メインメニューを開く

ライアン・ロバート・フィアベンドRyan Robert Feierabend, 1985年8月22日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBトロント・ブルージェイズ傘下所属。

ライアン・フィアベンド
Ryan Feierabend
トロント・ブルージェイズ (マイナー)
Ryan Feierabend.jpg
A級ウィスコンシン時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州クリーブランド
生年月日 (1985-08-22) 1985年8月22日(33歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 MLBドラフト3巡目
初出場 MLB / 2006年9月13日
KBO / 2015年4月1日
最終出場 KBO / 2018年10月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

韓国球界での登録名は「피어밴드(ピオベンドゥ)」

目次

経歴編集

2003年MLBドラフト3巡目(全体86位)でシアトル・マリナーズから指名され、プロ入り。

2006年9月13日にメジャーデビュー。9月24日のシカゴ・ホワイトソックス戦では6イニングを無失点に、9月29日のテキサス・レンジャーズ戦では5イニングを2失点に抑えた。

2007年6月3日のロサンゼルス・エンゼルス戦で7回と2/3イニングを4失点、5奪三振に抑え、初勝利を飾った。

2009年3月15日に左肘の手術を行い、その後はフィラデルフィア・フィリーズ傘下や、アトランティック・リーグヨーク・レボリューションと契約。

2014年はレンジャーズでプレー。オフの12月3日、韓国プロ野球ネクセン・ヒーローズと契約した。

2015年シーズンは13勝を挙げ、2016年シーズンも契約したが19試合で5勝7敗、防御率4.64と振るわず自由契約選手となった[1]。同年7月29日、同じ韓国プロ野球のktウィズと契約。2017年もKTと契約し、KTチーム史上初の一軍個人タイトルである最優秀防御率(3.04)を受賞した。2018年は8勝を記録し、同年シーズン終了後にKTから自由契約となった。

2019年2月20日にトロント・ブルージェイズとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加した[2]。開幕は傘下のAAA級バッファロー・バイソンズで迎え、5月18日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした。同日のホワイトソックス戦で先発登板した。5月24日にDFAとなり[3]、26日にマイナー契約でAAA級バッファローへ配属された[4]

投球スタイル編集

奪三振率は低いが、制球を得意とする。

詳細情報編集

背番号編集

  • 63(2006年)
  • 31(2007年 -2008年、2015年 - 2016年7月22日)
  • 34(2012年)
  • 68(2014年)
  • 32(2016年途中 - 2018年)
  • 60(2019年)

脚注編集

  1. ^ 외국인 투수 라이언 피어밴드 웨이버 공시 (韓国語) ネクセン・ヒーローズ オフィシャルサイト(2016年7月22日)
  2. ^ transaction”. MLB.com. 2019年5月18日閲覧。
  3. ^ David Alter (2019年5月24日). “Blue Jays call up Cavan Biggio, son of HOFer” (英語). MLB.com. 2019年5月25日閲覧。
  4. ^ MLB公式プロフィール参照。2019年5月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集