この項目には国際音声記号 (IPA)が含まれています詳細

ミドルズブラ・フットボール・クラブ (Middlesbrough Football Club; [ˈmɪdəlzbrə]) は、イングランドミドルズブラに本拠地を置くサッカークラブ。

ミドルズブラFC
原語表記 Middlesbrough Football Club
愛称 The Boro, Smoggies[1][2][3]
クラブカラー 赤と白
創設年 1876年
所属リーグ フットボールリーグ
所属ディビジョン チャンピオンシップ
ホームタウン ミドルズブラ
ホームスタジアム リヴァーサイド・スタジアム
収容人数 34,742[4]
代表者 イングランドの旗 スティーブ・ギブソン
監督 イングランドの旗 ニール・ウォーノック
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

2003-04シーズンはリーグ戦で11位ながらも、フットボールリーグカップで優勝を果たした。2005-06シーズンはリーグ14位に終わるも、UEFAカップでは準々決勝・準決勝と奇跡的な大逆転劇を続けざまに演じ英国中のファンを湧かせた。決勝でセビージャFCに敗れたものの、準優勝を果たした。

歴史編集

1876年、ミドルズブラ・クリケットクラブによってアルバートパークホテルでの会議によって創設された。

1903年にトップリーグを昇格を果たすと第一次世界大戦での中断時期を挟んで1923-24シーズンに降格するまで優勝するには至らないがトップリーグを戦いの場としていた。 その後、1929-30シーズンに再昇格すると1953-54シーズンに降格するまでトップリーグでの地位を保った。 しかし、1954-55シーズン以降は2部において昇格争いに加わることなく、1965-66シーズンには3部まで降格した。1年で2部に昇格したものの1974-75シーズンにトップリーグ昇格をするまで2部で長きを過ごした。1981-82シーズンに2部に降格すると1985-86シーズンには再び3部降格するなど低迷を極めた。1986-87、1987-88と2シーズン連続で昇格し、1年で降格したもののトップリーグ復帰を果たす。3年間2部で戦った後、1992-93には前年にプロサッカーリーグの改編に伴い新設されたプレミアリーグへ初昇格した。その後、1992-93、1996-97とフットボールリーグ・チャンピオンシップへ2度の降格を経験したものの、1998-99シーズンに昇格以降は、2004-05シーズンのプレミアリーグ発足後最高の7位終了や、2003-04シーズンに現在までクラブ唯一のタイトルであるリーグカップ獲得。更には2005-06シーズンのUEFAカップ準優勝などプレミアリーグでも中堅クラスのチームとなった。

しかし、2008-09シーズンは5戦連続負けなしなど一時的に浮上の兆しを見せたものの、シーズンを通じ下位に低迷。最終節のウェストハム戦に敗れると翌シーズンは1997-98シーズン以来、フットボールリーグ・チャンピオンシップで戦うことが決まった。

2009-10シーズンは、2009年10月、サウスゲートが解任され、新監督にゴードン・ストラカンが就任。[5]サウスゲートが解任された時点では昇格圏内と勝ち点1差の4位に付けていた。[6]冬の移籍市場ではセルティック時代の教え子であるスティーヴン・マクマナスクリス・キレンなどを獲得したが11位となり1年でのプレミアリーグ復帰はならなかった。2010-11シーズンも12位。2011-12シーズンは7位でプレミアリーグ復帰はならなかった。2012-13シーズンは16位、2013-14シーズンは12位、2014-15シーズンは4位(プレーオフの末、3位・ノリッジに敗戦)だった。

2015-16シーズンはホームでの最終節でブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンと1-1で引き分け、2位でシーズンを終え、2008-09シーズン以来8年ぶりのプレミアリーグ昇格を果たした。

しかし、2016-17シーズンはリーグ最小の27得点と得点力の欠如に苦しみ、38試合で5勝しかできず19位となり、1年で降格した。[7]

