メインメニューを開く

アンディ・ロディック(Andy Stephen Roddick, 1982年8月30日 - )は、アメリカネブラスカ州オマハ出身の元男子プロテニス選手。ATPツアーでシングルス32勝、ダブルス4勝を挙げた。身長188cm、体重88kg。自己最高ランキングシングルス1位。

アンディ・ロディック
Andy Roddick
Tennis pictogram.svg
Andy Roddick - US Open Tennis 2010 1st Round 312.jpg
2010年全米オープンにて
基本情報
フルネーム Andrew Stephen Roddick
愛称 A-Rod (エー・ロッド)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・ネブラスカ州オマハ
生年月日 (1982-08-30) 1982年8月30日(37歳)
身長 188cm
体重 88kg
利き手
バックハンド 両手打ち
殿堂入り 2017年
ツアー経歴
デビュー年 2000年
引退年 2012年
ツアー通算 36勝
シングルス 32勝
ダブルス 4勝
生涯通算成績 679勝263敗
シングルス 612勝213敗
ダブルス 67勝50敗
生涯獲得賞金 $20,637,390
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(2003・05・07・09)
全仏 4回戦(2009)
全英 準優勝(2004・05・09)
全米 優勝(2003)
優勝回数 1(米1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 出場なし
全仏 1回戦(2001)
全英 1回戦(2001)
全米 2回戦(1999・2000)
国別対抗戦最高成績
デビス杯 優勝(2007)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 1位(2003年11月3日)
ダブルス 50位(2010年1月11日)

2003年全米オープン男子シングルス優勝者。マスターズ1000では5回優勝。有数のビッグサーバーとしても知られ、サービスエース数9074本は歴代4位記録である。

また、現在男子アメリカ人選手シングルス最後のグランドスラム優勝者・世界ランキング1位・年間最終ランキング1位経験者である。

選手経歴編集

キャリア初期編集

4歳からテニスを始める。2000年全豪オープン全米オープンジュニアシングルスに優勝し、18歳でプロ転向。2001年春から男子テニス国別対抗戦・デビスカップアメリカ合衆国代表選手に選ばれた。

2003年 全米オープン優勝、No.1へ編集

2003年全米オープン男子シングルス4大大会初優勝。決勝では当年度の全仏オープン優勝者、フアン・カルロス・フェレーロを6-3, 7-6, 6-3のストレートで倒した。ロディックはこの優勝により、それまで長年アメリカの男子テニス界を支えてきたピート・サンプラスアンドレ・アガシの“後継者”として注目を集めた。その後ロディックは11月3日付けの世界ランキングで1位に上り詰めた。

2004年~2005年 フェデラーとの戦い、不調へ編集

ロディックはウィンブルドン選手権では2004年2005年の2年連続、決勝でロジャー・フェデラーに敗れて準優勝になった(フェデラーには2003年の同大会準決勝でも敗れているため、3年連続の苦杯となる)。

2004年アテネ五輪にアメリカ代表選手として、シングルス3回戦でチリ代表のフェルナンド・ゴンサレスに4-6, 4-6で敗退する。オリンピック終了後の全米オープンでは、準々決勝でヨアキム・ヨハンソンに4-6, 4-6, 6-3, 6-2, 4-6のフルセットで敗れ、早い段階で大会連覇のチャンスを逃した。2005年全米オープンでは、1回戦でジル・ミュラーに不覚を取り、6-7, 6-7, 6-7のストレートで敗退した。

2006年~2009年 再びフェデラーへ挑戦編集

2006年全豪オープンで、ロディックは4回戦でマルコス・バグダティスに4-6, 6-1, 3-6, 4-6で敗退する。その後、ウィンブルドンでは3回戦でイギリスの新星アンディ・マリーとの“アンディ対決”に敗れてしまった。このとき世界ランキングは12位まで落ちている。ウィンブルドン選手権の終了後、ロディックは7月26日から新コーチとして往年のスーパースターだったジミー・コナーズを招聘した。コナーズに師事し始めた後、全米オープンで3年ぶり2度目の決勝進出を果たしたが、またもやフェデラーに2-6, 6-4, 5-7, 1-6で敗れて準優勝に終わった。

その後2年低迷していったが、名コーチであるラリー・ステファンキを新たに迎え、プレースタイル改善を図っていき、2009年ウィンブルドンでは、三度目の決勝に進出しフェデラーに挑戦したが、7-5, 6-7, 6-7, 6-3, 14-16のフルセットの末惜しくも敗れ、またも準優勝に終わった [1]

