1970年ドイツグランプリ

1970年ドイツグランプリ (1970 German Grand Prix) は、1970年のF1世界選手権第8戦として、1970年8月2日ホッケンハイムリンクで開催された。

西ドイツ 1970年ドイツグランプリ
レース詳細
1970年F1世界選手権全13戦の第8戦
ホッケンハイムリンク (1970–1981)
日程 1970年8月2日
正式名称 XXXII Großer Preis von Deutschland
開催地 ホッケンハイムリンク
西ドイツの旗 西ドイツ ホッケンハイム
コース 恒久的レース施設
コース長 6.789 km (4.218 mi)
レース距離 50周 339.45 km (210.9 mi)
決勝日天候 曇(ドライ)[1]
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 1:59.5
ファステストラップ
ドライバー ベルギー ジャッキー・イクス フェラーリ
タイム 2:00.5 (50[2]周目)
決勝順位
優勝 ロータス-フォード
2位 フェラーリ
3位 マクラーレン-フォード

レースは50周で行われ、ロータスヨッヘン・リントが2番手スタートから優勝した。フェラーリジャッキー・イクスが2位、マクラーレンデニス・ハルムが3位となった。

背景編集

ドイツGP前年までニュルブルクリンクで開催されていたが、同サーキットの安全性についてグランプリ・ドライバーズ・アソシエーション(GPDA)から要求が出されていた。しかし、主催者が安全対策を怠ったことから、GPDAがニュルブルクリンクでのレースを拒否したため、土壇場でホッケンハイムリンクに変更された[3]。ホッケンハイムリンクは1968年ジム・クラークF2レースで事故死した後、シケインを2ヶ所設置する改修を行っていた[4]

エントリー編集

ブルース・マクラーレンの死後、急遽マクラーレンに加わったダン・ガーニーだったが、ガーニーとマクラーレンのスポンサーが競合した[注 1]問題により、チームを離脱せざるを得なかった[5]。これに伴い、ピーター・ゲシンが同チームのレギュラードライバーとなった[3]フェラーリは2台目の312Bイグナツィオ・ギュンティクレイ・レガツォーニの2人で交互に走らせていたが、レガツォーニが前戦イギリスGPで2戦連続の4位入賞を果たした実績を買い、続けて彼を起用した[6]。地元出身のフーベルト・ハーネ英語版は自らマーチ・701を購入して参戦する[7]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  ティレル・レーシング・オーガニゼーション 1   ジャッキー・スチュワート マーチ 701 フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
23   フランソワ・セベール
  ゴールドリーフ・チーム・ロータス 2   ヨッヘン・リント ロータス 72C フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
16   ジョン・マイルス
17   エマーソン・フィッティパルディ 49C
  モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド 3   ジャック・ブラバム ブラバム BT33 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
  アウト・モトール・ウント・シュポルト 21   ロルフ・シュトメレン
  ブルース・マクラーレン・モーターレーシング 4   デニス・ハルム マクラーレン M14A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
24   ピーター・ゲシン
20   アンドレア・デ・アダミッチ M14D アルファロメオ T33 3.0L V8
  マーチ・エンジニアリング 5   クリス・エイモン マーチ 701 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
12   ジョー・シフェール
  ヤードレー・チーム・BRM 6   ペドロ・ロドリゲス BRM P153 BRM P142 3.0L V12 D
18   ジャッキー・オリバー
19   ジョージ・イートン 1
  チーム・サーティース 7   ジョン・サーティース サーティース TS7 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  エキップ・マトラ・エルフ 8   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ MS120 マトラ MS12 3.0L V12 G
14   アンリ・ペスカロロ
  ブルックボンド・オクソ・レーシング/ロブ・ウォーカー 9   グラハム・ヒル ロータス 49C フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 10   ジャッキー・イクス フェラーリ 312B フェラーリ 001 3.0L F12 F
15   クレイ・レガツォーニ
  STPコーポレーション 11   マリオ・アンドレッティ マーチ 701 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  コーリン・クラッベ・レーシング 22   ロニー・ピーターソン マーチ 701 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
  フランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ 25   ブライアン・レッドマン デ・トマソ 505 フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
  フーベルト・ハーネ 26   フーベルト・ハーネ マーチ 701 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  シルビオ・モーザー・レーシングチーム 27   シルビオ・モーザー ベラシ F1 70 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
ソース:[8]
追記
  • ^1 - イートンはエントリーを拒否された[9]

予選編集

本レースの決勝進出台数は21台で、ロニー・ピーターソンシルビオ・モーザーアンドレア・デ・アダミッチブライアン・レッドマンフーベルト・ハーネ英語版の5人を除くドライバーに対し、自動的に決勝へ進出できる権利を与えた[10]

