1970年オランダグランプリ

1970年オランダグランプリ (1970 Dutch Grand Prix) は、1970年のF1世界選手権第5戦として、1970年6月21日ザントフォールト・サーキットで開催された。

オランダ 1970年オランダグランプリ
レース詳細
1970年F1世界選手権全13戦の第5戦
ザントフォールト・サーキット (1948-1971)
日程 1970年6月21日
正式名称 XVIII Grote Prijs van Nederland
開催地 ザントフォールト・サーキット
オランダの旗 オランダ ザントフォールト英語版
コース 恒久的レース施設
コース長 4.193 km (2.605 mi)
レース距離 90周 377.370 km (234.487 mi)
決勝日天候 曇(ドライ)
ポールポジション
ドライバー ロータス-フォード
タイム 1:18.5
ファステストラップ
ドライバー ベルギー ジャッキー・イクス フェラーリ
タイム 1:19.23 (22[1]周目)
決勝順位
優勝 ロータス-フォード
2位 マーチ-フォード
3位 フェラーリ

この日は1970 FIFAワールドカップの決勝がメキシコシティで開催されたが、本レースの終了後に行われた。

レースはチーム・ロータスヨッヘン・リントが楔形ボディの新車ロータス・72を駆り、ポール・トゥ・ウィンで優勝したが、リントの親友であったピアス・カレッジが事故死した。

エントリー編集

 
2年ぶりのF1参戦となるダン・ガーニー

ブルース・マクラーレンの死により前戦ベルギーGPを欠場したマクラーレンが復帰した。エースのデニス・ハルムザントフォールト・サーキットには来たものの、インディ500英語版の練習走行中に負った両腕の火傷が完治せず欠場した[2]F5000ドライバーの新人ピーター・ゲシンがハルムの代走を務め、亡きブルースに代わってダン・ガーニーがF1に復帰した[3]アルファロメオエンジンを使用する新車M14Dが完成し、アンドレア・デ・アダミッチがドライブする。また、マクラーレン勢とともに欠場したジョン・サーティースも復帰した[2]BRMジョージ・イートン英語版が復帰して3台体制に戻り、ティレル引退したジョニー・セルボ=ギャバンに代わるドライバーとして、新人フランソワ・セベールを起用した。ロータスは新車72の準備が整い、ヨッヘン・リントジョン・マイルス英語版が72を走らせる[4]フェラーリは前戦ベルギーGPからジャッキー・イクスのパートナーとしてイグナツィオ・ギュンティクレイ・レガツォーニの新人2人を交代で走らせることにしたが、本レースはレガツォーニを起用した[5][6]。プライベーターのシルビオ・モーザーは、イタリアのベラシ英語版マシンの製作を依頼した。モーザーが所有していたブラバム・BT24英語版のパーツを多用したマシンは武骨で重量過多であった[7]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  ヤードレー・チーム・BRM 1   ペドロ・ロドリゲス BRM P153 BRM P142 3.0L V12 D
2   ジャッキー・オリバー
3   ジョージ・イートン
  フランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ 4   ピアス・カレッジ デ・トマソ 505 フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
  ティレル・レーシング・オーガニゼーション 5   ジャッキー・スチュワート マーチ 701 フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
6   フランソワ・セベール
  マーチ・エンジニアリング 8   クリス・エイモン マーチ 701 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
9   ジョー・シフェール
  ゴールドリーフ・チーム・ロータス 10   ヨッヘン・リント ロータス 72C フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
12   ジョン・マイルス 72B
14   アレックス・ソラー=ロイグ 1 49C
  ブルックボンド・オクソ・レーシング/ロブ・ウォーカー 15   グラハム・ヒル ロータス 49C フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  チーム・サーティース 16   ジョン・サーティース マクラーレン M7C フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド 18   ジャック・ブラバム ブラバム BT33 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
  アウト・モトール・ウント・シュポルト 19   ロルフ・シュトメレン
  ブルース・マクラーレン・モーターレーシング 20   ピーター・ゲシン マクラーレン M14A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
32   ダン・ガーニー
21   アンドレア・デ・アダミッチ M14D アルファロメオ T33 3.0L V8
  コーリン・クラッベ・レーシング 22   ロニー・ピーターソン マーチ 701 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
  エキップ・マトラ・エルフ 23   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ MS120 マトラ MS12 3.0L V12 G
24   アンリ・ペスカロロ
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 25   ジャッキー・イクス フェラーリ 312B フェラーリ 001 3.0L F12 F
26   クレイ・レガツォーニ
  STPコーポレーション 28   マリオ・アンドレッティ 1 マーチ 701 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  シルビオ・モーザー・レーシングチーム 29   シルビオ・モーザー ベラシ F1 70 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
  トム・ウィートクロフト・レーシング 30   デレック・ベル 1 ブラバム BT26A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
  ピート・ラブリー・フォルクスワーゲン・インク 31   ピート・ラブリー ロータス 49B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
ソース:[8]
追記
  • ^1 - マシンが準備できず[9]

