メインメニューを開く

設計編集

M14A編集

M14Aは前作のM7AおよびM7Cの発展型であり、大きな違いとしてはアウトボード式であったリアブレーキがインボード式に変化している[2]。エンジンおよびトランスミッションはコスワース DFVヒューランドの5速マニュアルギアボックスと変化は無かった。

M14D編集

M14DもM7D同様、アルファロメオオートデルタ部門に委託された。エンジンはアルファロメオ・T33に搭載された3リッターV8エンジンと同じ物が搭載された。

レース戦歴編集

1970編集

1970年はマクラーレンにとって驚異的な一年であった。ブルース・マクラーレンデニス・ハルムのシーズン序盤3戦は2位が2回に4位が1回、リタイアが3回という成績であった。しかしながら、1970年6月2日にグッドウッド・サーキットで新しいCan-AmマシンのM8Dをテストしていたブルース・マクラーレンが事故死する。マクラーレンはその5日後に行われたベルギーグランプリを欠場した。ハルムもその1ヶ月前にインディ500の練習中にメタノールの火災で負傷していた。

マクラーレンはダン・ガーニーピーター・ゲシンを起用し、オランダグランプリから参戦を再開した。ハルムはフランスグランプリから復帰し、ゲシンに代わって出場した。ガーニーはもう1戦に出場し、ドイツグランプリからはゲシンが出場した。ハルムは3位に3度入賞したが、マクラーレンはコンストラクターズランキング5位でシーズンを終えた。

アンドレア・デ・アダミッチはアルファロメオエンジンを搭載したM7Dでシーズンを始め、オランダグランプリから同じくアルファロメオエンジンを搭載したM14Dにスイッチした。

1971編集

ピーター・ゲシンはM14Aで1971年シーズンを開始した。一方でハルムはM19Aをドライブした。リタイア2度と8位完走という成績の後、ゲシンにもM19Aが与えられた。M14Aはその後ジャッキー・オリバーがドライブし、リタイア、9位、7位という結果に終わった。

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ポイント 順位
1970年 M14A フォード-コスワース DFV G RSA
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
MEX
 
35 5位
  ブルース・マクラーレン Ret 2 Ret
  デニス・ハルム 2 Ret 4 4 3 3 Ret 4 Ret 7 3
  ダン・ガーニー Ret 6 Ret
  ピーター・ゲシン Ret Ret 10 Ret 6 14 Ret
M14D アルファロメオ T33 V8   アンドレア・デ・アダミッチ DNQ DNQ 12 8 Ret DNQ
1971年 M14A フォード-コスワース DFV G RSA
 
ESP
 
MON
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
10* 6位
  ピーター・ゲシン Ret 8 Ret
  ジャッキー・オリバー Ret 9 7

* 1971年の全てのポイントはマクラーレン・M19Aによる。

参照編集

  1. ^ 1970 - 1971 McLaren M14A Cosworth”. Ultimatecarpage.com. 2014年9月20日閲覧。
  2. ^ The Grand Prix Scene”. motorsportmagazine.com. Motor Sport (magazine). 2014年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月20日閲覧。

外部リンク編集