一太郎

ジャストシステムが販売する日本語ワープロソフト

一太郎(いちたろう)は、ジャストシステムが販売する日本語ワープロソフトの名称である。同社の看板製品であり登録商標となっている。同社の専務でプログラマーだった浮川初子によって開発された[1]

一太郎
開発元 ジャストシステム
最新版
一太郎2024 (34) / 2024年2月9日 (3か月前) (2024-02-09)
対応OS Microsoft Windows
種別 ワードプロセッサ
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト 一太郎Web
テンプレートを表示

名前の由来

編集

創業者・浮川和宣が学生時代に家庭教師をしていた際、後に病死した受け持ちの中学生「太朗」君の名にちなんで命名された[2]。「太郎」が日本の男の子の代表的な名前であることや、「太郎よ、日本一になれ」という思いを込めている。「新太郎」も候補になったが、「新バージョンが出たとき混乱する」という理由で却下され、一太郎という名称になった。

パッケージの赤色は「日の丸」の赤である[3]

概説

編集
 
一太郎Ver.3

一太郎Ver.1の発売当時は、日本語ワープロソフトウェア業界では管理工学研究所の「」が大きなシェアを占めていた。当時としてはいち早くDOSベースで開発された一太郎は、当初DOSアプリケーションでなかった松と差別化し、本体と日本語入力システムをいちはやく分離・他機種への移植・松のほぼ半値という、低価格ながらも引けを取らない機能などで「松」の牙城を崩し、やがて日本語ワープロソフトの代名詞的存在として圧倒的なシェアを占めていった[4]

「スペースキーでかな漢字変換・リターン(Enter)キーで変換候補の確定」という一般的な日本語入力の操作スタイルは、かつてJS-Wordから引き継いだ一太郎(ATOK)独特の操作法が、実質標準化していったものである。

しかし、完成度が高く独占的なシェアを得ていたVer.3から、ジャストウィンドウを採用し花子などファミリーソフトとの統合を図ったVer.4への切り替え時に失敗し、ごく短期間にVer.4.3までバージョンアップした。Ver.4およびジャストウィンドウは、当時としては高価だったEMSメモリやハードディスクドライブをほぼ必須としており(Ver.4に合わせてジャストシステムは自社ブランドでEMSメモリボードなどを提供していた)、上記のように一太郎専用機として使われることの多かったパソコンシステムに対しては、当時としては過剰とも見られる投資が必要だったためである。このときは「ATOK7はいいが、Ver.4は不要」との声に対してATOKの単体販売が始められ、またノートパソコンブームの影響もあって「一太郎dash」というVer.4のサブセット版を販売することになった。

OSWindowsに移行していた過渡期、当時は単なるアプリケーションソフト・ランチャー色が強かったうえに日本語フォントの扱いが弱かったWindows 3.xの普及をジャストシステムは軽視し、アプリケーションソフトメーカーごとにウィンドウシステムを用意すべきであるとの持論を展開した。その回答として、すでに実績を持ちWYSIWYG機能に優れたジャストウィンドウを前面に押し出したが、のちの爆発的なWindowsの普及によりジャストウィンドウは立場を失ってしまい、一方でWindowsへの対応には遅れが生じることとなった。

その後、遅れてWindows版バージョン5を完成させるも、マイクロソフトによるWindows OS本体とWord/Excelの抱き合わせ販売などにより、次第にWordにシェアを奪われていく[注釈 1]。特に、Windows 95に対応する新バージョンの開発には大幅な遅れが生じ、そして登場した「一太郎7」では、マクロ機能の実装が見送られたうえ、当時の普及帯パソコンに搭載されていた以上のメモリ容量を要求(当時の普及価格帯PCの一般的なメモリ搭載量は8-16MBであったのに対し、一太郎7は32MB以上のメモリを推奨としていた)する動作の重さが原因でユーザからの信頼を失い、すでにWindows 95と同時発売されていたマイクロソフト社のWord95に大きくシェアを奪われることとなった。

一太郎は2017年現在、Windows版のみしか販売されていない(かつてはMacintosh版、OS/2版やLinux版も発売されていたが、前2者はVer.5のみで開発終了、後1者も2013年に開発されたものが最終で2020年現在では販売終了している)。他にJava版の一太郎Arkも発売されている(ただし、標準フォーマットにXHTMLを採用しており、一太郎文書は読むことはできても書き出すことはできない)。かつてはノートパソコン向けに軽量化した「一太郎dash」「一太郎lite」シリーズを販売していたが、ある時期から多数のバリエーションを発売するようになり、家庭用統合ソフト「ジャストホーム」に同梱される「一太郎Home」シリーズ(最新版は一太郎SE)、小学生向けの「一太郎スマイル」シリーズ、中学・高校生向けの「一太郎ジャンプ」シリーズ、文芸作品作成に最適化された「一太郎 文藝」、公文書作成用の「一太郎ガバメント」などを作成し出荷している。

バージョン3の頃から、バージョンナンバーを名前の頭に付けて、バージョン3なら「三太郎」・4なら「四太郎」・5なら「五太郎」とユーザーの間で区別されていたこともあった。また、一時期「日本語ワードプロセッサ」ではなく、「インテリジェントドキュメントプロセッサ」と称していた時期があったが、現在は、「日本語ワードプロセッサ」と称されている。

