兵庫県三原郡の範囲(薄黄:後に他郡に編入された区域)

三原郡(みはらぐん)は、兵庫県淡路国)にあった

目次

郡域編集

1879年(明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、南あわじ市の全域および洲本市の一部(鮎屋、池田、池内、宇原、桑間、下加茂、上加茂、下内膳、奥畑、五色町上堺、五色町下堺より南西)にあたる。

歴史編集

古代編集

式内社編集

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
三原郡 4座(大1座・小3座)
笶原神社 ヤハラノ 笶原神社 兵庫県南あわじ市八木徳野
湊口神社 ミナクチノ
ミナトクチノ
湊口神社 兵庫県南あわじ市湊里
大和大国魂神社 -クニタマノ 名神大 大和大国魂神社 兵庫県南あわじ市榎列上幡多 淡路国二宮 [1]
久度神社 クトノ 久度神社 兵庫県南あわじ市神代国衙
凡例を表示

近世編集

上八木村、馬廻村、国衙村、立川瀬村、流川原村、浦壁村、野原村[2]、庄田村、高村、長田村、土井村、慶野村、安住寺村、上堺村、下堺村、委文中村、神道村、筒井村、上本庄村、塩屋村、吹上村、阿万西村、阿万東村、伊賀野村、油谷村、仁頃村、山本村、吉野村、惣川村、白崎村、来川村、土生村、円実村、払川村、城方村、沼島浦、中筋村、鮎屋村、広田宮村、掃守村、上八太村、入田村、徳野村、下八太村、松田村、脇田村、檪田村、湊里村、志知北村、片田南村、片田北村、佐礼尾村、中島村、松本村、鑪村、西山中村、難波村、口河内村、奥河内村、西路浦、志知川浦、高屋村、塩浜村、江尻浦、北方村、古津路村、津井村、宿村、下内膳村、奥畑村、納村、山添村、金屋村、大野村、宇原村、桑間村、下加茂村、上加茂村、小榎並村、大榎並村、西川村、国分村、中八木村、鳥井村、大久保村、寺内村、社家村、善光寺村、十一ヶ所村、新村、徳長村、鍛冶屋村、加集中村、福井村、西山北村、野田村、地頭方村、円行寺村、牛内村、市村、三条村、伊加利村、飯山寺村、阿那賀浦、八幡村、戒旦寺村、福良浦、小井村、池田村、西山南村、上内膳村、富田村、新庄村、黒道村、立石村、青木村、徳原村、前平村、新田南村、新田中村、地野村、内ヶ原村、長原村、生子村、新田北村、喜来村、木戸村、木戸池ノ内村、宝明寺村、湊浦、下本庄村、木戸新村

近現代編集

町村制以前編集

  • 明治12年(1879年1月8日 - 郡区町村編制法の兵庫県での施行により、行政区画としての三原郡が発足。「津名三原郡役所」が津名郡洲本城下に設置され、同郡とともに管轄。

町村制以降編集

 
1.加茂村 2.大野村 3.広田村 4.倭文村 5.堺村 6.松帆村 7.湊村 8.津井村 9.阿那賀村 10.伊加利村 11.志知村 12.榎列村 13.八木村 14.市村 15.神代村 16.賀集村 17.福良町 18.北阿万村 19.阿万村 20.灘村 21.沼島村(紫:洲本市 桃:南あわじ市)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は全域が現・南あわじ市。(1町20村)
    • 加茂村 ← 内膳村、加茂村(現・洲本市)
    • 大野村 ← 大野村、城戸村(現・洲本市)
    • 広田村 ← 広田村、山添村(現・南あわじ市)、中条村(現・南あわじ市、洲本市)、納村(現・洲本市)
    • 倭文村 ← 庄田村、長田村、高道村、倭文村
    • 堺村(単独村制。現・洲本市)
    • 松帆村 ← 瑞井村、笥飯野村、高田村、七江村
    • 湊村(単独村制)
    • 津井村(単独村制)
    • 阿那賀村(阿那賀浦が単独村制)
    • 伊加利村(単独村制)
    • 志知村 ← 志知村、片田村、高島村、河内村
    • 榎列村 ← 榎列村、幡多村、掃守村
    • 八木村 ← 笶原村、天野村、養宜村
    • 市村 ← 市村、三条村、十一ヶ所村
    • 神代村 ← 神稲村、上田村、国衙村
    • 賀集村 ← 賀集村、福井村、八幡村
    • 福良町(福良浦が単独町制)
    • 北阿万村 ← 稲田村、新田村、筒井村
    • 阿万村 ← 本庄村、阿万浦、阿万村
    • 灘村 ← 下灘村、潮崎村、吉野村、宇野村
    • 沼島村(沼島浦が単独村制)
  • 明治29年(1896年7月1日 - 郡制を施行。郡役所が市村に設置。
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和2年(1927年9月1日 - 湊村が町制施行して湊町となる。(2町19村)
  • 昭和8年(1933年)4月1日 - 加茂村・大野村が津名郡洲本町に編入。(2町17村)
  • 昭和9年(1934年)4月1日 - 阿万村が町制施行して阿万町となる。(3町16村)
  • 昭和10年(1935年)時点での当郡の面積は247.09平方km、人口は63,234人(男31,761人・女31,473人)[3]
  • 昭和30年(1955年
    • 4月3日 - 榎列村・八木村・市村・神代村が合併して三原町が発足。(4町12村)
    • 4月7日 - 賀集村・北阿万村・阿万町・灘村が合併して南淡町が発足。(4町9村)
    • 4月29日 - 南淡町・福良町・沼島村が合併し、改めて南淡町が発足。(3町8村)
  • 昭和31年(1956年9月30日 - 堺村が津名郡都志町鮎原村広石村鳥飼村と合併して津名郡五色町が発足。(3町7村)
  • 昭和32年(1957年
    • 6月1日 - 倭文村の一部(倭文委文組・倭文流組・高道高組)が三原町に編入。
    • 7月1日 - 松帆村・湊町・津井村・阿那賀村・伊加利村・志知村が合併して西淡町が発足。(3町2村)
    • 7月5日 - 広田村の一部(納組・中条鮎屋組)が洲本市に編入。
    • 7月10日 - 広田村・倭文村が合併して緑村が発足。(3町1村)
    • 10月1日 - 西淡町の一部(志知佐礼尾・志知松本・志知難波・志知中島)が三原町に編入。
  • 昭和35年(1960年)4月1日 - 緑村が町制施行して緑町となる。(4町)
  • 平成17年(2005年1月11日 - 緑町・西淡町・三原町・南淡町が合併して南あわじ市が発足し、郡より離脱。同日三原郡消滅。

変遷表編集

脚注編集

  1. ^ 下記のほか黒谷村・井ノ尻村が記載されているが、詳細は不明。
  2. ^ 記載は草田村だが石高から野原村を指すと比定。
  3. ^ 昭和10年国勢調査による。国立国会図書館の近代デジタルライブラリーで閲覧可能。

参考文献編集

関連項目編集