メインメニューを開く

ブレイキング・バッド』(Breaking Bad)は、ヴィンス・ギリガンによって制作されたアメリカのテレビドラマシリーズである。このテレビドラマはソニー・ピクチャーズ・テレビジョンによって製作され、ケーブルチャンネルAMCによって米国とカナダで2008年1月20日から2013年9月29日まで放送された。

ブレイキング・バッド
Breaking Bad
Breaking Bad logo.svg
ジャンル サスペンスブラックコメディ
企画 ヴィンス・ギリガン
出演者 ブライアン・クランストン
製作総指揮 ヴィンス・ギリガン
放送
放送局 AMC
放送国・地域 アメリカ
放送期間 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国2008年1月20日 - 2013年9月29日
放送時間 47分
公式ウェブサイト
テンプレートを表示

撮影は主にニューメキシコ州アルバカーキで行われた。

さまざまな批評家の称賛を受けており、多くの賞を受賞している。プライムタイム・エミー賞では、主演のクランストンはベスト男優賞を4度連続獲得、ポールは助演男優賞を3度獲得し、そして 作品賞 (ドラマ部門)に5度ノミネートされ、2013年と2014年に受賞した。さらにクランストンはゴールデングローブ賞のベスト男優賞に4度、全米映画俳優組合賞のベスト男優賞に5度ノミネートされた。そのうち、第19回全米映画俳優組合賞第20回全米映画俳優組合賞及び第71回ゴールデングローブ賞を受賞した。

日本ではフジテレビNEXTおよびスーパー!ドラマTVで放映され、DVDがソニー・ピクチャーズ エンタテインメントからリリースされた。現在、定額配信サービス、ネットフリックスでシーズン1~シーズン5(ファイナル)まで配信されている(2016年5月)。

あらすじ編集

これは「チップス先生スカーフェイスに変わる」ストーリーである。

舞台は2008年のニューメキシコ州アルバカーキ。偉大な成功を遂げるはずだった天才化学者ウォルター・ホワイトは、人生に敗れ、50歳になる現在、心ならずも高校教師の職に就いている。妊娠中の妻、脳性麻痺の息子、多額の住宅ローンを抱え、洗車場のアルバイトを掛け持ちしていても、なお家計にはゆとりがない。ある日、ステージIIIAの肺癌で余命2~3年と診断され、自身の医療費と家族の経済的安定を確保するために多額の金が必要になる。義弟ハンクや旧友エリオットが費用の援助を買って出るが、あくまで自力で稼ぎたいウォルターはそれらを拒み、代わりにメタンフェタミン(通称メス)の製造・販売に望みをかける。麻薬取引については何も知らず、元教え子の売人ジェシー・ピンクマンを相棒にして、家族に秘密でビジネスを開始。裏社会での名乗りは 「ハイゼンベルク」。製造拠点はRV(キャンピングカー)。卓越した化学知識と品質へのこだわりによって、彼は世に比類なき高純度のクリスタル・メスを開発する。増産用の新プロセスで作ったメスは純度はそのままで独特の青い色味を帯び、「ブルーメス」 の名でたちまち市場に君臨する。ビジネスにおいても家庭においても逐次発生する危険なトラブル。大物ドラッグ・ディーラーとの提携、そして対立。家族を養い守るため、あるいは相棒を守るための必要悪を謳いながら、ウォルターは実際に悪に染まり、要求内容にも実現手段にも益々節度がなくなっていく。やがてウォルター・ホワイトことハイゼンベルクは押すに押されぬ〈麻薬王〉にまでのし上がり、巨万の富を築き上げるが、その過程で為した諸行為および彼自身の人格変化は、愛する家族を、愛する相棒を、償い得ぬほどに害していた。