歴史

編集
  • 1983年春 - 日本語ワープロ「光」を東京・晴海展示会でのマイクロソフトブース裏で展示中、NECが興味を示す[5]。PC-100に標準搭載するワープロソフトの依頼がジャストシステムに届き、7月から開発着手[6]
  • 1983年10月 - PC-100用日本語ワープロソフト「JS-WORD」を発表。(アスキーブランドにて流通、後のATOKに相当するFEPはKTISと呼ばれていた)
  • 1984年12月 - IBM JXシリーズ向けに「jX-WORD」を発売[7]
  • 1985年2月 - PC-9801シリーズ向けに「jX-WORD太郎」を発売。ATOK3を付属ソフトとして同梱。
  • 1985年8月28日[8] - 「jX-WORD太郎」の後継製品として「一太郎」を発売。日本語入力ソフト「ATOK4」をFEP化し、ATOKがMS-DOS上のどのソフトからも使えるようになった。
  • 1986年5月 - 「一太郎Ver.2」を発売。「新一太郎」と呼ばれた。「ATOK5」を搭載。
  • 1987年6月 - 「一太郎Ver.3」を発売。「三太郎」と呼ばれた。コピープロテクトをやめ、ユーザーが自由にバックアップをできるようになった。花子とも連動。
  • 1989年4月 - 「一太郎Ver.4」を発売。「四太郎」と呼ばれた。ジャストウィンドウと呼ばれるウィンドウシステムを搭載し、「一太郎」と「花子」や他のソフトが同時に使えるようになった。
  • 1992年4月 - 「一太郎Ver.4」FM TOWNS対応版を発売。
  • 1993年4月 - 「一太郎Ver.5」を発売。「ATOK8」搭載。ハードディスクドライブへのインストールが必須となる。MS-DOS版は、ジャストウィンドウVer.2対応としてPC-9800シリーズ版(EPSON PCシリーズにも公式対応)の他、FM-R/FM TOWNS版・PC/AT互換機版・東芝J-3100シリーズ版も発売されていた。またWindows版、Macintosh版、OS/2版も開発。WYSIWYGを実現した。漢字の前後の文脈を考えて、変換する機能を搭載。
  • 1995年1月 - 「一太郎Ver.6」(Windows 3.1対応版のみ)を発売。
  • 1995年6月 - ジャストウィンドウ対応の一太郎Ver. 5 with ATOK9[注釈 2]が発売される。
  • 1995年7月 - 「一太郎Ver.5 for Macintosh」を発売。
  • 1995年8月 - 「一太郎Ver.6.3」を発売。インターネット対応を図った。
  • 1996年9月 - 「一太郎7」を発売[9]。Windows 95に初めて正式対応[注釈 3]。完全な32BitソフトのためWindows 3.1以前では対応外。
  • 1997年2月 - 「一太郎8」を発売[10]。原稿用紙に直接印刷できる機能を搭載。
    • これ以降拡張子が*.jtdに統一される。OfficeEdition版はUnicodeに対応し、約2万文字を収録した拡張漢字フォントが付属していた。
  • 1998年9月 - 「一太郎9」を発売。
  • 1999年9月 - 「一太郎10」を発売。ワークシートに対応。
  • 2001年2月 - 「一太郎11」を発売。オンラインストレージサービス「インターネットディスク」と連携。
  • 2002年2月 - 「一太郎12」を発売。ナレッジウィンドウを追加。
    • 一太郎12から一太郎2004までの間、「インテリジェントドキュメントプロセッサ(IDP)」という肩書きになる。またWindows 95はこのバージョンから対応外。
  • 2003年2月 - 「一太郎13」を発売。
  • 2004年2月 - 「一太郎2004」(14)を発売。アウトライン編集機能を追加。
    • このバージョンよりWindows NT 4.0は対応外となった。
    • このバージョンよりバージョン番号を西暦年とした。「今後一太郎/花子シリーズは毎年発売されるため」としている[11]
  • 2005年2月 - 「一太郎2005」(15)を発売。
    • 以降、肩書きは再び「日本語ワードプロセッサ」に戻る。
  • 2005年9月 - 「一太郎 文藝」を発売。
  • 2006年2月 - 「一太郎2006」(16)を発売。
  • 2007年2月9日 - 「一太郎2007」(17)を発売。初のWindows Vista正式対応。
    • なお、発売予定日前日の8日に統合オフィスソフトJUST Suite 2007のインストーラに不具合が発見されたため、3月9日に発売延期が発表された(一太郎や花子など単体製品のインストーラには問題がないため予定通り発売)。またWindows 98/Meは今バージョンより対応外となる。
  • 2008年2月8日 - 「一太郎2008」(18)を発売。
  • 2009年2月6日 - 「一太郎2009」(19)を発売。同年10月13日付のアップデータ適用により、制限付きながらも、Windows 7(32 / 64bit版)に正式対応した。はがき作成機能が一新され、楽々はがきの簡易版にあたる「楽々はがき セレクト for 一太郎」を搭載。
  • 2009年、日本タイポグラフィ協会顕彰「佐藤敬之輔賞」を受賞[12]
  • 2010年2月5日 - 「一太郎2010[25周年記念パック]」(20)を発売。発売当初から、Windows 7(32 / 64bit版)に正式対応済み。64bit版Windowsでは32bit互換アプリとして動作する。Windows 2000は対応外となる。
  • 2010年3月2日 - 情報処理学会が「一太郎」を情報処理技術遺産として認定した[13]
  • 2011年2月10日 - 「一太郎2011 創」(21)[注釈 4]ならびに統合オフィスソフト 「一太郎2011 創 スーパープレミアム / プレミアム」[注釈 5]を発売。
  • 2011年6月9日 - 「一太郎Pro」が法人向けライセンス商品として発売。法人向けライセンス商品である、統合オフィスソフト「JUST Office」[注釈 6]にも含まれている。また単体商品としては、法人向けライセンス商品「一太郎2011」の後継商品でもある。
  • 2012年2月10日 - 「一太郎2012 承」(22)[注釈 7]ならびに統合オフィスソフト 「一太郎2012 承 スーパープレミアム / プレミアム」[注釈 8]を発売。単体製品の「一太郎」について、前バージョンまではCD-ROMのみの販売であったが、このバージョンからDVD-ROMのみの販売に移行した。同年5月24日付のアップデータ適用により、制限付きながらも、Windows 8(32 / 64bit版)に正式対応した。
  • 2013年2月8日 - 「一太郎2013 玄」(23)[注釈 7]ならびに統合オフィスソフト 「一太郎2013 玄 スーパープレミアム / プレミアム」[注釈 8]を発売。発売当初から、Windows 8(32 / 64bit版)に正式対応済み。64bit版Windowsでは32bit互換アプリとして動作する。
  • 2014年2月7日 - 「一太郎2014 徹」(24)ならびに統合オフィスソフト 「一太郎2014 徹 スーパープレミアム / プレミアム」を発売。Windows 8.1に対応。
  • 2015年2月6日 - 「一太郎2015」(25)ならびに統合オフィスソフト 「一太郎2015 スーパープレミアム 30周年記念パック / プレミアム」を発売。「2011 創」から続いた、年に漢字一字を付したバージョン名をやめ、年のみに戻る。また、Windows XPが非対応になる。スーパープレミアム限定で、一太郎dashの特別記念復刻版「一太郎dash 30th」が付属。
  • 2016年2月5日 - 「一太郎2016」(26)ならびに統合オフィスソフト 「一太郎2016 スーパープレミアム / プレミアム」を発売。発売当初から、Windows 10(32 / 64bit版)に正式対応済み。
  • 2017年2月3日 - 「一太郎2017」(27)ならびに統合オフィスソフト 「一太郎2017 スーパープレミアム / プレミアム」を発売。また、Windows Vistaが非対応になる。
  • 2018年2月9日 - 「一太郎2018」(28)ならびに統合オフィスソフト 「一太郎2018 スーパープレミアム / プレミアム」を発売。
  • 2019年2月8日 - 「一太郎2019」(29)ならびに統合オフィスソフト 「一太郎2019 スーパープレミアム / プレミアム」を発売。
  • 2020年2月7日 - 「一太郎2020」(30)ならびに統合オフィスソフト 「一太郎2020 プラチナ[35周年記念版]」を発売。また、Windows 7が非対応になる。
  • 2021年2月5日 - 「一太郎2021」(31)ならびに統合オフィスソフト 「一太郎2021 プラチナ」を発売。
  • 2022年2月10日 - 「一太郎2022」(32)ならびに統合オフィスソフト 「一太郎2022 プラチナ」を発売。
  • 2023年2月10日 - 「一太郎2023」(33)ならびに統合オフィスソフト 「一太郎2023 プラチナ」を発売。「楽々はがき セレクト」が削除される。このバージョンから、Windows 8(8.1)が非対応になる。
  • 2024年2月9日 - 「一太郎2024」(34)ならびに統合オフィスソフト 「一太郎2024 プラチナ」を発売。