高速サーキットのホッケンハイムリンクであったが、パワーに優るフェラーリ・312Bよりもエアロダイナミクスとハンドリングに優れたロータス・72の方が圧倒的に有利であると見られていた。しかし、フェラーリのエースであるジャッキー・イクスロータスのエースであるヨッヘン・リントを上回ってポールポジションを獲得し、チームメイトのクレイ・レガツォーニも3番手となり、ジョー・シフェールとともに2列目を得た[6]アンリ・ペスカロロクリス・エイモンが3列目を占め、前年度王者のジャッキー・スチュワートは7番手に終わった[3]

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 10   ジャッキー・イクス フェラーリ 1:59.5 - 1
2 2   ヨッヘン・リント ロータス-フォード 1:59.7 +0.2 2
3 15   クレイ・レガツォーニ フェラーリ 1:59.8 +0.3 3
4 12   ジョー・シフェール マーチ-フォード 2:00.0 +0.5 4
5 14   アンリ・ペスカロロ マトラ 2:00.5 +1.0 5
6 5   クリス・エイモン マーチ-フォード 2:00.9 +1.4 6
7 1   ジャッキー・スチュワート マーチ-フォード 2:01.0 +1.5 7
8 6   ペドロ・ロドリゲス BRM 2:01.1 +1.6 8
9 11   マリオ・アンドレッティ マーチ-フォード 2:01.5 +2.0 9
10 16   ジョン・マイルス ロータス-フォード 2:01.6 +2.1 10
11 21   ロルフ・シュトメレン ブラバム-フォード 2:01.6 +2.1 11
12 3   ジャック・ブラバム ブラバム-フォード 2:02.0 +2.5 12
13 17   エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 2:02.0 +2.5 13
14 23   フランソワ・セベール マーチ-フォード 2:02.1 +2.6 14
15 7   ジョン・サーティース サーティース-フォード 2:02.1 +2.6 15
16 4   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 2:02.1 +2.6 16
17 24   ピーター・ゲシン マクラーレン-フォード 2:02.2 +2.7 17
18 18   ジャッキー・オリバー BRM 2:02.3 +2.8 18
19 22   ロニー・ピーターソン 1 マーチ-フォード 2:02.4 +2.9 19
20 25   ブライアン・レッドマン 1 デ・トマソ-フォード 2:02.7 +3.2 DNQ
21 9   グラハム・ヒル ロータス-フォード 2:03.0 +3.5 20
22 20   アンドレア・デ・アダミッチ 1 マクラーレン-アルファロメオ 2:03.0 +3.5 DNQ
23 8   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ 2:05.2 +5.7 21
24 27   シルビオ・モーザー 1 ベラシ-フォード 2:06.2 +6.7 DNQ
25 26   フーベルト・ハーネ 1 マーチ-フォード 2:07.1 +7.6 DNQ
ソース:[11][12]
追記
  • 決勝進出台数は21台に制限[10]
  • ^1 - シード権から外れたドライバー。1台(ピーターソン)のみ決勝進出[10]

決勝編集

ジャッキー・イクスはスタートでヨッヘン・リントからリードし、ジョー・シフェールクレイ・レガツォーニクリス・エイモンが合流して先頭集団を形成した。この5人によるスリップストリームはシフェールが遅れを取るまで続き、周回ごとに順位を入れ替えていった[3]。レガツォーニは22周目にリードを奪って初のラップリーダーとなったが、31周目にギアボックスが壊れてスピンオフしてリタイアし、5周後にエイモンのエンジンが壊れてリタイアしたため[13]、リントとイクスの一騎打ちとなった。残り2周になってリントがリードし、両者は0.7秒の差でフィニッシュラインを超えた。デニス・ハルムは3位となったが、2人から1分20秒遅れであった[3]。リントはロータス・72の性能に感動するあまり、優勝の栄冠を自らの手で受け取ろうとはせず、「このマシンに乗れば、誰でも勝てましたよ」と穏やかに語った[14]

リントは4連勝を挙げ、母国グランプリとなる次戦オーストリアGPを前に、ランキング2位のジャック・ブラバムに20点差を付けた[3]。そして、結果的にこれが最後の優勝、表彰台、入賞、完走となった[14][15]

