メインメニューを開く
1970年のFIAフォーミュラ1
世界選手権
前年: 1969 翌年: 1971
一覧: 開催国 | 開催レース

1970年のF1世界選手権は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第21回大会である。1970年3月27日南アフリカで開幕し、10月25日メキシコで開催される最終戦まで、全13戦で争われた。

目次

シーズン概要編集

1970年シーズンはティレルシムカとの協定に従って、コスワースではなくマトラのV12エンジンを使用するよう依頼された。スチュワートはマトラV12をテストしたが、コスワースDFVより劣っていることを理解した。ティレルの予算は大半がフォードから提供されたものであり、もう一つの大きな要素はフランスの国有石油会社エルフによるものであった。

ケン・ティレルにはスポンサーシップの衝突のため、代替手段がほとんど無かった。しかしながら臨時の解決策として、自身のシャシーを秘密に開発している間、マーチ 701シャシーを購入して使用することとした。最初のティレルはマトラ・MS80に多くの部分が似ていた。

ウェッジシェイプの新型ロータス・72は非常に革新的な車であり、トーションビーム式サスペンション、後方配置のラジエター、インボード式フロント・ブレーキ、オーバーハングしたリアウィングを装着していた。72は元からサスペンションに問題を抱えていたが、アンチ・ダイブ、アンチ・スクワット式のサスペンションは他車に対して優越性を示し、シーズンはヨッヘン・リントがモンツァで事故死するまで支配することとなった。リントは死後に70年のタイトルを獲得した。ジャッキー・イクスはオーストリア、カナダ、メキシコで勝利しシーズン2位となった。イクスがエマーソン・フィッティパルディに代わってアメリカグランプリで勝利していたなら、彼がタイトルを獲得していた。

1970年シーズンはグッドイヤーによるスリック・タイヤが導入された。

チャンピオンに3度輝いたジャック・ブラバムは今シーズンをもって引退した。

開催地及び勝者編集

ラウンド レース サーキット 開催日 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター タイヤ レポート
1   南アフリカグランプリ キャラミ 3月7日   ジャッキー・スチュワート   ジャック・ブラバム   ジャック・ブラバム   ブラバム-フォード G 詳細
2   スペイングランプリ ハラマ 4月19日   ジャック・ブラバム   ジャック・ブラバム   ジャッキー・スチュワート   マーチ-フォード D 詳細
3   モナコグランプリ モナコ 5月10日   ジャッキー・スチュワート   ヨッヘン・リント   ヨッヘン・リント   ロータス-フォード F 詳細
4   ベルギーグランプリ スパ・フランコルシャン 6月7日   ジャッキー・スチュワート   クリス・エイモン   ペドロ・ロドリゲス   BRM D 詳細
5   オランダグランプリ ザントフォールト 6月21日   ヨッヘン・リント   ジャッキー・イクス   ヨッヘン・リント   ロータス-フォード F 詳細
6   フランスグランプリ シャレード 7月5日   ジャッキー・イクス   ジャック・ブラバム   ヨッヘン・リント   ロータス-フォード F 詳細
7   イギリスグランプリ ブランズ・ハッチ 7月18日   ヨッヘン・リント   ジャック・ブラバム   ヨッヘン・リント   ロータス-フォード F 詳細
8   ドイツグランプリ ホッケンハイムリンク 8月2日   ジャッキー・イクス   ジャッキー・イクス   ヨッヘン・リント   ロータス-フォード F 詳細
9   オーストリアグランプリ エステルライヒリンク 8月16日   ヨッヘン・リント   ジャッキー・イクス
  クレイ・レガツォーニ
  ジャッキー・イクス   フェラーリ F 詳細
10   イタリアグランプリ モンツァ 9月6日   ジャッキー・イクス   クレイ・レガツォーニ   クレイ・レガツォーニ   フェラーリ F 詳細
11   カナダグランプリ モントランブラン 9月20日   ジャッキー・スチュワート   クレイ・レガツォーニ   ジャッキー・イクス   フェラーリ F 詳細
12   アメリカグランプリ ワトキンズ・グレン 10月4日   ジャッキー・イクス   ジャッキー・イクス   エマーソン・フィッティパルディ   ロータス-フォード F 詳細
13   メキシコグランプリ エルマノス・ロドリゲス 10月25日   クレイ・レガツォーニ   ジャッキー・イクス   ジャッキー・イクス   フェラーリ F 詳細