パッケージロゴの変遷

編集
  • 初代(一太郎Ver.1 - 一太郎Ver.3まで使用) - ジャストシステム創業者・浮川和宣による毛筆[12]
  • 2代目(一太郎Ver.4 - 一太郎9まで使用) - 進藤洋子による毛筆アート[12]
  • 3代目(一太郎10 - 一太郎13まで使用) - 舟橋全二による切り絵カリグラフィ[12]
  • 4代目(一太郎2004 - 一太郎2009まで使用) - 明朝体ロゴ
  • 5代目(一太郎2010・一太郎2015で使用) - 2代目同様、進藤洋子による毛筆アート(2代目と異なるデザイン)
  • 6代目(一太郎2011で使用) - 紫舟による毛筆
  • 7代目(一太郎2012 - 一太郎2014、一太郎2016以降で使用) - 藤田幸恵による筆文字

累計出荷本数の推移

編集
  • 1991年11月7日 - 100万本
  • 1994年6月 - 200万本
  • 1995年3月 - 300万本
  • 1995年12月 - 400万本
  • 1996年4月19日 - 500万本
  • 1996年10月11日 - 700万本
  • 1997年1月 - 800万本
  • 1997年9月19日 - 1000万本
  • 1999年7月 - 1200万本
  • 2002年12月 - 1600万本
  • 2005年2月 - 1800万本
  • 2009年 - 2000万本以上[12]

(「jX-Word太郎」と「一太郎」の合計。ジャストシステム発表による)

長所と短所

編集

日本語の文章作成を前提としたソフトであるため日本語に関する機能は豊富であるが[14]Microsoft WordOpenOfficeなどの競合ソフトと比較すると短所も見受けられる。

長所

編集
  • 最も安価な標準パッケージにも最新版のATOKが付属し、プレミアム版にはフォントやATOK用の辞書や読み上げソフトなどが付属する[15]。また設定メニューを直接呼び出せるなど、ATOKとの連携機能も備わっている[16]
  • 一太郎の既存ユーザー向けにはバージョンアップ版、ジャストシステム他製品の所持者やMicrosoft Office利用者向けに特別優待版などの割引がある。また同一ユーザーの所有であれば、1ライセンスで3台までのインストールを認めている。
  • 縦書きへの切り替えやルビの細かい設定、準仮名異体字セレクタの入力、漢字とひらがな用のフォントの個別設定、市販されている原稿用紙を再現したテンプレートが多数付属しているなど、執筆をサポートする機能が豊富[17][15]。また漢文の作成に関する機能もあるなど教育分野で需要の高い機能もある[15]
  • Microsoft WordやPowerPointなどと比較して、「書式設定の緻密性」が最大の特徴であり、字間や行間、罫線と文字列の間隔など非常に細かく設定できる[17]。日本の官公庁内部で使われる様式に詳細な指定がある文章にも対応できる[18]
  • 一般的な禁則処理の他にも、ジャストシステムの文章校正支援ツール「Just Right!」の簡易版を搭載しており、機種依存文字、誤字脱字、頻出語・表記揺れのチェック、読みやすさの評価などDTPソフトにもない機能がある[15][17]。またビジネスや小説など各分野の実情に合わせた改良を行っている[14][16]
  • 文章を印刷する際の機能が充実している[16]
  • 最新版においてもVer.2以降のファイルは全て読み込み可能であるなど、過去の資産について配慮されている。またODFEPUBなど新たなフォーマットにも随時対応している。
  • 専用形式を表示できるビューアが無償で配布されているため、一太郎を購入しなくてもファイルの閲覧と印刷ができる(Windows用のみ)。
  • EPUB形式の出力に対応しており、リフロー型と画像化による固定レイアウトが選択できる他、koboKindleなど各デバイスへの最適化、保存時に異字体セレクタで入力した文字だけを画像にして貼り付け、小説投稿サイトからコピーした文章の書式維持や多用される改行を一括削除するなど電子出版に必要な機能が追加されている[17]

短所

編集
  • Microsoft Office系アプリケーションと比較して、ドキュメント内の画像やテキストボックスなどのオブジェクト貼付機能の操作性が独特である。
  • 独自形式でしか再現できない書式が多くフォーマット自体もクローズドであるため、将来のファイル運用に支障がでる可能性がある。
  • ショートカットキー『CTRL+S』には『上書き保存』へ割り当てられているが、『CTRL+F』には『段落指定』が割り当てられている(通常は『検索』)など、ジャストウィンドウに準拠した割り当てが混在している。さらにこの割り当ては、自社製のソフト間でも整合性がない(ラベルマイティなど)。ただし、一太郎2017以降では「一太郎オーダーメイド」[19]により、初回起動時に一部のキーアサインは一太郎仕様/Windows準拠から選択可能となっている。
  • マクロ機能がVBAと比べて貧弱で、開発言語やデータベースソフトなどからの接続性も低い。独自の表計算ツールが組み込まれているが性能は専用ソフトと比較して劣っているうえ、仕様が突如変更されてもヘルプの記述は最低限であるなど利用価値が低い。またVBAとの互換性や接続なども配慮されていない。
  • 前述のようにWindows上でしか開発されておらず、互換フリーソフトなどもないことから、Windows以外のOSでは一太郎形式で作成されたデータを読むことすらできない。

現在

編集

野村證券日本経済新聞社共同通信社・鉄道会社などの一部の民間企業では一太郎を標準のワープロソフトとして指定している[要出典]

かつては公文書の作成に向いているため中央省庁でのシェアが高く[20]、一太郎の脆弱性を利用したウイルスが中央省庁に送信される事件もあった[21]。2018年ごろからは新規採用者がWordで教育を受け一太郎の操作を知らないことや、併用による業務効率の低下を避けるためWordへの一本化が進行しシェアが低下している[22]。各種公的機関がウェブサイト上で公開している申請書等のファイルは一太郎形式のファイル(.jtd)で公開しているケースもあったが、現在ではPDFMicrosoft Word形式への統一が進んでいる。

小説家、記者など日本語の文章を書く職業にも人気が高い[15]

学校を始めとした教育業界においてはDTPソフトよりも低価格ながら、漢文への対応など書式の詳細な設定や強力な罫線機能により各種プリント物の作成が容易であるため依然としてシェアが高い[15]。メーカーでも教材作成時に必要となる機能を強化するなどしている[23]

