メインメニューを開く

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』(原題:Mamma Mia! Here We Go Again)は、2018年アメリカ合衆国ロマンティック・コメディミュージカル映画。監督・脚本はオル・パーカー英語版、原案はパーカーとキャサリン・ジョンソン英語版リチャード・カーティス同名のミュージカルを映画化した2008年の映画『マンマ・ミーア!』から数年後の現在と、過去のドナの青春時代を描く続編。

マンマ・ミーア!
ヒア・ウィー・ゴー
Mamma Mia! Here We Go Again
監督 オル・パーカー英語版
原案 キャサリン・ジョンソン英語版
リチャード・カーティス
オル・パーカー
原作 キャサリン・ジョンソン
マンマ・ミーア!
製作 ジュディ・クレイマー英語版
ゲイリー・ゴーツマン
出演者 クリスティーン・バランスキー
ピアース・ブロスナン
ドミニク・クーパー
コリン・ファース
アンディ・ガルシア
リリー・ジェームズ
アマンダ・サイフリッド
ステラン・スカルスガルド
ジュリー・ウォルターズ
シェール
メリル・ストリープ
音楽 アン・ダドリー英語版
撮影 ロバート・D・イェーマン
編集 ピーター・ランバート
製作会社 プレイトーン英語版
リトルスター・プロダクションズ
レジェンダリー・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年7月20日
日本の旗 2018年8月24日
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 日本の旗 9億4300万円[1]
前作 マンマ・ミーア!
テンプレートを表示

メリル・ストリープアマンダ・サイフリッドクリスティーン・バランスキージュリー・ウォルターズピアース・ブロスナンコリン・ファースステラン・スカルスガルドドミニク・クーパーらが続投、新たにリリー・ジェームズシェールらが出演。

アメリカ合衆国イギリスなどでは、前作の公開日から約10年後の2018年7月20日に公開された。

あらすじ編集

前作から数年後、舞台はギリシャのカロカイリ島[2]。ソフィは母子の念願だったホテルの改修を終え、リニューアルオープン記念パーティーの準備に追われていた。ニューヨークに離れて住んでいる夫のスカイとは、将来設計の意見の違いがあり、ストレスになっていた。パーティーの準備は順調に進んでいたが、突然の大嵐がやってきて開催の危機に陥る。

時代は遡り、若き日のドナはオックスフォード大学を卒業後、広い世界で自分を見つめるために旅にでる。カロカイリ島へ向かう途中で、ハリー、ビルと出会い、島でサムと出会い恋に落ちる。しかし、サムには婚約者がいて、彼は島を後にする。その後、ドナは自分が妊娠していることに気づく。彼女はカロカイリ島で暮らしていくことを決める。

