1971年イギリスグランプリ

1971年イギリスグランプリ (1971 British Grand Prix) は、1971年のF1世界選手権第6戦として、1971年7月17日シルバーストン・サーキットで開催された。

イギリス 1971年イギリスグランプリ
レース詳細
1971年F1世界選手権全11戦の第6戦
シルバーストン・サーキット (1952-1974)
日程 1971年7月17日
正式名称 XXIV The Woolmark British Grand Prix[1]
開催地 シルバーストン・サーキット
イギリスの旗 イギリスイングランドの旗 イングランドノーサンプトンシャー州 シルバーストン
コース 恒久的レース施設
コース長 4.711 km (2.927 mi)
レース距離 68周 320.348 km (199.036 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)[2]
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 1:18.1
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード
タイム 1:19.9 (45[2]周目)
決勝順位
優勝 ティレル-フォード
2位 マーチ-フォード
3位 ロータス-フォード

レースは68周で行われ、ティレルジャッキー・スチュワートが2番手スタートから優勝した。マーチロニー・ピーターソンが2位、ロータスエマーソン・フィッティパルディが3位となった。

レース前編集

前戦フランスGPと本レースの間の7月11日西ドイツノリスリンクで行われたインターセリエ英語版スポーツカーレースで、ペドロ・ロドリゲスが借り物のフェラーリ・512Sで首位を走行中[3]に激しくクラッシュし、炎上するマシンに閉じ込められた。ロドリゲスは救助されたが数多くの重症を負い、数時間後にニュルンベルクの病院で亡くなった[4]。享年31歳。弟のリカルド・ロドリゲスも9年前の1962年メキシコGP英語版の事故により20歳の若さで亡くなっている。ロドリゲスの死により、この年のメキシコGPは開催意義がなくなったためキャンセルされた[3][注 1]

エントリー編集

ペドロ・ロドリゲスを失ったBRMジョー・シフェールがエースに昇格し[5]ハウデン・ガンレイと2台で参加した。ロータスガスタービンエンジン搭載の56Bを再び登場させ、レイネ・ウィセルに与えた[4]エマーソン・フィッティパルディデイヴ・チャールトンは本レースからインダクションポッドが装着された72Dを使用する[6]マクラーレンはこの年F1のレギュラーシートを失っていたジャッキー・オリバーが加わった[5]マーチアレックス・ソラー=ロイグ英語版をパフォーマンスの悪さと持ち込み資金が尽きたことにより解雇した。これによりアンドレア・デ・アダミッチは引き続きアルファロメオエンジンを使用し、ナンニ・ギャリはソラー=ロイグが使用していたDFVエンジン搭載の711を引き継いだ[6]。なお、ロニー・ピーターソンは1戦でDFVエンジンに戻った。地元出身のデレック・ベルサーティースからスポット参戦する[4]。同じく地元出身のマイク・ボイトラーはクラーク=モーダウント=ガスリー・レーシングからマーチ・711を走らせる[6]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  ゴールドリーフ・チーム・ロータス 1   エマーソン・フィッティパルディ ロータス 72D フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
2   デイヴ・ウォーカー
3   レイネ・ウィセル 56B プラット&ホイットニー STN76 ガスタービン
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 4   ジャッキー・イクス フェラーリ 312B2 フェラーリ 001/1 3.0L F12 F
5   クレイ・レガツォーニ
6   マリオ・アンドレッティ 1
  クラーク=モーダウント=ガスリー・レーシング 6   マイク・ボイトラー マーチ 711 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド 7   グラハム・ヒル ブラバム BT34 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
8   ティム・シェンケン BT33
  ブルース・マクラーレン・モーターレーシング 9   デニス・ハルム マクラーレン M19A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
10   ピーター・ゲシン
11   ジャッキー・オリバー M14A
  エルフ・チーム・ティレル 12   ジャッキー・スチュワート ティレル 003 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
14   フランソワ・セベール 002
  ヤードレー・チーム・BRM 15   ペドロ・ロドリゲス 2 BRM P160 BRM P142 3.0L V12 F
16   ジョー・シフェール
17   ハウデン・ガンレイ P153
  STP・マーチ・レーシングチーム 18   ロニー・ピーターソン マーチ 711 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
20   ナンニ・ギャリ
19   アンドレア・デ・アダミッチ アルファロメオ T33 3.0L V8
  エキップ・マトラ・スポール 21   クリス・エイモン マトラ MS120B マトラ MS71 3.0L V12 G
22   ジャン=ピエール・ベルトワーズ
  ブルックボンド・オクソ・チーム・サーティース 23   ジョン・サーティース サーティース TS9 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  アウト・モトール・ウント・シュポルト・チーム・サーティース 24   ロルフ・シュトメレン
  チーム・サーティース 25   デレック・ベル TS9 3
  フランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ 26   アンリ・ペスカロロ マーチ 711 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
ソース:[7]
追記
  • ^1 - アンドレッティはアメリカのレースを優先したため、エントリーをキャンセルした[6][8]
  • ^2 - ロドリゲスは7月1日ノリスリンクで事故死[3]
  • ^3 - ベルのみ予選までTS7も使用した[2]