中央省庁では、検察庁、裁判所の一部、政務三役の答弁書など法務関連や書式が指定される分野で利用されている[18][24]。また宮内庁では「簡単なパソコン操作」の例としてあげている[25]。農林水産省が長らく使用してきたが、民間企業とのやりとりや他省庁文書との互換性、法案の条文ミスなど不都合が生じるようになったため、2021年3月、Microsoft Word使用を原則化する通知が出された[26]。なお法案条文のミスに関しては富士通と共同開発した「法制執務業務支援システム(e-LAWS)」が使いにくいためであり、一太郎とは関係が無いという見解もある[20]

法曹三者裁判官検察官弁護士)の間では、準備書面など業務で使う文書を直感的な操作で作成出来るため、ATOKと合わせて愛用者が多い[18]

一太郎プレミアム、一太郎スーパープレミアム

編集

2011年から法人向けとなった「JUST Suite」の後継として個人向けに2019年まで提供されていた商品。一太郎に加えて厳選ソフトを収録、という位置づけである。

以下は「一太郎2018 プレミアム / スーパープレミアム」の構成。

  • 一太郎2018 - ワープロソフト
  • ATOK for Windows 一太郎2018 Limited - 日本語入力システム
  • 2018限定特典
    • 過去のバージョンでは 花子でアレンジ 一太郎テンプレート(2017) を搭載。
  • イワタ書体 4ファミリー8書体(イワタ明朝体/イワタ明朝体オールド/イワタゴシック体オールド/学参教科書体)
    • 学参教科書体は文部科学省の学習指導要領にある代表的な字形に準拠。
    • 過去のバージョンでは フォントワークス 5ファミリー10書体(筑紫明朝/筑紫Aオールド明朝/筑紫ゴシック/マティスニューロダン)(2017) モトヤフォント(2016) 30周年記念フォントパック(2015) 字游工房フォント(2014) 秀英体フォント(2013) ヒラギノフォント(2012) リュウミン新ゴ(2011) を搭載。
      • ただし、モリサワ・タイプバンクの各フォントのうちに2011・2015に付属するフォント(UD黎ミン/UD新ゴ/UDタイポス/流飄行書(2015)、リュウミン/新ゴ(2011))は暗号化された専用フォント(OSの管理下にある汎用の「フォントフォルダ」ではなく専用フォントとして独自のディレクトリに収められている)で、一太郎(2011 創以降)、花子(2011以降)、三四郎(2010)、JUST Calc、JUST Slide、JUST Focus、JUST PDF(2以降)のみで使用可能。

以下は、スーパープレミアムにのみ付属する。

  • 2018限定特典
    • ブリタニカ国際年鑑 2008 - 2017
    • Britannica ImageQuest
      • 過去のバージョンでは 一太郎ポータブル with oreplug(2011) 一太郎ハンディスキャナー(2012) 一太郎マウス型スキャナー(2014) 一太郎プレミアムマウス 深紅 [Deep Red]/一太郎・花子開発者監修ガイドブック 花子でとことん一太郎(2017)など。
  • Zoner Photo Sutudio X - フォトレタッチソフト
  • JUST Calc 3 /R.3 - 表計算ソフト
    • 法人向け製品と同等のものが付属している。(ただし、マクロ機能は利用できるもののサポート対象外であるなど、多少扱いは異なる。)
    • 個人向けの単体での販売はされていない。
    • 過去、「2011 創」では 三四郎2010 が付属していた。
  • JUST Focus 3 /R.3 - プレゼンテーションソフト
    • 法人向け製品と同等のものが付属している。
    • 個人向けの単体での販売はされていない。
    • 過去、「2011 創」では Agree 2010(韓国Haansoft Slide 2007ベース)、「2012 承」から「2015」までは JUST Slide(韓国Haansoft Hanshow 2010ベース)が付属していた。

プレミアム/スーパープレミアムともにDVD-ROM版、USB版(ディスクドライブを搭載しない小型PC向けで、USB起動ができるわけではない)、DL版の3形態で提供されている。

一太郎2011創 - 2019
種別 一太郎2019 一太郎2018 一太郎2017 一太郎2016 一太郎2015 一太郎2014徹 一太郎2013玄 一太郎2012承 一太郎2011創 基本 P SP
発売日 2019年
2月8日
2018年
2月9日
2017年
2月3日
2016年
2月5日
2015年
2月6日
2014年
2月7日
2013年
2月8日
2012年
2月10日
2011年
2月10日
対応OS 日本語Windows 10/8.1
/7(SP1以上)
日本語Windows 10/8.1
/7(SP1以上)
/Vista(SP2以上)
日本語Windows 8.1/8/7
/Vista(SP2以上)
日本語Windows 8.1/8/7
/Vista(SP2以上)
/XP(SP3以上)
日本語Windows 8/7
/Vista(SP2以上)
/XP(SP3以上)
日本語Windows 7
/Vista(SP2以上)
/XP(SP3以上)[注(パッケージ1) 1]
日本語Windows 7
/Vista(SP1以上)
/XP(SP3以上)[注(パッケージ1) 1]
ワープロソフト 一太郎2019 一太郎2018 一太郎2017 一太郎2016 一太郎2015 一太郎2014徹 一太郎2013玄 一太郎2012承 一太郎2011創