登場人物編集

主人公編集

ウォルター・ホワイト
演 - ブライアン・クランストン、日本語吹替 - 牛山茂
ウォルター・ハートウェル・ホワイト・シニアWalter Hartwell White Sr.)は博学多識な天才化学者。地味で生真面目な遵法市民として暮らしながら、裏では ハイゼンベルク(Heisenberg)の異名においてメス調理を稼業とする。シリーズの中心的キャラクターであり、彼の変化が物語の焦点になる。作中で起こる悪しき出来事は全て何らかの形でウォルターに起因するように作られている。[1]
[背景と性格] 1人子。6歳の時に父と死別し、母とは後に疎遠になる。カリフォルニア工科大学にて化学を学ぶ。専門は結晶学。大学院において助力した研究プロジェクトは1985年にノーベル賞を授与され、ウォルターは貢献を認める盾を贈られる。同院在学中に学友のエリオット・シュワルツおよびグレッチェンと共同でグレイ・マター社を設立し、「世界に嵐を起こす」意気込みで、2、3の特許を申請する。その後まもなく、かねてより恋仲にあったグレッチェンの家族を訪ねたウォルターは、彼らが非常に富貴なことを知って恐れをなし、理由も告げずに逐電する――にわかに知った己の劣等性(特権への繋がりの欠如)に対処できなかったために。[2]後日、社における己のシェアを共同経営者達に$5000で売り、事業と恋人の両方に背を向ける。それから転々といくつかの研究所に職を得るが、その間に11歳年下の美女スカイラーと出会って結婚し、アルバカーキにプール付きの家を買い、そして脳性麻痺の息子ウォルター・ホワイト・ジュニアを授かる。
50歳の現在、ウォルターは地元公立高校の化学教師に落ち着き、副業として洗車場でも働いている。妻は思いがけず授かった第二子ホリーを妊娠中。近間に住む妻の妹マリーとその夫ハンク・シュレイダー(DEA捜査官)とは懇意にしていて、彼らと合わせて一個の家族を形成している。その家族の長は明らかにハンクである。友人は無く、生徒にも尊敬されていない。
一方、グレイ・マター社は非常な成功を遂げて時価数十億ドルの大企業になり、グレッチェンとエリオット・シュワルツは結婚して富豪夫婦になっている。自分の意思で手放したにも関わらず、ウォルターはグレイ・マター社の株価を毎週チェックすることを続けながら、「私を切り捨て」 「私の仕事の上に帝国を築いた」 としてシュワルツ夫妻に内心憤慨している。
[開発と論評] ウォルター・ホワイトはアメリカのテレビ史上最高にして最も象徴的なキャラクターの1つだと考えられている。そのキャラクター開発と俳優の演技は共に批評家の絶賛を受けている。
チップス先生スカーフェイスに変える」という当初からの宣告通り、制作者達はシリーズを通してウォルターを徐々に共感できないダークな人物にしていった。その構想には、「誰に引き寄せられているのか。それは何故か」 を視聴者に問題視させる狙いもあった。制作陣はシリーズのある時点までは、ウォルターが卑劣な行為をしても彼に対する視聴者の同情が保たれるように腐心していた。[3][4][5]
Scott MeslowはThe Atlanticにおいて、ウォルターの凶悪さは潜在的にはシリーズ開始以前から在り、癌はそれを表面化させる触媒に過ぎなかったと指摘した。[6]A.O. ScottはNew York Timesにおいて、5シーズンにわたるウォルターの変化は実際には見かけほど過激ではなく「彼の人格の諸側面――ソシオパスと家族の男、化学者と殺人者、合理的な存在と衝動の生物、起業家と敗者」は必ずしも矛盾しないと述べた。[7]制作者ヴィンス・ギリガンは、ウォルターを世界最大の嘘つきの1人と呼んだ。ウォルターは自分が何者かについて常に嘘をついているが、彼を際立った嘘つきにしているのは、何よりも先ず自分自身に対して嘘をついているところだとする。彼は自身を家族に尽くす善良な男と見做していたが、実際には家族ではなく自分のため、ボスの気分を味わうために行動していた。[1][8]「ウォルター・ホワイトは大変強力で危険な男であると共に、大変傷ついた男でもある。そして彼がそれを認めようとなかろうと、内心ひどい無力を感じているために、力を誇示しなければならない。彼は本当に恐ろしく低い自尊心の問題を抱えていると思う。故にウォルトが尊敬を得て尊敬を感じることは非常に重要だ。」とギリガンは語った。[9]監督の1人ピーター・グールドは、ウォルターはシリーズを通して「有力で、重要な、逞しい男」として見られることを切望していたのだと述べた。[10]
シリーズの始期においてウォルターが「去勢された」状態だったことは批評家によってしばし言及された。ブレイキング・バッドの一番の主題は「男であることの意味は何か」かという記者の質問に対して、ヴィンス・ギリガンは肯定も否定もせず、ただ「男」と「ウォルターにとっての男」は違うということを強調した上で、犯罪を犯したりそれによって家族に危険を負わせたりするのは(ギリガンにとって)男ではない、ウォルターはエリオットによる支援を拒んだことで男になるチャンスを逃したと述べた。[11]
ジェシー・ピンクマン
演 - アーロン・ポール、日本語吹替 - 茂木たかまさ
ジェシー・ブルース・ピンクマンJesse Bruce Pinkman)はウォルターの元生徒にして麻薬ビジネスのパートナーになる若者。後には「息子」とも呼ばれるようになる。制作者曰わく 「2人の悪人のうちの良い人」 で 「ショーの道徳拠点」。[12]シリーズを通してウォルターとは異なる方向に性格が変化していく。初期のシーズンでは物語のコミックリリーフを担っていた。
[背景と性格] アルバカーキの上位中流階級の家庭に生まれる。2人子の長男であり、非常に優秀な弟ジェイコブとは10歳以上の年齢差がある。潜在的に職人的な資質を備え、絵や物作りを好む一方、学業成績は不振。完全主義で教育熱心な両親に失望され、おそらくは度重なる薬物使用が決め手となって、十代のころから家族と離れて暮らすことを余儀なくされる。高校にはおばジニーの家から通学。この頃に初めてウォルターと出会う。ジェシーはウォルターのクラスで落第するが、ジェシーの母親は後にハンクにこう話す;「ホワイト先生はジェシーに何らかの可能性を見たのでしょう。本当にやる気を引き出そうとしてくれました。彼は気にかけてくれた数少ない先生の一人でした。」  ジニーが肺癌と診断されると、家族の助けを得られぬ中、ジェシーは独りで彼女の介護を務める。彼女の死後、彼女の家の法的な所有権はジェシーの両親に渡るが、ジェシーはそこに住み続けることを許され、また、家が売却された場合にはその売上の半分を与えられるとの約束を得る。
ウォルターとの再会時の年齢は25。「キャプテン・クック」というストリートネームで低質のメスを製造・販売することにより生計を立てているが、そのことは家族に知られていない。両親からは久しくネグレクトされていて、ジニーが遺した家で一人暮らしをしている。白人不良少年のステレオタイプ的な服装・振る舞いをする。 「Yo」 「ビッチ」 という言葉を好んで随意使用するが、後者の言葉を女性を表すのに使うことはほとんどない。ビジネスパートナーだったエミリオ・コヤマの他に3人ばかり、仲の良いドラッグ・ディーラーがいる。
[開発と論評] ジェシー・ピンクマンのキャラクター開発と俳優の演技は共に批評家の絶賛を受けている。
シーズン1での死亡が予定されていたにも関わらず、ジェシーのキャラクターとアーロン・ポールの演技力は彼を死なせるのは大きな間違いだと制作陣に確信させた。ヴィンス・ギリガンは最初の7話のうちに、思いがけずもジェシーがこのショーの道徳拠点(moral center)であると気付いた。ジェシーはその素朴さと疑問を絶やさぬ性により〈2人の悪人のうちの良い人〉になっているとし、彼のイノセンスがウォルターの悪影響をどれだけ免れていられるかという問題に取り組んだ。[12]Erik Kainは、ウォルターがますます共感し難い人物へと変化していくに連れ、ジェシーが逆方向に成長して、より人間的で複雑になっていると述べた。[13]Christian Research Journalの記者は、ウォルターとジェシーが同じ悪事に携わりながら、前者が偏狭な相対論的道徳観に拠ってそれら全てを是認していくのに対し、後者が普遍的道徳規準に反したことに因る多大な精神的苦痛に生きていることに注目し、ジェシーのキャラクターが道徳は個人的都合の問題ではないということを視聴者に思い出させると考えた。[14](なお、ヴィンス・ギリガンはカトリック教徒であり、「cosmic justice」 の存在を信じている。[15])Alex Hortonは軍人としての戦場経験から、ジェシーやハンクの道徳的損傷に深い共感を示した。[16] WIREDのLaura Hudsonは、ウォルターら作中男性の支持する「男」像がカルテル等に見られるハイパーマスキュリン文化のそれと同じであることを指摘した上で、ジェシーの内面的特性がステレオタイプの女性像に非常に近いことについて言及した。思いやり豊かで感じやすく、子供を無条件に愛し、暴力を嫌い、人前で涙をこぼす、など――こうした特性は「男」にあってはならなぬ「弱さ」であり、彼らの文化にあっては搾取と支配の対象であることを証すものだとする。[17]彼女はまた、ジェシーをウォルターのwhipping-boyと呼んだ。

