メインメニューを開く

ファブリス・サントロ

ファブリス・ベテア・サントロFabrice Vetea Santoro, 1972年12月9日 - )は、フランスの元男子プロテニス選手。タヒチ島生まれ。これまでにATPツアーでシングルス6勝、ダブルス24勝を挙げる。自己最高ランキングはシングルス17位、ダブルス6位。身長177cm、体重74kg、右利き。フォアハンド・ストローク、バックハンド・ストローク・ボレーすべて両手打ちは男子プロとしてはかなり珍しい。強打を武器とせず、トリッキーな配球で相手を翻弄するプレイスタイルから「フレンチマジシャン (フランスの魔術師)」の異名を持つ。

ファブリス・サントロ
Fabrice Santoro
Tennis pictogram.svg
Santoro Roland Garros 2009 1.jpg
ファブリス・サントロ
基本情報
フルネーム Fabrice Vetea Santoro
愛称 The Magician (魔術師)
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 フランス領ポリネシアの旗 タヒチ
生年月日 (1972-12-09) 1972年12月9日(46歳)
身長 177cm
体重 74kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1989年
引退年 2010年
ツアー通算 30勝
シングルス 6勝
ダブルス 24勝
生涯通算成績 851勝707敗
シングルス 470勝444敗
ダブルス 381勝263敗
生涯獲得賞金 $10,021,132
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(2006)
全仏 4回戦(1991・2001)
全英 3回戦(2001)
全米 3回戦(1990・98・99・2004)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(2003・04)
全仏 準優勝(2004)
全英 準優勝(2006)
全米 ベスト4(2003)
優勝回数 2(豪2)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全仏 優勝(2005)
優勝回数 1(仏1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 17位(2001年8月6日)
ダブルス 6位(1999年7月5日)

ダブルスでは全豪オープンで2回、マスターズで3回の優勝経験がある。また、ロジャー・フェデラーに破られるまで、グランドスラムシングルス本戦出場70回の史上最多出場記録を持っている。

目次

来歴編集

1989年にプロ入り。1991年に初めて男子テニス国別対抗戦デビスカップフランス代表選手に起用され、ワールドグループ準決勝のユーゴスラビア戦でシングルス2試合に勝利を収めた。この年は地元の全仏オープンでも活躍し、ミヒャエル・シュティヒとの4回戦まで進出する。1992年バルセロナ五輪で、サントロは男子シングルス3回戦でボリス・ベッカーを破り、準々決勝で同年のウィンブルドン選手権準優勝者ゴラン・イワニセビッチに7-6, 7-6, 4-6, 4-6, 6-8の逆転で敗れた。しかし、その後に長期間の低迷期が訪れ、1993年全仏オープン1回戦では日本松岡修造に敗れたこともある。1997年10月、サントロは24歳にしてリヨン・グランプリ決勝でトミー・ハースを破り、ようやくATPツアーのシングルス初優勝を果たした。それ以来、サントロはシングルスで通算4勝を挙げている。1998年はダブルスで好成績を挙げ、年間4勝を記録した。

2002年全豪オープン男子ダブルスで、サントロは8歳年下の同国のミカエル・ロドラとペアを組み、初めて4大大会決勝に進出した。決勝ではダニエル・ネスター/マーク・ノールズ組に6-7, 3-6で敗れたが、これをきっかけにサントロはロドラとペアを組むことが多くなり、全豪オープンでは2004年まで3年連続で決勝に進出した。2003年全豪オープン男子ダブルス決勝で、サントロ/ロドラ組は前年と同じネスター/ノールズ組を6-4, 3-6, 6-3で破り、4大大会ダブルス初優勝を飾る。2004年ブライアン兄弟を7-6, 6-3で破り、連覇を達成した。また、同年の全仏オープンでも決勝に進出したが、オリビエ・ロクス/グザビエ・マリス組に5-7, 5-7で敗れ、地元での優勝を逃した。翌2005年全仏オープン混合ダブルスではダニエラ・ハンチュコバとペアを組み、決勝でリーンダー・パエス/マルチナ・ナブラチロワ組を3-6, 6-3, 6-2で破り、4大大会混合ダブルスで初優勝を飾った。