日本語入力システム ATOK for Windows 一太郎2019 Limited ATOK for Windows 一太郎2018 Limited ATOK 2017 for Windows ATOK 2016 for Windows ATOK 2015 for Windows ATOK 2014 for Windows ATOK 2013 for Windows ATOK 2012 for Windows ATOK 2011 for Windows
はがき作成・住所録管理 楽々はがき セレクト for 一太郎
辞書1 ご当地おみや
げもの辞書
覚えて得する
日→英ことわざ辞書
一発変換
お名前辞書
テンプレート1 らくらく新聞
テンプレート
縦書きベストマッチ
専用テンプレート
イラスト 便せん・手紙で使える
厳選 和の風物イラスト100
フォント1 IPAmj明朝フォント[注(パッケージ1) 2] AR祥南真筆行書体M
/AR祥南真筆行書連綿体M
/AR P祥南真筆行書連綿体M
[注(パッケージ1) 3]
[注(パッケージ1) 4] モトヤUP新聞ゴシ Otf W2 AR行楷書体H
/AR行楷連綿体H
モトヤUP新聞明朝 Otf W3 AR行楷書体L
/AR行楷連綿体L
AR楷書体M
AR教科書体M
ARペン楷書体L
ソフト らくらく!
画面カッター
はかどる!
数式メーカー
音声読み上げソフト 詠太9 詠太8 詠太7 詠太6 詠太5 詠太4 詠太3 詠太2 詠太
辞書2
(P,SP)
明鏡国語辞典
第二版 for ATOK
広辞苑 第七版
for ATOK
岩波国語辞典
(第七版新版) for ATOK
精選版日本国語大辞典
for ATOK
三省堂国語辞典
第七版 for ATOK
新明解国語辞典
第七版 for ATOK
デジタル
大辞泉 for ATOK
明鏡国語辞典
第二版 for ATOK
三省堂 スーパー大辞林
3.0(第三版) for ATOK
ジーニアス英和辞典 第5版 for ATOK ジーニアス英和辞典 第4版 for ATOK
ジーニアス和英辞典 第3版 for ATOK ジーニアス和英辞典 第2版 for ATOK
日本語シソーラス 第2版 類語検索辞典 for ATOK 明鏡ことわざ成句
使い方辞典 for ATOK
三省堂類語新辞典
for ATOK
合本 俳句歳時記
(第四版) for ATOK
三省堂 敬語の
お辞典 for ATOK
大修館四字熟語辞典
for ATOK
フォント2
(P,SP)
DJS秀英
初号明朝 StdN Hv
イワタ
中細明朝体
Pr6N
太明朝体
Pr6N
(2書体)
[注(パッケージ1) 2]
フォントワークス
FJS-筑紫明朝 Pr6N R
[注(パッケージ1) 2]
FJS-筑紫明朝 Pr5N B
(2書体)
モトヤ
J04アポロN3
J04アポロN5
(2書体)
モリサワMJS-UD黎ミン M
[注(パッケージ1) 5]
[注(パッケージ1) 6]
JJS游明朝体
Pr6N R
JJS游明朝体
Pr6N M
JJS游明朝体
Pr6N D
(3書体)
[注(パッケージ1) 2]
DSJ 秀英明朝
StdN L
DSJ 秀英明朝
StdN M
DSJ 秀英明朝
StdN B
(3書体)
ヒラギノ明朝
ProN W3
ヒラギノ明朝
ProN W6
(2書体)
モリサワ
MJS-リュウミン
L-KL
MJS-リュウミン
EB-KL
MJS-リュウミン
EH-KL
(3書体)
[注(パッケージ1) 6]
DJS秀英
にじみ明朝 StdN L
イワタ
明朝体オールド
Pr6N
太明朝体オールド
Pr6N
(2書体)
[注(パッケージ1) 2]
フォントワークス
FJS-筑紫A
オールド明朝 Pr6N R
FJS-筑紫A
オールド明朝 Pr6N B
(2書体)
[注(パッケージ1) 2]
モトヤ
J04マルベリN2
モリサワ
MJS-UD新ゴNT M
[注(パッケージ1) 5]
[注(パッケージ1) 6]
JJS游ゴシック体
Pr6N R
JJS游ゴシック体
Pr6N M
JJS游ゴシック体
Pr6N B
(3書体)
[注(パッケージ1) 2]
DSJ 秀英横太明朝
StdN M
DSJ 秀英横太明朝
StdN B
(2書体)
ヒラギノ角ゴ
ProN W3
ヒラギノ角ゴ
ProN W6
ヒラギノ角ゴ
ProN W8
(3書体)
モリサワ
MJS-新ゴ L
MJS-新ゴ M
MJS-新ゴ B
(3書体)
[注(パッケージ1) 6]
DJS秀英
明朝 Pr6N L
DJS秀英
明朝 Pr6N M
DJS秀英
明朝 Pr6N B
(3書体)
イワタ
細ゴシック体オールド
Pr6N
太ゴシック体オールド
Pr6N
(2書体)
[注(パッケージ1) 2]
フォントワークス
FJS-筑紫ゴシック
Pr5N R
FJS-筑紫ゴシック
Pr5N D
(2書体)
モトヤ
J04シーダN3
ヒラギノUD角ゴ
StdN W3
ヒラギノUD角ゴ
StdN W6
(2書体)
JJS游教科書体
N M
[注(パッケージ1) 2]

ヒラギノ丸ゴ
ProN W4
DJS秀英
角ゴシック金 StdN L
DJS秀英
角ゴシック金 StdN M
DJS秀英
角ゴシック金 StdN B
(3書体)
IJS-G-イワタ
細教科書体ProN
太教科書体ProN
(2書体)
フォントワークス
FJS-マティス
ProN M
FJS-マティス
ProN EB
(2書体)
モトヤ
J04ゴシックN3
J04ゴシックN5
(2書体)
DJS 秀英角ゴシック銀
StdN L
[注(パッケージ1) 2]
JJS游明朝体
五号かな R
JJS游明朝体
五号かな M
JJS游明朝体
五号かな D
(3書体)
[注(パッケージ1) 7]
フォントワークス
FJS-ニューロダン
ProN M
FJS-ニューロダン
ProN B
(2書体)
モトヤ
J04明朝N2
J04明朝N5
(2書体)
DJS 秀英丸ゴシック
StdN L
[注(パッケージ1) 2]
JJS游ゴシック体
Pr6N D
[注(パッケージ1) 2]
JJS游明朝体
Pr6N L
[注(パッケージ1) 2]
JJS游明朝体
五号かな L
[注(パッケージ1) 7]
TJS-UDタイポス58
[注(パッケージ1) 5]
[注(パッケージ1) 6]
TJS-流飄行書B
[注(パッケージ1) 5]
[注(パッケージ1) 6]
統合グラフィックソフト 花子2019 花子2018 花子2017 花子2016 花子2015 花子2014 花子2013 花子2012 花子2011
電子メールクライアント Shuriken 2018 Shuriken 2016 Shuriken 2014 Shuriken 2012 Shuriken 2010
[音声読み上げ対応版]
PDF作成・編集ソフト JUST PDF 4 [作成・編集] JUST PDF3[作成・編集] JUST PDF2[作成・編集]
テンプレート2
(P,SP)
花子でアレンジ
一太郎テンプレート
フォト
レタッチソフト
Zoner
Photo Studio X
Zoner
Photo Studio 18
HOME J
Zoner
Photo Studio 17
HOME J
Zoner
Photo Studio 16
HOME J
Zoner
Photo Studio 15
HOME J
Zoner
Photo Studio 13
HOME J
画像データーベース Britannica
ImageQuest
1年間利用権
百科事典等 ブリタニカ国際年鑑
250周年特別版
ブリタニカ国際年鑑
一太郎2018版
ブリタニカ
国際大百科事典
小項目版 2016
オンライン
百科事典
サービス
ブリタニカ・オンライン・
ジャパン利用権
(最長3年間)
音声認識ソフト ドラゴンスピーチ11J
(ヘッドセットマイク付き)
OCRソフト 一発!OCR Pro7
ガイドブック 一太郎・花子開発者監修
ガイドブック
花子でとことん一太郎
一太郎開発者監修
ガイドブック
とことん一太郎
30周年記念
イラスト部品ガイド20,000
表計算ソフト JUST Calc 4 JUST Calc 3 /R.3 JUST Calc 3 /R.2 JUST Calc 3 JUST Calc 三四郎2010
プレゼンテー
ションソフト
JUST Focus 4 JUST Focus 3 /R.3 JUST Focus 3 /R.2 JUST Focus 3 JUST Slide Agree 2010
※JUST Slide [パーソナル]
無料ダウンロード権
(期間限定)。
入力機器
一太郎
プレミアムマウス
深紅 [Deep Red]
一太郎モデル
Intuos pen & touch small
一太郎
マウス型スキャナ
一太郎
ハンディスキャナー
一太郎ポータブル
with oreplug
記念ソフト 一太郎dash 30th
脚注(パッケージ1)
  1. ^ a b Windows XP Professional x64 EditionはService Pack 2以上。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m IVS対応。
  3. ^ 連綿体3書体は「平仮名の続け文字」のみ収録。
  4. ^ 2017年3月「一太郎2017春盛(ハルモリ)キャンペーン」の期間限定で、「一太郎2017」登録ユーザーに、「一太郎2012承」に収録された「復刻版『連綿体フォント』&縦書きベストマッチフォント 6書体」
    (AR祥南真筆行書体M/AR祥南真筆行書連綿体M
    AR行楷書体H/AR行楷連綿体H
    AR行楷書体L/AR行楷連綿体L
    AR楷書体M
    AR教科書体M
    ARペン楷書体L)ダウンロード権限。
  5. ^ a b c d JIS第1、第2水準のみ対応。
  6. ^ a b c d e f 一太郎プレミアム、スーパープレミアムのみ対応。
  7. ^ a b 平仮名、片仮名、英数字、約物のみ。