予選編集

フェラーリクレイ・レガツォーニが大胆な走りを見せ、ポールポジションを獲得した[9]。レガツォーニの最速タイム(1分18秒1)は木曜日に記録され、ジャッキー・スチュワートは翌日に同じタイムを出したが、先に出したレガツォーニが上位となる。この2人からわずか0.1秒差のジョー・シフェールが3番手に続き、フロントローを獲得した[注 2]。さらに0.1秒差でエマーソン・フィッティパルディが4番手となり[6]、5番手のロニー・ピーターソンと2列目に並ぶ。3列目はジャッキー・イクスティム・シェンケンデニス・ハルムが占めた[4]

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 5   クレイ・レガツォーニ フェラーリ 1:18.10 - 1
2 12   ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 1:18.10 - 2
3 16   ジョー・シフェール BRM 1:18.2 +0.1 3
4 1   エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 1:18.3 +0.2 4
5 18   ロニー・ピーターソン マーチ-フォード 1:19.0 +0.9 5
6 4   ジャッキー・イクス フェラーリ 1:19.5 +1.4 6
7 8   ティム・シェンケン ブラバム-フォード 1:19.5 +1.4 7
8 9   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 1:19.6 +1.5 8
9 21   クリス・エイモン マトラ 1:19.7 +1.6 9
10 14   フランソワ・セベール ティレル-フォード 1:19.8 +1.7 10
11 17   ハウデン・ガンレイ BRM 1:19.84 +1.74 11
12 24   ロルフ・シュトメレン サーティース-フォード 1:19.88 +1.78 12
13 2   デイヴ・チャールトン ロータス-フォード 1:20.05 +1.95 13
14 10   ピーター・ゲシン マクラーレン-フォード 1:20.1 +2.0 14
15 22   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ 1:20.2 +2.1 15
16 7   グラハム・ヒル ブラバム-フォード 1:20.3 +2.2 16
17 26   アンリ・ペスカロロ マーチ-フォード 1:20.5 +2.4 17
18 23   ジョン・サーティース サーティース-フォード 1:20.6 +2.5 18
19 3   レイネ・ウィセル ロータス-プラット&ホイットニー 1:20.66 +2.56 19
20 6   マイク・ボイトラー マーチ-フォード 1:20.7 +2.6 20
21 20   ナンニ・ギャリ マーチ-フォード 1:20.9 +2.8 21
22 11   ジャッキー・オリバー マクラーレン-フォード 1:21.0 +2.9 22
23 25   デレック・ベル 1 サーティース-フォード 1:22.3 +4.2 23
24 19   アンドレア・デ・アダミッチ マーチ-アルファロメオ 1:23.2 +5.1 24
ソース:[10][11][12]
追記

決勝編集

スターターが国旗を振るのが遅かったため[注 3]、スタートは混乱した[6]。後方でジャッキー・オリバーグラハム・ヒルと接触し、オリバーは50ポンドの罰金を課せられた。クレイ・レガツォーニが首位をキープし、ジャッキー・イクスジャッキー・スチュワートを抜き、フェラーリ勢の1-2体制となったが、2周目にスチュワートがイクスを抜き返し、ジョー・シフェールもイクスを抜いた。スチュワートは4周目にレガツォーニを抜いて首位に立つと後続との差を広げていった。レガツォーニは5周目にシフェールにも抜かれ、スチュワート、シフェール、レガツォーニ、イクスの順でレースは進行していく。エマーソン・フィッティパルディはスタートに失敗し、1周目が終わる頃に11位に後退していたが[4]ロニー・ピーターソンティム・シェンケンとともに記憶に残る入賞圏内争いを繰り広げる。シフェールは振動に悩まされ、17周目にレガツォーニに抜き返されたが[4]、レガツォーニの後方に留まり続けた。スチュワートはリードをさらに広げ、20周目にはレガツォーニに18秒の差を付けた。イクスは左フロントタイヤのゴムが剥離したため順位を落とし、シフェールも点火装置のトラブルでピットインしたため[6]、ピーターソン、シェンケン、フィッティパルディが3-5位に浮上する。

48周目にはタイヤの問題がレガツォーニにも起こり、タイヤの交換を済ませてピットアウトしようとした際にエンジンの油圧が低下してしまい、そのままリタイアした[6]。シェンケンもギアボックスに問題が発生してリタイアとなり、初めての表彰台のチャンスを逸した[6]

