チョ・グハム

大韓民国の柔道選手 (1992-)

チョ・グハム: 조구함: Cho Gu-Ham1992年7月30日 - )は、韓国春川市出身の柔道選手。階級は100kg級。身長175cm[1][2][3][4]。現在は水原市庁に所属[5]

獲得メダル
大韓民国の旗 大韓民国
柔道
オリンピック
2020 東京 100kg級
世界柔道選手権
2018 バクー 100㎏級
世界ジュニア
2011 ケープタウン 100kg超級
2010 アガディール 100kg超級

人物編集

2010年の世界ジュニア100kg超級では準決勝で日本の王子谷剛志に敗れて3位だった。2011年の世界ジュニアでは決勝で再び王子谷に敗れて2位だった[2]グランドスラム・東京では決勝でロシアのアレクサンドル・ミハイリンに敗れるが、2位となった。その後も国際大会で一定の成績を残すが、この階級には国内に世界選手権3位の金成民がいたため、2012年ロンドンオリンピックには出場できなかった[2]龍仁大学校に在学していた2013年にはユニバーシアードで優勝を飾った[4]。2014年には階級を100kg級に下げると、アジア大会で3位となった[2]。地元のグランプリ・チェジュで優勝すると、グランドスラム・東京でも優勝を飾った[2]。2015年には地元の光州で開催されたユニバーシアードで2連覇を飾った[5]世界選手権では3回戦で日本の羽賀龍之介の技ありで敗れたが、世界団体では準優勝メンバーの一員として名を連ねることとなり[2]、グランプリ・チェジュでは2連覇を飾った[6]。しかし、2016年のリオデジャネイロオリンピックでは3回戦でウクライナのアルテム・ブロシェンコの隅返で敗れた[1][3]。2017年のグランドスラム・東京では準決勝で飯田健太郎を指導2で破るなどして、2度目の優勝を飾った[3]。2018年のアジア大会では決勝で飯田と対戦すると、GS含めて10分以上の戦いの末に反則負けを喫して2位にとどまった[7]世界選手権では決勝でジョージアのヴァルラーム・リパルテリアニと対戦して9分近い戦いの末に技ありで破り、優勝を飾った[8]。2019年の世界選手権では、準々決勝で元世界チャンピオンのウルフ・アロンに技ありで破るが準決勝でロシアのニヤス・イリアソフに反則負けすると、3位決定戦でもオランダのミハエル・コレルの技ありで敗れ5位に終わった[9]。2021年7月に日本武道館で開催された東京オリンピックでは、準決勝で世界チャンピオンのポルトガルジョルジ・フォンセカを技ありで破るも、決勝ではウルフの大内刈で敗れて銀メダルとなった[10]

IJF世界ランキングは1318ポイント獲得で、10位となっている(2021/6/28現在)[11]

主な戦績編集

100kg超級での成績

100kg級での成績

(出典[3]JudoInside.com)。

脚注編集

  1. ^ a b Biography and Olympic Results
  2. ^ a b c d e f listes des judokas
  3. ^ a b c d profile
  4. ^ a b Info System: Athletes / CHO Guham”. 2014年1月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年11月30日閲覧。
  5. ^ a b 男子柔道チョ・グハムが韓国に今大会初の金
  6. ^ Jeju Grand Prix 2015”. 2015年12月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年11月30日閲覧。
  7. ^ 18th Asian Games 2018
  8. ^ World Judo Championships 2018
  9. ^ World Judo Championships 2019
  10. ^ Olympic Games Tokyo 2020
  11. ^ World ranking list”. 2016年9月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月20日閲覧。

外部リンク編集