キャリア後半等編集

ロディックは長い間クレーコート開催の全仏オープンと相性が悪く、初出場時の2001年に3回戦まで進出した後は1・2回戦敗退止まりの成績が続いていたが、ようやく2009年に初の4回戦進出を決めたが、第11シードのガエル・モンフィスに4-6, 2-6, 3-6のストレートで完敗した。

デビスカップアメリカ合衆国代表選手としても、2007年にチームを12年ぶりの優勝に導いた。

プライベートにおいては2009年4月17日に、2007年秋以降交際を続けていた水着モデルのブルックリン・デッカーと結婚した。その人気を生かし、児童虐待などの防止を呼びかけるチャリティーリストバンドをプロデュースするなど、社会的な活動も行っている。

2012年、第20シードとして出場した全米オープンの開催中で、自身の30回目の誕生日である8月30日に、現役引退を表明した。「ずっとこの大会で引退したいと思っていた。来季を戦う体力の不安があり、1回戦を戦って決めた」と記者会見で語った[2] 。同大会4回戦にて、フアン・マルティン・デル・ポトロに7-6, 6-7, 2-6, 4-6で敗退し、現役を引退した。

ロディックは2017年に国際テニス殿堂入りを果たした。

プレースタイル等編集

 
ロディックのサーブ、2004年

209~242 km/hのサーブを繰り出すビックサーバー。全身の力を効率よく理想的に使ったダイナミックなサーブでエースを量産する。またセカンドサーブで打つキックサーブやスライスサーブも強力。

2003年~2004年当時編集

荒削りで若干安定性の面で欠ける部分はあるが、スウィング・スピードが非常に速いフォアハンドも武器であった[3][4]。 ただし、サーブとフォアハンドに比べて、フットワーク、ストローク力等のレベルの低さは著しい。サーブやその次のフォアハンドで決められない場合、チャレンジャーレベルと揶揄されることもあった。 なお逆に伸びしろは一番と「未完の大器」と期待されていた時期でもある。

2006年以降編集

フェデラーに全く歯が立たないことから、安定性を求めトップスピン系フォアハンドを多用したり、ネットプレーにチャレンジしたり、プレースタイルに変化を求めたが、なかなか成功するまでに至らず、低迷。

しかし、このロディックのプレースタイル変更の取り組みは、名コーチであるラリー・ステファンキを迎えた晩年の2009年ウィンブルドンにて、成果を見せる。「ビックサーブを軸としたフォアハンド、ネットプレーを使った速攻」「ボディへの鋭いスピンを効かせたセカンドサーブ」「冷静な粘り強さ」を特徴として勝ち進む。フルセットの熱戦となった準々決勝ヒューイット戦、トータル獲得ポイントでは劣っていたにもかかわらず勝負強さを発揮/競り勝った準決勝のマレー戦、そして最後は力尽きたが7-5、6-7、6-7、6-3、14-16と最後にブレイクされるまで37ゲームもサーブキープを続けた決勝フェデラー戦と[5]と、名勝負を繰り広げている。ただ2010年以降、年齢的問題、肩の怪我により急激に衰えを見せており、この輝きが続くことはなかった。

