ヤングブラッズ (1960年代のバンド)

ヤングブラッズ(The Youngbloods)は、1960年代から1970年代初頭にかけて活動したアメリカ合衆国バンドフォーク・ロック・バンドである。1965年ニューヨーク州ニューヨーク市で結成、代表曲はディノ・ヴァレンティ(英語版)の楽曲「ゲット・トゥゲザー」を1967年全米ホットチャートのマイナー部門シングル盤ランキング最高62位、1969年に再びビルボードのシングル盤チャート最高5位のヒット曲にした。

ヤングブラッズ
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州 ニューヨーク
ジャンル フォークロック
ロックンロール
ブルースロック
ジャズロック
リズム・アンド・ブルース
ブルーグラス
カントリーロック
活動期間 1965年 - 1972年
レーベル RCA
メンバー ジェシ・コリン・ヤング
ジェリー・コービット
バナナ(ロウエル・レヴェンジャー)
ジョー・バウアー
1969年初頭頃のヤングブラッズ

メンバー編集

  • ジェシ・コリン・ヤング(ペリー・ミラー)(Jesse Colin Young/Perry Miller [2] 1941年10月22日生、ニューヨーク州クイーンズ区出身) ボーカル、ベース・ギター、ギター
  • ジェリー・コービット(Jerry Corbitt/Jerry Byron Corbitt[3] 1943年1月7日ー2014年8月3日、ジョージア州ティフト出身) ボーカル、リード・ギター ※1965-69年迄在籍
  • バナナ(ロウエル・レヴェンジャー3世)(Banana/Lowell LevingerⅢ [4] 1946年生、マサチューセッツ州ケンブリッジ出身) キーボード、ギター
  • ジョー・バウアー (Joe Bauer [5] 1941年9月26日-1983年11月日、テネシー州メンフィス出身) ドラムス
  • マイケル・ケイン (Michael Kane) ベース・ギター ※1971-72年迄在籍
  • デヴィッド・パーパー (David Perper) ドラムス ※1984-85年在籍
  • スコット・ロ-レンス (Scott Lawrence) キーボード ※1984-85年在籍

概要・来歴編集

1965年結成、フォーク・ロックの代表的なバンドの一つでラヴィン・スプーンフルとともにニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジを中心に活躍、1969年カリフォルニア州内に活動拠点を移し1972年解散した。

