マハラジャ (ディスコ)

マハラジャ (MAHARAJA) は、1980年代 - 1990年代にNOVA21グループが日本全国に展開した高級ディスコチェーン店の総称。1980年代のバブル期を代表するディスコの1つでもある[1]

2010年代に入り多くの店舗が復活(詳細は後述)、現在も営業中であるが、旧NOVA21グループとは経営母体が異なる。

概要編集

経営母体編集

証券会社勤務の菅野諒が、1960年代原宿にて絨毯バー「檻の中」をオープン。 全国でナイトレジャー店舗を展開する目的で、1968年昭和43年)、港区・六本木に日本レヂャー開発株式会社(代表:菅野諒)と、日本アミューズメント株式会社(代表:菅野晃)が創立。「最後の20セント」「深海魚」「泥棒貴族」等、絨毯バーの展開が前身(最後の20セントグループ)である。

1981年(昭和56年)、ノヴァ・インターナショナル株式会社(代表:菅野諒)が創立。傘下のグループ企業(店舗運営会社)は、全盛期には約70社を超えていた。併せてNOVA21グループを構成する(英会話のNOVAとは無関係)。

現在では系列会社が、レストラン「しゃぶ禅」「牛禅」を全国に展開している。

社会現象編集

大淵雅次率いる大阪レジャー開発株式会社が運営する大阪・ミナミのディスコ「ジジック」の大成功により、1982年昭和57年)8月13日ジジックの下階にマハラジャ1号店をオープンさせて以降、北は札幌から南は九州・沖縄まで日本全国に展開した。

大阪・京都・名古屋・熊本・仙台・札幌と地方から順にオープンし、東京初出店は1984年(昭和59年)12月7日に7店目の店舗として港区の麻布十番にオープン。その後旗艦店となる「MAHARAJA TOKYO」(麻布十番マハラジャ)が社会現象と呼ばれるほどの人気を博し、最盛期には全国に数十店舗を展開した。

そして1989年平成元年)5月4日にはハワイホノルルにも店舗をオープン(1998年(平成10年)8月31日に閉店)、これまでのディスコの概念を打ち破った大理石・真鍮・装飾品を用いた絢爛豪華な内装、当時のコンサートホール並みの音響効果に特殊照明、ガラス張りのVIPルームの登場、今までのディスコでは味わえなかった本格的な料理、従業員による徹底したサービスや厳格なドレスコード、そして芸能人御用達が評判を呼び、1980年代末から1990年代初頭のバブル景気期に高級ディスコブーム(第二次ディスコブーム)を築いた。

コンセプト編集

マハラジャのコンセプトは「夢」「華」「錯覚」

「夢」宮殿のようなゴージャスな内装による非現実空間、「華」ファッショナブルに着飾った客、「錯覚」誰もが王や王妃のような主役になれる。

マハラジャから発生及び話題になったカルチャー編集

ドレスコード編集

服装チェックまたは入店チェックとも呼ばれていたドレスコードは、エントランスで黒服によって店に相応しファッションかチェックされる。Tシャツにジーンズやスニーカー等のカジュアルでの服装の入店拒否を行い、店側による客の選別が話題になる。客に選民意識による優越感を持たせる他、ファッショナブルで大人が安心して遊べるステータスな空間を目指した。また男性同士の入店も断られる為、付近では女性に同伴をお願いする男性陣の声掛けが多く見られた。尚ディスコでドレスコードを最初に導入したのは赤坂の「ビブロス」との説もあるが、明確な取り決めと演出で話題になったのはマハラジャからである。

黒服編集

従業員はセクションまたは階級別に色分けされた制服(例:ウェイターは赤服、キャプテンは青服)を着用していた一方で、役職(主任や支配人等)は黒いタキシードを着ていたことから呼ばれるようになる。

お立ち台編集

ダンスフロア四隅に設置してあるスピーカー(ウーハー)ボックスに、混雑時客が乗り出して踊ったのが始まりである。尚ディスコでお立ち台を最初に導入したのは六本木スクエアビルの「ギゼ」との説もあるが、その頃はお立ち台と呼れておらず、ダンスフロアに置かれた一人乗りの円形台だった。お立ち台と称するようになり話題になったのはマハラジャからである。