一太郎2020、一太郎2020プラチナ以降

編集

2020

  • 2020年2月7日発売の「一太郎2020 / プラチナ[35周年記念版]」以降は、2011年から2019年まで個人向けに提供されていた「一太郎 / 一太郎プレミアム / 一太郎スーパープレミアム」という3つの商品構成を2つに改めた。
  • 新規開発のスマートフォン・タブレット専用のメモアプリ「一太郎Pad」との連携がとられた。

2022

  • 「一太郎2022 / プラチナ」では、買切りの「ATOK for Windows」の搭載を取りやめ、1年間の使用ライセンス「ATOK Passport [プレミアム] 1年 一太郎2022 (Tech Ver. 32.2)」が搭載された。

2023

  • 「一太郎2023 / プラチナ」は、それぞれ通常パッケージ版とATOK Passportユーザー優待版があり、通常パッケージ版には、ATOK Passport [プレミアム](Tech Ver.33)の1年間のライセンスが付属するが、ATOK Passportユーザー優待版は、ATOK Passportユーザー向けの商品であるため付属しない。
  • 「一太郎2023 プラチナ」の通常パッケージ版は従来通り表計算ソフト「JUST Calc」とプレゼンテーションソフト「JUST Focus」を収録するが、ATOK Passportユーザー優待版は、それに加えて「Microsoft Word」互換のワープロソフト「JUST Note」、「Microsoft Office」に標準搭載されているフォントと同等の構成の「JUST Officeリコーフォント」、「JUST Office モノタイプフォント」からなるオフィス統合ソフト「JUST Office 5 Personal」を個人向け商品としては初めて収録した。
  • また、「花子」は単体販売終了に伴い「花子Personal」と改められ、個人向けとしては一太郎プラチナでのみ入手可能となった。

2024

  • 一太郎がWindows 11の音声認識機能に対応した[注釈 9]
  • 2024年2月提供のATOKの新バージョン「ATOK Tech Ver.34」は、64bitネイティブ化したため、Windows 10 32bit(x86)環境は動作保証外になり、インストールすることは出来なくなった。
一太郎2020 -
種別 一太郎2024 一太郎2023 一太郎2022 一太郎2021 一太郎2020 基本 PT
通常版、
特別優待版、バージョンアップ版[注(パッケージ2) 1]
アカデミック版
[注(パッケージ2) 2]
ATOK Passport
ユーザー優待版
[注(パッケージ2) 3]
通常版、
特別優待版、バージョンアップ版、
アカデミック版
ATOK Passport
ユーザー優待版
通常版、
特別優待版、バージョンアップ版、
アカデミック版
発売日 2024年
2月9日
2023年
2月10日
2022年
2月10日
2021年
2月5日
2020年
2月7日
対応OS Windows 11/10[注(パッケージ2) 4] Windows 11/10/8.1
[注(パッケージ2) 5]
Windows 10/8.1
ワープロソフト 一太郎2024 一太郎2023 一太郎2022 一太郎2021 一太郎2020




日本語入力システム ATOK Passport [プレミアム]
1年[注(パッケージ2) 6]
一太郎2024
非搭載
[注(パッケージ2) 7]
ATOK Passport [プレミアム]
1年[注(パッケージ2) 6]
一太郎2023
非搭載[注(パッケージ2) 7] ATOK Passport [プレミアム]
1年[注(パッケージ2) 8]
一太郎2022
ATOK for Windows
一太郎2021 Limited
ATOK for Windows
一太郎2020 Limited
はがき作成・住所録管理 - 楽々はがき セレクト for 一太郎
フォント IPAmj明朝フォント
文章校正ブレイン JUSTチェッカー[注(パッケージ2) 9] -
画像加工ソフト フォトモジ - フォトモジ
[注(パッケージ2) 10]
[35周年記念コンテンツ] - 昭和・平成・令和 時をかけるイラスト70
音声読み上げソフト 詠太14 詠太13 詠太12 詠太11 詠太10
辞書
(PT)
明鏡国語辞典 第三版
for ATOK
三省堂国語辞典 for ATOK[注(パッケージ2) 11] デジタル大辞泉
for ATOK
新明解国語辞典 第八版
for ATOK
三省堂
スーパー大辞林
4.0(第四版) for ATOK
- 新明解類語辞典
for ATOK
-
ジーニアス英和辞典 第6版
for ATOK
-
ジーニアス和英辞典 第3版
for ATOK
-
フォント
(PT)
株式会社
SCREEN
グラフィックソリューションズ