エントリーリスト編集

チーム コンストラクター シャシー エンジン タイヤ ドライバー 出場ラウンド
  ティレル・レーシング・オーガニゼーション マーチ
ティレル
701
001
フォード コスワースDFV 3.0 V8 D   ジャッキー・スチュワート 全戦
  ジョニー・セルボ=ギャバン 1-3
  フランソワ・セベール 5-13
  エキップ・マトラ エルフ マトラ MS120 マトラ MS12 3.0 V12 G   ジャン=ピエール・ベルトワーズ 全戦
  アンリ・ペスカロロ 全戦
  ブルース・マクラーレン・モーターレーシング マクラーレン M14A
M7D
M14D
フォード コスワースDFV 3.0 V8
アルファロメオ T33 3.0 V8
G   ブルース・マクラーレン 1-4
  デニス・ハルム 1-3, 6-13
  アンドレア・デ・アダミッチ 2-12
  ピーター・ゲシン 4-5, 7-13
  ダン・ガーニー 5-7
  ナンニ・ギャリ 10
  チーム・サーティース マクラーレン
サーティース
M7C
M7A
TS7
フォード コスワースDFV 3.0 V8 F   ジョン・サーティース 全戦
  トレバー・テイラー 7
  デレック・ベル 12
  STP コーポーレーション マーチ 701 フォード コスワースDFV 3.0 V8 F   マリオ・アンドレッティ 1-5, 7-9
  ゴールドリーフ チーム・ロータス
  ガーヴェイ・チーム・ロータス
  ワールド・ワイド・レーシング
ロータス 49C
72A
72B
フォード コスワースDFV 3.0 V8 F   ヨッヘン・リント 1-10
  ジョン・マイルズ 1-10
  アレックス・ソーラー=ロイグ 2-6
  エマーソン・フィッティパルディ 7-10, 12-13
  レイネ・ウィセル 12-13
  ロブ・ウォーカー・レーシングチーム
  ブルック・ボンド オクソ レーシング - ロブ・ウォーカー
ロータス 49C
72C
フォード コスワースDFV 3.0 V8 F   グラハム・ヒル 全戦
  モーター・レーシング・ディベロップメンツ・リミテッド
  アウト・モトール・ウント・シュポルト
ブラバム BT33 フォード コスワースDFV 3.0 V8 G   ジャック・ブラバム 全戦
  ロルフ・シュトメレン 全戦
  ティム・シェンケン 7
  マーチ・エンジニアリング マーチ 701 フォード コスワースDFV 3.0 V8 F   クリス・エイモン 全戦
  ジョー・シフェール 全戦
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC フェラーリ 312B フェラーリ 001 3.0 F12 F   ジャッキー・イクス 全戦
  イグナツィオ・ギュンティ 3-4, 6, 9-10, 12
  クレイ・レガツォーニ 5, 7-13
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション
  ヤードレー チーム BRM
BRM P153
P139
BRM P142 3.0 V12 D   ジャッキー・オリバー 全戦
  ペドロ・ロドリゲス 全戦
  ジョージ・イートン 1-12
  ピーター・ウェストベリー 12
  フランク・ウィリアムズ・レーシング・カーズ デ・トマソ 505 フォード コスワースDFV 3.0 V8 D   ピアス・カレッジ 1-5
  ブライアン・レッドマン 7-8
  ティム・シェンケン 9-12
  チーム・ガンストン ロータス
ブラバム
49
BT26A
フォード コスワースDFV 3.0 V8 D