キャスト編集

ソフィ・シェリダン
演 - アマンダ・サイフリッド、日本語吹き替え - 小島幸子
ドナの娘。25歳。サムにとっての連れ子。スカイの婚約者でルビーの孫娘。
ドナ・シェリダン
演 - メリル・ストリープ / 若い頃:リリー・ジェームズ、日本語吹き替え - 若い頃:池田朋子
ソフィの母親でルビーの娘。ホテル "Villa Donna" のオーナーでサムの妻。作中で1年前に亡くなった事が語られている。
スカイ
演 - ドミニク・クーパー、日本語吹き替え - 杉山紀彰
ソフィの婚約者。ニューヨークでホテルビジネスを学んでいる。
ターニャ
演 - クリスティーン・バランスキー / 若い頃:ジェシカ・キーナン・ウィン英語版
ドナの元バンド仲間。裕福で3回離婚している。髪型は昔から変わらない。初対面のシエンフエゴスに一目惚れするなど、相変わらず恋愛への情熱は失っていない。
ロージー・マリガン
演 - ジュリー・ウォルターズ / 若い頃:アレクサ・デイヴィーズ英語版、日本語吹き替え - 若い頃:ミルノ純
ドナの元バンド仲間。未婚で陽気な作家。前作から髪型がより短く変わり、色も金髪になっている。昔から短髪だった模様。前作の間にビルと破局しており(彼の浮気が原因)、彼女自身は一匹狼故か彼に未練はないと言い張っている。ドナの死を大変悲しんでおり、ドナの名前が出てきただけで泣き出してしまう。食べ物(特に炭水化物)が大好物で、作中でも何かストレスが溜まるごとに何かを頬張っている。
サム・カーマイケル
演 - ピアース・ブロスナン / 若い頃:ジェレミー・アーヴァイン、日本語吹き替え - 田中秀幸
ソフィの父親候補者の一人。アメリカ人建築家。前作でドナと結婚したため、ソフィの父親という位置づけ。建築家としての腕を利用し、ホテル “Villa Donna”のリフォームを手伝った。大嵐の影響で落ち込むソフィを慰めるなど、彼女の精神的支えとなる。
ハリー・ブライト
演 - コリン・ファース / 若い頃:ヒュー・スキナー、日本語吹き替え - 木下浩之
ソフィの父親候補者の一人。イギリス人銀行家。重要な契約の為に東京に出張中だが、後にソフィがいるカロカイリ島へと行った。前作の最後でゲイだとカミングアウトした。若かりし頃はドナとパリで出会うまで一度も女性経験が無く、彼女を最初の女性と決めてからは猛アプローチをかけ、最終的に成功する。ギリシャの税関職員からは「歳を重ねてから、益々味が出てきた」と褒められるほど。
ビル・アンダーソン
演 - ステラン・スカルスガルド / 若い頃:ジョシュ・ディラン、日本語吹き替え - 福田信昭
ソフィの父親候補者の一人。スウェーデン人船員紀行作家。ストックホルムで行われる授賞式をほっぽり出してカロカイリ島に行く。昔はハンサムでプレイボーイとして名を馳せていたらしいが、今は往時の見る影も無くなってしまっている事をギリシャの税関職員に指摘されてしまっている。前作ではロージーと良い関係になっていたが、今作までの間に浮気してしまい破局した。
フェルナンド・シエンフエゴス
演 - アンディ・ガルシア、日本語吹き替え - 内田直哉
ホテルの支配人。全てが謎に包まれている人物。昔、南米で悲しい別れを経験しているらしい。妻を亡くした兄がいる。
実は若かりし頃にルビーと恋に落ちたが、当時のメキシコの内戦で彼女と離れ離れになってしまっていた。だが彼女への愛は薄れておらず、ホテルのリオープン・パーティーにて奇跡の再会を果たした後は、よりを戻している。
ルビー・シェリダン
演 - シェール、日本語吹き替え - 鳳芳野
ドナの母親でソフィの祖母。ブロンドヘアの美人。歌手(その実力は娘のドナも認めるほど)であり、世界中を飛び回っている。その為家族とは疎遠であり、娘であるドナとの仲は良好とは言い難い。ソフィの発言によると、ここ数十年間はラスベガスの外から出ていないらしい。ソフィは当初ホテルのリオープン・パーティーに彼女を招待しようとしたが、「どうせ来ない」という理由で事前に招待を辞めた。が、スカイの説得と疎遠にしていた孫娘と良好な関係を築くためにヘリコプターでカロカイリ島に駆けつける。
なぜか国際恋愛に関して良いイメージを持っていないが、それは彼女自身が1959年にメキシコでフェルナンドとの悲しい別れを経験していたからであった。
ホテルのリオープン・パーティーで彼と奇跡の再会を果たし、その後は当時のように互いに愛を育んでいる。
ギリシャの税関職員
演 - オミッド・ジャリリ
大学副総長
演 - セリア・イムリー英語版
ドナ、ターニャ、ロージーが通う大学の副総長。
ソフィア
演 - Maria Vacratsis
ラザロスの母親。ホテル“Villa Donna”の元である山頂の空き家の所有者であり、若かりし頃のドナに手入れをする事を条件に、無料で貸し出す。ドナが産気づいた際には出産の手伝いを行った。
ラザロス
演 - Panos Mouzourakis
ソフィアの息子。彼自身がオーナーを勤めるバーでバンドを率いている。ボーカルは彼自身だが、彼のバンドの良さを理解しているのは、ドナただ一人だけであり母のソフィアからはドラ息子扱いされている。ホテルのリオープン・パーティーにもバンドを率いて参加。その際は当時と比べて髪が薄くなっていた。
アレクシオ
演 - ジェラード・モナコ英語版
アポロニア
演 - アナ・アントニアデス
大学の教師
演 - ビョルン・ウルヴァース
ABBAのメンバー。カメオ出演)
レストランのピアノ奏者
演 - ベニー・アンダーソン
ABBAのメンバー。カメオ出演)