はちみつトースト編集

今ではハニートーストとも呼ばれ一般に認知されているが、NOVA21グループ調理部長の醍醐重一が考案してマハラジャから生まれた。

成田勝社長編集

平尾昌晃プロデュースによるNOVA21グループの六本木ライブハウス「スパッツ」で優秀マネージャーだった成田勝が、東京へ進出予定のマハラジャ社長を菅野諒より任命される。

六本木界隈で物件を探していたが、理想の坪数(200坪前後)は麻布十番にしかなかった。当時陸の孤島だった麻布十番へのマハラジャ出店に誰もが反対したが、先にオープンしていた熊本マハラジャを視察した成田勝は東京出店での成功を確信する。

そして「MAHARAJA TOKYO」等、東京地区マハラジャを運営する有限会社エヌ・エンタープライズ社長の成田勝が、全国マハラジャのイメージリーダーとなり、1986年には歌手としてメジャーデビューも果たした。

イタリアのユーロビートの雄、マイケル・フォーチュナティの大ヒット曲「INTO THE NIGHT」「GIVE ME UP」やデッド・オア・アライヴの大ヒット曲「TURN AROUND AND COUNT 2 TEN」等をカバーし、オリコンでも30位台に入るなどヒットした他、マハラジャ系列のディスコでプレイされ盛り上がった。

その後も「MAHARAJA TOKYO」よりもカジュアル路線を狙った「MAHARAJA WEST TOKYO」、「MAHARAJA EAST TOKYO」、「King&Queen TOKYO "AOYAMA"(青山キング&クイーン)」、「King&Queen KAWASAKI(川崎キング&クイーン)」、「EDEN ROC TOKYO BAY」(東京ディズニーリゾート内に存在)、「ROYALTON TOKYO BAY」を次々に手掛け、1980年代を象徴する青年実業家といわれた。

現在は「MAHARAJA EAST」の跡地にあるレストランバー「Prego」を経営している他、各種アドバイザーとしても活躍している。

尚全国マハラジャの社長は成田勝と思われがちだが、実際は東京地区マハラジャのみの社長であり、マハラジャ全店の社長ではない(マハラジャは地域や店舗により運営会社が異なり各社長が存在)。しかしマハラジャを全国的に有名にしたのは成田勝の功績である。

伝説の終焉編集

1988年(昭和63年)1月5日に発生した照明落下事故以降、六本木界隈の第二次ディスコブームは衰退し、マハラジャの人気も下火になり始めるものの、地方出店は1991年(平成3年)まで続いた。しかし同年オープンしたジュリアナ東京のブームに便乗、再度人気が出ることとなる。

1994年(平成6年)8月31日にジュリアナ東京が閉店、ディスコブームが去った後も数店が営業を続けていたが、1997年(平成9年)9月3日に旗艦店「MAHARAJA TOKYO」(麻布十番マハラジャ)が、1998年(平成10年)4月4日には国内最後の直営店である「MAHARAJA 横濱」(横濱マハラジャ)が閉店、同年10月にはMAHARAJAを冠する最後のフランチャイズ店舗である「MAHARAJA HAKUBA」(白馬マハラジャ)が閉店した。

1999年(平成11年)10月、最後まで残った系列店である「King&Queen MAHARAJA SALOON MAEBASHI」(前橋キング&クイーン)が閉店、これを以ってマハラジャは約15年の歴史に一旦幕を閉じた。皮肉にも第三次パラパラブームを目前としての閉店であった。

復活とその後編集

2003年(平成15年)8月27日に、六本木に株式会社マハラジャエンターテイメントが運営する「MAHARAJA TOKYO」が復活オープンしたが、2005年(平成17年)1月31日に閉店。同年5月6日からは、経営者が変わり「King&Queen ROPPONGI」として再オープンしたが、2010年(平成22年)7月27日に閉店となった。福岡では、2007年(平成19年)12月21日、中洲に株式会社マハラジャエンターテイメント福岡が運営する「MAHARAJA FUKUOKA」が復活オープンしたが、2009年(平成21年)8月15日に閉店した。

その後、マハラジャの商標をNOVA21グループから大原俊弘が取得し、2010年(平成22年)11月2日、「King&Queen ROPPONGI」跡地に「MAHARAJA ROPPONGI」を再オープンさせた。2019年(令和元年)12月31日、ビルの老朽化に伴い、一旦営業を終了、2020年(令和2年)1月13日より、六本木芋洗坂のビル6Fに移転、リニューアルオープンした。運営は日本都市プロダクション株式会社。