タイトル編集

国内タイトル編集

国際タイトル編集

なし

過去の成績編集

シーズン ディビジョン FA
カップ
リーグ
カップ
欧州カップ / その他 最多得点者
リーグ 順位 選手 得点
1992-93 プレミア 42 11 11 20 54 75 44 21位 4回戦敗退 2回戦敗退 ポール・ウィルキンソン 15
1993-94 ディビジョン1 46 18 13 15 66 54 67 9位 3回戦敗退 3回戦敗退 アングロ=イタリアン・カップ グループステージ敗退 ジョン・ヘンドリー 20
1994-95 46 23 13 10 67 40 82 1位 3回戦敗退 3回戦敗退 アングロ=イタリアン・カップ グループステージ敗退 17
1995-96 プレミア 38 11 10 17 35 50 43 12位 4回戦敗退 4回戦敗退 ニック・バーンビー 9
1996-97 38 10 12 16 51 60 39 19位 準優勝 準優勝 ファブリッツィオ・ラバネッリ 31
1997-98 ディビジョン1 46 27 10 9 77 41 91 2位 4回戦敗退 準優勝 ポール・マーソン 16
1998-99 プレミア 38 12 15 11 48 54 51 9位 3回戦敗退 3回戦敗退 ハミルトン・リカルド 18
1999-00 38 14 10 14 46 52 52 12位 3回戦敗退 準々決勝敗退 14
2000-01 38 9 15 14 44 44 42 14位 4回戦敗退 3回戦敗退 アレン・ボクシッチ 12
2001-02 38 12 9 17 35 47 45 12位 準決勝敗退 3回戦敗退 8
2002-03 38 13 10 15 48 44 49 11位 3回戦敗退 3回戦敗退 マッシモ・マッカローネ 9
2003-04 38 13 9 16 44 52 48 11位 4回戦敗退 優勝 ジュニーニョ・パウリスタ 9
2004-05 38 14 13 11 53 46 55 7位 4回戦敗退 4回戦敗退 UEFAカップ ベスト16 ジミー・フロイド・ハッセルバインク 16
2005-06 38 12 9 17 48 58 45 14位 準決勝敗退 3回戦敗退 UEFAカップ 準優勝 ヤクブ・アイェグベニ 19
2006-07 38 12 10 16 44 49 46 12位 6回戦敗退 2回戦敗退 マーク・ヴィドゥカ 19
2007-08 38 10 12 16 43 53 42 13位 6回戦敗退 3回戦敗退 スチュワート・ダウニング 10
2008-09 38 7 11 20 28 57 32 19位 6回戦敗退 3回戦敗退 トゥンジャイ・シャンル 8
2009-10 チャンピオン 46 16 14 16 58 50 62 11位 3回戦敗退 2回戦敗退 アダム・ジョンソン 11
2010-11 46 17 11 18 68 68 62 12位 3回戦敗退 2回戦敗退 スコット・マクドナルド 14
2011-12 46 18 16 12 52 51 70 7位 4回戦敗退 3回戦敗退 マルヴィン・エムネス 18
2012-13 46 18 5 23 61 70 59 16位 5回戦敗退 準々決勝敗退 スコット・マクドナルド 13
2013-14 46 16 16 14 62 50 64 12位 3回戦敗退 1回戦敗退 アルバート・アドマー 12
2014-15 46 25 10 11 68 37 85 4位 5回戦敗退 3回戦敗退 パトリック・バンフォード 19
2015-16 46 26 11 9 63 31 89 2位 3回戦敗退 5回戦敗退 クリスティアン・ストゥアニ 11
2016-17 38 5 13 20 27 53 28 19位 準々決勝敗退 2回戦敗退 アルバロ・ネグレド 10
2017-18 46 22 10 14 67 45 76 5位 4回戦敗退 4回戦敗退 ブリット・アソムバロンガ 15
2018-19 46 20 13 13 49 41 73 7位 4回戦敗退 準々決勝敗退 14
2019-20 46 13 14 19 48 61 53 17位 3回戦敗退 1回戦敗退 アシュリー・フレッチャー 13
2020-21 46

メンバー編集

現所属メンバー編集

2017-18シーズンフォーメーション

 

2020年11月3日現在[8]
No. Pos. 選手名
1   GK マーカス・ベッティネッリ
2   DF アンファニー・ダイクスティール
3   DF マーヴィン・ジョンソン
4   DF グラント・ホール
5   MF サム・モーシー ( )
6   DF ダエル・フライ
7   MF マーカス・タヴェルニエ
9   FW ブリット・アソムバロンガ ( )( )
10   FW チュバ・アクポム
11   FW アシュリー・フレッチャー
12   FW マーカス・ブラウン
13   GK ジョーダン・アーチャー
No. Pos. 選手名
14   MF ヤニク・ボラシエ
16   MF ジョニー・ハウソン
17   MF パディ・マクネア
18   MF ダンカン・ワトモア
19   MF ナサニエル・メンデス=ラング
21   MF ネースケンス・ケバノ
22   MF ジョージ・サヴィル
24   MF サム・フォラリン
27   DF マーク・ボラ
29   DF ジェド・スペンス
31   GK ソル・ブリン
33   DF ヘイデン・コールソン

※括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

ローン移籍選手編集

in
No. Pos. 選手名
1   GK マーカス・ベッティネッリ (フラム)
14   MF ヤニク・ボラシエ (エヴァートンFC)
21   MF ネースケンス・ケバノ (フラムFC)
out
No. Pos. 選手名
8   MF ルイス・ウィング (ロザラム・ユナイテッドFC)
15   DF ネイサン・ウッド (クルー・アレクサンドラFC)
32   GK デヤン・ストヤノビッチ (FCザンクトパウリ)
36   DF スティーブン・ウォーカー (ミルトン・キーンズ・ドンズ)

歴代監督編集

歴代所属選手編集

脚注編集

  1. ^ Hancox, Dan (2009年9月10日). “How is Britain coping with the recession? – Middlesbrough – Smoggies steel themselves”. New Statesman. 2013年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月2日閲覧。
  2. ^ Teesside MP uses the word "smoggie" in Parliament speech”. Evening Gazette (2011年7月11日). 2013年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月29日閲覧。
  3. ^ “Maximo Park fear for footy teams”. BBC News. (2009年4月22日). オリジナルの2013年10月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131002211330/http://news.bbc.co.uk/newsbeat/hi/music/newsid_8011000/8011813.stm 2013年9月29日閲覧。 
  4. ^ “Riverside Stadium's new capacity confirmed after Boro's relegation to Championship”. Gazette Live Website. (2017年7月8日). http://www.gazettelive.co.uk/news/teesside-news/riverside-stadiums-new-capacity-confirmed-13298568 2017年7月14日閲覧。 
  5. ^ “Gordon Strachan confirmed as Middlesbrough's new manager”. The Guardian (UK). (2009年10月26日). https://www.theguardian.com/football/2009/oct/26/gordon-strachan-middlesbrough-new-manager 2009年10月26日閲覧。 
  6. ^ Middlesbrough 2009–2010: English League Championship Table on 21 October 2009”. 2014年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月14日閲覧。
  7. ^ Smith, Jamie (2017年5月8日). “Middlesbrough's Premier League relegation confirmed”. Goal.com. http://www.goal.com/en/news/middlesbrough-relegated-premier-league-defeat-chelsea/1nrhqavuxaa8x1kjn5eip6hm7s 2018年5月6日閲覧。 
  8. ^ First Team”. ミドルズブラFC. 2020年11月3日閲覧。

外部リンク編集

公式
ニュース
その他