SJヒラギノUD角ゴ StdN W3
SJヒラギノUD角ゴ StdN W6
株式会社イワタ
J-イワタ中明朝体OldPr6N M
J-イワタ横太明朝体OldPr6N R
凸版印刷株式会社
TJ-凸版文久明朝 Pr6N R
TJ-凸版文久見出し明朝 StdN EB
フォントワークス
FJS-筑紫明朝 Pr6N L
FJS-筑紫Aオールド明朝 Pr6N L
FJS-筑紫Aオールド明朝 Pr6N M
FJS-筑紫Aオールド明朝 Pr6N E
FJS-筑紫アンティークL明 Std L
FJS-筑紫A見出ミン Std E(6書体)
モリサワ
MJ-リュウミンPr6N L-KL
MJ-リュウミン Pr6N R-KL
MJ-リュウミン Pr6N M-KL
MJ-リュウミン Pr6N B-KL(4書体)
株式会社
SCREEN
グラフィックソリューションズ
SJヒラギノUD丸ゴ StdN W3
SJヒラギノUD丸ゴ StdN W6
株式会社イワタ
J-イワタ超明朝ProN U
凸版印刷株式会社
TJ-凸版文久ゴシック Pr6N R
TJ-凸版文久ゴシック Pr6N DB
TJ-凸版文久見出しゴ StdN EB
フォントワークス
FJS-筑紫ゴシック Pro B
FJS-筑紫オールドゴシック Std B
FJS-筑紫アンティークLゴ Std B(3書体)
モリサワ
MJ-UD黎ミン Pr6N L
MJ-UD黎ミン Pr6N R
MJ-UD黎ミン Pr6N M
MJ-UD黎ミン Pr6N B(4書体)
株式会社
SCREEN
グラフィックソリューションズ
SJヒラギノUD明朝 StdN W4
SJヒラギノUD明朝 StdN W6
株式会社イワタ
J-イワタ福まるごStdN L
J-イワタ福まるごStdN B
フォントワークス
FJS-スーラ ProN DB
フォントワークス
FJS-筑紫A丸ゴシック Std R
FJS-筑紫A丸ゴシック Std B(2書体)
モリサワ
MJ-UD新ゴ Pr6N L
MJ-UD新ゴ Pr6N R
MJ-UD新ゴ Pr6N M
MJ-UD新ゴ Pr6N DB(4書体)
株式会社
SCREEN
グラフィックソリューションズ
SJヒラギノ行書 StdN W4
SJヒラギノ行書 StdN W8
株式会社イワタ
J-イワタ学参新教科書体ProN D
J-イワタ学参新教科書体ProN E
フォントワークス
FJS-ラグランパンチ Std UB
フォントワークス
FJS-UD明朝 Pr6N L
FJS-UD明朝 Pr6N B(2書体)
モリサワ
MJ-きざはし金陵 StdN M
株式会社
SCREEN
グラフィックソリューションズ
SJこぶりなゴシック StdN W1
SJこぶりなゴシック StdN W3
SJこぶりなゴシック StdN W6
SJこぶりなゴシック StdN W9
株式会社イワタ
J-イワタ新ゴシック体ProN L
J-イワタ新ゴシック体ProN R
J-イワタ新ゴシック体ProN E
フォントワークス
FJS-キアロ Std B
フォントワークス
FJS-UD角ゴ̲ラージ Pr6N B
FJS-UD角ゴ̲スモール Pr6N R(2書体)
モリサワ
MJ-A1明朝 Std Bold
株式会社
SCREEN
グラフィックソリューションズ
SJヒラギノ丸ゴオールド StdN W4
SJヒラギノ丸ゴオールド StdN W6
SJヒラギノ丸ゴオールド StdN W8
株式会社イワタ
J-イワタUD新聞明朝Pro Mp
J-イワタUD新聞ゴシックPro Dp
フォントワークス
FJS-ニューグレコ StdN DB
フォントワークス
FJS-UD丸ゴ̲ラージ Pr6N B
FJS-UD丸ゴ̲スモール Pr6N M(2書体)
モリサワ
MJ-解ミン 宙 Std M
- 株式会社イワタ
J-イワタ超明朝GRProN U
フォントワークス
FJS-パール Std L
- モリサワ
MJ-すずむし Std M
- 株式会社イワタ
J-イワタゴシックOldGRPr6N H
フォントワークス
FJS-スキップ ProN D
- モリサワ
MJ-正楷書CB1 Pr5 Regular
- 株式会社イワタ
J-イワタ明朝体OldゆらぎPr6N R
J-イワタ太明体OldゆらぎPr6N B
フォントワークス
FJS-モード明朝Bラージ ProN M
- モリサワ
FJS-スキップ ProN DMJ-隷書E1 Std Regular
- - - - モリサワ
MJ-リュウミン オールドがな L
MJ-リュウミン オールドがな R
MJ-リュウミン オールドがな M
MJ-リュウミン オールドがな B(4書体)
- - - - モリサワ
MJ-ネオツデイ こがな L
MJ-ネオツデイ こがな R
MJ-ネオツデイ こがな M
MJ-ネオツデイ こがな DB(4書体)
統合グラフィックソフト 花子Personal 花子2022 花子2021 花子2020
電子メールクライアント - Shuriken 2018
PDF作成・編集ソフト JUST PDF 5 [作成・編集・データ変換[注(パッケージ2) 5]] JUST PDF 4 [作成・編集・データ変換]
ワープロソフト - JUST Note 5 - JUST Note 5 -
表計算ソフト JUST Calc 5 JUST Calc 4/R.2
プレゼンテー
ションソフト
JUST Focus 5 JUST Focus 4/R.2
フォント2 - JUST Office
リコーフォント[注(パッケージ2) 12]
- JUST Office
リコーフォント
-
フォント3 - JUST Office
モノタイプフォント[注(パッケージ2) 13]
- JUST Office
モノタイプフォント
-
画面キャプチャソフト 画面カッター Neo -
脚注(パッケージ2)
  1. ^ 既ユーザー向け。直営ショップ(Just MyShop)でのみの販売商品。
  2. ^ 幼稚園、保育園以上の教職員、中学生以上の生徒・学生が対象。直営ショップ(Just MyShop)でのみの販売商品。
  3. ^ ATOK Passport[プレミアム]年間プラン等の契約者であることが購入条件。(通常版、特別優待版、バージョンアップ版、アカデミック版の「一太郎 / プラチナ」の登録ユーザーは、同梱の「ATOK Passport[プレミアム]1年 一太郎」を「ATOK Passport[プレミアム]年間プラン」に更新する必要あり。)直営ショップ(Just MyShop)でのみの販売商品。
  4. ^ 「JUST PDF 5 [データ変換]」は64ビット版Windowsが必須。
  5. ^ a b 「JUST PDF 5」はWindows 11/10対応、Windows 8.1以前のWindowsには非対応。「JUST PDF 5 [データ変換]」は64ビット版Windowsが必須。
  6. ^ a b 1年間のライセンス、10台まで使用可能、Windows/Mac/Android/iOSの4つのOSに対応。
  7. ^ a b 既に「ATOK Passport [プレミアム] 年間プラン」を契約している人向け。
  8. ^ ATOK 40周年記念、1年間のライセンス、10台まで使用可能、Windows/Mac/Android/iOSの4つのOSに対応。
  9. ^ ブラウザー拡張機能、利用には「一太郎2023」以降の一太郎のインストールが必須。Windows 11/10のそれぞれHome/Proのエディションのデスクトップで動作する。ARM版 Windowsは動作保証外。2023年2月10日時点で、「Google Chrome」、「Microsoft Edge」に対応。
  10. ^ 35周年記念ソフト。
  11. ^ 2022年1月『三省堂国語辞典 第八版』より。
  12. ^ 「JUST Office リコーフォント」はMicrosoft Officeに標準搭載されているフォントである。Office 2016で追加された「游ゴシック」、「游明朝」については、Windows 8.1以降のWindowsには標準搭載しているため含まれない。
    HG明朝E、HGP明朝E、 HGS明朝E
    HG明朝B、HGP明朝B、HGS明朝B
    HGゴシックE、HGPゴシックE、HGSゴシックE
    HGゴシックM、HGPゴシックM、HGSゴシックM
    HG丸ゴシックM-PRO
    HG創英角ゴシックUB、HGP創英角ゴシックUB、HGS創英角ゴシックUB
    HG創英角ポップ体、HGP創英角ポップ体、HGS創英角ポップ体
    HG創英プレゼンスEB、HGP創英プレゼンスEB、HGS創英プレゼンスEB
    HG教科書体、HGP教科書体、HGS教科書体
    HG行書体、HGP行書体、HGS行書体
    HG正楷書体-PRO。
  13. ^ 「JUST Office モノタイプフォント」
    Arial Narrow
    Book Antiqua
    Bookman Old Style
    Century Gothic
    Century
    Garamond
    Monotype Corsiva
    MS Reference Sans Serif
    MS Reference Specialty
    OCR-B Letterpress M Standard
    Wingdings 2
    Wingdings 3。