2014年(平成26年)4月23日に、株式会社創遊が運営する「MAHARAJA OSAKA」がオープンしたが、2018年(平成30年)7月28日に事実上、閉店した。

2016年(平成28年)11月10日に、株式会社邦栄が運営する「MAHARAJA NAGOYA」がオープンしたが、2019年9月に社長が急逝、店舗運営の見通しが立たなくなくなり、11月25日名古屋地裁から破産手続きの開始決定を受けた。[2]

2017年(平成29年)3月3日に株式会社O'sが運営する「MAHARAJA MINAMI」、9月13日に株式会社ドリームワークスが運営する「MAHARAJA 祇園」、10月6日には株式会社サウンドプロモートが運営する「MAHARAJA SENDAI」がオープンした。

2019年12月現在、運営会社はそれぞれ異なるものの、六本木、ミナミ(大阪)、祇園(京都)、仙台の4店舗が営業中である。

全国マハラジャ全72店編集

  • MAHARAJA - インド王族の称号から連想される通り、インド王宮を思わせるゴールドを基調とした豪華絢爛な内装。ダンスフロアにある真鍮製の象牙がトレードマーク。
    • 札幌店・函館店・仙台店・<<'17年 仙台店>>・郡山店・麻布十番店・<'03年 東京店>・<<'10年 六本木店>>・<<'20年 六本木店(移転)>>・横浜店・新潟店・<富山店>・<金沢店>・長野店・<白馬店>・浜松店・<岡崎店>・名古屋店・<<'16年 名古屋店>>・<岐阜店>・京都四條店・祇園店・<<'17年 祇園店>>・大阪店・梅田店・マルビル店・<<'14年 大阪店>>・<<'17年 ミナミ店>>・<和歌山店>・神戸店・岡山店・福山店・広島店・<徳山店>・<徳島店>・松山店・博多店・<<'07年 福岡店>>・長崎店・熊本店・鹿児島店・沖縄店・ホノルル店
  • MAHARAJA WEST - MAHARAJAより入店チェックが厳しくなく、カジュアルでアットホームなコンセプトを目指した。
    • 六本木店・横浜店・金沢店・名古屋店・大阪店
  • MAHARAJA EAST - MAHARAJAより入店チェックが厳しくなく、カジュアルでアットホームなコンセプトを目指した。
    • 麻布十番店・名古屋店
  • MAHARAJA CLUB - マハラジャより入店チェックが厳しくないカジュアルな店舗。
    • 京都店(長野店及びMAHARAJA倶楽部はディスコ形態ではなくカラオケパブ営業)
  • MAHARAJA JUNIOR - 約50坪前後の小箱でカジュアルな店舗。
    • 渋谷店
  • Maharaja Bar - マハラジャより入店チェックが厳しくないカジュアルな店舗。
    • 名古屋店(大阪店・岡山店はディスコ形態ではなくバー営業)
  • マハラジャ物語 - マハラジャと同じ内装のカラオケパブだが、途中よりディスコ営業になったカジュアルな店舗。
    • <前橋店>(函館店・六本木店・金沢店・大阪店・<和歌山店>はディスコ形態ではなくカラオケパブ営業)
  • MAHARAJA SALOON King&Queen- MAHARAJAのインド王宮に対し、ヨーロッパのヴェルサイユ宮殿を思わせる豪華絢爛な内装で、マハラジャのグレードアップ店舗。
    • 仙台店・青山店・<<'05年六本木店>>・川崎店・金沢店・前橋店・長野店・静岡店・<豊橋店>・名古屋店・<四日市店>・大阪店・神戸店・広島店(博多マハラジャVIPルームでのCLUB King&Queenはディスコ形態ではなくキャバクラ営業)
  • MAHARAJA PRODUCE EDEN ROC TOKYO BAY - 郷ひろみプロデュースでコートダジュールを意識し、東京ディズニーリゾートにある東京ベイホテル東急1Fにあったリゾート店舗。
    • 浦安店
  • MAHARAJA PRODUCE ROYALTON TOKYO BAY - シルバーを基調とした近未来型ニューヨークテイストで、ダイエー系列ショッピングセンターのレストラン街にあった店舗。
    • 浦安店
  • MAHARAJA SALOON PASHA- 店名は違うが内装はエデンロックと同じ大型店舗。
    • 札幌店
  • MAHARAJA SALOON SAHARA - 高度文明が滅び廃墟した惑星がコンセプトの店舗。
    • 宇都宮店(仙台店・六本木店はMAHARAJA SALOONではない)

