ユーネス・エル・アイナウイ

ユーネス・エル・アイナウイアラビア語: يونس العيناوي‎, Younès El Aynaoui, 1971年9月12日 - )は、モロッコラバト出身の男子プロテニス選手。2歳年下のカリム・アラミヒシャム・アラジと並び、長年にわたりモロッコのテニス界をリードしてきた選手である。左利き。シングルス自己最高位は14位。ATPツアーでシングルス5勝を挙げた。

ユーネス・エル・アイナウイ
Younes El Aynaoui
Tennis pictogram.svg
Aynaoui.jpg
ユーネス・エル・アイナウイ
基本情報
国籍 モロッコの旗 モロッコ
出身地 同・ラバト
生年月日 (1971-09-12) 1971年9月12日(51歳)
身長 193cm
体重 86kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1990年
引退年 2017年
ツアー通算 5勝
シングルス 5勝
ダブルス 0勝
生涯通算成績 289勝283敗
シングルス 265勝227敗
ダブルス 24勝56敗
生涯獲得賞金 4,044,667 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8 (2000・03)
全仏 3回戦 (1995・200)
全英 3回戦 (2000・01・03)
全米 ベスト8 (2002・03)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦 (2003)
全仏 3回戦 (2003)
全英 2回戦 (2003)
全米 1回戦 (2003・05)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 14位 (2003年3月11日)
ダブルス 85位 (2003年7月14日)

来歴編集

エル・アイナウイは1990年に一週間ニック・ボロテリー・テニスアカデミーでの練習に参加し、プロになる決意を固め、同年プロ転向した。その年から男子テニス国別対抗戦デビスカップモロッコ代表に選ばれた。1993年の地元モロッコのハサン2世グランプリで初めてツアーの決勝に進出し、この時は準優勝だった。その後4度の準優勝があったのち、1999年のオランダ・オープンで初優勝を果たした。エル・アイナウイは最終的に5度の優勝と、11回の準優勝を果たした。ハサン2世グランプリでは前述の1993年の準優勝の後、2002年に優勝、2003年に準優勝を果たしている。

エル・アイナウイはグランドスラムでは4度ベスト8進出を果たしている。2000年全豪オープンでは3度のフルセットを制して準々決勝に進出し、準々決勝で世界ランク2位のエフゲニー・カフェルニコフに敗れた。なお、この大会では同じモロッコのヒシャム・アラジもベスト8進出しており、ベスト8に2人のモロッコ人が進出した。2002年全米オープンでは2回戦でアラジを破るなど、準々決勝に進出し、世界ランク1位のレイトン・ヒューイットに敗れた。2003年全豪オープンでは4回戦でヒューイットを破り準々決勝に進出した。準々決勝では世界ランク10位のアンディ・ロディックに6-4, 6-7, 6-4, 4-6, 19-21の激闘の末に敗れた。2003年全米オープンでは2回戦で当時まだ17歳のラファエル・ナダルに、3回戦で世界ランク10位のイジー・ノバクに、4回戦で世界ランク7位のカルロス・モヤに勝利し、2年連続の準々決勝に進出を果たした。準々決勝ではダビド・ナルバンディアンに敗れた。

エル・アイナウイはアラジ、アラミと共にデビスカップモロッコ代表として活躍し、2001年2002年2004年の3度、世界最上位16ヶ国によるワールドグループ入りを果たした。アイナウイは2002年ワールドグループ1回戦スペイン戦で2勝を挙げたが、モロッコは敗れた。アイナウイは2008年までデビスカップモロッコ代表として活躍し、「28勝19敗(シングルス26勝11敗、ダブルス2勝8敗)」の通算成績を残し、シングルスではモロッコ代表最多勝の記録を持つ。また、オリンピックにおいては、1992年バルセロナオリンピック2004年アテネオリンピックに出場し、それぞれ2回戦、1回戦敗退だった。

2004年以降は怪我に悩まされるようになり、ランキングも3桁台まで落ち、トップ100に戻ることはなかった。アイナウイは2008年のオルレアンでのチャレンジャー大会を最後に現役を引退した。その後、2010年カタール・エクソンモービル・オープンで一時的に現役に復帰し、シングルスでは初戦を突破し2回戦まで勝ち上がった。その後、2015年から2017年にかけて数試合フューチャーズの大会に出場した。

ATPツアー決勝進出結果編集

シングルス: 16回 (5勝11敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0-0)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
ATPマスターズシリーズ (0-0)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (0-1)
ATPインターナショナルシリーズ (5–10)
サーフェス別タイトル
ハード (1–3)
クレー (4-7)
芝 (0-0)
カーペット (0-1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1993年3月22日   カサブランカ クレー   ギリェルモ・ペレス・ロルダン 4–6, 3–6
準優勝 2. 1996年1月7日   ドーハ ハード   ペトル・コルダ 6–7, 6–2, 6–7
準優勝 3. 1996年1月14日   ジャカルタ ハード   チャン・シャルケン 3–6, 2–6
準優勝 4. 1996年8月4日   アムステルダム クレー   フランシスコ・クラベット 5–7, 1–6, 1–6
準優勝 5. 1998年11月16日   サンティアゴ クレー   フランシスコ・クラベット 2–6, 4–6
優勝 1. 1999年8月8日   アムステルダム クレー   マリアノ・サバレタ 6–0, 6–3
準優勝 6. 2000年3月12日   ボゴタ クレー   マリアノ・プエルタ 4–6, 6–7
準優勝 7. 2001年7月22日   アムステルダム クレー   アレックス・コレチャ 3–6, 7–5, 6–7, 6–3, 4–6
優勝 2. 2001年9月16日   ブカレスト クレー   アルベルト・モンタニェス 7–6, 7–6
準優勝 8. 2001年10月14日   リヨン カーペット (室内)   イワン・リュビチッチ 3–6, 2–6
優勝 3. 2002年1月6日   ドーハ ハード   フェリックス・マンティーリャ 4–6, 6–2, 6–2
準優勝 9. 2002年2月25日   ドバイ ハード   ファブリス・サントロ 4–6, 6–3, 3–6
優勝 4. 2002年4月14日   カサブランカ クレー   ギリェルモ・カナス 3–6, 6–3, 6–2
優勝 5. 2002年5月5日   ミュンヘン クレー   ライナー・シュットラー 6–4, 6–4
準優勝 10. 2002年7月22日   ボースタード クレー   カルロス・モヤ 3–6, 6–2, 5–7
準優勝 11. 2003年4月13日   カサブランカ クレー   ジュリアン・ブテ 2–6, 6–2, 1–6

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
 W   F  SF QF #R RR Q# LQ  A  Z# PO  G   S   B  NMS  P  NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, Z#=デビスカップ/BJKカップ地域ゾーン, PO=デビスカップ/BJKカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, P=開催延期, NH=開催なし.

大会 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 通算成績
全豪オープン 2R 1R A A A 2R QF 1R 3R QF 1R A A A 12–8
全仏オープン 1R 4R 1R A A 2R 4R 2R 2R 3R A A A LQ 11–8
ウィンブルドン 1R A 1R A A 2R 3R 3R 1R 3R A A A A 7–7
全米オープン 1R A 1R A A 2R 1R 1R QF QF 1R 1R A A 9–9

外部リンク編集