ニューヨーク州出身のジェシ・コリン・ヤングJesse Colin Young、本名Perry Miller)は会計士を営む父にヴァイオリニストの母のもと、幼少からクラシック音楽に親しみ遊学からボストンのフィリップス・アカデミーに進学したがフォークリバイバル運動の「洗礼」から熱心な音楽活動に入り学校をドロップアウト後、ニューヨークに戻りフォーク・クラブやコーヒーハウスで活動し1964年4月キャピトル・レコードからボビー・スコット(Bobby Scott)プロデュースによるソロ・アルバム「ザ・ソウル・オブ・ア・シティ・ボーイ(The Soul of a City Boy)」を発表した。 グリニッジ・ヴィレッジの雑多な交流のなかセッションや即席のフォークグループがステージに立ち、デヴィッド・グリスマン(David Grisman・英語版)の呼びかけたブルーグラスジャグ・バンドには様々なミュージシャンが参加し演奏を繰り広げ[1]、ヤングとジェリー・コービット(Jerry Corbitt本名Jerry Byron Corbitt)はこの前後に知り合った。意気投合した二人はカナダのフォーククラブなどを回る遠征を計画しこの演奏旅行からバンドスタイルを思い立ち、帰国後ヤングは2作目ソロアルバムの制作をマーキュリー・レコード(Mercury Records・英語版)とのもとで契約、この契約付帯項目にはスタジオをソロアルバム録音とは別枠で、バンドセッションのリハーサルとデモ・テープ制作に使う時間枠確保が記載され、全てのプロデュースをジェリー・ロス(Jerry Ross)に依頼した。デモ・テープ・セッションにはのちラヴィン・スプーンフルに加わるジョン・セバスチャンがハーモニカでゲスト参加し、約4人の候補メンバーの選考からコービットとはジャグ・バンド仲間でボストンのセミ・プロバンド[2]を辞め将来の模索にニューヨークへ移住しジャズバンドの臨時雇いだったバナナ(Banana本名はLowell Levinger III)とその友人で社交ダンスホール専属の無名ジャズバンドにいたジョー・バウアー(Joe Bauer)のそれぞれ細々と糊口を凌いでいた二人に定まった。[3]。1964年2月グリニッジ・ヴィレッジで開店したカフェアゴーゴー(Cafe au Go Go)クラブに出演し評判から専属契約を勝ち取り、1965年3月ヤングのソロ2作目アルバム「ヤング・ブラッド(Young Blood)」を発表する。マーキュリーレコードからは、次作を要請されたが態度を保留し、デモ・テープから2枚のシングルはプロモーション・サンプルで終わり発売に至らなかった。マーキュリー・レコードとの交渉が膠着するなか、RCAビクターのスカウトを受け入れ同年11月シングル「グリズリー・ベア(Grizzely Bear)/ティアーズ・アー・フォーリン(Tears Are Falling)」でデビューする。
RCAビクターと結んだ契約は、実績のない新人バンドにたいして異例なもので、破格なスタジオ使用条件とプロデューサー任命権が含まれていた。 再度のマーキュリーレコードとの交渉は、大きな点ではレーベルが斡旋する名義だけで無能なプロデューサー・チームとその経費や印税割を排除し、不慣れなバンド体制による録音時間を少しでも長く確保したいというもので、RCAビクターが代わりに聞き入れて承諾したものだった。グリニッジ・ヴィレッジの親しい音楽仲間友人で恣意にしていたビジネスマン、フェリックス・パパラルディがチーフ・プロデューサーとして招聘され、これに基づいて契約を結んだ。パパラルディは改めて新人バンドのプロデューサー人事権など画期的事項を定めるこの書類内容に目を通すと愕然としたが歓喜し、ヤングらの手腕に呆れたと云う[4]
パパラルディはアメリカではジョン・サイモンら計算立てのアレンジが出来る先進者の一人で、ニューヨーク出身ミシガン大学でクラシック音楽を修めたキャリアから若手ながら高い評価と実績を持ちその名声からイギリスで前評判高く期待されたバンドクリームのスタッフに起用されている。
交渉を拗らせ契約を逸したマーキュリー・レコードとの音源はその後1970年に編集盤「トゥ・トリップス(Two Trips Jesse Colin Young With The Youngbloods)」に収録、発表されている。
契約条項で異例のスタジオ使用条件とは、作品制作の締切り期限まで会社が使用しない空き時間に限り、バンドが自由に使用するスタジオの占有権に、録音経費では時間制貸切のスタジオ使用料金にはあらかじめ上限額が設定され、RCAは貸切時間超過の使用料について追加の精算を求めない、というものだった(要約)。この条項を盾に無理強いして施錠を解いた深夜早朝のスタジオを自由に使い、スタジオ使用明細書の束とともに完成した[5]アルバムは1967年1月に「ザ・ヤングブラッズ(The Youngbloods)」として発表、5月の「アース・ミュージックEarth Music・英語版)」が続いた。 最初のアルバムはボブ・ディラン、ビートルズやバーズなど影響にサイケデリック・ロック風のリード・ギター、他のバンドがこぞって取り上げたブルースロック調で最先端のロックミュージックが中心で、6月にシングル・カットされた「ゲット・トゥゲザーGet Together)」はディノ・バレンティ(Dino Valenti/Chet Powers・英語版)が書き下ろし1964年6月にキングストン・トリオが取り上げ発表後フォーク/フォークロックのグループやミュージシャンが多数取り上げていた。ヤングブラッズのカバーヴァージョンは全米ホットチャートのマイナー部門シングル盤ランキング最高62位と健闘し、その後ニューヨークのラジオ放送局WABC-AMでユダヤ・キリスト教系公益法人のNCCJ(英語版)とICCJ(英語版)のCMに起用され1969年には全国ヒットとなった。「ゲット・トゥゲザー」のヒットとは対称的にアルバムのセールスは振るわなかった。
2枚目「アース・ミュージック」は、ステージで演奏していたフォーク・ロック、リズム・アンド・ブルースなどで幾つかはメンバーがアレンジを手がけた。パパラルディが担当した楽曲は、RCAでは同時期ジェファーソン・エアプレインのアルバムやシングル盤[6]とは異にした時代に左右されない普遍的なものとし一過的な流行のアレンジが無い仕上がりとなったが[7][8]、パパラルディは一方で出身地元ニューヨークでビート・ジェネレーション余波のフォークミュージシャンとの関係も深く、ティム・ローズ(Tim Rose・英語版[9]リッチー・ヘブンス[10]の作品などベース・ギターで演奏参加やアレンジで関わり、ヤングブラッズの特徴を注いだこのアルバムはニューヨークのローカルカラーが濃い作品とも云え[11]、全国的なヒット・チューンの流行傾向との乖離は否めず全米トップ200チャート圏外、地元と音楽マニアの支持に留まった。2作のアルバム販売不振はメンバー間の軋轢や主導権争いに発展しアルバム第3作はRCAの催促に関わらず足踏み状態で「クイックサンド(Quicksand)」など数曲を収録して中断[12]、1968年終末にコービットはソロ活動転向を理由に脱退した。コービットが抜けた穴はバナナがオルガン以外にギター、ベースやマンドリンなどを兼任するマルチ・ミュージシャンで、普段はベース担当ヤングが受け持つギターパートと楽曲ごとのアレンジを大幅に変更対処で演奏活動は三人体制で続行を決めた。解散の懸念解消からRCAはアルバムの録音再開にハリウッドの自社スタジオで収録することを持ちかけ、バンドはこの提案を受け入れマリン郡などに滞在し1969年4月チャーリー・ダニエルズのプロデュースで「エレファント・マウンテン」として発表した[13]。ビルボードチャート最高118位、ヒット作とは云えない成果だったが評論家からの高い評価と多くの音楽マニアに受け入れられてロングセラーになり、シングル・カットされた「闇(Darkness, Darkness)」は複数のミュージシャンがカヴァーしている。

