メインメニューを開く

ロリーヌ・ルカヴァリエ

フランスのフィギュアスケート選手

ロリーヌ・ルカヴァリエフランス語: Laurine Lecavelier1996年4月26日 - )は、フランスアンギャン=レ=バン出身のフィギュアスケート選手(女子シングル)。2016年フランス選手権優勝、2013年ムラドストトロフィー優勝、2017年欧州選手権5位入賞など。

ロリーヌ・ルカヴァリエ
Laurine LECAVELIER
Figure skating pictogram.svg
Internationaux de France 2018 - press conference French team010.jpg
基本情報
代表国 フランスの旗 フランス
生年月日 (1996-04-26) 1996年4月26日(23歳)
出生地 アンギャン=レ=バン
身長 162 cm
選手情報
コーチ Lorenzon Magri
元コーチ コーリ・アベ
ジャン=フランソワ・バレステル
ロヒーン・ワード
カティア・ジェントレ
クロード・テベナール
振付師 マッシモ・スカリ
元振付師 ファビアン・ブルザ
カレン・クワン
Flora Gapin
Line Haddad
Sandra Garde
所属クラブ Francais Volants, Paris
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア 188.10 2017 欧州選手権
ショート 66.61 2016 フランス杯
フリー 124.29 2017 欧州選手権
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

経歴編集

2010-2011シーズン、初めての国際大会となった、トリグラフトロフィー杯ジュニアクラスでいきなり優勝。

2011-2012シーズン、ジュニアGPシリーズ参戦。ジュニアGPシリーズは12位、10位とどちらも振るわなかったが、フランス選手権では6位と昨年の12位から大きく順位を上げる大躍進をした。ババリアンオープンジュニアクラスで優勝し、いい形でシーズンを終えた。

2012-2013シーズン、ジュニアGPシリーズは、12位、9位と振るわなかったが、フランス選手権では3位と自身の表彰台に上がり、世界ジュニア選手権出場を決めた。自身の世界ジュニア選手権ではジャンプの転倒が多く13位に終わった。しかし、シーズン最後の大会となるムラドストトトロフィーのシニアクラスで優勝し、シニア国際大会初めての表彰台、そして優勝を果たした。

2013-2014シーズン、ジュニアGPシリーズでは、11位、9位と振るわなかったが、クリスタルスケートで自身2度目のシニア国際大会優勝をした。フランス選手権ではSP4位からFSで逆転し、トータルも2位と自身最高順位を更新する2位に入り、1位のマエ=ベレニス・メイテには届かずオリンピック出場はならなかったが、自身初となる欧州選手権代表を掴んだ。初めての欧州選手権では、緊張もありジャンプが乱れ13位に終わった。シーズン最後のガルデナスプリング杯では4位。

2014-2015シーズン、シニア 本格デビュー。シーズン初戦のISUチャレンジャーシリーズロンバルディア杯では7位。続くニース杯ではSP3位からFSで5位のスコアでトータルも5位と表彰台を逃した。初めてのGPシリーズの大会となったGPエリックボンバール杯では11位に終わった。フランス選手権ではマエ=ベレニス・メイテにつぐ2位で2年連続2位に入ったが、世界選手権出場は出来なかったが、欧州選手権代表を2年連続で掴み、冬季ユニバーシアード代表を掴んだ。2度目の出場となった、欧州選手権では自身初の150点台を出し、昨年より3つ順位を上げる10位となった。冬季ユニバーシアードでは4位と惜しくもメダルを逃した。ザイブト記念では、今シーズン初めての国際大会表彰台に上がった。

2015-2016シーズン、シーズン初戦のニース杯で3位。GPシリーズエリックボンバール杯ではSP12位と出遅れ、FSで巻き返そうとしたがテロの影響でSPのみとなり12位に終わった。しかし、NRW杯では、参考記録であるがSPで5点台以上自己ベストを更新し、FSも114.198と初めてFSで100点を超え、トータルも173.93と参考ながら自己ベストを20点以上更新し優勝した。フランス選手権ではSPで61点を出し、2位のマエ=ベレニス・メイテに8点近くの差をつけ、悲願の初優勝かと思われたがFSでジャンプのミスが多く、逆転を許し1位とは、3点差の惜しくも3年連続2位となったしかし、世界選手権出場枠が2枠のため自身初の世界選手権出場を決めた。欧州選手権ではジャンプの転倒が多く昨年と同じ10位に終わった。チロル杯では2位。世界選手権ではSPでジャンプの転倒が多くSP31位でFSに進めず、31位に終わった。なお、マエ=ベレニス・メイテもSPで25位と沈みFSに進めず25位と沈んだので、世界選手権「2」枠を獲得できなかった。