一太郎の日

編集

2010年6月23日、ジャストシステムは8月28日が初代一太郎の発売日として、「一太郎の日」と日本記念日協会から認定されたと発表した[27]

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 抱き合わせ販売についてはPC Watch 公正取引委員会、マイクロソフトへの勧告内容をPDFファイルで公開参照。
  2. ^ 当初はジャストウィンドウVer.2対応の「一太郎Ver.6 for JW2」の発売が予告されたが、その後MS-DOSアプリケーションの開発中止が発表され、MS-DOS対応の最終商品としてVer.5にATOK9を実装した形での発売となった。
  3. ^ 開発が遅れたため、それ以前はWindows 95搭載パソコンでも一太郎プリインストールモデルでは16bitであるver6.3がプリインストールされ続けた。
  4. ^ 個人向け商品のみの取り扱い。法人向けライセンス商品としては「一太郎2011」(21)が用意される。
  5. ^ 法人向けライセンス商品としては「JUST Suite 2011」が用意される。「JUST Suite 2007-2010」の法人向け後継商品。
  6. ^ 「JUST Suite 2011」とは別商品。
  7. ^ a b 個人向け商品のみの取り扱い。法人向けライセンス商品としてはすでに発売中の「一太郎Pro」が用意されている。
  8. ^ a b 個人向け商品のみの取り扱い。法人向けライセンス商品としてはすでに発売中の「JUST Suite 2011」および「JUST Office」が用意されている。
  9. ^ Windows 11の機能、Windows 10では不可。

出典

編集
  1. ^ 読売新聞 2023年6月11日 1面および28面
  2. ^ 関口和一(著)、2000、『パソコン革命の旗手たち』、日本経済新聞社 ISBN 4-532-16331-5
  3. ^ THE COMPUTER編集部(編)、1991、『パソコンヒット商品物語』、ソフトバンク ISBN 4-89052-194-1 pp. 151
  4. ^ 日本一となった太郎:「一太郎」ついに誕生 バージョンアップはバグとの闘い /7”. 毎日新聞. 2022年1月29日閲覧。
  5. ^ 『日本経済新聞』2022年3月17日東京朝刊、48面
  6. ^ 一太郎はこうして生まれた”. justsystems.com. 2022年3月19日閲覧。
  7. ^ 「News Room」『月刊マイコン』2月号、電波新聞社、1992年、158頁。 
  8. ^ 『日本経済新聞』1986年1月21日四国朝刊、12面
  9. ^ 「一太郎 7 for Windows 95」、9/13に発売”. PC Watch (1996年8月6日). 2012年5月8日閲覧。
  10. ^ ジャストシステム、一太郎8を2月28日に発売”. PC Watch (1997年1月27日). 2012年8月20日閲覧。
  11. ^ ジャストシステム、一太郎/花子2004とATOK17を2004年2月に発売、PC Watch、2003年12月3日。
  12. ^ a b c d e 日本タイポグラフィ協会顕彰「佐藤敬之輔賞」を受賞いたしました、ジャストシステム(2009/12/29閲覧)
  13. ^ 田村規雄 (2010年3月2日). “初代「一太郎」が「情報処理技術遺産」に”. IT Pro. 2010年3月3日閲覧。
  14. ^ a b 日本経済新聞社・日経BP社. “新「一太郎」はビジネス表現の校正を強化 口語も正確|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE”. NIKKEI STYLE. 2021年9月5日閲覧。
  15. ^ a b c d e f 株式会社インプレス (2020年1月31日). “【笠原一輝のユビキタス情報局】 さらに“日本語を極めた”2020年版一太郎とATOK。ATOKのアップデートは明日公開”. PC Watch. 2021年9月5日閲覧。
  16. ^ a b c 株式会社インプレス (2021年12月2日). “「一太郎」がプレゼンにも使えるように ~ジャストシステムが「一太郎2022」を発表/出先でのテレワークでも情報漏洩を防ぐ「プライバシーモード」を搭載”. 窓の杜. 2022年1月29日閲覧。
  17. ^ a b c d 一太郎活用本「本を書く、作る。「改訂版」」”. www.justmyshop.com. 2021年9月5日閲覧。
  18. ^ a b c なぜ法律家には「一太郎ファン」が多いのか? Word全盛でも目立つ“偏愛”ぶり”. 弁護士ドットコム. 2021年4月4日閲覧。
  19. ^ 自分だけのスタイルを作れる「一太郎2017」 - 2018/01/04 閲覧
  20. ^ a b 法案ミス、使われない新システム 「一太郎」に罪なし”. 日本経済新聞 (2021年6月11日). 2021年9月5日閲覧。
  21. ^ INTERNET Watch 「一太郎」の脆弱性を悪用するウイルスメール、中央省庁に送信 - 2012年6月6日閲覧
  22. ^ ツッコミどころ満載、農水省「一太郎」廃止報道に失笑 (1/3) - 経済インサイド
  23. ^ 「一太郎」スマホアプリ登場 写真から自動で文字起こし 開発の理由は - ITmedia NEWS
  24. ^ 法案ミス、不慣れなワープロソフト原因か 議員が指摘「若手職員には『一太郎』の経験少ない人も」|社会|地域のニュース|京都新聞”. 京都新聞. 2021年4月4日閲覧。
  25. ^ 書陵部図書課宮内公文書館研究職員の採用 - 宮内庁”. www.kunaicho.go.jp. 2023年6月12日閲覧。
  26. ^ 農水省は「一太郎」を禁止したのか 重宝された使い勝手:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2021年4月4日閲覧。
  27. ^ ITMedia「8月28日が「一太郎の日」に認定」 - 2012年6月6日閲覧

関連項目

編集

外部リンク

編集