ATPツアー決勝進出結果編集

シングルス: 52回 (32勝20敗)編集

大会グレード
グランドスラム (1-4)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (5-4)
ATPワールドツアー・500シリーズ (5-3)
ATPワールドツアー・250シリーズ (21-9)
サーフェス別タイトル
ハード (21-15)
クレー (5-2)
芝 (5-3)
カーペット (1-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2001年4月23日   アトランタ クレー   グザビエ・マリス 6–2, 6–4
優勝 2. 2001年4月30日   ヒューストン クレー   李亨澤 7–5, 6–3
優勝 3. 2001年8月13日   ワシントンD.C. ハード   チャン・シャルケン 6–2, 6–3
優勝 4. 2002年2月18日   メンフィス ハード (室内)   ジェームズ・ブレーク 6–4, 3–6, 7–5
準優勝 1. 2002年3月10日   デルレイビーチ ハード   ダビド・サンギネッティ 4–6, 6–4, 4–6
優勝 5. 2002年4月22日   ヒューストン クレー   ピート・サンプラス 7–6(9), 6–3
準優勝 2. 2002年8月5日   トロント ハード   ギリェルモ・カナス 4–6, 5–7
準優勝 3. 2003年2月24日   メンフィス ハード (室内)   テーラー・デント 1–6, 4–6
準優勝 4. 2003年4月28日   ヒューストン クレー   アンドレ・アガシ 6–3, 3–6, 4–6
優勝 6. 2003年5月26日   ザンクト・ペルテン クレー   ニコライ・ダビデンコ 3–6, 2–6
優勝 7. 2003年6月16日   ロンドン   セバスチャン・グロジャン 3–6, 3–6
優勝 8. 2003年7月21日   インディアナポリス ハード   パラドーン・スリチャパン 7–6(2), 6–4
優勝 9. 2003年8月4日   モントリオール ハード   ダビド・ナルバンディアン 6–1, 6–3
優勝 10. 2003年8月11日   シンシナティ ハード   マーディ・フィッシュ 4–6, 7–6(3), 7–6(4)
優勝 11. 2003年8月25日   全米オープン ハード   フアン・カルロス・フェレーロ 6–3, 7–6(2), 6–3
優勝 12. 2004年2月9日   サンノゼ ハード (室内)   マーディ・フィッシュ 7–6(13), 6–4
優勝 13. 2004年3月22日   マイアミ ハード   ギリェルモ・コリア 6–7(2), 6–3, 6–1, 途中棄権
準優勝 5. 2004年4月19日   ヒューストン クレー   トミー・ハース 3–6, 4–6
優勝 14. 2004年6月14日   ロンドン   セバスチャン・グロジャン 7–6(4), 6–4
準優勝 6. 2004年7月4日   ウィンブルドン   ロジャー・フェデラー 6–4, 5–7, 6–7(3), 4–6
優勝 15. 2004年7月19日   インディアナポリス ハード   ニコラス・キーファー 6–2, 6–3
準優勝 7. 2004年8月2日   トロント ハード   ロジャー・フェデラー 5–7, 3–6
準優勝 8. 2004年10月4日   バンコク ハード (室内)   ロジャー・フェデラー 4–6, 0–6
優勝 16. 2005年2月7日   サンノゼ ハード (室内)   シリル・ソールニエ 6–0, 6–4
優勝 17. 2005年4月24日   ヒューストン クレー   セバスチャン・グロジャン 6–2, 6–2
優勝 18. 2005年6月6日   ロンドン   イボ・カロビッチ 7–6(7), 7–6(4)
準優勝 9. 2005年7月3日   ウィンブルドン   ロジャー・フェデラー 2–6, 6–7(2), 4–6
優勝 19. 2005年8月7日   ワシントンD.C. ハード   ジェームズ・ブレーク 7–5, 6–3
準優勝 10. 2005年8月22日   シンシナティ ハード   ロジャー・フェデラー 3–6, 5–7
優勝 20. 2005年10月30日   リヨン カーペット (室内)   ガエル・モンフィス 6–3, 6–2
準優勝 11. 2006年7月24日   インディアナポリス ハード   ジェームズ・ブレーク 6–4, 4–6, 6–7(5)
優勝 21. 2006年8月20日   シンシナティ ハード   フアン・カルロス・フェレーロ 6–3, 6–4
準優勝 12. 2006年9月11日   全米オープン ハード   ロジャー・フェデラー 2–6, 6–4, 5–7, 1–6
準優勝 13. 2007年2月25日   メンフィス ハード (室内)   トミー・ハース 3–6, 2–6
優勝 22. 2007年6月17日   ロンドン   ニコラ・マユ 4–6, 7–6(7), 7–6(2)
優勝 23. 2007年8月5日   ワシントンD.C. ハード   ジョン・イスナー 6–4, 7–6(4)
優勝 24. 2008年2月24日   サンノゼ ハード (室内)   ラデク・ステパネク 6–4, 7–5
優勝 25. 2008年3月8日   ドバイ ハード   フェリシアーノ・ロペス 6–7(8), 6–4, 6–2
準優勝 14. 2008年8月10日   ロサンゼルス ハード   フアン・マルティン・デル・ポトロ 1–6, 6–7(2)
優勝 26. 2008年9月28日   北京 ハード   ドゥディ・セラ 6–4, 6–7(6), 6–3
準優勝 15. 2009年1月10日   ドーハ ハード   アンディ・マリー 4–6, 2–6
優勝 27. 2009年2月13日   メンフィス ハード (室内)   ラデク・ステパネク 7–5, 7–5
準優勝 16. 2009年7月5日   ウィンブルドン   ロジャー・フェデラー 7–5, 6–7(6), 6–7(5), 6–3, 14–16
準優勝 17. 2009年8月9日   ワシントンD.C. ハード   フアン・マルティン・デル・ポトロ 6–3, 5–7, 6–7(6)
優勝 28. 2010年1月10日   ブリスベン ハード   ラデク・ステパネク 7–6(2), 7–6(7)
準優勝 18. 2010年2月14日   サンノゼ ハード (室内)   フェルナンド・ベルダスコ 6–3, 4–6, 4–6
準優勝 19. 2010年3月21日   インディアンウェルズ ハード   イワン・リュビチッチ 7–6(3), 7–6(5)
優勝 29. 2010年4月4日   マイアミ ハード   トマーシュ・ベルディハ 7–5, 6–4
準優勝 20. 2011年1月9日   ブリスベン ハード   ロビン・セーデリング 3–6, 5–7
優勝 30. 2011年2月20日   メンフィス ハード (室内)   ミロシュ・ラオニッチ 7–6(7), 6–7(11), 7–5
優勝 31. 2012年6月23日   イーストボーン   アンドレアス・セッピ 6–3, 6–2
優勝 32. 2012年7月22日   アトランタ ハード   ジル・ミュラー 1–6, 7–6(2), 6–2

