メインメニューを開く
フォレスト号(近鉄バス)
フォレスト号(近鉄バス)
フォレスト号(宮城交通)
フォレスト号(宮城交通)

フォレスト号(フォレストごう)は、大阪府大阪市京都府京都市を経由)と宮城県仙台市を結ぶ夜行高速バスである。

目次

運行会社編集

運行経路編集

京都・大阪行
仙台駅前宮交仙台高速バスセンター - (広瀬通り) - (国道48号仙台西道路) - (仙台宮城IC) - (東北自動車道) - (久喜白岡JCT) - (圏央道) - (海老名JCT) - (東名高速道路) - (御殿場JCT) - (新東名高速道路) - (豊田東JCT) - (伊勢湾岸自動車道) - (四日市JCT) - (東名阪自動車道) - (亀山JCT) - (新名神高速道路) - (草津JCT) - (名神高速道路) - (京都東IC) - (国道1号東海道) - (国道1号五条通) - (堀川通) -(八条通) - 京都駅八条口 - (京都府道115号) - (九条通) -(国道1号) -(国道1号京阪国道) - (京都南IC) - (名神高速道路) - (豊中IC) - (阪神高速11号池田線) - (中之島JCT)-(阪神高速道路1号環状線)-(天神橋JCT)-(阪神高速道路12号守口線)-(扇町出入口) - 大阪駅前(地下鉄東梅田駅) -(国道176号御堂筋) -(梅田新道) - (国道25号) - (難波) - (大阪府道702号千日前通) - (湊町西) - (湊町南出路西) - なんば(OCATビル) - (阪神高速1号環状線) - (西船場JCT) - (阪神高速16号大阪港線) - (天保山JCT) - (阪神高速5号湾岸線) - (北港JCT) -(阪神高速2号淀川左岸線) -(ユニバーサルシティ出口) - USJ
仙台行
USJ -(島屋出入口) -(湊町出入口)-OCAT - (四ツ橋筋) - (国道176号御堂筋) - 東梅田駅 - (梅田新道交差点) - (国道2号) - (浄正橋) - (大阪府道41号なにわ筋) - (福島出入口) - (阪神高速11号池田線) - (豊中IC) - (名神高速道路) - (京都南IC) - (国道1号京阪国道) - (京阪国道口) - (九条通) - (九条油小路) - (国道1号油小路通) - (八条油小路) - 京都駅八条口 - (八条通) - (河原町八条) - (国道24号河原町通) - (河原町七条) - (京都府道32号下鴨京都停車場線河原町通) - (河原町五条) - (国道1号五条通) - (東山五条) - (国道1号東海道) - (京都東IC) - (京都・大阪行きと逆経路) -(仙台宮城IC) - (国道48号仙台西道路) - (広瀬通り) - (国道4号東二番丁通り) - (青葉通り) - (駅前通り) - 仙台駅前宮交仙台高速バスセンター
  • 京都・大阪行は東北自動車道上り線・那須高原SAで、仙台行は東名阪自動車道上り線・御在所SAで開放休憩を行う。この他に圏央道狭山PA・新東名高速道路藤枝PA・京都駅で停車し乗務員交代を行う。
  • 大阪府〜京都府相互の利用はできない。

歴史編集

  • 1990年平成2年)3月29日 - 運行開始。
  • 1996年(平成8年)
  • 2001年(平成13年)3月30日 - ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへの乗り入れ開始(仙台発の便のみ)。
  • 2002年(平成14年)8月1日 - 名神高速上のバス停留所からの乗り入れ開始。
  • 2003年(平成15年)9月1日 - 大阪駅前(地下鉄東梅田駅)への乗り入れ開始。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンと上本町バスセンターへの乗り入れ廃止。
  • 2004年(平成16年)3月18日 - 2階建て3列シート車を導入。
  • 2005年(平成17年)4月28日 - 磐越自動車道(福島県内)で横転事故(乗客3名死亡、1名重体=2009年4月11日死亡)。運転士は現行犯逮捕。2005年10月12日、元運転士(7月に懲戒解雇)に福島地方裁判所会津若松支部で禁固4年4月の実刑判決(なお、2006年4月5日には死亡した当時18歳だった男性の両親が近鉄バスと元運転手に対する損害賠償請求する訴えを仙台地方裁判所に起こした)。近鉄バス八尾営業所に行政処分。2005年6月22日 - 7月12日の間、宮城交通の単独運行となった(高速バス参照)。
  • 2011年(平成23年)
    • 2月1日 - この日より同年3月14日出発便までの期間限定で、学割運賃を設定(8,500円)。
    • 3月11日 - この日発生した東北地方太平洋沖地震により、東北自動車道などが震災の被害で通行止めになったため、この日より同年3月28日出発便まで運行を休止。
    • 3月29日 - この日の出発便より運行を再開。当面は近鉄バスの単独運行[1]
    • 4月8日 - この日の仙台出発便(大阪発は翌4月9日)より宮城交通が運行を再開。
  • 2013年(平成25年)1月16日 - この日の大阪出発便より宮城交通便が運休。当面近鉄バスの単独運行。
  • 2014年(平成26年)
    • 1月16日 - この日の仙台出発便より宮城交通便が運行を再開。
    • 4月1日 - 運賃改定[2]
    • 9月23日 - この日より再び宮城交通便が運休、近鉄バス単独運行。
  • 2015年(平成27年)
    • 4月8日 - この日より同年12月19日出発便までの期間限定(一部の日を除く)で、運行開始25周年キャンペーン割引運賃を設定(金・土・休日・祝前日9800円、それ以外8800円)。
    • 8月18日 - 前日発の仙台行きが午前5時10分頃、磐越自動車道・津川IC - 西会津IC間で後方のエンジン付近から出火。乗客と運転士計35人は避難したが、乗客1人が病院へ搬送された。
  • 2017年(平成29年)9月26日 - この日よりユニバーサルスタジオジャパン始発・終着となる。名神高速道路上の大山崎・高槻・茨木インターの各停留所を廃止。また、カレンダー制運賃を導入(往復割引を廃止)[3][4]
  • 2018年(平成30年)5月21日 - この日の仙台出発便から宮城交通が運行を再開。
  • 2019年(平成31年・令和元年)
    • 1月までに経路を圏央道経由に変更。それまでは北陸自動車道・磐越自動車道経由(冬季は新東名・首都高速・東北道経由)であった。
    • 6月21日 - 運賃改定[5]

車両編集

3列独立シートハイデッカー車となる。かつては2階建てバス(三菱ふそう・エアロキング)36人乗り3列独立シート車を使用していた。 車内にはトイレ完備(中央右側)。(紙パック)、ひざ掛け毛布スリッパは、各座席に1セットずつ用意されている。各座席にコンセントあり。また運行会社ごとにWi-Fiを利用可能。

コーヒーソフトドリンクのセルフサービスは2009年9月中旬に終了している。

利用状況編集

年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員
2002年(平成14年)度 365 1,150 26,738 73.3 23.3
2003年(平成15年)度 365 1,081 25,822 70.7 23.9
2004年(平成16年)度 365 1,042 27,523 75.4 26.4
2005年(平成17年)度 365 1,036 25,995 71.2 25.1
2006年(平成18年)度 365 1,016 25,429 68.7 25.0
2007年(平成19年)度 366 1,046 25,127 69.7 24.0

脚注編集

外部リンク編集