予選編集

本レースは決勝へ進出できるのは20台に定められ[10]スペインGPモナコGPと同様に、主要チームのエースドライバー(ジャッキー・スチュワートティレル/マーチ)、ヨッヘン・リントロータス)、ジャッキー・イクスフェラーリ)、クリス・エイモン(マーチ)、ペドロ・ロドリゲスBRM)、ジャック・ブラバムブラバム)、ジャン=ピエール・ベルトワーズマトラ)、ジョン・サーティースサーティース/マクラーレン)、グラハム・ヒルロブ・ウォーカー/ロータス)、ダン・ガーニー(マクラーレン)は自動的に決勝への出走が保証された[11]

リントが今季初のポールポジションを獲得し[11]、スチュワートとイクスとともにフロントローに並んだ[注 1]。エイモンとジャッキー・オリバー(BRM)が2列目、クレイ・レガツォーニ(フェラーリ)、ロドリゲス、ジョン・マイルス英語版(ロータス)が3列目を占め、ピアス・カレッジウィリアムズ/デ・トマソ)とベルトワーズが続いた。ブラバムとロドリゲスはアクシデントに見舞われたが、両者とも無傷だった[4]

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 10   ヨッヘン・リント ロータス-フォード 1:18.30 - 1 1
2 5   ジャッキー・スチュワート マーチ-フォード 1:18.73 +0.43 2 1
3 25   ジャッキー・イクス フェラーリ 1:18.93 +0.63 3 1
4 8   クリス・エイモン マーチ-フォード 1:19.25 +0.95 4 1
5 2   ジャッキー・オリバー BRM 1:19.30 +1.00 5
6 26   クレイ・レガツォーニ フェラーリ 1:19.48 +1.18 6
7 1   ペドロ・ロドリゲス BRM 1:20.07 +1.77 7 1
8 12   ジョン・マイルス ロータス-フォード 1:20.24 +1.94 8
9 4   ピアス・カレッジ デ・トマソ-フォード 1:20.32 +2.02 9
10 23   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ 1:20.38 +2.08 10 1
11 20   ピーター・ゲシン マクラーレン-フォード 1:20.41 +2.11 11
12 18   ジャック・ブラバム ブラバム-フォード 1:20.76 +2.46 12 1
13 24   アンリ・ペスカロロ マトラ 1:20.89 +2.59 13
14 16   ジョン・サーティース マクラーレン-フォード 1:21.18 +2.88 14 1
15 6   フランソワ・セベール マーチ-フォード 1:21.18 +2.88 15
16 22   ロニー・ピーターソン マーチ-フォード 1:21.24 +2.94 16
17 9   ジョー・シフェール マーチ-フォード 1:21.27 +2.97 17
18 3   ジョージ・イートン BRM 1:21.35 +3.05 18
19 32   ダン・ガーニー マクラーレン-フォード 1:21.36 +3.06 19 1
20 21   アンドレア・デ・アダミッチ マクラーレン-アルファロメオ 1:21.36 +3.06 DNQ
21 15   グラハム・ヒル ロータス-フォード 1:21.63 +3.33 20 1
22 19   ロルフ・シュトメレン ブラバム-フォード 1:22.34 +4.04 DNQ
23 31   ピート・ラブリー ロータス-フォード 1:23.37 +5.07 DNQ
24 29   シルビオ・モーザー ベラシ-フォード 1:24.29 +5.99 DNQ
ソース:[10][12]
追記
  • ^1 - あらかじめ決勝進出のシード権が与えられていた[11]