サントロはオリンピックのフランス代表選手としても、1992年バルセロナ五輪2000年シドニー五輪2004年アテネ五輪の3大会において、出場経験がある。シドニー五輪では、男子シングルス1回戦で全米オープン優勝者のマラト・サフィンを破ったが、3回戦で敗退する。アテネ五輪ではシングルスと男子ダブルスの両部門に出場し、シングルスでは2回戦でスペイントミー・ロブレドに敗れ、ロドラと組んだダブルスでは準々決勝でクロアチアマリオ・アンチッチ/イワン・リュビチッチ組に6-4, 3-6, 7-9の激戦で敗れた。

2004年全仏オープン男子シングルス1回戦で、ファブリス・サントロは同じフランスアルノー・クレマンと当時のテニス史上最長試合を戦った。この試合は2日がかりの「6時間33分」を要し、サントロが6-4, 6-3, 6-7, 3-6, 16-14のスコアでクレマンを破って初戦を突破した (この記録は2010年ウィンブルドン選手権男子シングルス1回戦でジョン・イスナーニコラ・マユによって大幅に更新された)。この後サントロは3回戦まで勝ち進んでいる。2006年全豪オープンで、サントロは33歳にして初めて4大大会男子シングルスで自己最高の準々決勝に進出したが、ダビド・ナルバンディアンに5-7, 0-6, 0-6で完敗した。

2010年全豪オープン男子シングルス1回戦でマリン・チリッチに敗れた試合を最後に現役を引退した。

2014年12月に開催されたインターナショナルプレミアテニスリーグではインディアン・エーシーズのコーチ(レジェンドシングルス兼任)に就任。チームの優勝に貢献した。2015年も引き続き同チームに所属。

ATPツアー決勝進出結果編集

シングルス: 12回 (6勝6敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0-0)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
ATPマスターズシリーズ (0-0)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (1-0)
ATPインターナショナルシリーズ (5–6)
サーフェス別タイトル
ハード (3–4)
クレー (0-1)
芝 (2-1)
カーペット (1-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1990年10月8日   トゥールーズ ハード (室内)   ヨナス・スベンソン 6–7(5–7), 2–6
準優勝 2. 1993年2月8日   ドバイ ハード   カレル・ノバチェク 4–6, 5–7
準優勝 3. 1994年8月7日   キッツビュール クレー   ゴラン・イワニセビッチ 2–6, 6–4, 6–4, 3–6, 2–6
優勝 1. 1997年10月13日   リヨン カーペット (室内)   トミー・ハース 6–4, 6–4
準優勝 4. 1998年1月12日   ドーハ ハード   ペトル・コルダ 0–6, 3–6
優勝 2. 1999年2月1日   マルセイユ ハード (室内)   アルノー・クレマン 6–3, 4–6, 6–4
準優勝 5. 1999年3月7日   コペンハーゲン ハード (室内)   マグヌス・グスタフソン 4–6, 1–6
優勝 3. 2000年1月10日   ドーハ ハード   ライナー・シュットラー 3–6, 7–5, 3–0, 途中棄権
準優勝 6. 2001年6月17日   ハレ   トーマス・ヨハンソン 3–6, 7–6(7–5), 2–6
優勝 4. 2002年2月25日   ドバイ ハード   ユーネス・エル・アイナウイ 6–4, 3–6, 6–3
優勝 5. 2007年7月9日   ニューポート   ニコラ・マユ 6–4, 6–4
優勝 6. 2008年7月13日   ニューポート   プラカシュ・アムリトラジ 6–3, 7–5