ホワイトの家族と親戚編集

スカイラー・ホワイト
演 - アンナ・ガン、日本語吹替 - 唐沢潤
ウォルターの妻。シリーズ開始時の年齢は39歳。ウォルター・ジュニアの母親であり、シリーズ開始時には2人目の子を妊娠している(後にホリーと名付けられる)。ウォルターの職場の近くのレストランでウエイトレスをしていた時期にウォルターと出会った。
インターネットオークションによる売買や、執筆活動により家計を助けようとするが、ウォルターの治療費により家計が圧迫されると、以前働いていた職場で経理の仕事を再開する。ウォルターを愛していたが、たびかさなる不在や奇怪な振る舞いにより不信感を募らせる。その後、裏の仕事についてウォルターに打ち明けられたが、許せず追い出しにかかる。ウォルターが巧みな抵抗手段を講じると、一転して見せつけるように勤め先の社長テッド・ベネキーと浮気をするなど悪妻ぶりを発揮していく。しばらくウォルターとは確執を持っていたものの、ハンクがレオネル&マルコによる襲撃によって重傷を負い、高額のリハビリ費が必要になったことから、やむを得ずウォルターの仕事を手伝うようになる。妹のマリー・シュレイダーとは頻繁にお互いの家を行き来する仲であるが、ある事件をきっかけに一時期疎遠になる。悪妻を見事に演じきったアンナ・ガンはプライベートでファンから罵倒されたりもした。
シリーズ開始時の愛車は1991年式のジープ・グランドワゴニア。その後、2012年式のフォード・エッジに乗り換える。
ウォルター・"フリン"・ホワイト・Jr.
演 - RJ・ミッテ、日本語吹替 - 庄司将之
ウォルターとスカイラーの息子。ホリーの兄。ハンクとマリーの甥。シリーズ開始時の年齢は16歳。
ウォルターが働いている高校に通う学生。脳性麻痺のため、軽度の言語症と松葉杖を必要とする運動機能の障害を抱えている。
ウォルターが肺がんを患っていることを告白すると治療費を稼ぐために募金を募るウェブサイトを立ち上げるなど、家族、特に父親に対して強い愛情を抱いている。両親が離婚の危機にあった際は、父親の事情をわかろうとしない母親をなじり、父親の肩を持つ。シリーズ当初はジュニアと呼ばれることを嫌がり、フリンと呼ばれていたが、中盤からウォルターの苦闘する姿を観てジュニアと呼ばれることに誇りを持つようになる。
スポーツカーに興味があったが、初の愛車として買い与えられたのはスカイラーが安全性などを考慮して決定した2006年式のクライスラー・PTクルーザー。しかし、その後ウォルターが車を変える際に2012年式のダッジ・チャレンジャーを買い与えられる。
ホリー・ホワイト
ウォルターの赤児の娘。シーズン1の時点ではまだ生まれていない。
ハンク・シュレイダー
演 - ディーン・ノリス、日本語吹替 - 木村雅史
DEA(麻薬取締局)のエージェント。マリー・シュレイダーの夫であり、スカイラーとウォルターの義弟にあたる。シーズン2における年齢は43歳。やや短躯でがっしりとした体格をしている。
周囲からは陽気で外交的な性格だと見られているが、時に無礼で無神経に映ることもある。仕事においてもタフで粘り強く麻薬ディーラーたちを追い詰め、上層部に有能さを認められるが、ナイーブなところもあり、麻薬ディーラーの一人を自らの手で射殺したことがきっかけで、次第に精神を蝕まれていく。
ハイゼンベルクは長年の彼の捜査対象であるが、その正体が親しい義兄のウォルターであることに気づくことができずにいる。
趣味はアメフト観戦、自家製ビールの醸造、鉱石収集。妻との仲は良好だが子どもがいない。そのせいか甥のジュニアとは仲が良く、時にウォルターの嫉妬を買うほどである。
シリーズ 開始当初の愛車は2006年式のジープ・コマンダー。その後、2011年式のダッジ・デュランゴに買い換える。
マリー・シュレイダー
演 - ベッツィ・ブラント、日本語吹替 - 行成とあ
ハンクの妻。スカイラーの妹であり、ウォルターの義妹。ウォルターJr.とホリーの叔母。診療放射線技師として病院で勤務している。
虚栄心が強く多弁で、自己中心的なキャラクターとして描かれることが多い。ある種の強迫観念を持ち、とりわけ、強いストレスに晒されると窃盗を繰り返す窃盗症の持ち主であるため、周囲の人間に迷惑をかけることがしばしばである。その反面、家族に対しては献身的な愛情を捧げる。ハンクが麻薬ディーラーの襲撃にあい入院した時は、夫のために最善と思われることを全て行う。
常に男性的なキャラクター通りの振る舞いを崩さないハンクが弱みを見せるのはマリーの前でだけである。また、スカイラーとも仲が良く、お互いの家を頻繁に行き来している。スカイラーとウォルターが離婚の危機にあった時は、生まれたばかりの姪ホリーの面倒をマリーが見る。 家の中は至るところが紫色で覆われており、服装も紫色のものを好むが、愛車はメタリック・ブルー色の2006年式フォルクスワーゲン・ニュービートルである。

主要人物編集

ソウル・グッドマン
演 - ボブ・オデンカーク、日本語吹替 - 安原義人
シーズン2の第8話で初登場を果たした弁護士。テレビCMでの"Better Call Saul"(吹き替えでは『ソウルに電話しよう』)というフレーズでアルバカーキでは知名度が高い。普段は一般市民相手の刑事事件を専門に仕事を引き受けているが、裏では金のために犯罪者を相手とした仕事も請け負っている。
ジェシーの友人のバッジャーが警察のおとり捜査で捕まった際にバッジャーの弁護を依頼したことから、ウォルターとジェシーと知り合い、以後は合法・非合法の手段を問わず彼らを窮地から幾度か救う。ソウルが請け負った仕事は、ドラッグ売買で儲けた大金のマネーロンダリングや、身代わりとなって投獄される人間の手配など様々である。裏の世界とのつながりも強く、ウォルターたちにガスを紹介するきっかけを作ったのもソウルである。また、マイクを私立探偵として雇い、刑事事件の証拠隠滅や盗聴など様々な仕事を依頼する。
コミカルな言動から作中のコミックリリーフとなっているが、周囲の人間をいらだたせることも多い。しかし、そうした言動とは裏腹に仕事においては有能であり、ウォルターらの情報を聞き出そうとマイクから脅迫された際も情報の提供をぎりぎりまで拒む。
愛車は1997年式のキャデラック・ドゥビル
マイク・エルマントラウト
演 - ジョナサン・バンクス、日本語吹替 - 有本欽隆
シーズン2の第13話で初登場。ただし、苗字が明らかになったのはシーズン4の第11話である。