決勝編集

 
リントは革新的なロータス・72に初勝利をもたらした。
 
優勝したリント

決勝当日は曇り空で、メキシコシティで開催される1970 FIFAワールドカップの決勝と重なるのを避けるため、レースの開始時間が15:00(CEST/UTC+2)から13:00(同)に早められた[注 2][4][11]

スタートでジャッキー・イクスヨッヘン・リントの前に出たが、リントは2周目に満タン(50-55ガロン)のガソリンを積んだ状態でファステストラップを出し[13]、3周目のターザンヘアピンでイクスを抜いた。コーリン・チャップマンが制作したアンチスクワットが持続する[注 3]ロータス・72ジョン・マイルス英語版は1周目に5位まで順位を上げ、オーバーテイクが容易でないことがわかった。このことはチーム・ロータスを助けた。リントが29周目から32周目の4周でジャック・ブラバムジャン=ピエール・ベルトワーズジョン・サーティース、マイルスの4台を周回遅れにしたのに対し、イクスやジャッキー・スチュワートは彼らを周回遅れにするのに7周を要した[14]。マイルスは49周目にベルトワーズに抜かれ、海岸の砂浜から大きい波が見えると2台目のロータス・72はグリップを失い、残り4周でサーティースがマイルスを抜いて6位に入賞した。

本レースで2台目のフェラーリ・312Bを走らせたクレイ・レガツォーニがデビュー戦でチームメイトのイクスに続く4位に入賞し、フェラーリの復活を印象づけたが、死亡事故によって台無しとなった。ウィリアムズからデ・トマソを駆るピアス・カレッジが22周目、トンネルオースト手前の縁石に乗りげてサスペンションが破損し、芝生の土手をまっすぐに登った。マシンは宙返りをした後に爆発し、カレッジはフロントタイヤに頭をぶつけて即死した。激しい炎によって事故現場周辺の木々を明るくした。1973年にも同様の事故が起こり、ロジャー・ウィリアムソンが亡くなっている[15]。カレッジの事故死にチーム監督で親友でもあったフランク・ウィリアムズが受けたショックは大きかった[16]。革新的なロータス・72が本調子を発揮して今季2勝目を挙げたリント[17]も親友のカレッジの死に大きなショックを受け、この年限りでの引退を真剣に考えるようになった[16]

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 10   ヨッヘン・リント ロータス-フォード 80 1:50:43.41 1 9
2 5   ジャッキー・スチュワート マーチ-フォード 80 +30.00 2 6
3 25   ジャッキー・イクス フェラーリ 79 +1 Lap 3 4
4 26   クレイ・レガツォーニ フェラーリ 79 +1 Lap 6 3
5 23   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ 79 +1 Lap 10 2
6 16   ジョン・サーティース マクラーレン-フォード 79 +1 Lap 14 1
7 12   ジョン・マイルス ロータス-フォード 78 +2 Laps 8
8 24   アンリ・ペスカロロ マトラ 78 +2 Laps 13
9 22   ロニー・ピーターソン マーチ-フォード 78 +2 Laps 16
10 1   ペドロ・ロドリゲス BRM 77 +3 Laps 7
11 18   ジャック・ブラバム ブラバム-フォード 76 +4 Laps 12
NC 15   グラハム・ヒル ロータス-フォード 71 規定周回数不足 20
Ret 6   フランソワ・セベール マーチ-フォード 31 エンジン 15
Ret 3   ジョージ・イートン BRM 26 オイル漏れ 18
Ret 2   ジャッキー・オリバー BRM 23 エンジン 5
Ret 4   ピアス・カレッジ デ・トマソ-フォード 22 事故死 9
Ret 9   ジョー・シフェール マーチ-フォード 22 エンジン 17
Ret 20   ピーター・ゲシン マクラーレン-フォード 18 アクシデント 11
Ret 32   ダン・ガーニー マクラーレン-フォード 2 エンジン 19
Ret 8   クリス・エイモン マーチ-フォード 1 クラッチ 4
DNQ 21   アンドレア・デ・アダミッチ マクラーレン-アルファロメオ 予選不通過
DNQ 19   ロルフ・シュトメレン ブラバム-フォード 予選不通過
DNQ 31   ピート・ラブリー ロータス-フォード 予選不通過
DNQ 29   シルビオ・モーザー ベラシ-フォード 予選不通過
ソース:[18]
優勝者ヨッヘン・リントの平均速度[9]
181.772 km/h (112.948 mph)
ファステストラップ[1]
ラップリーダー[19]
太字は最多ラップリーダー