スチュワートは母国グランプリで圧倒的な勝利を収めて連勝し、今季4勝目を挙げた[13]。ピーターソンは2度目の2位に食い込み[3]、フィッティパルディが3位表彰台を獲得した[4]アンリ・ペスカロロロルフ・シュトメレンにわずか0.5秒差で4位となり、ジョン・サーティースが6位に入賞した。

スチュワートはチャンピオン争いでも2位イクスとの差を23点に広げ、独走態勢に入った。

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 12   ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 68 1:31:31.5 2 9
2 18   ロニー・ピーターソン マーチ-フォード 68 +36.1 5 6
3 1   エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 68 +50.5 4 4
4 26   アンリ・ペスカロロ マーチ-フォード 67 +1 Lap 17 3
5 24   ロルフ・シュトメレン サーティース-フォード 67 +1 Lap 12 2
6 23   ジョン・サーティース サーティース-フォード 67 +1 Lap 18 1
7 22   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ 66 +2 Laps 15
8 17   ハウデン・ガンレイ BRM 66 +2 Laps 11
9 16   ジョー・シフェール BRM 66 +2 Laps 3
10 14   フランソワ・セベール ティレル-フォード 65 +3 Laps 10
11 20   ナンニ・ギャリ マーチ-フォード 65 +3 Laps 21
12 8   ティム・シェンケン ブラバム-フォード 63 ギアボックス 7
NC 3   レイネ・ウィセル ロータス-プラット&ホイットニー 57 規定周回数不足 19
NC 19   アンドレア・デ・アダミッチ マーチ-アルファロメオ 56 規定周回数不足 24
Ret 10   ピーター・ゲシン マクラーレン-フォード 53 エンジン 14
Ret 4   ジャッキー・イクス フェラーリ 51 エンジン 6
Ret 5   クレイ・レガツォーニ フェラーリ 48 油圧 1
Ret 21   クリス・エイモン マトラ 35 エンジン 9
Ret 9   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 32 エンジン 8
Ret 25   デレック・ベル サーティース-フォード 23 サスペンション 23
Ret 6   マイク・ボイトラー マーチ-フォード 21 油圧 20
Ret 2   デイヴ・チャールトン ロータス-フォード 1 エンジン 13
Ret 7   グラハム・ヒル ブラバム-フォード 0 アクシデント 22
Ret 11   ジャッキー・オリバー マクラーレン-フォード 0 アクシデント 16
ソース:[14]
優勝者ジャッキー・スチュワートの平均速度[8]
210.007 km/h (130.492 mph)
ファステストラップ[15]
ラップリーダー[16]
太字は最多ラップリーダー
達成された主な記録

第6戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半5戦のうちベスト4戦がカウントされる。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ メキシコGPが再開されたのは15年後の1986年で、サーキットは前年までと同じ場所だが、ロドリゲス兄弟の死を悼み名称を「アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス(Autódromo Hermanos Rodríguez, エルマノス・ロドリゲス・サーキット)」に改めた。
  2. ^ 本レースのスターティンググリッドは3-2-3。
  3. ^ 当時は国旗を振るのがレース開始の合図であった。

出典編集

  1. ^ 1971 Formula 1 World Championship Programmes”. The Programme Covers Project. 2019年1月28日閲覧。
  2. ^ a b c d (林信次 1993, p. 115)
  3. ^ a b c d (林信次 1993, p. 19)
  4. ^ a b c d e f g British GP, 1971”. grandprix.com. 2020年2月2日閲覧。
  5. ^ a b (林信次 1993, p. 28)
  6. ^ a b c d e f g h i j k Britain 1971”. STATS F1. 2020年2月2日閲覧。
  7. ^ Britain 1971 - Race entrants”. STATS F1. 2020年2月6日閲覧。
  8. ^ a b Britain 1971 - Result”. STATS F1. 2020年2月8日閲覧。
  9. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 265)
  10. ^ Pritchard, Anthony (1972). The Motor Racing Year No3. ISBN 0393085023 
  11. ^ Britain 1971 - Qualifications”. STATS F1. 2020年2月4日閲覧。
  12. ^ Britain 1971 - Starting grid”. STATS F1. 2020年2月4日閲覧。
  13. ^ (林信次 1993, p. 15)
  14. ^ 1971 British Grand Prix”. formula1.com. 2013年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  15. ^ Britain 1971 - Best laps”. STATS F1. 2020年2月8日閲覧。
  16. ^ Britain 1971 - Laps led”. STATS F1. 2020年2月8日閲覧。
  17. ^ 戦績:M.ボイトラー”. F1 DataWeb. 2020年2月8日閲覧。
  18. ^ a b Britain 1971 - Championship”. STATS F1. 2019年3月13日閲覧。

参照文献編集

外部リンク編集

前戦
1971年フランスグランプリ
FIA F1世界選手権
1971年シーズン
次戦
1971年ドイツグランプリ
前回開催
1970年イギリスグランプリ
  イギリスグランプリ次回開催
1972年イギリスグランプリ