メインメニューを開く

来歴・人物編集

千葉県船橋市出身。1990年、3歳の頃に兄の淳史が所属していた劇団日本児童に入団。1992年、『リツ子・その愛、その死』(テレビ東京)で子役としてデビュー。幼少時から数々のテレビドラマ映画に出演し、実績を残している。2005年には、フジテレビドラマ『電車男』とNHK大河ドラマ義経』で兄と共演を果たした。ドラマ『のだめカンタービレ』では、主人公のひとり、のだめのライバルの瀬川悠人を演じ、自前のピアノを披露した。趣味はピアノヴィオラ演奏。特技は韓国語

2009年3月8日神奈川県相模原市相模湖近くの石材会社の駐車場において、停まっていた乗用車の中で死亡しているのが発見された。車内からは練炭と、家族や友人に宛てた遺書と思われる手紙があったことから、津久井警察署によって自殺と断定された。死因は急性一酸化炭素中毒[1]。亡くなる前の最後のブログ記事は高校のクラス会について書かれたもので、今後の仕事への意欲も見せていた[2]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

バラエティ編集

CM編集

テレビアニメ編集

OVA編集

劇場アニメ編集

吹き替え編集

洋画編集

海外ドラマ編集

ラジオドラマ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 電車男の弟の俳優が“自殺”…相模湖畔、車中で死亡 - ZAKZAK: 芸能ニュース、2009年3月9日
  2. ^ 俳優 伊藤淳史さんの弟・伊藤隆大さん死去 自殺か”. ロケットニュース24. ソシオコーポレーション (2009年3月9日). 2011年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月26日閲覧。