第5戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。前半7戦のうちベスト6戦及び後半6戦のうちベスト5戦がカウントされる。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 本レースのスターティンググリッドは3-2-3。
  2. ^ FIFAワールドカップ決勝の生中継がヨーロッパのゴールデンタイムとなるように、試合開始時間を12:00(CDT/UTC-5。オランダでは19:00)とした。
  3. ^ リアサスペンションが沈まず、コーナリングが容易になる。

出典編集

  1. ^ a b Netherlands 1970 - Best laps”. STATS F1. 2019年12月30日閲覧。
  2. ^ a b (ダグ・ナイ 1989, p. 171-172)
  3. ^ (ダグ・ナイ 1989, p. 139)
  4. ^ a b c Dutch GP, 1970”. grandprix.com. 2019年12月31日閲覧。
  5. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 253-254)
  6. ^ (林信次 1995, p. 101)
  7. ^ (林信次 1995, p. 113)
  8. ^ Netherlands 1970 - Race entrants”. STATS F1. 2019年12月31日閲覧。
  9. ^ a b Netherlands 1970 - Result”. STATS F1. 2019年12月31日閲覧。
  10. ^ a b Netherlands 1970 - Qualifications”. STATS F1. 2019年12月31日閲覧。
  11. ^ a b c d Netherlands 1970”. STATS F1. 2019年12月31日閲覧。
  12. ^ Netherlands 1970 - Starting grid”. STATS F1. 2019年12月31日閲覧。
  13. ^ D.S.Jenkinson. 'The Dutch GP . A Tech Advance' in Motorsport August 1970. Retrieved 31/3/2019
  14. ^ Dutch GP. Motorsport August 1970. Retrieved 31/3/2019
  15. ^ “The Dutch Grand Prix”. Motor Sport: 44. (August 2015). http://www.motorsportmagazine.com/archive/article/august-1970/44/dutch-grand-prix-technical-step-forward 2015年7月31日閲覧。. 
  16. ^ a b (林信次 1995, p. 102)
  17. ^ (林信次 1995, p. 99)
  18. ^ 1970 Dutch Grand Prix”. formula1.com. 2014年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  19. ^ Netherlands 1970 - Laps led”. STATS F1. 2019年12月30日閲覧。
  20. ^ a b Netherlands 1970 - Championship”. STATS F1. 2019年3月15日閲覧。

参照文献編集

  • Wikipedia英語版 - en:1970 Dutch Grand Prix(2019年10月28日 20:59:15(UTC))
  • 林信次『F1全史 1966-1970 [3リッターF1の開幕/ホンダ挑戦期の終わり]』ニューズ出版、1995年。ISBN 4-938495-06-6
  • アラン・ヘンリー『チーム・フェラーリの全て』早川麻百合+島江政弘(訳)、CBS・ソニー出版、1989年12月。ISBN 4-7897-0491-2
  • ダグ・ナイ『チーム・マクラーレンの全て』森岡成憲(訳)、CBS・ソニー出版、1989年12月。ISBN 4-7897-0491-2

関連項目編集

外部リンク編集

前戦
1970年ベルギーグランプリ
FIA F1世界選手権
1970年シーズン
次戦
1970年フランスグランプリ
前回開催
1969年オランダグランプリ
  オランダグランプリ次回開催
1971年オランダグランプリ