1970年南アフリカグランプリ

1970年南アフリカグランプリ (1970 South African Grand Prix, アフリカーンス語Vierde AA Suid-Afrikaanse Grand Prix[2]) は、1970年のF1世界選手権の開幕戦として、1970年3月7日キャラミで開催された。

南アフリカ共和国 1970年南アフリカグランプリ
レース詳細
1970年F1世界選手権全13戦の第1戦
キャラミ (1967-1985)
キャラミ (1967-1985)
日程 1970年3月7日
正式名称 Fourth AA Grand Prix of South Africa
開催地 キャラミ
南アフリカの旗 南アフリカ共和国 トランスヴァール州 ミッドラント英語版
コース 恒久的レース施設
コース長 4.104 km (2.550 mi)
レース距離 80周 328.320 km (204.009 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)[1]
ポールポジション
ドライバー マーチ-フォード
タイム 1:19.3
ファステストラップ
ドライバー イギリス ジョン・サーティース (6周目) マクラーレン-フォード
ファステストラップ オーストラリア ジャック・ブラバム (71周目) ブラバム-フォード
タイム 1:20.8
決勝順位
優勝 ブラバム-フォード
2位 マクラーレン-フォード
3位 マーチ-フォード

3回のチャンピオンを獲得したジャック・ブラバムが優勝し、これがF1最後の勝利となった[3][4]

エントリー編集

 
ティレルシャシーをこの年F1への参戦を開始したマーチに切り替え、701を走らせた(2012年シルバーストン・クラシック英語版にて)。

1970年代最初のレースはキャラミで行われ、新しいシーズンのエントリーリストには大きな変更がいくつかあった[5]

一番の話題は、マックス・モズレーアラン・リーズグラハム・コーカー英語版ロビン・ハードによって設立されたマーチ・エンジニアリング(以下マーチ)[注 1]がF1への参戦を開始したことであった。前年秋にF3へ参入して産声を上げたばかりであったが、エンジンオイルメーカーのSTP英語版から大規模なスポンサーを受け、本年からいきなりF1に進出した。ドライバーの陣容も度肝を抜くものであり、ワークスクリス・エイモンジョー・シフェール、プライベーターのティレルが前年度王者のジャッキー・スチュワートジョニー・セルボ=ギャバン、同じくSTPからマリオ・アンドレッティといった豪華メンバーが名を連ねた[6]。創設者の一人であるハードが設計した初のF1マシン701は、ボディ両サイドに張り出した補助燃料タンクがウィング形状をしているのが特徴であった[注 2][7]。ティレルは前年までマトラシャシーを使用し、前年にコンストラクターズチャンピオンをもたらしたが、そのマトラがクライスラー系列のシムカの傘下に入ったため、フォード・コスワース・DFVエンジンが使えなくなってしまった。これに伴いティレルはシャシーをマトラからマーチに切り替え、前年はF1活動を休止していたワークスのエキップ・マトラ・エルフが自製V12エンジンを搭載したMS120で復帰した。ドライバーはマトラ子飼いのジャン=ピエール・ベルトワーズアンリ・ペスカロロがコンビを組んだ[8]フェラーリは前年にフィアットの傘下に入り、エンツォ・フェラーリはレース活動に集中することができるようになり、F1事業を拡大した[5]。ドライバーはマーチへ去ったエイモンに代わり、ジャッキー・イクスブラバムから復帰し[9]、前年秋から熟成を続けていた水平対向12気筒エンジンを搭載した新車312Bを投入した[10]BRMは新車P153を投入し、残留したジャッキー・オリバーと復帰したペドロ・ロドリゲスが同車を走らせ、持参金を持ち込んだジョージ・イートン英語版は前年のP139を走らせる[10]。ブラバムは初のモノコックシャシーである新車BT33を投入し[8]ジャック・ブラバムはチーム運営を共同創設者でマシン開発者のロン・トーラナックに任せ、自身はドライバーとして契約する形を取った[11]。チームメイトはフェラーリへ去ったイクスに代わり、新人ロルフ・シュトメレンがドイツの自動車雑誌「アウト・モトール・ウント・シュポルト英語版(Auto motor und sport)」の支援を受け、かつ同誌をエントラント名として参加する[8]ロータスは新車72の開発に大忙しだったが開幕時点では登場せず[5]、残留したヨッヘン・リントジョン・マイルス英語版は古い49Cで参戦する[8]。2回のドライバーズチャンピオンであるグラハム・ヒル前年のアメリカGPでのクラッシュによる負傷から回復し[5][3]、プライベーターのロブ・ウォーカー・レーシングチームへ移籍して49Cを走らせる[8][3]マクラーレンは新車M14Aを投入し、エースのデニス・ハルムとオーナーのブルース・マクラーレンが同車を走らせる[10]ジョン・サーティースは自身のチーム「サーティース」からF1参戦を開始するが、自製マシンが完成するまでの間はマクラーレン・M7Cを購入し、独自に改造を施して参戦する[12]フランク・ウィリアムズ・レーシングカーズは、1960年代前半に小規模なF1参戦を行い久々に復帰したデ・トマソにシャシーを切り替えた。マシンは後にダラーラの創業者となるジャンパオロ・ダラーラが設計した505で、残留したピアス・カレッジが同車を走らせる[12]。この他、地元南アフリカ共和国及び隣国のローデシア(現在のジンバブエ)から参戦したプライベートチーム及びドライバーについては、下記のエントリーリストを参照されたい。