使用楽曲編集

サウンドトラックアメリカ合衆国で2018年7月13日キャピトル・レコードポリドール・レコードから発売された[3][4]。アルバムのプロデュースは、ビョルン・ウルヴァースジュディ・クレイマー英語版とともにエグゼクティヴプロデューサーも務めるベニー・アンダーソン

  1. "When I Kissed the Teacher" –若きドナ・アンド・ザ・ダイナモス、大学副総長
  2. "I Wonder (Departure)" – 若きドナ・アンド・ザ・ダイナモス
  3. "One of Us" – ソフィ、スカイ
  4. "恋のウォータールー" – 若きハリー、若きドナ
  5. "Why Did It Have to Be Me?" – 若きビル、若きドナ、若きハリー
  6. "アイ・ハヴ・ア・ドリーム" – 若きドナ
  7. "Kisses of Fire" – ラザロス
  8. "Andante, Andante" – 若きドナ
  9. "きらめきの序曲" – 若きドナ
  10. "ノウイング・ミー・ノウイング・ユー" – 若きドナ、若きサム、サム、ソフィ
  11. "Mamma Mia" – 若きドナ・アンド・ザ・ダイナモス
  12. "Angel Eyes" – ロージー、ターニャ、ソフィ
  13. "ダンシング・クイーン" – ソフィ、ロージー、ターニャ、サム、ビル、ハリー
  14. "I've Been Waiting for You" – ソフィ、ロージー、ターニャ
  15. "Fernando" – ルビー、フェルナンド
  16. "My Love, My Life" – ドナ、ソフィ
  17. "Super Trouper" – ルビー、ドナ、ロージー、ターニャ、ソフィ、スカイ、サム、ビル、ハリー、フェルナンド、若きドナ、若きロージー、若きターニャ、若きビル、若きサム、若きハリー
  18. "ザ・デイ・ビフォア・ユー・ケイム" – ドナ
  • サウンドトラックには収録されているが、劇中からはカットされた楽曲。

製作編集

企画編集

前作『マンマ・ミーア!』の興行的成功により、ハリウッドスタジオのチーフでユニバーサル・ピクチャーズの共同会長(当時)のデヴィッド・リンドデイリー・メールの取材に対し、「時間はかかるが、続編の可能性はある」と述べた。また「キャサリン・ジョンソン英語版(前作脚本)、フィリダ・ロイド(前作監督)、ベニー・アンダーソン(前作製作総指揮)、ビョルン・ウルヴァース(前作製作総指揮)がプロジェクトに同意してくれることを願っている。まだABBAの使うべき名曲がたくさんある」とも述べた[5]

2017年5月19日、本作の製作と公開日(2018年7月20日)が発表された[6]オル・パーカー英語版が脚本と監督を務める[7]。2017年9月27日ベニー・アンダーソンABBAの3つの楽曲 "When I Kissed the Teacher"、"I Wonder (Departure)"、"Angel Eyes" が劇中に使用されることを明かした[8]。なお "I Wonder (Departure)" は劇中からはカットされたが、本作のサウンドトラックには収録されている。