バンドが根城にしていたカフェアゴーゴーは10月に閉店することが決まり、RCAとの契約は3作のアルバム制作で満了するため「エレファント・マウンテン」の録音再開前には既に幾社かと接触し交渉を進めていた。1967年に西海岸で演奏旅行を行い9月以降はニューヨークとカリフォルニアを往復し[14]、再レコード契約ではカリフォルニア州に本社があるワーナー・ブラザース・レコードから作品裁量権と不干渉範囲、経費負担、責任債務割合など[15]を提示された。この好条件をほぼ受け入れて、契約内容からバンドは自主レーベル、ラクーン(Raccoon)をワーナー・ブラザース傘下で開設を行い、東西を往復した生活に区切りを付けた。[16]
サンフランシスコを中心に公演を続け国内各地やカナダを訪れこの模様と音源で1970年10月『ロック・フェスティヴァル (Rock Festival)』を発売。プロデュースはゼーガーとエバンズ(Zager and Evans、ワンヒットワンダーで楽曲「西暦2525年」が有名。)、ビルボードチャートは最高80位に。翌年7月の『ライド・ザ・ウィンドRide the Wind・イタリア語 )』では新曲を含むライヴ盤で発表した(同チャート最高157位、プロデュースはチャーリー・ダニエルズ。)。1971年『グッド・アンド・ダスティ(Good And Dusty・イタリア語)』[17]に収録する楽曲を巡る各自の配分に対立が生じ、以後ヤングはバンドの出演や演奏参加の一部に条件を立てて拒絶し、ラクーンから発表したバウアーの71年ソロ作品には一切関与しなかった。バナナとバウアーは補助メンバーにマイケル・ケイン(Michael Kane)を雇った。1972年ヤングはソロ・アルバム『トゥギャザー(Together)』[18]をバナナとバウアーの手を借りず完成させ、招聘したミュージシャンには脱退したコービットもいた。同年春のヤングブラッズ『ハイ・オン・ザ・リッジ・トップ (High on a Ridge Top・イタリア語)』録音を前にヤングは脱退を表明しバンドの解散が決定した。マイケル・ケインを昇格させ有名無実と化したヤングブラッズの最終作はヤング作の一曲を除いてカバー曲が占めヤングとスタジオ・ミュージシャンを務めるバナナ、バウアーとケインで収録し決定していたステージスケジュールを9月まで消化して活動停止解散、11月にラストアルバム「ハイ・オン・ザ・リッジ・トップ」が発売された[19]