G

  ジョン・ラヴ 1
  ピーター・デ・クラーク 1
  スクーデリア・スクリバンテ ロータス 49C フォード コスワースDFV 3.0 V8 F   デイヴ・チャールトン 1
  UTA レーシング・オーガニゼーション BRM P139 BRM P142 3.0 V12 D   ヴェルナー・ビッケル 2
  ピート・ラヴリー・フォルクスワーゲン・インク ロータス 49B フォード コスワースDFV 3.0 V8 F   ピート・ラヴリー 2, 4-7, 12
  トム・ホイートクロフト・レーシング ブラバム BT26A フォード コスワースDFV 3.0 V8 G   デレック・ベル 3-5
  アンティーク・オートモビルズ・レーシングチーム マーチ 701 フォード コスワースDFV 3.0 V8 G   ロニー・ピーターソン 3-4
  シルビオ・モーザー・レーシングチーム ベラシ F1 70 フォード コスワースDFV 3.0 V8 G   シルビオ・モーザー 3-10
  コーリン・クラッブ・レーシング マーチ 701 フォード コスワースDFV 3.0 V8 G   ロニー・ピーターソン 5-8, 10-12
  エキュリー・ボニエ マクラーレン M7C フォード コスワースDFV 3.0 V8 G   ヨアキム・ボニエ 7, 10, 12
  ヒューベルト・ハーネ マーチ 701 フォード コスワースDFV 3.0 V8 F   ヒューベルト・ハーネ 8
  ガス・ハッチソン ブラバム BT26A フォード コスワースDFV 3.0 V8 G   ガス・ハッチソン 12

1970年のドライバーズランキング編集

順位 ドライバー RSA
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
MEX
 
ポイント[1]
1   ヨッヘン・リント 13 Ret 1 Ret 1 1 1 1 Ret DNS 45
2   ジャッキー・イクス Ret Ret Ret 8 3 Ret Ret 2 1 Ret 1 4 1 40
3   クレイ・レガツォーニ 4 4 Ret 2 1 2 13 2 33
4   デニス・ハルム 2 Ret 4 4 3 3 Ret 4 Ret 7 3 27
5   ジャッキー・スチュワート 3 1 Ret Ret 2 9 Ret Ret Ret 2 Ret Ret Ret 25
6   ジャック・ブラバム 1 Ret 2 Ret 11 3 2 Ret 13 Ret Ret 10 Ret 25
7   ペドロ・ロドリゲス 9 WD 6 1 10 Ret Ret Ret 4 Ret 4 2 6 23
8   クリス・エイモン Ret Ret Ret 2 Ret 2 5 Ret 8 7 3 5 4 23
9   ジャン=ピエール・ベルトワーズ 4 Ret Ret 3 5 13 Ret Ret 6 3 8 Ret 5 16
10   エマーソン・フィッティパルディ 8 4 15 WD 1 Ret 12
11   ロルフ・シュトメレン Ret Ret DNQ 5 DNQ 7 5 3 5 Ret 12 Ret 10
12   アンリ・ペスカロロ 7 Ret 3 6 8 5 Ret 6 14 Ret 7 8 9 8
13   グラハム・ヒル 6 4 5 Ret NC 10 6 Ret WD NC Ret Ret 7
14   ブルース・マクラーレン Ret 2 Ret 6
15   レイネ・ウィセル 3 NC 4
16   マリオ・アンドレッティ Ret 3 Ret Ret Ret 4
17   イグナツィオ・ギュンティ 4 14 7 Ret 3
18   ジョン・サーティース Ret Ret Ret 6 Ret 9 Ret Ret 5 Ret 8 3
19   ジョン・マイルズ 5 DNQ DNQ Ret 7 8 Ret Ret Ret WD 2
20   ジャッキー・オリバー Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 5 Ret NC Ret 7 2
21   ジョニー・セルボ=ギャバン Ret 5 DNQ 2
22   フランソワ・セベール Ret 11 7 7 Ret 6 9 Ret Ret 1
23   ピーター・ゲシン Ret Ret 10 NC 6 14 Ret 1
24   ダン・ガーニー Ret 6 Ret 1
25   デレック・ベル Ret 6 1
-   ジョー・シフェール 10 DNQ 8 7 Ret Ret Ret 8 9 Ret Ret 9 Ret 0
-   ロニー・ピーターソン 7 NC 9 Ret 9 Ret Ret NC 11 0
-   アンドレア・デ・アダミッチ DNQ DNQ DNQ NC Ret DNQ 12 8 Ret DNQ 0
-   ジョン・ラヴ 8 0
-   ジョージ・イートン Ret DNQ DNQ Ret 12 Ret 11 Ret 10 Ret 0
-   ピーター・デ・クラーク 11 0
-   デイヴ・チャールトン 12 0
-   ピアス・カレッジ Ret DNS NC Ret Ret 0
-   ティム・シェンケン Ret Ret NC Ret 0
-   ピート・ラヴリー DNQ DNQ NC DNQ 0
-   シルビオ・モーザー DNQ DNQ DNQ Ret DNQ 0
-   ヨアキム・ボニエ DNQ Ret 0
-   ガス・ハッチソン Ret 0
-   アレックス・ソーラー=ロイグ DNQ DNQ 0
-   ブライアン・レッドマン DNQ 0
-   ヒューベルト・ハーネ DNQ 0
-   ナンニ・ギャリ DNQ 0
-   ピーター・ウェストベリー DNQ 0
順位 ドライバー RSA
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
MEX
 
