メインメニューを開く

住江工業株式会社(すみのえこうぎょう、Suminoe Industries Co.,Ltd )は、京都府京田辺市本社/工場を置く鉄道車両乗用車バス車両、船舶関連の車両座席のメーカーである。

住江工業株式会社
SUMINOE INDUSTRIES CO.,LTD
種類 株式会社
略称 住江、SUMINOE
本社所在地 日本の旗 日本
610-0343
京都府京田辺市大住池之端1-1
設立 1954年2月1日
業種 輸送用機器
法人番号 1130001038760 ウィキデータを編集
事業内容 輸送用車両座席の製造及び販売
代表者 代表取締役社長 兼子恒彦
資本金 4,900万円
売上高 3,466百万円(2009年度末現在)
従業員数 133人(2009年度末現在)
主要子会社 平野製作所
外部リンク http://www.suminoekogyo.co.jp/
特記事項:かつての親会社は住江織物である。
テンプレートを表示

概要編集

主に陸運及び海運関連の座席製造及び販売を主としている。

製品の採用例編集

自動車編集

自動車座席関連では京田辺市に程近い宇治市に位置していた日産車体京都工場(現・オートワークス京都)との結び付きが強く、その親会社である日産自動車製の車両座席の生産は同社からが多い。またダイハツ工業製の自動車の座席の製造も行っている。

住江工業製座席使用の主要車種

バス編集

   
クレイドルシート(JRバス関東)

バス座席は同業他社メーカーほどシェアは大きくないが、プレミアムドリーム号の座席に付いては同社の座席が採用されている。また、ドリーム号及び昼特急の一部車両も住江工業開発のチルト機能を付加した座席を採用している。西日本JRバスでは「クレイドルシート」と称している。

鉄道車両編集

JRグループ旅客会社6社の内東海旅客鉄道(JR東海)を除く5社で同社の座席が採用されている他、近畿地方大手私鉄5社全社でも使用されている。1990年代以降は住江工業製座席があまり普及していなかった関東地方大手私鉄も東京地下鉄東武鉄道と言った一部事業者で採用を行っている。

その他の事業者では東葉高速鉄道2000系電車)等でも同社製の座席を採用。また首都圏新都市鉄道所属車両は全車両全座席が住江工業製である。首都圏新都市鉄道で採用されている座席の一部は通勤形電車でありながらテーブルを採用しているものもある。この他にも近鉄のシリーズ21のロングシートの座席は全て住江工業製となっている。またTJライナーに使用される車両(東武50090系)のマルチシートを始めとした東武50000系列の座席も全て同社の座席である。

東武50090系で採用されたデュアルシート(クロスシートとロングシートとに転換できる座席)は、これまで同社製座席の採用実績の無かった鉄道会社からも注目を浴びつつある。

代表的なものとしては、東日本旅客鉄道(JR東日本)のSL銀河気動車であるキハ141系気動車の座席などの室内内装部品[1]九州旅客鉄道(JR九州)のななつ星in九州用客車である77系客車のスイートルームベット[2]などがある。

同社製の鉄道車両用の座席のクッション材で使用されている成型綿は回収の上でリサイクル可能としている(成型綿リサイクルシステム(住江工業公式HP内)。

船舶編集

両備運輸JR九州高速船ビートル)等で同社の座席が採用されている。

その他編集

西武ドームの一塁側および三塁側ベンチのシートの製造も手掛けている[3]

沿革編集

事業所編集

脚注編集

参考文献・出典編集

  • 住江工業公式サイト
  • 西日本ジェイアールバス公式サイト

関連項目編集

外部リンク編集