ダブルス: 42回 (24勝18敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 1995年9月25日   パレルモ クレー   アレックス・コレチャ   ヘンドリク・ヤン・ダーヴィッツ
  ピート・ノーバル
6–7, 6–4, 6–3
準優勝 1. 1997年2月10日   マルセイユ ハード (室内)   オリビエ・ドレートル   トーマス・エンクビスト
  マグヌス・ラーション
3–6, 4–6
準優勝 2. 1997年10月13日   リヨン カーペット (室内)   オリビエ・ドレートル   エリス・フェレイラ
  パトリック・ガルブレイス
6–3, 2–6, 4–6
準優勝 3. 1997年11月3日   モスクワ カーペット (室内)   デビッド・アダムズ   マルティン・ダム
  シリル・スーク
4–6, 3–6
準優勝 4. 1998年1月12日   ドーハ ハード   オリビエ・ドレートル   マヘシュ・ブパシ
  リーンダー・パエス
4–6, 6–3, 4–6
優勝 2. 1998年7月20日   シュトゥットガルト クレー   オリビエ・ドレートル   ジョシュア・イーグル
  ジム・グラブ
6–1, 3–6, 6–3
準優勝 5. 1998年8月10日   シンシナティ ハード   オリビエ・ドレートル   マーク・ノールズ
  ダニエル・ネスター
1–6, 1–2 途中棄権
優勝 3. 1998年9月28日   トゥールーズ ハード (室内)   オリビエ・ドレートル   ポール・ハーフース
  ヤン・シーメリンク
6–2, 6–4
優勝 4. 1998年10月5日   バーゼル ハード (室内)   オリビエ・ドレートル   ピート・ノーバル
  ケビン・ウリエット
6–3, 7–6
優勝 5. 1998年10月19日   リヨン カーペット (室内)   オリビエ・ドレートル   トマス・カルボネル
  フランシスコ・ロイグ
6–2, 6–2
優勝 6. 1999年8月23日   ロングアイランド ハード   オリビエ・ドレートル   ジャン=マイケル・ギャンビル
  スコット・ハンフリーズ
7–5, 6–4
優勝 7. 2000年10月16日   トゥールーズ ハード (室内)   ジュリアン・ブテー   ドナルド・ジョンソン
  ピート・ノーバル
7–6(10–8), 4–6, 7–6(7–5)
優勝 8. 2001年2月12日   マルセイユ ハード (室内)   ジュリアン・ブテー   マイケル・ヒル
  ジェフ・タランゴ
7–6(9–7), 7–5
準優勝 6. 2002年1月27日   全豪オープン ハード   ミカエル・ロドラ   マーク・ノールズ
  ダニエル・ネスター
6–7(4–7), 3–6
優勝 9. 2002年10月28日   パリ カーペット (室内)   ニコラ・エスクード   グスタボ・クエルテン
  セドリック・ピオリーン
6–3, 7–6(8–6)
優勝 10. 2003年1月26日   全豪オープン ハード   ミカエル・ロドラ   マーク・ノールズ
  ダニエル・ネスター
6–4, 3–6, 6–3
優勝 11. 2003年2月10日   マルセイユ ハード (室内)   セバスチャン・グロジャン   トマーシュ・ツィブレツ
  パベル・ビズネル
6–1, 6–4
準優勝 7. 2003年4月14日   モンテカルロ クレー   ミカエル・ロドラ   マヘシュ・ブパシ
  マックス・ミルヌイ
4–6, 6–3, 6–7(6–8)
準優勝 8. 2003年5月5日   ローマ クレー   ミカエル・ロドラ   ウェイン・アーサーズ
  ポール・ハンリー
1–6, 3–6
準優勝 9. 2003年9月29日   メス ハード (室内)   ミカエル・ロドラ   ジュリアン・ベネトー
  ニコラ・マユ
6–7(2–7), 3–6
準優勝 10. 2003年10月27日   パリ カーペット (室内)   ミカエル・ロドラ   ウェイン・アーサーズ
  ポール・ハンリー
3–6, 6–1, 3–6
準優勝 11. 2003年11月8日   ヒューストン ハード   ミカエル・ロドラ   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
7–6(8–6), 3–6, 6–3, 6–7(3–7), 4–6
優勝 12. 2004年1月12日   オークランド ハード   マヘシュ・ブパシ   イジー・ノバク
  ラデク・ステパネク
4–6, 7–5, 6–3
優勝 13. 2004年2月1日   全豪オープン ハード   ミカエル・ロドラ   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
7–6(7–4), 6–3
優勝 14. 2004年3月1日   ドバイ ハード   マヘシュ・ブパシ   ヨナス・ビョルクマン
  リーンダー・パエス
6–2, 4–6, 6–4
準優勝 12. 2004年6月6日   全仏オープン クレー   ミカエル・ロドラ   グザビエ・マリス
  オリビエ・ロクス
5–7, 5–7
準優勝 13. 2005年2月21日   ドバイ ハード   ヨナス・ビョルクマン   マルティン・ダム
  ラデク・ステパネク
2–6, 4–6
優勝 15. 2005年5月2日   ローマ クレー   ミカエル・ロドラ   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
6–4, 6–2
準優勝 14. 2005年5月9日   ハンブルク クレー   ミカエル・ロドラ   ヨナス・ビョルクマン
  マックス・ミルヌイ
6–4, 6–7(2–7), 6–7(3–7)
優勝 16. 2005年10月3日   メス ハード (室内)   ミカエル・ロドラ   ホセ・アカスソ
  セバスティアン・プリエト
5–2, 3–5, 5–4
優勝 17. 2005年10月24日   リヨン カーペット (室内)   ミカエル・ロドラ   ジェフ・クッツェー
  ロヒール・ワッセン
6–3, 6–1
優勝 18. 2005年11月13日   上海 カーペット (室内)   ミカエル・ロドラ   リーンダー・パエス
  ネナド・ジモニッチ
6–7(6–8), 6–3, 7–6(7–4)
優勝 19. 2006年1月9日   シドニー ハード   ネナド・ジモニッチ   フランティセク・チェルマク
  レオシュ・フリードル
6–1, 6–4
準優勝 15. 2006年4月17日   モンテカルロ クレー   ネナド・ジモニッチ   ヨナス・ビョルクマン
  マックス・ミルヌイ
2–6, 6–7(2–7)
優勝 20. 2006年6月18日   ハレ   ネナド・ジモニッチ   ミヒャエル・コールマン
  ライナー・シュットラー
6–0, 6–4
準優勝 16. 2006年7月8日   ウィンブルドン   ネナド・ジモニッチ   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
3–6, 6–4, 4–6, 2–6
優勝 21. 2006年10月2日   メス ハード (室内)   リシャール・ガスケ   ユリアン・ノール
  ユルゲン・メルツァー
3–6, 6–1, [11–9]
優勝 22. 2006年10月9日   モスクワ カーペット (室内)   ネナド・ジモニッチ   フランティセク・チェルマク
  ヤロスラフ・レビンスキー
6–1, 7–5
準優勝 17. 2006年11月5日   パリ カーペット (室内)   ネナド・ジモニッチ   アルノー・クレマン
  ミカエル・ロドラ
6–7(4–7), 2–6
優勝 23. 2007年2月26日   ドバイ ハード   ネナド・ジモニッチ   マヘシュ・ブパシ
  ラデク・ステパネク
7–5, 6–7(3–7), [10–7]
優勝 24. 2007年5月7日   ローマ クレー   ネナド・ジモニッチ   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
6–4, 6–7(4–7), [10–7]
準優勝 18. 2007年6月17日   ハレ   ネナド・ジモニッチ   シーモン・アスペリン
  ユリアン・ノール
4–6, 6–7(5–7)