ポイント
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
撤退 (WD)

1970年のコンストラクターズランキング編集

ポイントは1位から順に6位まで 9-6-4-3-2-1 が与えられた。各コンストラクターとも最上位の車両にポイントが与えられた。前半7戦の内ベスト6戦および後半6戦の内ベスト5戦がポイントランキングに数えられた。

順位 マニファクチャラー RSA
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
MEX
 
ポイント[2]
1   ロータス-フォード 5 4 1 Ret 1 1 1 1 15 DNS NC 1 NC 59
2   フェラーリ Ret Ret Ret 4 3 14 4 2 1 1 1 4 1 52 (55)
3   マーチ-フォード 3 1 7 2 2 2 5 7 8 2 3 5 4 48
4   ブラバム-フォード 1 Ret 2 5 11 3 2 5 3 5 Ret 10 Ret 35
5   マクラーレン-フォード 2 2 4 6 4 3 3 10 4 6 7 3 35
6   BRM 9 Ret 6 1 10 12 Ret Ret 4 Ret 4 2 6 23
7   マトラ 4 Ret 3 3 5 5 Ret 6 6 3 7 8 5 23
8   サーティース-フォード Ret 9 Ret Ret 5 6 8 3
-   マクラーレン-アルファロメオ DNQ DNQ DNQ NC Ret DNQ 12 8 Ret DNQ 0
-   デ・トマソ-フォード Ret DNS NC Ret Ret DNQ Ret Ret NC Ret 0
-   ティレル-フォード Ret Ret Ret 0
-   ベラシ-フォード DNQ DNQ DNQ Ret DNQ 0
順位 マニファクチャラー RSA
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
MEX
 
ポイント
  • 太字はカウントされたポイント

ノンタイトル戦結果編集

編集

  1. ^ ポイントは1位から順に6位まで 9-6-4-3-2-1 が与えられた。前半7戦の内ベスト6戦および後半6戦の内ベスト5戦がポイントランキングに数えられたが、このルールは1970年シーズンにおいてドライバーのポイント合算に影響を与えなかった。
  2. ^ 前半7戦の内ベスト6戦および後半6戦の内ベスト5戦がポイントランキングに数えられた。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

外部リンク編集