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  ティレル・レーシング・オーガニゼーション 1   ジャッキー・スチュワート マーチ 701 フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
2   ジョニー・セルボ=ギャバン
  エキップ・マトラ・エルフ 3   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ MS120 マトラ MS12 3.0L V12 G
4   アンリ・ペスカロロ
  ブルース・マクラーレン・モーターレーシング 5   ブルース・マクラーレン マクラーレン M14A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
6   デニス・ハルム
  チーム・サーティース 7   ジョン・サーティース マクラーレン M7C フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  STPコーポレーション 8   マリオ・アンドレッティ マーチ 701 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  ゴールドリーフ・チーム・ロータス 9   ヨッヘン・リント ロータス 49C フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
10   ジョン・マイルス
  ロブ・ウォーカー・レーシングチーム 11   グラハム・ヒル
  ブライアン・レッドマン 1
ロータス 49C フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド 12   ジャック・ブラバム ブラバム BT33 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
  アウト・モトール・ウント・シュポルト 14   ロルフ・シュトメレン
  マーチ・エンジニアリング 15   クリス・エイモン マーチ 701 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
16   ジョー・シフェール
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 17   ジャッキー・イクス フェラーリ 312B フェラーリ 001 3.0L F12 F
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 19   ジャッキー・オリバー BRM P153 BRM P142 3.0L V12 D
20   ペドロ・ロドリゲス
21   ジョージ・イートン P139
  フランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ 22   ピアス・カレッジ デ・トマソ 505 フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
  チーム・ガンストン 23   ジョン・ラブ ロータス 49 フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
24   ピーター・デ・クラーク ブラバム BT26A G
  スクーデリア・スクリバンテ 25   デイヴ・チャールトン ロータス 49C フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
ソース:[13]
追記
  • ^1 - レッドマンはヒルの代走要員としてエントリーされた[1]

予選編集

F1デビュー戦からマーチの存在感は印象的で、ティレルマーチ・701を走らせる前年度王者のジャッキー・スチュワートポールポジションを獲得し、ワークスの701でクリス・エイモンが2番手に続いた。フロントローの残り1台[注 3]ジャック・ブラバムが手にした。2列目はヨッヘン・リントジャッキー・イクスが、3列目はデニス・ハルムジョン・サーティースジャン=ピエール・ベルトワーズが占めた[5]