ガスの片腕。ガスの元で実行部隊の長として誰よりも信頼されており、その仕事は暗殺・警護・諜報など幅広い。
かつてはフィラデルフィアで警察官を務めていたが、現在の仕事についた経緯は明らかにされない。犯罪の証拠隠滅、張り込み、銃器の扱いなどに卓越した手腕を発揮する。寡黙な性格であるが、孫娘を溺愛しており、彼女の前では愛想がよい。ガスの命によりジェシーと組んで仕事をしたときも、ほとんど自分から話すことはなかったが、ジェシーが優れた素質を示すと、徐々に好感を抱き始める。反面、ウォルターに対しては、尊大さや自己中心的な性格を嫌い、打ち解けようとしない。ソウルからの仕事を請け負うこともあるが、忠誠心は常にガスに向けられている。
血液型はO型。
愛車は1988年式のクライスラー・フィフスアベニューなど。
グスタボ・"ガス"・フリング
演 - ジャンカルロ・エスポジート、日本語吹替 - 堀内賢雄
シーズン2の第11話で初登場。縁なしの眼鏡を着用し、常にきちんとした服装で身を整えている。アメリカ南西部に14の店舗を持つフライドチキン専門店のロス・ポジョス・エルマノスやクリーニング工場などの経営者として知られており、DEAのチャリティーイベントの後援などを行い、広く尊敬されている。しかし、裏の顔はアメリカ南西部のドラッグの流通を牛耳るマフィアのボスである。
極めて慎重な性格であり、当初はウォルターのパートナーのジェシーがドラッグの常用者でだらしのない人物であったために、ガスはウォルターとの取引を拒否しようとするが、ウォルターの執念と売り込みに折れて、取引を一度行う。その後、ウォルターの作る高品質のメスを取り扱い、市場での優位を確保するため、ガスはクリーニング工場の地下にメスの精製のためのラボ(工場)を用意してウォルターと新たな契約を結ぶ。目的のためには部下を殺すこともいとわない残忍な性格ながら、当初は殺し屋からウォルターを守ろうとする。やがて禁欲的なウォルターに少なからず好感を持ち、ついには自宅に呼び料理まで振る舞うほどになるが、ウォルターがジェシーをかばってガスの手下を車でひき殺した事件がきっかけで二人は対立していく。
表の世界では常に礼儀正しく愛想の良さを忘れない。しかし、裏の世界では無慈悲で冷酷なボスとして恐れられる。仕事に対する熱意も極めて強く、ウォルターたちに過酷なノルマを課しながら家庭の問題などの事情を斟酌しないため、ウォルターたちはノルマをクリアするのに苦しむことになる。
1986年以前はチリに居住していたがその記録は無いなどガスの過去は謎に包まれている。しかし、シーズン4において、ドラッグのディーラーとしてスタートを切る際、メキシコ麻薬カルテルに親友のマックスを殺された過去が描かれており、それ以降カルテルと取引を続けているものの、深い恨みを抱いていることが明らかになる。
劇中では明らかにされていないが、ガスとマックスとは恋愛関係にあったという説がある。プロデューサーのヴィンス・ギリガンは否定も肯定もしていないが、エスポジートはこの説を認めている。[18]
自らのルーツであるチリには愛着を抱いているようで、ウォルターやジェシーを家に招待した際はチリの伝統的なシチューであるパイラ・マリーナを振る舞っている。
独身。子どもの存在について言及する場面はあるが、作中登場することはない。血液型はO型。
愛車は1998年式のボルボ・V70
ヘクター・"ティオ"・サラマンカ
演 - マーク・マーゴリス、日本語吹替 -(回想時のみ)
初登場はシーズン2の第1話。かつては麻薬カルテルの幹部の一人だった男で、現在は老いて引退。体が不自由で車椅子生活を余儀なくされ、声を出すこともできない。そのため、車椅子の肘掛に付けた呼び出しベルを人差し指で鳴らすことで意思疎通を図る。
体が不自由ながら意識はしっかりしており。当初ウォルターたちがそれを知らずにヘクターの目の前でトゥコを殺そうと画策した際は、すさまじい形相で呼び出しベルを鳴らしてトゥコに身の危険を知らせた。トゥコの死亡後にはウォルターに強い復讐心を持ち、トゥコ殺しにウォルターが関与している事実をカルテルの幹部に知らせる。以前、カルテルの幹部だったころは冷静かつ冷酷非道な人物で、ガスの親友のマックスを殺したのがヘクターであったことが後に判明する。ガスにとっては復讐の対象であり、ガスは市場拡大とは別にサラマンカ一家を全滅することを企んでいた。
台詞こそないものの、目をひん剥いたような形相で相手を睨み付け呼び出しベルを鳴らす姿は強い印象を残し、演じるマーゴリスは本作の演技で2012年エミー賞ゲスト男優賞にノミネートされた。受賞は逃したものの、毎回主要部門にノミネートされていたメインキャスト陣とは異なり、本作の数ある脇役のなかで、ゲスト俳優賞にノミネートされたのはマークだけである[19]
リディア・ロダルテ・クエール
演 - ローラ・フレイザー
初登場はシーズン5の第2話。ドイツに本社をおく巨大複合企業マドリガル社の物流部門の責任者。
テキサス州ヒューストンのオフィスで働き、メスの原料であるメチルアミンをガスに供給する。
シングルマザーで娘を育てている。
若くして重役へと昇進した有能な女性であるが、神経質でヒステリックな女性であり、猜疑心が強い。ガスと取引していたことにより逮捕されることを強く恐れており、証言者となる可能性のある者すべてを殺すこともいとわない。また、自らの命により人が死ぬことに対して良心の呵責を覚える様子はない。その反面、自ら手を汚すことはなく、死を連想させるものを見聞きすることすら極端に恐れる。
トッド・アルキスト
演 - ジェシー・プレモンス、日本語吹替 - 虎島貴明
初登場はシーズン5の第3話。シロアリ駆除の業者として働いていたが、働いていた会社ごとウォルターたちに買収され、メス製造にかかわることになる。
ウォルターと仕事をともにするうちに、ウォルターを非常に尊敬するようになり、自らの有用さを証明しようと悪事にも積極的に加担していく。努力家であり、ウォルターとともに働くうちにウォルターの助力がなくとも一定水準以上のメスを製造することができるようになる。
外見は柔和であるが、叔父はギャングリーダーであり、犯行現場を目撃した子どもを射殺することに一切のためらいを感じないほどに悪事に関する才能を有している。
金銭的な欲求はあまり持たず、仕事をする際の動機となっているのは彼が好意を抱いている人間を満足させることである。
彼が好意を抱いているのはウォルター、叔父やその仲間、メス製造を通じて知り合ったリディアなどである。