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 2   ヨッヘン・リント ロータス-フォード 50 1:42:00.3 2 9
2 10   ジャッキー・イクス フェラーリ 50 +0.7 1 6
3 4   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 50 +1:21.8 16 4
4 17   エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 50 +1:55.1 13 3
5 21   ロルフ・シュトメレン ブラバム-フォード 49 +1 Lap 11 2
6 14   アンリ・ペスカロロ マトラ 49 +1 Lap 5 1
7 23   フランソワ・セベール マーチ-フォード 49 +1 Lap 14
8 12   ジョー・シフェール マーチ-フォード 47 イグニッション 4
9 7   ジョン・サーティース サーティース-フォード 46 エンジン 15
Ret 9   グラハム・ヒル ロータス-フォード 37 エンジン 20
Ret 5   クリス・エイモン マーチ-フォード 34 エンジン 6
Ret 15   クレイ・レガツォーニ フェラーリ 30 ギアボックス/エンジン[1] 3
Ret 16   ジョン・マイルス ロータス-フォード 24 エンジン 10
Ret 1   ジャッキー・スチュワート マーチ-フォード 20 エンジン 7
Ret 11   マリオ・アンドレッティ マーチ-フォード 15 ギアボックス 9
Ret 22   ロニー・ピーターソン マーチ-フォード 11 エンジン 19
Ret 6   ペドロ・ロドリゲス BRM 7 イグニッション 8
Ret 18   ジャッキー・オリバー BRM 5 エンジン 18
Ret 3   ジャック・ブラバム ブラバム-フォード 4 オイル漏れ 12
Ret 8   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ 4 サスペンション 21
Ret 24   ピーター・ゲシン マクラーレン-フォード 3 スロットル 17
DNQ 25   ブライアン・レッドマン デ・トマソ-フォード 予選不通過
DNQ 20   アンドレア・デ・アダミッチ マクラーレン-アルファロメオ 予選不通過
DNQ 27   シルビオ・モーザー ベラシ-フォード 予選不通過
DNQ 26   フーベルト・ハーネ マーチ-フォード 予選不通過
ソース:[16]
優勝者ヨッヘン・リントの平均速度[9]
199.667 km/h (124.067 mph)
ファステストラップ[2]
ラップリーダー[17]
太字は最多ラップリーダー

第8戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。前半7戦のうちベスト6戦及び後半6戦のうちベスト5戦がカウントされる。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 当時、マクラーレンはガルフ石油とパートナーシップ契約を結んでいたが、ガーニーはカストロールと契約していた。

出典編集

  1. ^ a b (林信次 1995, p. 131)
  2. ^ a b Germany 1970 - Best laps”. STATS F1. 2020年1月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e f German GP, 1970”. grandprix.com. 2020年1月3日閲覧。
  4. ^ 2つのホッケンハイムリンク”. The Official Ferrari Magazine (2016年9月8日). 2020年1月3日閲覧。
  5. ^ (ダグ・ナイ 1989, p. 141,212)
  6. ^ a b (アラン・ヘンリー 1989, p. 256)
  7. ^ (林信次 1995, p. 112)
  8. ^ Germany 1970 - Race entrants”. STATS F1. 2020年1月4日閲覧。
  9. ^ a b German 1970 - Result”. STATS F1. 2020年1月4日閲覧。
  10. ^ a b c Germany 1970”. STATS F1. 2020年1月3日閲覧。
  11. ^ Germany 1970 - Qualifications”. STATS F1. 2020年1月4日閲覧。
  12. ^ Germany 1970 - Starting grid”. STATS F1. 2020年1月4日閲覧。
  13. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 256-257)
  14. ^ a b (アラン・ヘンリー 1989, p. 257)
  15. ^ 戦績:J.リント”. F1 DataWeb. 2020年1月4日閲覧。
  16. ^ 1970 German Grand Prix”. formula1.com. 2014年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  17. ^ Germany 1970 - Laps led”. STATS F1. 2020年1月4日閲覧。
  18. ^ a b Germany 1970 - Championship”. STATS F1. 2019年3月18日閲覧。

参照文献編集

  • Wikipedia英語版 - en:1970 German Grand Prix(2019年3月18日 12:45:34(UTC))
  • 林信次『F1全史 1966-1970 [3リッターF1の開幕/ホンダ挑戦期の終わり]』ニューズ出版、1995年。ISBN 4-938495-06-6
  • アラン・ヘンリー『チーム・フェラーリの全て』早川麻百合+島江政弘(訳)、CBS・ソニー出版、1989年12月。ISBN 4-7897-0491-2
  • ダグ・ナイ『チーム・マクラーレンの全て』森岡成憲(訳)、CBS・ソニー出版、1989年12月。ISBN 4-7897-0491-2

外部リンク編集

前戦
1970年イギリスグランプリ
FIA F1世界選手権
1970年シーズン
次戦
1970年オーストリアグランプリ
前回開催
1969年ドイツグランプリ
  ドイツグランプリ次回開催
1971年ドイツグランプリ