その後・付記編集

1984~5年にかけてヤングブラッズ再結成全米ツアーが行われジェシ・コリン・ヤング、ジェリー・コービット、バナナ、デヴィッド・パーパー(David Perper・英語版)、スコット・ロ-レンス(Scott Lawrence)で各地を公演した。

ジョー・バウアーは1982年9月脳腫瘍で死去した(40歳没)。日本では当時麻薬中毒死と誤って報道された。
ジェリー・コービットは2014年3月8日肺がんで死去(71歳没)。
カントリー・ミュージックチャーリー・ダニエルズとは関係が深く合名のライブ・アルバムとソロアルバムのプロデュースを依頼したり互いのアルバムやステージにゲスト参加している。
ジェシ・コリン・ヤングは引き続きソロ活動に農園経営を始めたが1995年カリフォルニア州インバレンス公園(Inverness Park)を襲った森林火災で焼き出されハワイ州ハワイ島ケアラケクア(Kealakekua・英語版)に転住し音楽活動とコーヒー農園を営んでいる。
バナナは解散後ミミ・ファリーニャ(英語版)の伴奏を長く務め[20]おもにカントリーロックやブルーグラスの範囲でセッションやツアーのミュージシャンとしてライ・クーダーダン・ヒックス・アンド・ホットリックスなど、ニューヨークで活動時代の仲間デヴィッド・グリスマンのセッションに参加し、現在(2016年)、カリフォルニア州インヴァーネス(Inverness)に居住している。

ヤングブラッズはフォークから1970年代シンガーソングライター・ブームへと橋渡しをしたバンドやミュージシャンの一つとなった。 結成前から終焉と活動経過に、ジェシ・コリン・ヤングと同一視したソロキャリアの一部と捉える誤解は多く、ニューヨークの他フォークロックバンドにみられた リズム・アンド・ブルースやブルーグラスの影響、その後「エレファント・マウンテン」以降強めたジャズ風のアレンジなどジェリー・コービット、ジョー・バウアーにバナナの貢献が無ければ成立せずヤングの作曲センスやカバー曲の選択は個性的で1970年代のAORなどに影響を与えた。

ヤングの1964年ソロ作と最初のアルバムに収録した「朝の四人(Four In The Morning)※1969年当時の邦題。午前4時の意。」、二枚目「アース・ミュージック」の「ユフォーリア(Euphoria)」の作者ロビン・リマイリー(Robin George Remailly)はその後1970年ホリー・モダル・ラウンダーズ(The Holy Modal Rounders(英語版))に参加する。「ユフォーリア」は加入前のグループが1964年に、「Four In The Morning」はヤングのソロ作とヤングブラッズがメジャー初公開でヤングのステージでは頻繁に演奏され現在(2015年)に至る(この模様はYouTubeなどで見ることが出来る)。
「Four In The Morning」はヤングブラッズのアレンジを元にロサンゼルスのフォークロックバンド、サンシャイン・カンパニー(Sunshine Company・英語版)がカバー、1967年一枚目アルバム「ハッピー・イズ(Happy Is the Sunshine Company)」に収められた。

作品編集

ジェシ・コリン・ヤングソロ作品(1964-1972)編集

1972年以降のソロ作は「英語版ジェシ・コリン・ヤングwikipedia」項目を参照

  • The Soul of a City Boy(1964年4月)キャピトル・レコード T 2070
Four In The Morning/You Gotta Fix It/Rye Whiskey/Whoa Baby/Susanne/Black Eyed Susan/Same Old Man/Drifter Blues/Talk To Me/Stranger Love/I Think I'll Take To Whiskey
  • Young Blood(1965年3月)マーキュリー・レコード MG 21005/SR 61005
Rider/Doc Geiger/ Lullabye/Brother Can You Spare A Dime/Trouble In Mind /Little Suzie/Nobody's Dirty Business/Green Hill Mountain Home/Summer Rain/Walkin' Off The Blues/Cotton Eyed Joe
  • Together(1972年3月25日)ワーナー・ブラザース・レコード BS 2588(ラクーン#10)
Good Times/Sweet Little Child/Together/Sweet Little Sixteen/Peace Song/Six Days On The Road/It's A Lovely Day/Creole Belle/6000 Miles/Born In Chicago/Pastures Of Plenty