その他編集

バッジャー
演 - マッド・L・ジョーンズ、日本語吹替 - 島田岳洋
ジェシーの悪友の一人。肥満体であまり頭はよくない。ジェシーと再会し、メス販売の売り子として雇われる。通りで売買する際に囮捜査に引っかかり逮捕される。その後釈放されるが、そのために多額の経費がかかる。
コンボ
演 - ロドニー・ラッシュ、日本語吹替 - マンモス西尾
ジェシーの悪友の一人。大柄な白人で、ジェシーのドラッグ密売の際にガスの縄張りを荒らしたため射殺される。
スキニー・ピート
演 - チャールズ・ベイカー、日本語吹替 - 朝比奈拓見
ジェシーの悪友の一人。やせ細った体格。
ジェーン・マーゴリス
演 - クリステン・リッター、日本語吹替 - 弓場沙織
ジェシーが家を追い出された際に借りたアパートの管理人(オーナーの娘)で薬物依存症。ジェシーと次第に恋仲となり一番の理解者となるが、ジェシーと共にヘロイン使用を再開してしまう。父親と再び薬物を使わないこと、リハビリ施設への入居を約束した日に、再びジェシーとともにヘロインを使用し、眠っているジェシーの傍らで心停止状態になる。
エリオット・シュワルツ
演 - アダム・ゴドリー、日本語吹替 -
かつてのウォルターの同窓生で、化学者。現在は彼と共に興した会社で大成功している。
グレッチェン・シュワルツ
演 - ジェシカ・ヘクト、日本語吹替 -
エリオットの妻で共同経営者。ウォルターのかつての恋人でもある。
トゥコ・サラマンカ
演 - レイモンド・クルス、日本語吹替 -
シーズン1で初登場した。ドラッグ売買の元締め。短気で粗暴かつ武闘派。薬によって、常軌を逸して見境無しに仲間にまで暴力をふるうため、周りから恐れられている。
当初、ウォルターの考えでアルバーカーキーの元締めのトゥコにメスを売ることで利益を出そうとしたが、ジェシーが取引でメスを差し出すと、トゥコはその対価を渡さずジェシーを暴行し、重症を負わせる。
ジェシーの復讐のため、ウォルターは一人でトゥコのもとへ行き、メスに見せかけた雷酸水銀を放り投げて爆発させ、取引をするように脅しをかける。取引後は純度の高さと効き目の良さにウォルターたちの腕をほれ込むが警察に追い詰められ、ウォルターを拉致して国境を越えようと企んでいた。ウォルターによるトゥコの毒殺が失敗し、ウォルターたちは危うく絶体絶命の状態になるが、タイミングよく現れたハンクとの銃撃戦のすえ死亡する。
レオネル&マルコ兄弟
演 - ダニエル・モンカダルイス・モンカダ、日本語吹替 -
トゥコ・サラマンカのいとこで双子の兄弟。冷徹無比な暗殺者。ウォルターに強い復讐心を抱く。
幼いころからヘクターにより冷徹に育てられた。
ホアン・ボルサ
演 -ハビエル・グラヘダ 、日本語吹替 - 佐々木梅治
麻薬カルテルの大物幹部。トルトゥーガの裏切りに気付いて惨殺し、生首を亀の甲羅に付けて爆弾にするなど、残虐な人物。当初はトゥコ殺しの犯人がウォルターであるとヘクターから聞かされて、レオネル&マルコをウォルター暗殺に差し向けるが、ガスの仲介によりウォルター殺害を断念。しかし、レオネル&マルコによるトゥコ殺しの復讐心を、メス利権の独占をたくらむガスに利用されて彼らはハンクを襲撃し、その後自宅に踏み込んできた警察当局によりボルサは射殺された。
ドン・エラディオ
演 -スティーヴン・バウアー 、日本語吹替 -
サラマンカ一家及びガス、ボスサを配下に置く麻薬カルテルのボス。ボルサの死後、麻薬取引の利権がガスの独壇場になりつつある事からガスと抗争になるところだったが、会合によりメス製造が出来るジェシーを差し出す事で和解が成立したかに思われたが、ガスが贈り物として差し出した高級テキーラサフィロ・アネホに毒を仕込まれを幹部全員で乾杯した為に組織もろともエラディオは毒殺された。これにより、ガスがカルテルの大物幹部として台頭していくこととなる。
トルトゥーガ
演 - ダニー・トレホ 、日本語吹替 - 廣田行生
麻薬カルテルの幹部。警察に加担する内通者。その名はスペイン語でを意味し、死後は生首をリクガメの甲羅の上に乗せられた。
アンクル・ジャック
演 - マイケル・ボーウェン - 日本語吹替
トッドの叔父で、凶暴なギャングのリーダー。白人至上主義者でもある。
ケニー
演 - ケヴィン・ランキン
アンクル・ジャックが率いるギャングの一員。
ヒューエル
演 - ラヴェル・クロフォード、日本語吹替 - 島田岳洋
巨漢の黒人でソウルの護衛
ゲイル・ベティカー
演 - デヴィッド・コスタビル英語版、日本語吹替 - 中林俊史
初登場はシーズン3。
ガスが雇ったメス製造の科学者。ブルーメスのあまりの純度の高さにウォルターを雇うことをガスに打診し、自ら進んでウォルターの助手となる。内気で純真無垢な性格。ウォルターとも同じ化学者という立場から馬が合ってすぐに打ち解けるが、ジェシーを必要とするウォルターの策謀で解雇される。その後復職し、ガスはウォルターなしでもメス製造を続けられるように、ゲイルに製法をマスターさせる。ウォルターは自分が用済みになり次第ガスに殺されるだろうと考え、唯一のメス製造者で居続けるためにジェシーにゲイル抹殺を要請する。
ウォルト・ホイットマンの詩を愛しており、ウォルターにも詩集を贈呈する。ウォルター宅のトイレに無造作に置かれていたその詩集をハンクが偶然手にしたことにより、ハンクはウォルターに疑いの目を向けるようになる。
スティーブン・ゴメス
演 - スティーヴン・マイケル・ケサダ、日本語吹替 - 志賀麻登佳
ウォルターの義弟ハンクの、麻薬取締局での同僚で相棒。
テッド・ベネキー
演 - クリストファー・カズンズ
スカイラーの復職先の上司。スカイラーが仕事の面接で不採用になった矢先に彼の口添えで復職することになる。
娘が二人いるが妻とはすこし前に離婚している。スカイラーを気にかけていたものの、ウォルターにまいっていたスカイラーに誘われ、不倫関係に陥ってしまう。
アンドレア・カンティージョ
演 - エミリー・リオス
ジェーンの死後、NA(断薬ミーティング)でジェシーと知り合った彼女。幼い弟がガスの配下で殺し屋をやっている事実をジェシーに教えたことで騒動を起こす引き金を作る。
ウェンディ
演 - ジュリア・ミネシ
ドラッグ依存症の娼婦。ガスの手下たちに食べ物を差し入れたり駒使いにされている。ジェシーの薬物を購入する常連でもあり、性的関係でもある。
ちなみに演じるジュリア・ミネシは50代でウェンディ役を演じる際は特殊メイクを施して35歳のドラック中毒者を演じている。
断薬のカウンセラー
演 - ジェレ・バーンズ
ジェシーが通ってるNA(断薬ミーティング)のカウンセラー。たびたび薬物依存に戻ってしまうジェシーに助言をして、更生していくように促す。
エド
演 - ロバート・フォスター
人消し屋。表向きは掃除機の販売を行っている。
クレイジー・エイト
本名はドミンゴ。タンピコ家具店店主の息子。エミリオのいとこで、メスの卸売販売をしていた。ウォルターからメスのレシピを聞き出そうとし、逆に、監禁される。
エミリオ・コヤマ
クレイジー・エイトのいとこでジェシーの元相棒。ハンクが率いる麻薬捜査官に逮捕され、翌日保釈される。クレイジー・エイトとともに、ウォルターからメスのレシピを聞き出そうとする。
ボグダン
ウォルターが働く洗車場の上司、オーナー。
カルメン
ウォルターが勤務する高校の校長。
ティム・ロバーツ
ハンクの同僚の麻薬捜査官。
クロヴィス
修理工場の整備士。メスの製作を行うキャンピングカーを駐車する見返りとして、高額な代金を求める。
マーカート
麻薬捜査局の担当補佐官。
フランチェスカ
弁護士ソウルの秘書。
ヴィクター
ガスの部下。ガスには忠実であったが、とある理由で粛清されてしまう。
ブロック・カンティージョ
アンドレアの息子。母親と交際するジェシーと親しくなる。
タイラス
ガスの部下。ヴィクターの死後、その役割を引き継ぐ。
ドン・エラディオ
メキシコの麻薬カルテルのボス。ガスとは因縁がある。
ダン
マイクの顧問弁護士。秘密を知る人物らへ口止め料を配布していた。
デクラン
麻薬密売の元締め。マイクの仲介によりウォルターと知り合う。シーズン5で登場。
ドリュー・シャープ
アルバカーキに住む少年。郊外の荒野で虫の収集をするのが趣味であった。

エピソード一覧編集

シリーズ一覧編集

シーズン エピソード 米国での放送日
初回 最終回
1 7 2008年1月20日 (2008-01-20) 2008年3月9日 (2008-3-9)
2 13 2009年3月8日 (2009-03-08) 2009年5月31日 (2009-5-31)
3 13 2010年3月21日 (2010-03-21) 2010年6月13日 (2010-6-13)
4 13 2011年7月17日 (2011-07-17) 2011年10月9日 (2011-10-9)
5: Part 1 8 2012年7月15日 (2012-07-15) 2012年9月2日 (2012-9-2)
5: Part 2 8 2013年8月11日 (2013-08-11) 2013年9月29日 (2013-9-29)
トータル 62 2008年1月20日 (2008-01-20) – 2013年9月29日 (2013-9-29)

シーズン1 (2008年)編集

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
1 1 化学教師ウォルター・ホワイト Pilot ヴィンス・ギリガン 2008年1月20日 140
2 2 新しい相棒 ...And the Bag's in the River Adam Bernstein 2008年1月27日
3 3 人間の成分 Cat's in the Bag... Adam Bernstein 2008年2月10日
4 4 家族への告知 Cancer Man Jim McKay 2008年2月17日
5 5 ウォルターの選択 Gray Matter Tricia Brock 2008年2月24日
6 6 最凶のワル Crazy Handful of Nothin' Bronwen Hughes 2008年3月2日
7 7 犯罪の境界線 A-No-Rough-Stuff-Type-Deal ティム・ハンター 2008年3月9日 150

シーズン2 (2009年)編集

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
8 1 737000 Pilot ブライアン・クランストン 2009年3月8日 166
9 2 消息不明 Grilled Charles Haid 2009年3月15日
10 3 脱出の代償 Bit by a Dead Bee Terry McDonough 2009年3月22日 113
11 4 崩れゆく生活 Down ジョン・ダール 2009年3月29日 129
12 5 再始動 Breakage ヨハン・レンク 2009年4月5日 121
13 6 イナイ・イナイ・バァ Peekaboo Peter Medak 2009年4月12日 141
14 7 噂の男、ジェシー Negro Y Azul Felix Alcala 2009年4月19日
15 8 ソウルに電話しよう! Better Call Saul Terry McDonough 2009年4月26日 104
16 9 荒野の四日間 4 Days Out ミシェル・マクラーレン 2009年5月3日
17 10 ビジネスの引き際 Over Phil Abraham 2009年5月10日
18 11 混沌の渦 Mandala Adam Bernstein 2009年5月17日
19 12 マイ・リトル・ガール Phoenix Colin Bucksey 2009年5月24日
20 13 アルバカーキ ABQ Adam Bernstein 2009年5月31日