2016-2017シーズン、シーズン初戦のニース杯で3位。続くゴールデンベアでは優勝。GPシリーズフランス杯では、SPで公式記録の自己ベストを15点近く更新する66,61を出し5位に入った。FSもところどころミスがあったが自己ベストを大きく更新し、トータルも184.65と自己ベストを大きく更新し、6位に入った。フランス選手権では、2位のマエ=ベレニス・メイテに30点近く差をつけ悲願の初優勝を果たし、2年連続世界選手権代表を掴んだ。欧州選手権ではSPで5位につけ、FSでは自己ベストを更新する124.29点でFSスコアではマリアソツコワより得点を出し、FS4位で総合スコアも自己ベストを更新する188.10点で昨年から大きく順位を上げる5位入賞し、大躍進した。しかし、欧州選手権の好調を維持できず世界選手権ではジャンプが乱れ、SPで22位と遅れ、FSもジャンプの転倒が多く総合スコア162.99で昨年の31位からは大きく順位を上げたが、18位と、オリンピック出場枠「2」を獲得することが出来なかった。

2017-2018シーズン、昨年の欧州選手権5位の成績を評価され、初めてGPシリーズ2戦のアサインがあった。初めてのGPフランス杯以外のGPシリーズとなった、GPスケートカナダではSPでは、ジャンプの大きなミスなく技術点では31点を出し、8位につけた。FSでは、ジャンプの転倒はなかったが、ジャンプが乱れFSも8位と総合でも8位に終わったが、エキシビジョンに出場した。GPフランス杯では、11位に終わった。オリンピック1枠をかけたフランス選手権では、SPでメイテに1点も差がない僅差で2位につけだが、逆転できず、メイテと4点差の2位に終わった。しかし、昨シーズンの欧州選手権の成績等もあり、オリンピック代表は欧州選手権の結果後決めることとなった。

技術・演技編集

アクセルを除く3回転ジャンプを飛べる。コンビネーションジャンプでは、2A+1Lo+3S、2016-2017シーズン3T+3T、3Lz+3T、2A+3Tを成功した。また、2016-2017シーズンのFSでは衣装の裏にもう1枚衣装が縫い付けてあり、袖を下ろし、演技中に衣装チェンジするというユニークな演技を披露してる。

主な戦績編集

大会/年 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17 2017-18 2018-19 2019-20
世界選手権 31 18 14 15
欧州選手権 13 10 10 5 11 5
フランス選手権 10 12 6 3 2 2 2 1 2 2
GPロステレコム杯 WD
GPフランス杯 11 12[1] 6 11 9 WD
GPスケートカナダ 8
GPスケートアメリカ 5
CSゴールデンスピン 9
CSアイススター WD
CSアルペン杯 5
CSロンバルディア杯 7 10
プランタン杯 4
ネスレ杯 1
ニース杯 2 J 5 3 3
ゴールデンベア 1
チロル杯 2 1
NRW杯 1
ザイブト記念 3
ユニバーシアード 4
ガルデナスプリング杯 4
クリスタルスケート 1
ムラドストトロフィー 1
世界Jr.選手権 13
JGPミンスク 9
JGPリガ杯 11
JGPクールシュヴェル 12
JGP S.ブレッド杯 9
JGP W.ロンバルディ杯 12
JGPタリン杯 10
ババリアンオープン 1 J
トリグラフトロフィー 1 J