ヤングブラッズ アルバム(1964-1972)編集

RCAヴィクター・レコード編集

  • The Youngbloods(1967年3月)RCAヴィクター・レコード LSP-3724
Grizzly Bear/All Over The World (La-La)/Statesboro Blues/Get Together/One Note Man/The Other Side Of This Life/Tears Are Falling/Four In The Morning/Foolin' Around (The Waltz)/Ain't That Lovin' You, Baby/C.C. Rider
  • The Youngbloods Get Together "The Youngbloods First Album" (1969年月)RCAヴィクター・レコード LSP-3724
※The Youngbloods、LSP-3724のジャケット装丁変更。
  • Earth Music (1967年5月)RCAヴィクター・レコード LSP-3724
Euphoria/All My Dreams Blue/Monkey Business/Dreamer's Dream/Sugar Babe/Long And Tall/I Can't Tell/Don't Play Games/The Wine Song/Fool Me/Reason To Believe
  • Elephant Mountain (1969年)RCAヴィクター・レコード LSP-4150
Darkness, Darkness/Smug/On Sir Francis Drake/Sunlight/Double/Sunlight/Beautiful/Turn It Over/Rain Song/Trillium/Quicksand/Black Mountain Breakdown/Sham/Ride The Wind

マーキュリー・レコード編集

  • Two Trips Jesse Colin Young With The Youngbloods (1970年)マーキュリー・レコード SR- 61273
※ジェシ・コリン・ヤングソロ作Young Bloodとデモ・テープを編集したもの。
Hey Babe/Sometimes/Another Strange Town/No More Pain/Nobody's Dirty Business/Summer Rain/Brother Can You Spare Dime?/Walkin' Off The Blues/Doc Geiger/Lullabye

ワーナー・ブラザース・レコード(ラクーン・レコード)編集

  • Rock Festival (1970年)ワーナー・ブラザース・レコード WS 1878(ラクーン#1)
It's A Lovely Day/Faster All The Time/Prelude/On Beautiful Lake Spenard/Josiane/Sea Cow Boogie/Fiddler A Dram/Misty Roses/Interlude/Peepin' 'N' Hidin' (Baby, What You Want Me To Do)/Ice Bag
  • Ride the Wind (1971年)ワーナー・ブラザース・レコード BS 2563(ラクーン#4)
Ride The Wind/Sugar Babe/Sunlight/The Dolphin/Get Together/Beautiful
  • Good And Dusty (1971年)ワーナー・ブラザース・レコード BS 2566(ラクーン#9)
Stagger Lee/That's How Strong My Love Is/Willie And The Hand/Circus Fire/Hippie From Olema #5/Good And Dusty/Let The Good Times Roll/Drifting And Drifting/Pontiac Blues/Moonshine Is The Sunshine/Will The Circle Be Unbroken/I'm A Hog For You Baby/Light Shine
  • High On A Ridge Top (1972年)ワーナー・ブラザース・レコード BS 2653(ラクーン#15)
Speedo/She Caught The Katy & Left Me A Mule To Ride/Going By The River/Running Bear/I Shall Be Released/Dreamboat/She Came In Through The Bathroom Window/Donna/La Bamba/Kind Hearted Woman
  • Beautiful ! Live In San Francisco1971 (2005年月)サンデイズド・レコード LP5442/CD SC 11148
Six Days On The Road/Country Home/On Sir Francis Drake/Dreamboat/Drifting And Drifting/Interlude/Old Dan Tucker/You Can't Catch Me/On Beautiful Lake Spenard/Josiane/Explosion/Beautiful/Get Together

ヤングブラッズ シングル(1964-1972)編集

マーキュリー・レコード編集

  • Sometimes~Stereo Ver. / Sometimes~Monoral Ver. (1966年、※1970年に再プレスプロモ・オンリー)DJ-229
  • Rider / Sometimes(1966年、※1970年に再プレスプロモ・オンリー)72583

RCAヴィクター・レコード編集

  • Grizzely Bear / Tears Are Falling (1966年11月)47-9015
  • Euphoria/ The Wine Song (1967年5月)47-9222
  • Fool Me / I Can Tell (1967年10月)47-9360
  • Get Together / All My Dreams (1967年7月)47-9264
  • Merry-Go-Round / Foolin' Around (The Waltz) (1967年月)47-9142
  • Quicksand / Dreamer's Dream (1968年1月)47-9422
  • Darkness, Darkness / On Sir Frances Drake(1969年4月)74-0342
  • Sunlight / Trillium (1969年11月)74-0270
  • Darkness, Darkness / On Sir Frances Drake (1970年4月)