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 1   ジャッキー・スチュワート マーチ-フォード 1:19.3 - 1
2 15   クリス・エイモン マーチ-フォード 1:19.3 - 2
3 12   ジャック・ブラバム ブラバム-フォード 1:19.6 +0.3 3
4 9   ヨッヘン・リント ロータス-フォード 1:19.9 +0.6 4
5 17   ジャッキー・イクス フェラーリ 1:20.0 +0.7 5
6 6   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 1:20.1 +0.8 6
7 7   ジョン・サーティース マクラーレン-フォード 1:20.2 +0.9 7
8 3   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ 1:20.2 +0.9 8
9 16   ジョー・シフェール マーチ-フォード 1:20.2 +0.9 9
10 5   ブルース・マクラーレン マクラーレン-フォード 1:20.3 +1.0 10
11 8   マリオ・アンドレッティ マーチ-フォード 1:20.5 +1.2 11
12 19   ジャッキー・オリバー BRM 1:20.9 +1.6 12
13 25   デイヴ・チャールトン ロータス-フォード 1:20.9 +1.6 13
14 10   ジョン・マイルス ロータス-フォード 1:21.0 +1.7 14
15 14   ロルフ・シュトメレン ブラバム-フォード 1:21.2 +1.9 15
16 20   ペドロ・ロドリゲス BRM 1:21.3 +2.0 16
17 2   ジョニー・セルボ=ギャバン マーチ-フォード 1:21.4 +2.1 17
18 4   アンリ・ペスカロロ マトラ 1:21.5 +2.2 18
19 11   グラハム・ヒル ロータス-フォード 1:21.6 +2.3 19
20 22   ピアス・カレッジ デ・トマソ-フォード 1:22.0 +2.7 20
21 11   ブライアン・レッドマン ロータス-フォード 1:22.5[1] +3.2 DNS 1
22 24   ピーター・デ・クラーク ブラバム-フォード 1:22.7 +3.4 21
23 23   ジョン・ラブ ロータス-フォード 1:23.1 +3.8 22
24 21   ジョージ・イートン BRM 1:24.6 +5.3 23
ソース:[14][15]
追記
  • ^1 - レッドマンはヒルの代走要員として参加したため決勝に出走せず[1]

決勝編集

スタートでジャッキー・スチュワートがリードする一方、最初のコーナーでヨッヘン・リントクリス・エイモンがもつれてスピンし、ジャック・ブラバムと接触した。ブラバムはジャッキー・イクスジャン=ピエール・ベルトワーズジャッキー・オリバーブルース・マクラーレンに抜かれ、エイモンとリントは大きく順位を落とした。ブラバムはすぐに回復し、6周目が終わるまでにイクスからマクラーレンの4台すべてを抜き返した。ブラバムは首位のスチュワートを追いかけ、20周目にスチュワートを抜いて首位に立った。38周目、3位に浮上していたデニス・ハルムもスチュワートを抜いた。レース終了まで上位3台の順位は変わらず[5]、約1ヶ月後に44歳の誕生日を迎えるブラバムが開幕戦を制した[16]。ベルトワーズは、マクラーレンとサーティースがエンジントラブルでリタイアした後4位となった[5]。イクスもオイルパイプが破損し、潤滑油が漏れてエンジントラブルを起こして61周目にリタイアした[9]。オリバーはギアボックスのトラブルでリタイアした[5]

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 12   ジャック・ブラバム ブラバム-フォード 80 1:49:34.6 3 9
2 6   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 80 +8.1 6 6
3 1   ジャッキー・スチュワート マーチ-フォード 80 +17.1 1 4
4 3   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ 80 +1:13.1 8 3
5 10   ジョン・マイルス ロータス-フォード 79 +1 Lap 14 2
6 11   グラハム・ヒル ロータス-フォード 79 +1 Lap 19 1
7 4   アンリ・ペスカロロ マトラ 78 +2 Laps 18
8 23   ジョン・ラブ ロータス-フォード 78 +2 Laps 22
9 20   ペドロ・ロドリゲス BRM 76 +4 Laps 16
10 16   ジョー・シフェール マーチ-フォード 75 +5 Laps 9
11 24   ピーター・デ・クラーク ブラバム-フォード 75 +5 Laps 21
12 25   デイヴ・チャールトン ロータス-フォード 73 タイヤ[1] 13
13 9   ヨッヘン・リント ロータス-フォード 72 エンジン 4
Ret 17   ジャッキー・イクス フェラーリ 60 エンジン 5
Ret 7   ジョン・サーティース マクラーレン-フォード 60 エンジン 7
Ret 21   ジョージ・イートン BRM 58 エンジン 23
Ret 2   ジョニー・セルボ=ギャバン マーチ-フォード 57 エンジン 17
Ret 5   ブルース・マクラーレン マクラーレン-フォード 39 エンジン 10
Ret 22   ピアス・カレッジ デ・トマソ-フォード 39 アクシデント 20
Ret 8   マリオ・アンドレッティ マーチ-フォード 26 オーバーヒート 11
Ret 14   ロルフ・シュトメレン ブラバム-フォード 23 エンジン 15
Ret 19   ジャッキー・オリバー BRM 22 ギアボックス 12
Ret 15   クリス・エイモン マーチ-フォード 14 オーバーヒート 2
DNS 11   ブライアン・レッドマン ロータス-フォード ヒルの代走要員[1]
ソース:[17]
優勝者ジャック・ブラバムの平均速度[18]
179.775 km/h (111.707 mph)
ファステストラップ[19]
ラップリーダー[20]
太字は最多ラップリーダー

