メインメニューを開く

中岡 麻衣子(なかおか まいこ、1985年2月15日 - )は日本女子サッカー選手。兵庫県出身。尼崎市で生まれ、小学1年のころから同じ県内の猪名川町で育つ。本庄第一高等学校卒。ポジションはミッドフィールダー

中岡 麻衣子 Football pictogram.svg
名前
愛称 マイコ
カタカナ ナカオカ マイコ
ラテン文字 NAKAOKA Maiko
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1985-02-15) 1985年2月15日(34歳)
出身地 兵庫県尼崎市
身長 164cm
体重 57kg
選手情報
ポジション MF
利き足[1]
代表歴2
2005-2007 日本の旗 日本 14 (0)
2. 2007年8月30日現在現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

来歴編集

「田舎で暮らしたい」という父の意向で尼崎市から猪名川町に引っ越した小学1年生のころ、2歳上の兄の影響でサッカーを始める。その後、L・リーグ(→なでしこリーグ)の宝塚バニーズの下部組織である宝塚バニーズ・ジュニアに入団。中学生となった1997年のシーズン途中にトップチームへ昇格し、8月10日に行われた第9回L・リーグ前期第7節・日興證券ドリームレディース戦(江戸川区陸上競技場)に先発でリーグ戦初出場を果たす。

その後、女子サッカーの盛んな埼玉県の本庄第一高校に進学したためL・リーグをはなれたが、卒業後の2003年田崎ペルーレFCへ入団した。翌2004年にはタイ王国で行われたU-19女子世界選手権(現・FIFA U-20女子ワールドカップ)のメンバーに選出されると、2005年には日本女子代表(なでしこジャパン)に招集され5月21日に行われたKIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2005ニュージーランド戦(国立西が丘サッカー場)で後半途中に柳田美幸と交代して初出場。またリーグ戦(2005mocなでしこリーグ)では日テレ・ベレーザに移籍した川上直子に代わってレギュラーポジションを獲得し、6月19日東京電力女子サッカー部マリーゼ戦では待望の初ゴールをあげるなど20試合1得点の活躍をした。その後、2006 AFC女子アジアカップ2006アジア競技大会ドーハ)にも出場した。

2008年限りでTASAKIペルーレが休部したことに伴い、2009年からはスペランツァF.C.高槻へ移籍することになった[2]

2012年にアルビレックス新潟レディースへ移籍した[3]。2012年度シーズン終了後、現役を引退した[4]

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
1997 宝塚 L・リーグ 3 0
1998 26 2 0
1999 0 0
2003 田崎 12 1 0 -
2004 TASAKI L・リーグ1部(L1) 5 0 -
2005 20 1 -
2006 なでしこDiv.1 17 0 - 4 0 21 0
2007 1 0 0 4 0 0
2008 12 0 - 3 0 15 0
2009 高槻 24 - 1 0
2010 チャレンジWEST - 2 0
2011 7 14 1 - 1 0
2012 新潟L なでしこ 2 0 0 0 0 0 2 0
通算 日本 1部
日本 2部 - 3 0
総通算 109 4

タイトル編集

代表歴編集

脚注編集

外部リンク編集