メインメニューを開く

中京工業地帯(ちゅうきょうこうぎょうちたい)は、愛知県岐阜県南部・三重県北部に広がる工業地帯である。三大工業地帯のひとつで、太平洋ベルト地帯の中核であり、日本有数の工業地帯である。

概要編集

京浜工業地帯阪神工業地帯と比較した場合、 製造品出荷額で見た規模は42兆1963億円にのぼり(工業統計表、2001年)、2位の阪神工業地帯を大きく離して日本最大である。 従業者数をみても従業者数は100万6743人を有し(工業統計表、2001年)、日本有数の工業集積地帯である。 主な港湾として、名古屋港衣浦港三河港四日市港津松阪港などを擁する。

明治時代には製糸業紡績業、繊維工業が盛んであった。第二次世界大戦中から鉄鋼業・機械工業が、戦後には石油化学工業が進出した。戦前は特に愛知航空機三菱重工業中島飛行機などの工場があり航空機生産が盛んで軍需産業の重要拠点であった。

愛知県名古屋市知多市や三重県四日市市伊勢湾湾岸部では石油化学コンビナートの集積が見られ、愛知県東海市には大規模な製鉄所などが立地する。 愛知県豊田市刈谷市安城市豊橋市大府市や三重県鈴鹿市では自動車工業が発達している。 愛知県一宮市や岐阜県岐阜市周辺では毛織物工業が、岐阜県大垣市では繊維工業がそれぞれ盛んである。 愛知県瀬戸市常滑市や岐阜県多治見市土岐市(陶磁器生産日本一)、三重県四日市市では、瀬戸焼常滑焼萬古焼などの伝統的な窯業が発達している。

名称について編集

中京」とは、名古屋市東京市(現在の東京都区部)と京都市との間に位置している点から、明治時代に名古屋市が「中京」と呼称されたことに因む。

「中京」の呼称は明治20年代なかばより使用例がみられる。明治20年代の名古屋を中心とする産業、鉄道、都市の発展で東西大経済圏に対する中京意識が生まれ、「東海道線の中間点」を、さらに「全国の中心、中日本の中心」を目指す名古屋経済圏の意味があった(実際に両京と並ぶ実勢をもつのは明治末期)[1]

主な都市編集

※製造品出荷額等が1兆円を超える市町村のみ掲載(2016年経済産業省の工業統計)

市町村 製造品出荷額等
(単位:万円)
主な産業 立地する主な企業
豊田市 1,424,627,242 自動車・塗装・工具 トヨタ自動車大豊工業トリニティ工業富士精工
名古屋市 336,355,442 航空機・鉄道・電機・製陶、鉄鋼 三菱重工業日本車輌製造三菱電機ジェイテクト日本ガイシ大同特殊鋼など
四日市市 257,351,763 石油化学 コスモ石油昭和四日市石油三菱化学
安城市 210,988,867 自動車 デンソーマキタアイシンAWアイシン精機愛三工業
岡崎市 207,563,671 自動車 三菱自動車工業
田原市 178,497,303 自動車 トヨタ自動車
刈谷市 160,056,409 自動車・紡績 デンソー・豊田自動織機・アイシン精機・ジェイテクト・トヨタ車体トヨタ紡織アドヴィックス愛知製鋼
西尾市 150,883,621 自動車 アイシン精機・デンソー
小牧市 140,293,862 自動車・航空機・製陶 三菱重工業・日本ガイシ日本特殊陶業住友理工
鈴鹿市 136,058,277 自動車 本田技研工業
いなべ市 132,200,684 自動車 トヨタ車体・デンソー
東海市 127,998,908 製鉄・鉄鋼 日本製鉄・大同特殊鋼・愛知製鋼
豊橋市 124,534,959 自動車 トピー工業・デンソー・フォルクスワーゲン
稲沢市 114,191,854 電子機器・プラスチック 三菱電機
幸田町 112,407,799 自動車 デンソー・ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ
大府市 105,330,096 自動車・機械 愛三工業・豊田自動織機・住友重機械工業KeePer技研

参考

  • 愛知県
    • 製造品出荷額:47兆4827億円(全国1位)
  • 岐阜県
    • 製造品出荷額: 5兆8786億円(全国21位)
  • 三重県
    • 製造品出荷額:11兆6017億円(全国9位)

※2007年の工業統計表による

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「百年前の中京名古屋: 愛知県遊廓地域資料集 (中京大学経済学研究叢書) 」 ISBN 4326549637

関連項目編集