレスホテル東京としてグランドオープンした[3][4][5]客室の広さを45平方メートル以上にしたり、サービスを高品質なものにするなど高級化した代わりに、客室数は旧パレスホテルの389室から290室に減少した[要出典]レストランが一部変更されたほか、新しく「エビアン スパ」が入居した[要出典]パレスビルも建て替えられ、地下1階(商業フロア)と2階(宴会場フロア)が一体化している[要出典]

2015年、建て替え以降の高級化路線により国内外の富裕層の取り込みに成功し、「帝国ホテル東京」、「ホテルオークラ東京」、「ホテルニューオータニ」の東京ホテル御三家を2倍上回る、国内ホテルとしては最高額となる平均客室単価を維持していることが報道された[6]

設備編集

(2012年6月7日時点の公式ウェブサイトより)

  • 客室290室
  • クラブラウンジ
  • ビジネスセンター
  • 会議室(ボードルーム,ミーティングルーム)
  • 宴会場8室
  • 結婚式場
  • エビアン スパ 東京

レストラン&バー・ラウンジ

  • フランス料理「クラウン」
  • オールデイダイニング「グランド キッチン」
  • 日本料理「和田倉」
  • 天麩羅「巽 tatsumi」
  • 鉄板焼「濠 go」
  • 鮨「鮨 かねさか」
  • 中国料理「中国飯店 琥珀宮」
  • メインバー 「ロイヤルバー」
  • ロビーラウンジ「ザ パレス ラウンジ」
  • ラウンジバー「ラウンジバー プリヴェ」
  • ペストリーショップ「スイーツ アンド デリ」

設備(パレスホテル当時)編集

 
旧パレスホテル
  • 客室389室
  • 宴会場18室
  • 婚礼施設
  • ミーティングルーム
  • ビジネスセンター
  • フィットネスセンター(パレスビル内)
  • ギャラリーパレス(パレスビル内)

レストラン&バー・ラウンジ

ほか

アクセス編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集