メインメニューを開く

ミナルディ・M185 (Minardi M185 ) は、ミナルディ1985年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。ミナルディがコンストラクターとして最初に開発したF1マシンである。デザイナーはジャコモ・カリーリ

ミナルディ・M185 / M185B
2005 Brands Hatch A1GP 25 Sept Rodrigo Gallego Minardi F1 185.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター イタリアの旗 ミナルディ
デザイナー イタリアの旗 ジャコモ・カリーリ
後継 ミナルディ・M186
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン
エンジン 1985年: フォード コスワース DFV, NA, 3.0リッター, 90度 V8;
1986年: モトーリ・モデルニ Tipo 615-90, t/c, 1.5リッター, 720馬力, 90度 V6, ミッドエンジン
トランスミッション ミナルディ製 M101, 5速, MT
重量 550kg
燃料 アジップ
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム ミナルディ・チーム
ドライバー イタリアの旗 ピエルルイジ・マルティニ
イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス
イタリアの旗 アレッサンドロ・ナニーニ
初戦 ブラジルの旗 1985年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
32 0 0 0
テンプレートを表示

開発と経緯編集

M185はピエルルイジ・マルティニが1台体制でドライブし、1985年の開幕戦1985年ブラジルグランプリでデビューした。序盤の2戦はNAフォード・コスワース・DFVエンジンを搭載したが、第3戦のサンマリノからモトーリ・モデルニのV6ターボを搭載した。マシンの信頼性の低さ、マルティニの経験不足からリタイアを繰り返し、ドイツGPで初完走、その後はベルギーGPで12位、オーストラリアGPで8位と、シーズンを通して3度しか完走できず、ポイントを獲得することはできなかった。

1986年は改良型のM185Bが投入され、アンドレア・デ・チェザリスアレッサンドロ・ナニーニがドライブした。この年もリタイアを繰り返し、シーズン末までM185BをドライブしたナニーニがメキシコGPで完走し14位に入った。チェザリスはドイツGPからM186をドライブしたが、M185Bでは完走できなかった。チームはこの年もポイントを獲得することはできなかった。

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ No ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1985年 M185 フォード コスワース DFV[1]
モトーリ・モデルニ, V6T
P BRA
 
POR
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
BEL
 
EUR
 
RSA
 
AUS
 
0 -
29   ピエルルイジ・マルティニ Ret Ret Ret DNQ Ret Ret Ret Ret 11 Ret Ret Ret 12 Ret Ret 8
1986年 M185B モトーリ・モデルニ
Tipo 615-90

1.5, V6T
P BRA
 
ESP
 
SMR
 
MON
 
BEL
 
CAN
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
AUT
 
ITA
 
POR
 
MEX
 
AUS
 
0 -
23   アンドレア・デ・チェザリス Ret Ret Ret DNQ Ret Ret Ret Ret Ret
24   アレッサンドロ・ナニーニ Ret DNS Ret DNQ Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 14 Ret

参照編集

  1. ^ シーズン開幕2戦のみで使用された