詳細編集

2018-2019 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年3月20日-24日 2019年世界フィギュアスケート選手権さいたま 19
56.81
15
113.78
15
170.59
2019年2月26日-3月3日 2019年チロル杯インスブルック 5
52.09
1
109.37
1
161.46
2019年1月21日-27日 2019年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ミンスク 6
63.29
6
116.76
5
180.05
2018年12月13日-15日 フランスフィギュアスケート選手権ヴォジャニー 2
60.24
2
117.30
2
177.54
2018年11月23日-25日 ISUグランプリシリーズ 2018年フランス国際グルノーブル 11
51.66
9
105.58
9
157.24
2018年11月14日-17日 CS アルペン杯インスブルック 5
56.12
4
106.66
5
162.78
2018年10月19日-21日 ISUグランプリシリーズ2018年スケートアメリカエバレット 7
59.57
5
112.84
5
172.41
2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年3月19日-25日 2018年世界フィギュアスケート選手権ミラノ 15
59.79
13
113.44
14
173.23
2018年3月16日-18日 2018年プランタン杯コッケルシュエール 4
61.86
4
101.80
4
163.66
2018年1月17日-20日 2018年ヨーロッパフィギュアスケート選手権モスクワ 7
55.36
12
98.75
11
154.11
2017年11月17日-19日 ISUグランプリシリーズ フランス杯グルノーブル 7
60.68
11
93.67
11
154.35
2017年10月27日-29日 ISUグランプリシリーズスケートカナダレジャイナ 8
59.08
8
107.35
8
166.43
2017年9月14日-17日 ISUチャレンジャーシリーズロンバルディアトロフィーベルガモ 10
53.97
9
95.05
10
149.02
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年4月20日-23日 2017年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 11
54.15
10
107.43
6
団体
(161.58)
2017年3月27日-4月2日 2017年世界フィギュアスケート選手権ヘルシンキ 22
55.49
17
107.50
18
162.99
2017年1月25日-29日 2017年ヨーロッパフィギュアスケート選手権オストラヴァ 5
63.81
4
124.29
5
188.10
2016年12月15日-17日 フランスフィギュアスケート選手権カーン 1
62.06
1
108.49
1
170.55
2016年12月7日-10日 ISUチャレンジャーシリーズ ゴールデンスピンザグレブ 11
49.16
6
102.42
9
151.58
2016年11月11日-13日 ISUグランプリシリーズ フランス杯パリ 4
66.61
7
118.04
6
184.65
2016年10月27日-30日 2016年ゴールデンベアザグレブ 1
61.47
1
106.58
1
168.05
2016年10月19日-23日 2016年ニース杯ニース 1
58.97
3
106.81
3
165.78
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年3月26日-4月3日 2016年世界フィギュアスケート選手権ボストン 31
46.92
- 31
46.92
2016年3月9日-13日 2016年チロル杯インスブルック 3
53.54
2
100.53
2
154.07
2016年1月25日-31日 2016年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブラチスラヴァ 13
52.84
9
99.50
10
152.34
2015年12月17日-19日 フランスフィギュアスケート選手権エピナル 1
61.59
2
95.64
2
157.23
2015年11月25日-29日 2015年NRW杯ドルトムント 1
59.75
1
114.18
1
173.93
2015年11月13日-15日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯ボルドー 12
46.53
中止 12
2015年10月14日-18日 2015年ニース杯ニース 3
54.99
3
100.79
3
155.78
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年4月16日-19日 2015年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 10
52.84
9
95.43
6
団体
2015年2月25日-28日 2015年ヘルムート・ザイブトメモリアルウィーン 4
48.45
4
93.81
3
142.26
2015年2月4日-14日 ユニバーシアード冬季競技大会グラナダ 5
55.29
5
99.95
4
155.24
2015年1月26日-2月1日 2015年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ストックホルム 13
51.58
10
99.85
10
151.43
2014年12月18日-21日 フランスフィギュアスケート選手権(ムジェーヴ) 3
49.17
2
99.25
2
148.42
2014年11月21日-23日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯ボルドー 12
44.03
10
95.51
11
139.54
2014年10月15日-19日 2014年ニース杯ニース 3
50.91
5
88.86
5
139.77
2014年9月18日-21日 ISUチャレンジャーシリーズ ロンバルディアトロフィーセスト・サン・ジョヴァンニ 4
52.09
8
86.92
7
139.01
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月28日-30日 2014年ガルデナスプリング杯ガルデナ 4
46.90
4
81.17
4
128.07
2014年1月13日-19日 2014年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブダペスト 13
49.12
11
90.30
13
139.42
2013年12月12日-15日 フランスフィギュアスケート選手権(ヴォジャニー) 4
50.75
2
96.13
2
146.88
2013年10月24日-27日 2013年クリスタルスケートブラショフ 2
47.37
1
94.03
1
141.40
2013年9月25日-29日 ISUジュニアグランプリ ミンスクミンスク 8
46.08
8
91.18
9
137.26
2013年8月27日-9月1日 ISUジュニアグランプリ リガ杯リガ 7
47.67
11
80.84
11
128.51
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年3月20日-24日 2013年ムラドストトロフィーザグレブ 2
44.07
1
92.56
1
136.63
2013年2月25日-3月3日 2013年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ミラノ 9
50.43
15
80.82
13
131.25
2012年12月13日-16日 フランスフィギュアスケート選手権ストラスブール 3
51.99
3
93.21
3
145.20
2012年10月24日-28日 2012年ニース杯 ジュニアクラス(ニース 2
46.79
2
87.69
2
134.48
2012年9月26日-30日 ISUジュニアグランプリ センシラ・ブレッド杯ブレッド 4
47.46
10
77.47
9
124.93
2012年8月22日-26日 ISUジュニアグランプリ クールシュヴェルクールシュヴェル 11
41.46
11
72.20
12
113.66
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年2月1日-5日 2012年ババリアンオープン ジュニアクラス(オーベルストドルフ 1
41.40
1
79.98
1
121.38
2011年12月16日-18日 フランスフィギュアスケート選手権ダンマリー=レ=リス 7
39.52
6
82.27
6
121.79
2011年10月12日-15日 ISUジュニアグランプリ タリン杯タリン 16
36.82
7
82.96
10
119.78
2011年10月5日-9日 ISUジュニアグランプリ ワルテル・ロンバルディ杯ミラノ 20
34.71
9
75.63
12
110.34
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年4月7日-10日 2011年トリグラフトロフィー ジュニアクラス(イェセニツェ 3
39.20
1
81.80
1
121.00
2010年12月17日-19日 フランスフィギュアスケート選手権トゥール 9
35.46
12
60.81
12
96.27
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年12月17日-20日 フランスフィギュアスケート選手権マルセイユ 11
32.47
7
66.37
10
98.84