キャスティング編集

2017年6月1日、ソフィ役にアマンダ・サイフリッドが続投することが報じられた[9]。その月の下旬、ドミニク・クーパーもインタビューで、自身がメリル・ストリープコリン・ファースピアース・ブロスナンとともに続投することを明かした[10]。2017年7月、クリスティーン・バランスキーもターニャ役で続投が発表され[11]、2017年7月12日には、青春時代のドナとしてリリー・ジェームズの出演が決定した[12]。2017年8月3日ジェレミー・アーヴァインアレクサ・デイヴィーズ英語版のキャスティングが報じられ、アーヴァインはブロスナンの役サムの青春時代を、デイヴィースはジュリー・ウォルターズの役ロージーの青春時代をそれぞれ演じることとなった[13]。2017年8月16日ジェシカ・キーナン・ウィン英語版オフ・ブロードウェイミュージカル『Heathers: The Musical』のヘザー・チャンドラー役)が、バランスキーの役ターニャの青春時代を演じることが発表された[14]ジュリー・ウォルターズステラン・スカルスガルドもロージーとビルの役をそれぞれ続投する[15]。2017年10月16日、アメリカの歌手・女優のシェール2010年以来の映画出演として参加が発表された[16]。シェールとストリープは『シルクウッド』以来の共演となる。

撮影編集

主要撮影2017年8月12日から、ヴィス島を含むクロアチアで開始した[17][18][19][20][17]。2017年10月にはイングランドサリー州にあるシェパートン・スタジオ英語版にキャストが集合し、シェールとともに数曲の歌とダンスを撮影した[16]。撮影は2017年12月2日に終了した[21]

公開編集

本作はユニバーサル・ピクチャーズによってアメリカ合衆国イギリスなどの国々で2018年7月20日に公開された[22]。プレミアは2018年7月16日ロンドンハマースミス・アポロにて行われた[23]

マーケティング編集

最初のトレーラーは2017年12月21日に、同じくユニバーサル・ピクチャーズの『ピッチ・パーフェクト3』の上映前に初公開された。ユニバーサルがスポンサーであるYouTubeではメレル・ツインズ英語版が "Mamma Mia" のカバーを披露し映画のプロモーションを行った[24]