シーズン3 (2010年)編集

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
21 1 戻れない道 No Mas ブライアン・クランストン 2010年3月21日 165
22 2 名もなき男 Caballo Sin Nombre Adam Bernstein 2010年3月28日 155
23 3 葛藤 I.F.T. ミシェル・マクラーレン 2010年4月4日 133
24 4 ゴーサイン Green Light Scott Winant 2010年4月11日 146
25 5 新しいラボ Mas ヨハン・レンク 2010年4月18日 161
26 6 追いつめられた二人 Sunset John Shiban 2010年4月25日 164
27 7 ハンクの苦しみ One Minute ミシェル・マクラーレン 2010年5月2日 152
28 8 復讐の裏側 I See You Colin Bucksey 2010年5月9日 178
29 9 不条理な世界 Kafkaesque Michael Slovis 2010年5月16日 161
30 10 かなわぬ最期 Fly ライアン・ジョンソン 2010年5月23日 120
31 11 悪の住む街 Abiquiu ミシェル・マクラーレン 2010年5月30日 132
32 12 憎しみの連鎖 Half Measures Adam Bernstein 2010年6月6日 119
33 13 向けられた銃口 Full Measure ヴィンス・ギリガン 2010年6月13日 156

シーズン4 (2011年)編集

通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
34 1 ガスの怒り Box Cutter Adam Bernstein 2011年7月17日 258
35 2 生き地獄 Thirty-Eight Snub ミシェル・マクラーレン 2011年7月24日 197
36 3 マリーの苦しみ Open House デヴィッド・スレイド 2011年7月31日 171
37 4 厄介な存在 Bullet Points Colin Bucksey 2011年8月7日 183
38 5 ハンクの推理 Shotgun ミシェル・マクラーレン 2011年8月14日 175
39 6 それぞれの不安 Cornered Michael Slovis 2011年8月21日 167
40 7 面倒な犬 Problem Dog Peter Gould 2011年8月28日 191
41 8 ガスの過去 Hermanos ヨハン・レンク 2011年9月4日 198
42 9 膨らむ疑惑 Bug Terry McDonough 2011年9月11日 189
43 10 復讐の杯 Salud ミシェル・マクラーレン 2011年9月18日 180
44 11 降りそそぐ危機 Crawl Space Scott Winant 2011年9月25日 155
45 12 憎しみの行方 End Times ヴィンス・ギリガン 2011年10月2日 173
46 13 フェイス・オフ Face Off ヴィンス・ギリガン 2011年10月9日 190

シーズン5 (2012年 - 2013年)編集

日本販売のDVDは、Part1がシーズン5、Part2がファイナルシーズンとなっている。
通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数
(万人)
Part 1
47 1 自由か死か Live Free or Die Michael Slovis 2012年7月15日 293
48 2 再始動に向かって Madrigal ミシェル・マクラーレン 2012年7月22日 229
49 3 新しいチーム Hazard Pay Adam Bernstein 2012年7月29日 220
50 4 51歳 Fifty-One ライアン・ジョンソン 2012年8月5日 229
51 5 荒野の作戦 Dead Freight George Mastras 2012年8月12日 248
52 6 ウォルターの執念 Buyout Colin Bucksey 2012年8月19日 281
53 7 私の名は… Say My Name Thomas Schnauz 2012年8月26日 298
54 8 完璧な静寂 Gliding Over All ミシェル・マクラーレン 2012年9月2日 278
Part 2
55 9 汚れた金 Blood Money ブライアン・クランストン 2013年8月11日 592
56 10 埋められた財産 Buried ミシェル・マクラーレン 2013年8月18日 477
57 11 告白 Confessions Michael Slovis 2013年8月25日 485
58 12 狂気の犬 Rabid Dog Sam Catlin 2013年9月1日 441
59 13 決別の荒野 To'hajiilee ミシェル・マクラーレン 2013年9月8日 511
60 14 オジマンディアス Ozymandias ライアン・ジョンソン 2013年9月15日 637
61 15 ニューハンプシャー Granite State Peter Gould 2013年9月22日 658
62 16 フェリーナ Felina ヴィンス・ギリガン 2013年9月29日 1,028

評価編集

全体編集

アンソニー・ホプキンスは本作でのブライアン・クランストンの演技を生涯見たものの中で最高のものだったと絶賛した[20]。米エンタテインメントニュース番組「E! News」によると、フィリップ・シーモア・ホフマンマイケル・セラなどが「大ファンなので、ぜひ出演させて欲しい」と熱望していたという。しかし、ヴィンス・ギリガンが無名の俳優を起用することにこだわったため、実現しなかった[21]

批評サイトのMetacriticでも非常に高い評価を得た。シーズン1は100点満点中74点[22]、シーズン2は100点満点中85点[23]、シーズン3は100点満点中89点[24]、シーズン4は100点満点中96点[25]とシーズンを重ねるごとに評価は上昇していき、シーズン5は100点満点中99点のスコアを得た[26]。シーズン5のスコアによりギネス世界記録に歴代で最も高く評価されたテレビシリーズとして認定された[27]

インターネット・ムービー・データベースでもユーザーの評価が最も高いテレビシリーズに選ばれている[28]

作家の村上春樹は自身の期間限定公式サイトで最近面白かった本、映画、音楽を問われ本シリーズを挙げた[29]

GLAYHISASHIはファイナルシーズンのBlu-rayコンプリートボックスで「最高で最悪のシナリオが本能を刺激して理性の邪魔をする!」とコメントしている。その他、小島秀夫スチャダラパーのANIなども絶賛のコメントをしている。

シーズン1(評価)編集

ニューヨーク・ポスト』のリンダ・ステイシーはブライアン・クランストンとアーロン・ポールの演技を特に賞賛し、「驚くべき名作だ。『素晴らしい』という言葉では言い尽くせないほどの感動がある。」と評した[30]

USAトゥデイ』のロバート・ビアンコは「ウォルトが科学者としての論理をジェシーや麻薬密造に持ち込もうとしているところに一種の可笑しさがある。たとえ自己防衛のためであっても、人を殺すことは愚かで醜い行為であると、ウォルトとジェシーが知るシーンのように、サスペンスに満ちた作品でもある。」と評した[31]

シーズン2(評価)編集

第2シーズンも批評家たちに賞賛された。『エンターテインメント・ウィークリー』の批評家ケン・タッカーは「『ブレイキング・バッド』は「中年期の危機」の最高の比喩だ。ガンと違法行為によってウォルターは郊外での漠然とした暮らしから抜け出すことができた。そして彼は人生を再び経験し、チャンスをつかみ、リスクを冒し、彼自身できると思っていなかったようなことをなした。もちろん、こうしたことはエミー賞受賞者であるクランストンの獰猛で滑稽な無私の演技がなければうまくいかなかった。荒れ果てた雰囲気と暗さにもかかわらず、このシリーズには陽気さが感じられるようになってきている。これは悪事についてのとても良いショーである。」と述べ、最高の評価であるグレードAを与えた[32]

サンフランシスコ・クロニクル』のティム・グッドマンは「AMCによって放送されたこのシリーズの最初の3つのエピソードははっきりした間違いを犯すことなく優れた水準を達成した。ギリガンのブレイキング・バッドに対する野心的な構想は、今や予想に反して正しく報われているし、この作品にかかわるすべての人々を鼓舞している。どのエピソードにも円熟味と野心とを感じることができるだろう」と述べた[33]