プログラム使用曲編集

シーズン SP FS EX
2019-2020 November
作曲:マックス・リヒター
24の前奏曲より第4番 ホ短調 Op28-4
ワルツ第7番 嬰ハ短調 Op.64-2
作曲:フレデリック・ショパン
2018-2019 マクトゥーブ
曲:マルクス・ヴィアナ
I'll Take Care Of You
歌・演奏: ベス・ハート、ジョー・ボナマッサ
作詞・作曲:ブルック・ベントン
行かないで
演奏:M.H プロジェクト
2017-2018
[2]
映画『おもいでの夏』より
ミシェル・ルグラン


Shining Silver Skies
曲:Ashram

愛すれど悲し / 愛のデュエット
(映画『グリース』サウンドトラックより)
作曲:ジョン・ファーラー
歌:オリヴィア・ニュートンジョン

バイ・バイ・ベイビー / 私の心はパパのもの
歌:マリリン・モンロー

愛すれど悲し / 愛のデュエット
(映画『グリース』サウンドトラックより)
作曲:ジョン・ファーラー
歌:オリヴィア・ニュートンジョン
2016-2017 Experience
作曲:ルドヴィコ・エイナウディ
ミュージカル『グリース
サウンドトラックより
作曲:ジム・ジェイコブス
ウォーレン・ケイシー
You Lost Me
曲:クリスティーナ・アギレラ
2015-2016 I Know You
(映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
サウンドトラックより)
ボーカル:スカイラー・グレイ
Perfidia
(映画『Shall We Dance?
サウンドトラックより)
ムジャ・ラティナ
ベサメ・ムーチョ
マンボ・スウィング
演奏:ビッグ・バッド・ブードゥー・ダディ
2014-2015 カルメン
曲:ラナ・デル・レイ
Haute Vltige
作曲:Marimuz
Love Dance
シルク・ドゥ・ソレイユ『KÀ』より)
作曲:ルネ・デュプレ
2013-2014
2012-2013 シング・シング・シング
演奏:ベニー・グッドマン
2011-2012 アサシンズタンゴ
(映画『Mr.&Mrs. スミス
サウンドトラックより)
作曲:ジョン・パウエル
シング・シング・シング
作曲:ルイ・プリマ

脚注編集

  1. ^ パリ同時多発テロ事件によるフリー種目の中止でSPの順位が最終結果となった。
  2. ^ https://web.archive.org/web/20171017183839/http://www.isuresults.com/bios/isufs00012525.htm

参考文献編集