脚注編集

  1. ^ 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p.40
  2. ^ “『マンマ・ミーア!』続編今年8月に日本公開決定!特報映像も公開に!”. (2018年1月25日). https://www.universal-music.co.jp/abba/news/2018-01-25-news/ 2018年4月25日閲覧。 
  3. ^ “New Music Friday: Tinashe, DJ Snake, Mamma Mia Soundtrack...”. latfusa.com. (2018年7月13日). https://www.latfusa.com/article/2018/7/new-music-friday-tinashe-dj-snake-mamma-mia/ 
  4. ^ Mamma Mia! Here We Go Again Official Soundtrack Is Out Today”. Umusic.ca (2018年7月13日). 2018年7月16日閲覧。
  5. ^ “Baz Bamigboye on a possible Mamma Mia sequel, Kate Winslet, Leonardo DiCaprio and much more”. Mail Online. (2008年10月17日). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1078332/Baz-Bamigboye-possible-Mamma-Mia-sequel-Kate-Winslet-Leonardo-DiCaprio-more.html 2017年7月12日閲覧。 
  6. ^ Bryan Alexander (2017年5月19日). “'Mamma Mia' sequel 'Here We Go Again' coming next summer”. US Today. https://www.usatoday.com/story/life/movies/2017/05/19/mamma-mia-sequel-here-we-go-again-coming-next-summer/101899234/ 2017年7月12日閲覧。 
  7. ^ Anita Busch (2017年5月19日). “‘Mamma Mia: Here We Go Again!’ On Universal Pictures’ 2018 Schedule”. Deadline Hollywood. 2017年7月12日閲覧。
  8. ^ Jennifer Read-Dominguez (2017年9月27日). “Mamma Mia 2 Here We Go Again! songs officially revealed by Benny from ABBA”. Digital Spy. 2017年12月4日閲覧。
  9. ^ Mike Fleming Jr (2017年6月1日). “Amanda Seyfried Set For ‘Mamma Mia!’ Reprise”. Deadline Hollywood. 2017年7月12日閲覧。
  10. ^ Zach Seemayer (2017年6月22日). “EXCLUSIVE: Dominic Cooper Dishes on Returning for 'Mamma Mia 2': It's 'a Phone Call I've Been Waiting For'”. Entertainment Tonight. 2017年7月12日閲覧。
  11. ^ Amanda N'Duka (2017年7月12日). “Christine Baranski Returning For Universal’s ‘Mamma Mia!’ Sequel”. Deadline.com. 2017年7月12日閲覧。
  12. ^ Ford, Rebecca (2017年7月12日). “'Mamma Mia' Sequel Adds Lily James (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/mamma-mia-sequel-adds-lily-james-1020037 2017年7月13日閲覧。 
  13. ^ Ramos, Dino-Ray; N'Duka, Amanda (2017年8月3日). “‘Mamma Mia!’ Sequel Adds Jeremy Irvine & ‘Harlots’ Actress Alexa Davies”. Deadline. http://deadline.com/2017/08/mamma-mia-sequel-jeremy-irvine-alexa-davies-universal-1202137014/ 2017年8月9日閲覧。 
  14. ^ McNary, Dave (2017年8月16日). “‘Mamma Mia: Here We Go Again!’ Casts Broadway Star Jessica Keenan Wynn”. Variety. https://variety.com/2017/film/news/broadway-star-jessica-keenan-wynn-mamma-mia-here-we-go-again-1202530120/amp/ 2017年8月22日閲覧。 
  15. ^ Spencer Perry (2017年8月22日). “Here We Go Again: Mamma Mia! Sequel Begins Production”. Comingsoon.net. 2017年8月22日閲覧。
  16. ^ a b Bamigboye, Baz (2017年10月16日). “Here she goes again: Cher prepares to return to the big screen with appearance in Mamma Mia 2”. Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/news/article-4983372/Cher-return-cinema-appearance-Mamma-Mia-2.html 2017年10月16日閲覧。 
  17. ^ a b Demark, Nikolina (2017年8月15日). “Will the Filming of 'Mamma Mia' Affect the Island of Vis?” (英語). Total Croatia News. http://www.total-croatia-news.com/lifestyle/21239-will-the-filming-of-mamma-mia-affect-the-island-of-vis 2017年8月16日閲覧。 
  18. ^ McCreesh, Louise (2017年8月12日). “Lily James shares snap of young Dynamos in Mamma Mia 2” (英語). Digital Spy. http://www.digitalspy.com/movies/news/a835456/lily-james-starts-work-on-mamma-mia-2/ 2017年8月16日閲覧。 
  19. ^ Harrison, Ellie (2017年8月14日). “Lily James shares photo from the set of Mamma Mia! sequel” (英語). RadioTimes. http://www.radiotimes.com/news/2017-08-14/lily-james-shares-photo-from-the-set-of-mamma-mia-sequel 2017年8月16日閲覧。 
  20. ^ Sommers, Kat (2017年8月14日). “First Look: The Dynamos Reunite as ‘Mamma Mia 2’ Starts Filming | BBC America”. BBC America. http://www.bbcamerica.com/anglophenia/2017/08/first-look-the-dynamos-reunite-as-mamma-mia-2-starts-filming 2017年8月16日閲覧。 
  21. ^ McCreesh, Louise (2017年12月4日). “Mamma Mia 2: Here We Go Again! has officially finished filming” (英語). Digital Spy. http://www.digitalspy.com/movies/news/a844588/mamma-mia-2-sequel-here-we-go-again-filming-abba/ 2017年12月4日閲覧。 
  22. ^ “'Mamma Mia!' Film Sequel Gets July 2018 Release Date”. US News. (2017年5月19日). https://www.usnews.com/news/entertainment/articles/2017-05-19/mamma-mia-film-sequel-gets-july-2018-release-date 2017年8月16日閲覧。 
  23. ^ Harding, Laura (2018年7月16日). “Meryl Streep and Cher to be dancing queens of Mamma Mia 2 premiere”. Irish Independent (Independent News & Media). https://www.independent.ie/entertainment/movies/meryl-streep-and-cher-to-be-dancing-queens-of-mamma-mia-2-premiere-37121945.html 2018年7月16日閲覧。 
  24. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年7月22日). “Shocker: ‘Mamma Mia 2’ Meets B.O. Waterloo As ‘Equalizer 2’ Is The No. 1 Winner That Takes It All With $35M+”. Deadline Hollywood. Penske Business Media. 2018年7月22日閲覧。

外部リンク編集