ホラー作家のスティーヴン・キングは「 I Love 'Breaking Bad'!」と題したコラムでツイン・ピークスブルーベルベットと比較しつつ賞賛した[34]

シーズン3(評価)編集

シーズン3もまた批評家の絶賛を浴びた。『タイム』は「このドラマは派手な爆発よりもゆっくりと燃焼することを選んだ。その選択ゆえにより熱いのだ」[35]と宣言した。

『ニューズデイ』は、『ブレイキング・バッド』はいまだに最も優れたテレビシリーズであり、自分のスタイルに忠実なままだと述べた。ティム・グッドマンは脚本、演技、撮影技術を賞賛し、シリーズの映像面における大胆な試みを指摘した。グッドマンはドラマの映像を呆然とさせられる美(監督たちは数多くの広角の眺望の映像を使っている)とはっとさせられる奇怪さのコンビネーションだと言った[36]

最終話が放映されると『A.V.クラブ』は「シーズン3はテレビ史上最もすぐれた業績の一つである。それほどに興奮させられるのは、このシリーズがテレビ的な良い番組ではないからだ。このシリーズが恐るべき完成度であったのは、個々のイベントの描写もそうだが、脚本家たちがテレビのしきたりにとらわれることがなかったからだ」と述べた[37]

シーズン4(評価)編集

シーズン4も広く批評家から賞賛された。『ボストン・グローブ』はショーは魅惑的だと述べた[38]。『ピッツバーグ・ポスト・ガゼット』はシリーズを知的で示唆に富み、芸術的により高みに達しているものだと述べた[39]。シーズン4は多くの批評家に2011年の最良の作品の一つに挙げられた。

タイム』はウォルター・ホワイトの「I am the one who knocks」という台詞を2011年のベストに挙げた[40]。この台詞は『パルプ・フィクション』のジュールス役などで知られる俳優サミュエル・L・ジャクソンアルツハイマー型認知症の患者のために記録し、公開した動画の台詞に選ばれた。ジャクソンは『ブレイキング・バッド』のファンだという[41]

『ピッツバーグ・ポスト・ガゼット』は2011年のベストシリーズに挙げ、重大なストーリー上のミスを犯していないまれなドラマだと述べた[42]。『A.V.クラブ』は、最終回を次のように要約した。「ゆっくりとした展開の中で途切れることなく決断を迫るような危機が訪れたシリーズにふさわしい結末だ。問題は解決したが、それが皆が安穏としていられることを意味しない。このドラマではだれも安全ではないのだ」。シリーズ全体についても賞賛し、次のように述べた。「なんというシーズンだったろう。我々の誰もが期待していなかったほど素晴らしかった」[43]

シーズン5(評価)編集

最終シーズンとなる第5シーズンもまた批評家から広範な絶賛を受けた。シリーズが終わると、ニック・ハーレイはこのドラマに対する評価を次のようにまとめた。「巧妙に書かれた脚本、名人の域に達した演出、精妙な演技。『ブレイキング・バッド』にはドラマに望むものがすべてある。批評家たちは今後10年間、いかに偉大なドラマであったかを批評し、議論するだろう。しかしその理由はつきることがないし、すでに証明されているのだ」[44]

最終シーズンの間、『氷と炎の歌』の原作者であり、そのテレビドラマ版である『ゲーム・オブ・スローンズ』のプロデューサーの一人でもあるジョージ・R・R・マーティンから賞賛を受けた。とりわけエピソード「Ozymandias」では「ウォルターは『氷と炎の歌』の主要舞台であるウェスタロスの誰よりも巨大な怪物である」とコメントした。また、最終シーズンについて「素晴らしいシリーズだ。(シーズン5の後半部分が対象となる来年は)誰もエミー賞で『ブレイキング・バッド』に勝ることはないだろう」と言及した[45]。なお、エピソード"Ozymandias"は批評サイト「インターネット・ムービー・データベース」で40000名近いユーザーから10点満点中の10点と最高の評価を受けている[46]

IGNのセス・アミティンは「『ブレイキング・バッド』の最終シーズンはこれまで放送されたもののうち、最良のものだった」と述べた[47]

受賞編集

エミー賞
作品賞(ドラマ部門) (2013、2014)
主演男優賞(ドラマ部門) - ブライアン・クランストン(2008、2009、2010、2014)
助演男優賞(ドラマ部門) - アーロン・ポール(2010、2012、2014)
助演女優賞(ドラマ部門) - アンナ・ガン(2013、2014)
シングルカメラ編集賞(ドラマ部門) - リン・ウィリンガム(2008、2009)、ケリー・ディクソン(2013)、スキップ・マクドナルド(2014)
脚本賞 (ドラマ部門) - モイラ・ウォリー=ベケット(2014)
ゴールデングローブ賞
作品賞(テレビ・ドラマ部門)(2014)
主演男優賞(テレビ・ドラマ部門) - ブライアン・クランストン(2014)
サテライト賞
作品賞(2009、2010、2014)
主演男優賞(ドラマ部門) - ブライアン・クランストン(2008、2009、2010、2014)
助演男優賞(ドラマ部門) - アーロン・ポール(2014)
全米映画俳優組合賞
男優賞(ドラマ部門) - ブライアン・クランストン (2013、2014)
アンサンブル演技賞(2014)
サターン賞
シンジケート・ケーブルテレビシリーズ賞(2010、2011、2012)
テレビプレゼンテーション賞(2013、2014)
主演男優賞(テレビ部門) - ブライアン・クランストン(2012、2013)
助演男優賞(テレビ部門) - アーロン・ポール(2010、2012、2014)、ジョナサン・バンクス(2013)
ゲスト男優賞(テレビ部門) - ロバート・フォースター(2014)
テレビ批評家協会賞
最優秀テレビ番組賞(2013、2014)
最優秀ドラマシリーズ賞(2011、2012)
ドラマシリーズ主演賞 - ブライアン・クランストン(2009)
批評家協会テレビ賞
最優秀ドラマシリーズ賞(2013、2014)
主演男優賞 - ブライアン・クランストン(2012、2013)
助演男優賞 - ジャンカルロ・エスポジート(2012)、アーロン・ポール(2014)
全米監督協会賞
ドラマ部門 - ライアン・ジョンソン(2013 - "Fifty-One")、ヴィンス・ギリガン(2014 - "Ferina")
全米脚本家協会賞
ドラマシリーズ部門(2012、2013、2014)
ドラマエピソード部門 - ヴィンス・ギリガン(2009 - "Pilot"、2012 - "Box Cutter")、ジェニファー・ハッチソン(2014 - "Confessions")

スピンオフとリメイク等編集

ベター・コール・ソウル編集

2013年4月、AMCソニー・ピクチャーズ・テレビジョンが主要キャラクターの一人である弁護士ソウル・グッドマンを主役にしたスピンオフシリーズの実現に向け動いていることが明らかになった[48]。そして、このスピンオフシリーズは『ベター・コール・ソウル』と題され制作されることが2013年の9月に正式に発表された[49]

シリーズは2015年から1シーズン10話で放送され、2018年にはシーズン4が放送されている。

スペイン語版のリメイク編集

2013年3月、スペイン語版のリメイクが制作されることが発表された[50]。タイトルは『Metástasis』。

映画編集

2019年10月11日に『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』がNetflixで配信され、のちにAMCで放送される予定である[51]