※上記 <○○店> はFC(フランチャイズ)店

※上記<<○○店>>はNOVA21グループの運営ではない

全国マハラジャ一覧

MAHARAJA TOKYO(麻布十番マハラジャ)編集

陸の孤島編集

日本全国はおろか海外にまで広がったマハラジャの代表的存在であった「MAHARAJA TOKYO」は、当時まだ地下鉄の駅(地下鉄南北線・都営地下鉄大江戸線麻布十番駅開業は2000年)が開業しておらず、一番近い日比谷線六本木駅からでさえ徒歩10分以上かかるなど「陸の孤島」とまで揶揄された東京都港区麻布十番(1-3-9 TBC麻布1F,2F)に1984年(昭和59年)12月7日にオープンした。

尚同店はダンスホールとして風営法の適用を受けるために午前0時で閉店するため、隣接した建物に「レストラン」として風営法の適用を受けず、午前0時以降もオープンできる「MAHARAJA EAST」が設けられていた。

成功編集

同店はその立地条件を逆手に取り、六本木の多くのディスコのように郊外から電車で来店するようなボリューム層ではなく、自家用車での来店、もしくは港区内など近所に住みタクシーで来店するような比較的裕福な層をターゲットとし、さらにはドレスコードの強化や男性同士の入店を断るなど客の選別を行うことで、客層を一定以上のレベルに保つことに成功した。

さらにきらびやかな制服を着用した従業員に徹底的な顧客対応訓練を施すことで、顧客満足度を上げリピーターを増やす事にも成功した。その他、動員力のある裕福な大学生および大学のイベント系サークル向けに割引カード「カレッジカード」を発行し、金曜の夜は「金マハ」という大学生中心の動員がされた。また土曜日や日曜日の午後には、これらのイベント系サークルが開催する貸し切りパーティーも頻繁に開催された。

店内編集

1階編集

1階はエントランスとレストランコーナーになっており、レストランコーナーではパスタピラフなど他のディスコでも提供されるメニューの他に、寿司職人が握りたての寿司を提供する他、「はちみつトースト」やパフェなどをはじめとするデザートも提供するなど、本格的な食事を提供していた。尚エントランス脇には、トミタ夢工場が輸入代理店となっていたハルトゲBMWの最新車種が展示され、高級感の演出に一役買っていた。

2階編集

2階には真鍮製の象牙がエントランスにあしらわれたダンスフロアとDJブース、バーカウンターとVIPルーム、一般客用の座席があり、ダンスフロアを大理石で仕上げた上に、DJブース脇にはモニターを設置し、ところどころに真鍮の飾りを施して高級感を演出した。またトイレの清掃も頻繁に行われ清潔さを保っていた。

閉店編集

開店から約13年を経た1997年(平成9年)9月3日に閉店し、その後跡地には他社によるワインバーがオープンしたが、2004年(平成16年)に閉店。その後、USEN宇野康秀が高級会員制社交クラブの「THE HOTEL JUBAN」を開店させたが、USENの経営状況の悪化もあり2009年(平成21年)に閉店。現在はレストラン「MANCY'S TOKYO」となっている。ちなみに1988年(昭和63年)に閉店した「MAHARAJA EAST」の跡地は系列店のレストラン・バー「Prego」となって、現在も営業している。

命名者編集

マハラジャという店名の命名者は、経営母体の日本レヂャー開発(NOVA21グループ)の社長菅野諒の友人でスカルノインドネシア大統領夫人のデヴィ・スカルノ(通称デヴィ夫人)である。

関連商品編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.93.の1980年代サブカル・流行一覧にマハラジャの名が確認される
  2. ^ 2019年11月30日中日新聞朝刊9面
  3. ^ 『マハラジャ・ナイト・ハウス・レボリューション』(MAHARAJA NIGHT HOUSE REVOLUTION)シリーズ。

外部リンク編集