ワーナー・ブラザース・レコード編集

  • It's A Lovely Day / Ice Bag(1970年、※プロモ・オンリー)K16098
  • Dreamboat~Stereo Ver./Dreamboat~Monoral Ver. (1972年月、※プロモ・オンリー) WB 7639 (ラクーンS #12)
  • Running Bear~Stereo Ver./ Running Bear~Monoral Ver.(1972年月、※プロモ・オンリー)WB 7660 (ラクーンS #13)

ジョー・バウアーソロ作品編集

  • Moonset(1971年)ワーナー・ブラザース・レコード BS (ラクーン#3)
Explosion/Five Ten/Old Shoe/Cat Gone/Moonset/Frogs/Swallows/Pelicans/Earthquake Blues
※Joe Bauer - Drums/Michael Kane - Bass/Jack Gregg - Bass/Steve Swallow - Bass/Banana - Guitar, Piano/Richard Anderson - Harmonica

ジェリー・コービット作品(1969-2011)編集

※2016年9月現在ジェリー・コービットソロ活動項目が日本と英語版wikipediaに存在しないため、暫定項目。
カントリー・ミュージックチャーリー・ダニエルズブルースロックブルーグラスなどのミュージシャンを招き制作しヤングブラッズのメンバー参加は少ない[6]

  • Corbitt (1969年)ポリドール・レコード 24-4003
Let The Music Come Inside/Out Of The Question/Country Girl/Delight In Your Love/Queen Of England/The Psong/I Love You All/The Rain Song(ヤングブラッズと同曲)/Banned In Boston/Tribulations/Kahuna Song
  • Jerry Corbitt (1976年)キャピトル・レコード ST 771  ※Till You Come Back Home Againにジェシ・コリン・ヤング参加
Country Boy Blues/Burning In Your Love Light/Georgia/Till You Come Back Home Again/Pain/Load On/Happy Times/Canada/Get On Back To The Land
  • Jerry Corbitt & Charlie Daniels – Corbitt & Daniels Live I (1976年)Tiger_Lily_Records TL 14001
Great Big Bunches Of Love/Sweet Gentle Lovin'/Till You Come Back Home Again/Thirteenth Hour/Caldonia/Stormy Monday - Part 1/Orange Blossom Special
  • J. B. Corbitt - On The Line (1984年)Line Records LRLP 5394 AP ※西ドイツ発売
 On The Line/Double A/Defend On Me/Pool Hall/Country Home/Snoe Job/Grizzly Bear/Sit Down Rock And Roll Man/Shasta Daisy/Load On
  • Jerry Corbitt & Charlie Daniels – Live II (2011年)Big_Pink – 147 ※韓国発売、CDのみ
Country Boy Blues/John Lee Walker/Thirteen Hour/Stormy Monday (Part 2)/John Deere Tractor/The Pope & The Dope/Pain