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b Todd VanDerWerff (2011年10月10日). “Vince Gilligan walks us through season four of Breaking Bad (part 1 of 4)”. A.V.CLUB. https://www.webcitation.org/62LHt8AsA?url=http://www.avclub.com/articles/vince-gilligan-walks-us-through-season-four-of-bre,63013/ 2019年4月20日閲覧。 
  2. ^ Bill Bradley (2016年3月17日). “Vince Gilligan Finally Reveals Why Walter White Left Gray Matter”. HuffPost. https://www.huffpost.com/entry/vince-gilligan-walter-white-gray-matter_n_56e85f27e4b0b25c91838d57 
  3. ^ Scott Bowles (2011年7月13日). “'Breaking Bad' shows man at his worst in Season 4”. USA TODAY. https://www.webcitation.org/60TswtrpQ?url=http://www.usatoday.com/life/television/news/2011-07-12-breaking-bad-season-4_n.htm 
  4. ^ Alan Sepinwall (2009年6月1日). “Breaking Bad: Vince Gilligan season two finale interview”. NJ.com. https://www.nj.com/entertainment/tv/2009/05/breaking_bad_vince_gilligan_se.html 
  5. ^ “Q&A – Vince Gilligan (Creator)”. AMC. (2009年6月). https://www.amc.com/shows/breaking-bad/talk/2009/06/vince-gilligan-interview-2 
  6. ^ Scott Meslow (2012年8月31日). “The Big Secret of 'Breaking Bad': Walter White Was Always a Bad Guy”. the Atlantic. https://www.theatlantic.com/entertainment/archive/2012/08/the-big-secret-of-breaking-bad-walter-white-was-always-a-bad-guy/261833/ 
  7. ^ A.O. Scott (2013年7月). “Bad in the Bones”. New York Times. https://www.nytimes.com/2013/07/28/arts/television/how-walter-white-found-his-inner-sociopath.html 
  8. ^ Martin Chilton (2012年9月14日). “Breaking Bad: Vince Gilligan interview”. The Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/culture/tvandradio/9538716/Breaking-Bad-Vince-Gilligan-interview.html 
  9. ^ “Vince Gilligan Answers Fan Questions (Part I)”. AMC. (2012年9月). https://www.amc.com/shows/breaking-bad/talk/2012/09/vince-gilligan-interview-part-i 
  10. ^ Aaron Couch (2013年9月30日). “'Breaking Bad' Producer on Walt's Finale Sacrifice: He Didn't Redeem Himself (Q&A)”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/live-feed/breaking-bad-producer-walts-finale-639168 
  11. ^ Rob Tannenbaum (2013年9月25日). “Vince Gilligan: ‘Walt Is Not Darth Vader’”. Rolling Stone. https://www.rollingstone.com/tv/tv-news/vince-gilligan-walt-is-not-darth-vader-78709/ 
  12. ^ a b DAVE ITZKOFF (2010年3月18日). “Character and Career, Both Alive”. New York Times. https://www.nytimes.com/2010/03/21/arts/television/21breaking.html?pagewanted=all 
  13. ^ Erik Kain (2011年11月10日). “Breaking Bad - 'Peekaboo' and the Humanity of Jesse Pinkman”. Forbes. https://www.forbes.com/sites/erikkain/2011/11/10/breaking-bad-peekaboo-and-the-humanity-of-jesse-pinkman/#732271c41799 
  14. ^ Bob Perry; Robert Velarde (2014年8月28日). “Breaking Bad’s Addicting Defense of Moral Realism”. CRI. https://www.equip.org/articles/breaking-bads-addicting-defense-moral-realism/ 
  15. ^ Dsvid Segal (2011年7月6日). “The Dark Art of ‘Breaking Bad’”. New York Times. https://www.nytimes.com/2011/07/10/magazine/the-dark-art-of-breaking-bad.html 
  16. ^ Alex Horton (2013年8月9日). “Breaking Bad's Moral Lesson to Civilians”. The Atlantic. https://www.theatlantic.com/entertainment/archive/2013/08/-i-breaking-bad-i-s-moral-lesson-to-civilians/278544/ 
  17. ^ Laura Hudson (2013年10月5日). “Die Like a Man: The Toxic Masculinity of Breaking Bad”. WIRED. https://www.wired.com/2013/10/breaking-bad-toxic-masculinity/ 
  18. ^ Gus Fring Speaks: Giancarlo Esposito on 'Breaking Bad's' Most Memorable Villain”. 2013年10月21日閲覧。
  19. ^ http://rocketnews24.com/2014/11/11/507612/
  20. ^ アンソニー・ホプキンス「ブレイキング・バッド」出演者に感激のファンレター送付”. 2013年10月19日閲覧。
  21. ^ 「ブレイキング・バッド」がフィリップ・シーモア・ホフマンの出演を断っていた!”. 2014年9月18日閲覧。
  22. ^ Breaking Bad : Season 1”. 2013年10月22日閲覧。
  23. ^ Breaking Bad : Season 2”. 2013年10月22日閲覧。
  24. ^ Breaking Bad : Season 3”. 2013年10月22日閲覧。
  25. ^ Breaking Bad : Season 4”. 2013年10月22日閲覧。
  26. ^ Breaking Bad : Season 5”. 2013年10月22日閲覧。
  27. ^ BREAKING BAD COOKS UP RECORD-BREAKING FORMULA FOR GUINNESS WORLD RECORDS 2014 EDITION”. 2013年10月22日閲覧。
  28. ^ Highest Rated TV Series With At Least 6,000 Votes”. 2013年11月2日閲覧。
  29. ^ そこをなんとか教えてください−村上さんのところ”. 2015年2月7日閲覧。
  30. ^ TOUR DE PANTS”. 2013年10月19日閲覧。
  31. ^ 'Breaking' is far from bad; it's fantastic”. 2013年10月19日閲覧。
  32. ^ Breaking Bad Review”. 2013年10月27日閲覧。
  33. ^ TV review: 'Breaking Bad' proves anything but”. 2013年10月27日閲覧。
  34. ^ Stephen King: I Love 'Breaking Bad'!”. 2013年10月27日閲覧。
  35. ^ Breaking Bad's White-Hot Slow Burn”. 2013年10月30日閲覧。
  36. ^ "Breaking Bad:" Still bad, in a good way”. 2013年10月30日閲覧。
  37. ^ 'Breaking Bad' premiere”. 2013年10月30日閲覧。
  38. ^ A gripping portrait of change”. 2013年10月30日閲覧。
  39. ^ 'Breaking Bad' is back and better than ever”. 2013年10月30日閲覧。
  40. ^ What Were the Best TV Lines of 2011?”. 2013年10月30日閲覧。
  41. ^ Samuel L. Jackson Reads 'Breaking Bad' Monologue: 'I am the Danger' (Video)”. 2013年10月30日閲覧。
  42. ^ Best TV Show: 'Breaking BadS”. 2013年10月30日閲覧。
  43. ^ "Breaking Bad: 'Face Off'"”. 2013年10月30日閲覧。
  44. ^ Breaking Bad: Felina, Review”. 2013年10月30日閲覧。
  45. ^ Breaking Bad”. 2013年10月30日閲覧。
  46. ^ Breaking Bad Season 5, Episode 14 Ozymandias”. 2013年10月30日閲覧。
  47. ^ BREAKING BAD: THE FINAL SEASON REVIEW SETH AMITIN”. 2013年10月30日閲覧。
  48. ^ AMC Eyes ‘Breaking Bad’ Spinoff Toplined By Bob Odenkirk”. 2013年10月30日閲覧。
  49. ^ Breaking Bad Prequel Spin-Off Better Call Saul Ordered to Series at AMC”. 2013年10月30日閲覧。
  50. ^ Univision Announces Adaptations of ‘Breaking Bad’ & ‘Gossip Girl’ For Hispanic Market”. 2013年10月30日閲覧。
  51. ^ 『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』配信日決定 - Netflix”. youtube. 2019年8月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集