4大大会ダブルス優勝編集

  • 全豪オープン 男子ダブルス:2勝(2003年・2004年) [パートナー:ミカエル・ロドラ]
  • 全仏オープン 混合ダブルス:1勝(2005年) [パートナー:ダニエラ・ハンチュコバ]

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 通算成績
全豪オープン A A 1R A 2R 3R 2R 1R A 3R 4R 1R 2R 1R 3R 2R 1R QF 3R 2R 3R 1R 22–18
全仏オープン 1R 2R 4R 1R 1R 3R 1R A 1R 3R 1R 2R 4R 2R 2R 3R 1R 1R 1R 2R 1R A 17–20
ウィンブルドン A 1R A A A A 1R A 1R A 2R 2R 3R 2R 2R 2R 2R 2R 2R 1R 2R A 11–14
全米オープン A 3R 1R 2R 1R A 1R A 1R 3R 3R 1R 2R 1R 2R 3R 2R 1R 2R 1R 1R A 13–18

4大大会ダブルス成績編集

大会 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 SR Win-Loss
全豪オープン A A A A A A A A 2R A 3R 3R 1R 1R F W W QF 3R QF QF 1R 2 / 13 33–11
全仏オープン A A 1R 1R 1R 1R 1R 3R A 3R A 2R 3R 2R 2R 3R F 2R 1R SF 1R 1R 0 / 18 21–17
ウィンブルドン A A A A A A A A A 2R A SF 3R 2R 1R 3R A A F SF 1R 1R 0 / 10 19–10
全米オープン A A A A A A A A A 1R 1R 2R 2R 1R 2R SF 2R 1R QF 1R A 2R 0 / 12 12–11

外部リンク編集

受賞
先代:
ATP Newcomer of the Year
1990
次代:
バイロン・ブラック