脚注編集

  1. ^ ジョー・ボイドインタヴュー[1]。このセッションはのちイーヴン・ダズン・ジャグ・バンド(Even Dozen Jug Band)に展開しアルバムを制作したがヤング、コービットは参加していない。
  2. ^ The|Proper BostonersとThe Trolls。
  3. ^ 1965年初頭にヤング、コービットにバナナがボストンのコーヒー・ハウスで面識を持ったとする資料もある。
  4. ^ パパラルディは70年代初頭の雑誌インタヴューで「(フォークが中心の)エレクトラ・レコードのスタジオには時間制限は緩かった。大手レーベルのスタジオは(高額な時間貸しから)時間に厳しくスタジオ・ミュージシャンの技量を磨いた。ヤングブラッズの収録で最新機器を備えるRCAのスタジオの使い放題は、音楽仲間の話題をさらい羨望の眼差しでみられた。(略記大意)」と語っている。
  5. ^ パパラルディは後日談(1968年)に「制作経費は内輪話から非公式に約$28,000~29,000と聞いた。信じられない金額だった。」と述べている。
  6. ^ 最初期のジェファーソン・エアプレインもフォークロックでメンバー交代と作る楽曲変化から、1枚目から担当しロサンゼルス中心に活躍した音響エンジニア兼音楽プロデューサーのデヴィッド・ハッシジャー(David Hassinger・英語版)が1967年2枚目のアルバムシュールリアリスティック・ピローズ(Surrealistic Pillow・英語版)に実験音楽の一環からサイケデリック・アレンジを施し、同時期にハッシジャーが手がけたエレクトリック・プルーンズThe Electric Prunes・英語版)の初期2作とともに「サイケデリック・ロック」作品の代表作の一つとされる。
  7. ^ フェリックス・パパラルディの遺産でクラシック音楽の録音手法を用いたホーン、ストリングス・パートやブレーク無音状態から立ち上がりなど「丹精な格調ある音質とアレンジ」には、CD盤化で行うデジタルリマスター作業で安易なレベルアップ、ノイズ除去処理を施した変換からそのデジタルリミックス担当者が度々批判されている。パパラルディがアレンジを手掛けたクリームの1997年に発売された再発CDボックスセット「THOSE WERE THE DAYS」は雑誌レコード・コレクターズなどで批判されデジタルリマスター技術過渡期の失敗例に挙げられている。デジタルリマスター技術は2000年代以降向上し評価の高い成果を上げる一方、一例で「レット・イット・ビー...ネイキッド」のような錯誤も繰り返されている、
  8. ^ バナナ主導のロックンロールカバー曲やバンドがアレンジしたMonkey Businessなどとは音質が異なる。
  9. ^ キャス・エリオットらのビッグ3(The Big 3・英語版)参加後はソロ活動に移行。原曲はボニー・ドブソン(Bonnie Dobson・英語版)作で1966年ティム・ローズが補作詞とアレンジに関与したモーニング・デュー(Morning Dew・英語版)はイギリスでヒット曲になった。反核・反戦歌で原曲よりティム・ローズのヴァージョンが多くの支持を集めたこの曲の収録セッションはニューヨークで行われ、パパラルディはベース・ギターで参加、デビッド・ルビンソン(David Rubinson・英語版)がプロデュースを担当している。
  10. ^ ビート詩人でファッグスのトゥリ・カッファーバーグ(Tuli Kupferberg・英語版)の楽曲を取上げている。
  11. ^ リズム・アンド・ブルースの影響という点においては、ニューヨーク出身ブルー・アイド・ソウルのヤングラスカルズと共通するものがあった。
  12. ^ 1968年1月に「クイックサンド(Quicksand)」を既発表の「ドリーマーズ・ドリーム(Dreamer's Dream)」と併せシングル盤化。
  13. ^ 録音作業はフェリックス・パパラルディを交えて開始したがパパラルディはマウンテンなどの活動多忙から降板している。楽曲"Rain Song (Don't Let the Rain Bring You Down)"にはコービットにパパラルディと夫人のゲイル・コリンズがクレジットされ録音中断の痕跡が残された。
  14. ^ バナナ。SICP_3055ライナーノーツ
  15. ^ 一般的には契約金と契約条件。ヤングは三社で不利を被った反省から交渉の事前に条件提示をしていた。
  16. ^ SICP_3055アースミュージック、2014年発売CD日本盤ライナーノーツ著者の長門芳郎はここでバナナから取材を行いカリフォルニア州へ活動場所を移した時期について1967年秋としている。本項ではコービット脱退時期とアルバム録音中断期間に言及した文献従来の内容に従った。
  17. ^ 1971年11月発売。ビルボードチャート最高160位。
  18. ^ 1972年3月25日発売。ビルボードチャート最高157位。
  19. ^ ビルボードチャート最高185位。
  20. ^ ジョーン・バエズの実妹、2001年7月19日死去。

外部リンク編集

メンバーリンク編集

  • ジェシ・コリン・ヤング
http://www.jessecolinyoung.com/index.php[7]
  • バナナ・Lowell Levinger「Lowell Levinger ? My new Web site」
http://www.lowelllevinger.com/[8]

参考資料編集

  • ロック百科 vol.2 著フィル・ハーディ/デイブ・ラング 訳 三井徹 サンリオ 1981年
  • ロック・エンサイクロペディア THE ENCYCLOPEDIA OF ROCK1950's-1970's 著フィル・ハーディ/デイヴ・ラング 訳 三井徹 みすず書房 ISBN 978-4-622-07344-4 C0073 2009年11月25日発行