第1戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。前半7戦のうちベスト6戦及び後半6戦のうちベスト5戦がカウントされる。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ マーチ(March)の名称は、共同創設者4人のイニシャル(Mosley, Alan Rees, Coaker, Herd)を組み合わせたものである。
  2. ^ サイドのウィング形状は、後年のロータス・78に代表されるグラウンド・エフェクト・カーのようにダウンフォースを狙ったものではない。
  3. ^ 本レースのスターティンググリッドは3-2-3。

出典編集

  1. ^ a b c d e f (林信次 1995, p. 130)
  2. ^ 1970 Formula One Programmes: South Africa”. Motor Racing Programme Covers. The Programme Covers Project. 2015年4月10日閲覧。
  3. ^ a b c “The Grand Prix of South Africa”. Motor Sport: 30. (April 1970). 
  4. ^ 戦績:J.ブラバム”. F1 DataWeb. 2019年12月15日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h South African GP, 1970”. grandprix.com. 2019年12月15日閲覧。
  6. ^ (林信次 1995, p. 103)
  7. ^ (林信次 1995, p. 112)
  8. ^ a b c d e (林信次 1995, p. 110)
  9. ^ a b (アラン・ヘンリー 1989, p. 252)
  10. ^ a b c (林信次 1995, p. 111)
  11. ^ (林信次 1995, p. 107)
  12. ^ a b (林信次 1995, p. 113)
  13. ^ South Africa 1970 - Race entrants”. STATS F1. 2019年12月15日閲覧。
  14. ^ South Africa 1970 - Qualifications”. STATS F1. 2019年12月15日閲覧。
  15. ^ South Africa 1970 - Starting grid”. STATS F1. 2019年12月15日閲覧。
  16. ^ (林信次 1995, p. 102)
  17. ^ 1970 South African Grand Prix”. formula1.com. 2013年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  18. ^ South Africa 1970 - Result”. STATS F1. 2019年12月15日閲覧。
  19. ^ South Africa 1970 - Best laps”. STATS F1. 2019年12月15日閲覧。
  20. ^ South Africa 1970 - Laps led”. STATS F1. 2019年12月15日閲覧。
  21. ^ a b South Africa 1970 - Championship”. STATS F1. 2019年3月20日閲覧。

参照文献編集

  • Wikipedia英語版 - en:1970 South African Grand Prix (2019年9月9日 04:32:01)
  • 林信次 『F1全史 1966-1970 [3リッターF1の開幕/ホンダ挑戦期の終わり]』ニューズ出版、1995年。ISBN 4-938495-06-6 
  • アラン・ヘンリー 『チーム・フェラーリの全て』早川麻百合+島江政弘(訳)、CBS・ソニー出版、1989年12月。ISBN 4-7897-0491-2 

外部リンク編集

FIA F1世界選手権
1970年シーズン
次戦
1970年スペイングランプリ
前回開催
1969年南アフリカグランプリ
  南アフリカグランプリ 次回開催
1971年南アフリカグランプリ