メインメニューを開く

ランディ・アロサレーナRandy Arozarena,[注 1] 1995年2月28日 - )は、キューバ共和国ハバナ出身のプロ野球選手守備位置外野手で、右投右打。身長180cm[注 2](5ft 11in)・体重77kg[注 3](170lb)。2019年現在はMLBセントルイス・カージナルスに所属している。

ランディ・アロサレーナ
Randy Arozarena
セントルイス・カージナルス #66
基本情報
出身地  キューバハバナ
生年月日 (1995-02-28) 1995年2月28日(24歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
初出場 LMB / 2016年4月17日
MLB / 2019年8月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

2013-14年から2014-15年シーズンにかけてSNBベゲーロスに所属。2016年にLMBトロスでプロデビュー。2016年オフにMLBのカージナスと契約、2019年同チームでメジャーデビュー。

経歴編集

カージナルス傘下以前編集

アロサレーナは2013-14年と2014-15年シーズンにかけてSNBベゲーロス・デ・ピナール・デル・リオに所属.[2]。2016年4月17日にLMBトロス・デ・ティフアナでプロデビュー。トロスでは4月中の5試合のみに出場し、5月3日に自由契約となった。

カージナルス傘下時代編集

2016年8月1日にアロサレーナはインターナショナル・フリーエージェントMLBセントルイス・カーディナルス契約金125万ドルマイナー契約を結び移籍した[3]。シーズンオフにウィンターリーグであるLMPマジョス・デ・ナボホア英語版に所属。以降、2018年までの毎年オフにマジョスに所属している。

2017年4月6日にカージナルス傘下のマイナーチームであるA+パームビーチ・カージナルス英語版でマイナーデビュー。6月14日に行われたFSLオールスターに招集された[4]。6月30日にAA級スプリングフィールド・カージナルスに昇格。このシーズンは2チーム合計で、490打席打率.266・OPS.783・11本塁打を記録した。

2018年のスプリングトレーニングでロスター外招集され参加した[5]。シーズンはAAA級メンフィス・レッドバーズで迎えた。5月4日AA級パームビーチに降格、5月18日にAAA級メンフィスに再昇格。7月に行われたフューチャーズゲームでカージナルス代表として選出[6]。7月17日にAA級パームビーチに降格、8月1日にAAA級メンフィスに再昇格。レギュラーシーズン成績は2チーム合計で、413打席で打率.274・OPS.792・12本塁打を記録。AAA級メンフィスが地区優勝したため、PCLプレーオフに出場。チームはリーグ優勝を果たし、アロサレーナはトミー・エドマンとともにPCLプレーオフMVPに選出された[7]。その後、チームはAAA級年間優勝決定戦でも勝利した。

2019年のスプリングトレーニング中に右手を骨折したため、負傷者リスト英語版入りして4月の開幕を迎えた[8][9]。5月11日にAA級パームビーチで実戦復帰、6月12日にAAA級メンフィスに昇格[10][11]。8月12日にホセ・マルティネスが10日間IL入りした入れ替わりでメジャー昇格[12]。8月14日に行われたロイヤルズで「9番・センター」でスタメン入りしメジャーデビュー。この試合ではメジャー初安打となるタイムリー内野安打を記録した[13]

詳細情報編集

背番号編集

  • 66 (2019)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ スペイン語発音: [ˈrãn̪.dj a.ɾo.sa.ˈɾe.na][1]英語発音: [ˈræn.di ɑ.roʊ.sə.ˈreɪ.nə]
  2. ^ 5 ft 11 in = 180.34 cm
  3. ^ 170 lb = 77.1107029 kg

出典編集

  1. ^ スペイン語の発音記号変換ツール”. easypronunciation.com. 2019年8月13日閲覧。
  2. ^ Fleming, Ted (2016年). “Cardinals sign No. 9 Cuban prospect Randy Arozarena”. en:FanSided. 2019年8月15日閲覧。
  3. ^ Cardinals' Randy Arozarena: Signs with Cardinals for $1.25 million”. CBSスポーツ. 2018年2月24日閲覧。
  4. ^ Terry, Justin (2017年6月22日). “Cardinals name FSL South All-Stars”. en:Treasure Coast Newspapers. 2019年8月15日閲覧。
  5. ^ Cardinals invite 23 non-roster players to Spring Training”. Viva El Birdos. 2018年3月25日閲覧。
  6. ^ Minor league report: Hudson, Arozarena tabbed for All-Star Futures Game”. St. Louis Post-Dispatch. 2018年7月9日閲覧。
  7. ^ Rice, Megan (2018年9月16日). “Memphis Redbirds claim back-to-back PCL titles for the first time”. WREG.com. 2019年8月15日閲覧。
  8. ^ Rains, Rob (2019年4月2日). “Where will Nolan Gorman and other Cardinals top prospects be as the minor-league season begins?”. en:KSDK. 2019年8月15日閲覧。
  9. ^ RotoWire Staff (March 18,2019). “Cardinals' Randy Arozarena: Suffers fractured hand”. CBSスポーツ. 2019年8月15日閲覧。
  10. ^ Graves, Matt (2019年). “St. Louis Cardinals: Randy Arozarena is on the rise again”. FanSided. 2019年8月15日閲覧。
  11. ^ Hochman, Benjamin (2019年7月11日). “Hochman: How long can Cardinals afford to keep Bader in lineup?”. en:St. Louis Post-Dispatch. 2019年8月15日閲覧。
  12. ^ Hummel, Rick (2019年8月12日). “Here comes Arozarena as Cardinals place J. Martinez on IL”. 2019年8月12日閲覧。
  13. ^ David Brown (2019年8月14日). “Cards break up no-hit bid, sweep Royals”. 2019年8月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集