ダブルス: 8回 (4勝4敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2001年3月12日   デルレイビーチ ハード   ジャン=マイケル・ギャンビル   トーマス嶋田
  マイルズ・ウェイクフィールド
6–3, 6–4
準優勝 1. 2001年7月30日   ロサンゼルス ハード   ジャン=マイケル・ギャンビル   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
5–7, 6–7(6)
優勝 2. 2002年4月29日   ヒューストン クレー   マーディ・フィッシュ   ジャン=マイケル・ギャンビル
  グレイドン・オリバー
6–4, 6–4
準優勝 2. 2004年1月12日   ドーハ ハード   ステファン・クベク   マルティン・ダム
  シリル・スーク
2–6, 4–6
優勝 3. 2006年7月24日   インディアナポリス ハード   ボビー・レイノルズ   ポール・ゴールドステイン
  ジム・トーマス
6–4, 6–4
優勝 4. 2009年3月21日   インディアンウェルズ ハード   マーディ・フィッシュ   マックス・ミルヌイ
  アンディ・ラム
3–6, 6–1, [14-12]
準優勝 3. 2009年10月11日   北京 ハード   マーク・ノールズ   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
4–6, 2–6
準優勝 4. 2011年5月15日   ローマ クレー   マーディ・フィッシュ   ジョン・イスナー
  サム・クエリー
不戦敗

4大大会優勝編集

ウィンブルドン準優勝3度:2004・05・09年〕
大会 対戦相手 試合結果
2003年 全米オープン   フアン・カルロス・フェレーロ 6-3, 7-6, 6-3

成績編集

4大大会シングルス編集

大会 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 通算成績
全豪オープン A A 2R SF QF SF 4R SF 3R SF QF 4R 2R 38–11
全仏オープン A 3R 1R 1R 2R 2R 1R 1R A 4R 3R A 1R 9–10
ウィンブルドン A 3R 3R SF F F 3R QF 2R F 4R 3R 3R 41–12
全米オープン 1R QF QF W QF 1R F QF QF 3R 2R QF 4R 43–12
Won–Lost 0–1 8–3 7–4 17–3 15–4 12–4 11–4 13–4 7–3 16–4 10–4 9–3 6–4 131–45

大会最高成績編集

大会 成績
ツアーファイナル SF 2003, 2004, 2007
インディアンウェルズ F 2010
マイアミ W 2004, 2010
モンテカルロ 3R 2002
マドリード QF 2009
ローマ SF 2002, 2008
カナダ W 2003
シンシナティ W 2003, 2006
上海 QF 2011
パリ SF 2003, 2005
ハンブルグ 3R 2002
オリンピック 3R 2004
デビスカップ W 2007

世界ランキング編集

2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012
順位 156 14 10 1 2 3 6 6 8 7 8 14 39

対戦成績編集

脚注編集

外部リンク編集

タイトル
先代:
  フアン・カルロス・フェレーロ
世界ランキング1位
2003年11月3日 - 2004年2月1日
次代:
  ロジャー・フェデラー